妻 の 痴態。 妻を羞恥ミニスカで預けて

妻痴態

妻 の 痴態

「あなた、早くしないと。 待たせたら悪いわ。 」 「ああ、わかっている。 」 私、原田建造45歳、、舞39歳、結婚17年目、子供はいません。 4年前からと話し合ってSWの世界に入りました。 おかげで、仲のいいご夫婦数組と単独男性数名と知り合いました。 しかし、2年ほど前から仕事のストレスからか勃起不全になってしまいました。 医者からは「ストレスがなくなればだんだん治ってきます。 」と言われているのですが、、 親しくしていたご夫婦のセックスを見せていただいたり、その中にを入れてセックスをしていただいたりしましたが治らず、1年位前からを親しい単独男性に抱かせています。 Yさん、35歳、独身、175センチと身長は普通だが、体格がよく力持ち、ペニスの大きさもそこそこあり、が一番好きなタイプなんです。 、舞は153センチとなほうでもともとセックスも好きなほうで、結婚以来私の誘いを断った記憶はありません。 な体の割にはDカップと胸もそこそこ大きく、セミロングの髪で顔はどこか小泉今日子似なんんです。 あの日もそのYさんにを抱かせるため、ワンボックスカーの助手席にを乗せ待ち合わせ場所に向かいました。 そこはあまり人が入らない山道の突き当たり。 周りは竹やぶでその一角だけが広場のようになっていて、太陽の光が照らしているのです。 私達が行くとすでにYさんは車でこられていました。 挨拶もなく車のスライドドアーを開け、真ん中の座席に乗るYさん。 5分くらいの沈黙のあと、突然の胸を後ろから手を回し揉み始めるのです。 「ヒイー、」 も突然のことに悲鳴は上げますが抵抗はしません。 それをいいことにワンピースの胸元から手を入れ、今度は直にの胸を揉んでいるのです。 「ああ、あなた、、」 は私のほうを見て助けを求めているのですが、私はただ膝の上で握り拳を作って耐えているだけなんです。 Yさんはそんな私を横目で見てあざ笑うかのように、今度は助手席のリクライニングシートを倒しに覆いかぶさっていくのです。 無理やり片手での顔を押さえつけをするYさん。 もうひとつの手はワンピースの裾を捲り、ショーツの中に入りの股間をまさぐっているのです。 私のすぐ横にYさんの頭があるのにどうすることも出来ません。 「あっ、ハーハー、、」 口が離れたは荒い息を付くのですが、Yさんはすかさずの首元から胸元に口を付け、愛撫を続けるのです。 「よ、そんなに足を締め付けてたら、穴に指が入らないじゃねえか。 大事な毛を毟り取ってしまうぞ。 」 どすの利いた声には足の力を緩め少し開くのです。 Yさんは楽になった手をさらにショーツの中に入れの股間をまさぐっています。 「ああ、、」 が悩ましい声を上げたと同時に、の中にYさんの指が入ったのを知りました。 「何だ、、もう濡れているじゃねえか。 」 「ああ、そんな、、」 しかし、それが証拠にYさんが指を動かすと同時に、の股間からはくちゅくちゅと音がするのです。 「旦那さんよ、これからを犯すんで外に出ていてもらえんか。 」 どすの聞いた声、厳つい顔で私を睨み、私は何も言えないまま車の外に出て行きました。 外から車内を見ると、Yさんはを引っ張り後部座席にを連れて行っています。 真ん中のシートを倒すとすでに一番後ろのシートが倒れているので、それと合わせてベッドになっているのです。 そこへYさんはを寝かせると覆いかぶさっていくんです。 のワンピースが剥ぎ取られ、ピンクのブラ、そしておそろいのショーツが脱がされていきます。 そしてYさんもすぐに裸になると、二人は抱き合いを始めました。 の間もの手はYさんのペニスを握り扱いているんです。 しばらくすると二人は離れ、は握っていたYさんのペニスに顔を近づけ、口を大きく開けて咥えていくんです。 Yさんはの足を持つと大きく広げ股間をじっくり見ています。 それにはも嫌がっている風ではなく、から股間をYさんの顔に差し出しているように見えました。 チュパチュパと音がし、は首を振りながらYさんのペニスを口で扱いています。 「ああ、、いい、、」 突然声がしの股間を見ると、Yさんがの股間を大きく広げています。 しかし、その声も最初だけで、は再びYさんのペニスを咥え始めました。 5分、いや10分は経ったでしょうか。 お互いの性器を合っていた2人がどちらかともなく体の向きを同じ方にすると、を仰向きに寝かせ足を大きく開くとその間に腰を宛がうようにYさんが覆い被さっていったのです。 「ああ、いい、いいわ。 」 の上でYさんが腰を振るたびに車が大きく揺れ、の喘ぎ声も大きくなっていくんです。 私が自分の股間をじっと押さえ、ズボンからペニスを出し扱いていました。 まだ硬くなりきらないペニス。 それでもとYさんのセックスを見ながらだんだんと硬く大きくなっていきます。 はYさんの首に手を回し、足をYさんの腰に絡ませ、絶対に離さないと言わんばかりにしがみ付いているのです。 「ああ、いい、いい、いいわ。 いく、いく、いきそう。 ああ、、」 の喘ぎ声がだんだん大きくなり、もうすぐ絶頂に達しようとしています。 「ああ、舞、私の舞、、」 そのとき私のペニスから精液が放出されました。 その精液は車のボディーにかかり地面に落ちています。 すでに勃起不全はだんだんと治っており、今では短い時間ながら硬さも増しているんです。 しかし、にはまだ内緒にしていてこんなの痴態を見るようにしているんです。 「ああ、いい、いい、いく、いく、いくわ、ああ、Yさん、きて、きてああ、、」 車の中からの大きな喘ぎ声が聞こえてきます。 もしこの声が車の中ではなく、外だったら周りの山に響いているでしょう。 そして車の中ではYさんの動きが止まり、Yさんのペニスとの腰が痙攣しているのがわかります。 しばらく抱き合った二人、Yさんがから離れるとの股間からは白い精液が垂れ、敷いてあったシーツを汚していくのです。 私はすぐにすでに射精をし、小さくなったペニスをしまいました。 そこへYさんが服を着て出てきてタバコを吸っています。 はまだ放心状態で動けずにいるんです。 「、だんだんいやらしくなってきますね。 最初の頃はルックだったのが、タイトスカートの変わり、今度は手の入れやすいフレアースカート、最近は脱がせやすいワンピースになっている。 それも前がファスナーのもの。 」 「はあ、、」 「まだ治らないんですか。 」 「ええ、、」 そんな話をしているとき、が車の中から出てきた。 Yさんはを引き寄せ、 「今度はプレーをしませんか。 を3、4人でするって言うのはどうです。 見応えありますよ。 」 そういうと、の後ろから手を前に回し、ワンピースのファスナーを下げていく。 するとの胸が大きく見え、さらにファスナーを下げるとのが見えるんです。 はブラもショーツも着けていなかったんです。 そしてYさんは私に見せ付けるように、の胸と股間をまさぐるのです。 「私に知り合いだったら、3、4人体力に自身ある奴がいますから、も満足されると思いますよ。 」 「はあ、、考えておきます。 」 を見ると目を閉じ、口を開けすでに感じているようだった。 そのあともは今度はYさんの車に乗り、に行きました。 私は二人の後を追い、ホテルの近くでYさんの車に乗り込むと、3人でに入っていったのです。 はYさんの車の中でお臍までワンピースのファスナーを下げられ、胸をされて町の中を走っていたのです。 さらに足を大きく広げ、Yさんに股間をいじられ顔を赤くしていました。 こんな私たち夫婦の性生活を少しづつ書いてみようと思います。

次の

背徳の宴 美人妻たちの痴態 | 無料映画倶楽部

妻 の 痴態

oBrAo2 No. 247899 妻を見て頂きたいです。 リクエスト等あれば対応できると思います。 oBrAo2 No. 247900 顔に乗ってもらうのが好きです。 247901 エロいコスも機嫌が良いと着てくれます。 247902 おすすめのコスチュームあれば教えてください。 247903 タケヒロさんはじめまして。 スタイルも良く美人奥様で撮影も気合いが入るでしょう。 ボンテージとか、前當パンティ数珠パンパールパンを穿かせて、ナース、CA、巫女さん等お願いします。 まずは奥様の全裸や四つん這いを期待してます。 247906 ボボスキーさん、はじめまして。 見て頂きありがとうございます。 全裸では無いのですが、四つん這いです。 私は細身なのに大きい妻のお尻がたまりません。 247907 おはようございます。 大きなお尻は生命力そのものです。 アナル見ながらバックで突くのも楽しみですね。 247908 おはようございます。 アナルも弄りたいのですが、指以上は受け入れてもらえず、、、 気長に開発したいと思います。 247933 焦らずじっくりとアナラーに育てましょう。 gHNic No. 247935 ボボスキーさん ありがとうございます、じっくりいきたいと思います。 妻は29なのでこれからの飛躍に期待します。 1IXs No. g No. 248113 八馬さん、ありがとうございます。 妻も私も29歳です。 最高の下半身です。 248121 魅力的な身体付き良い訳ですね。 内は40代後半ですから尚更に惹かれます。 オナでしょうか。 魅惑的なアングル誘われますね。 UP楽しみにしています。 248137 普段です。 248138 裸体です。

次の

背徳の宴 美人妻たちの痴態 | 無料映画倶楽部

妻 の 痴態

「あなた、早くしないと。 待たせたら悪いわ。 」 「ああ、わかっている。 」 私、原田建造45歳、、舞39歳、結婚17年目、子供はいません。 4年前からと話し合ってSWの世界に入りました。 おかげで、仲のいいご夫婦数組と単独男性数名と知り合いました。 しかし、2年ほど前から仕事のストレスからか勃起不全になってしまいました。 医者からは「ストレスがなくなればだんだん治ってきます。 」と言われているのですが、、 親しくしていたご夫婦のセックスを見せていただいたり、その中にを入れてセックスをしていただいたりしましたが治らず、1年位前からを親しい単独男性に抱かせています。 Yさん、35歳、独身、175センチと身長は普通だが、体格がよく力持ち、ペニスの大きさもそこそこあり、が一番好きなタイプなんです。 、舞は153センチとなほうでもともとセックスも好きなほうで、結婚以来私の誘いを断った記憶はありません。 な体の割にはDカップと胸もそこそこ大きく、セミロングの髪で顔はどこか小泉今日子似なんんです。 あの日もそのYさんにを抱かせるため、ワンボックスカーの助手席にを乗せ待ち合わせ場所に向かいました。 そこはあまり人が入らない山道の突き当たり。 周りは竹やぶでその一角だけが広場のようになっていて、太陽の光が照らしているのです。 私達が行くとすでにYさんは車でこられていました。 挨拶もなく車のスライドドアーを開け、真ん中の座席に乗るYさん。 5分くらいの沈黙のあと、突然の胸を後ろから手を回し揉み始めるのです。 「ヒイー、」 も突然のことに悲鳴は上げますが抵抗はしません。 それをいいことにワンピースの胸元から手を入れ、今度は直にの胸を揉んでいるのです。 「ああ、あなた、、」 は私のほうを見て助けを求めているのですが、私はただ膝の上で握り拳を作って耐えているだけなんです。 Yさんはそんな私を横目で見てあざ笑うかのように、今度は助手席のリクライニングシートを倒しに覆いかぶさっていくのです。 無理やり片手での顔を押さえつけをするYさん。 もうひとつの手はワンピースの裾を捲り、ショーツの中に入りの股間をまさぐっているのです。 私のすぐ横にYさんの頭があるのにどうすることも出来ません。 「あっ、ハーハー、、」 口が離れたは荒い息を付くのですが、Yさんはすかさずの首元から胸元に口を付け、愛撫を続けるのです。 「よ、そんなに足を締め付けてたら、穴に指が入らないじゃねえか。 大事な毛を毟り取ってしまうぞ。 」 どすの利いた声には足の力を緩め少し開くのです。 Yさんは楽になった手をさらにショーツの中に入れの股間をまさぐっています。 「ああ、、」 が悩ましい声を上げたと同時に、の中にYさんの指が入ったのを知りました。 「何だ、、もう濡れているじゃねえか。 」 「ああ、そんな、、」 しかし、それが証拠にYさんが指を動かすと同時に、の股間からはくちゅくちゅと音がするのです。 「旦那さんよ、これからを犯すんで外に出ていてもらえんか。 」 どすの聞いた声、厳つい顔で私を睨み、私は何も言えないまま車の外に出て行きました。 外から車内を見ると、Yさんはを引っ張り後部座席にを連れて行っています。 真ん中のシートを倒すとすでに一番後ろのシートが倒れているので、それと合わせてベッドになっているのです。 そこへYさんはを寝かせると覆いかぶさっていくんです。 のワンピースが剥ぎ取られ、ピンクのブラ、そしておそろいのショーツが脱がされていきます。 そしてYさんもすぐに裸になると、二人は抱き合いを始めました。 の間もの手はYさんのペニスを握り扱いているんです。 しばらくすると二人は離れ、は握っていたYさんのペニスに顔を近づけ、口を大きく開けて咥えていくんです。 Yさんはの足を持つと大きく広げ股間をじっくり見ています。 それにはも嫌がっている風ではなく、から股間をYさんの顔に差し出しているように見えました。 チュパチュパと音がし、は首を振りながらYさんのペニスを口で扱いています。 「ああ、、いい、、」 突然声がしの股間を見ると、Yさんがの股間を大きく広げています。 しかし、その声も最初だけで、は再びYさんのペニスを咥え始めました。 5分、いや10分は経ったでしょうか。 お互いの性器を合っていた2人がどちらかともなく体の向きを同じ方にすると、を仰向きに寝かせ足を大きく開くとその間に腰を宛がうようにYさんが覆い被さっていったのです。 「ああ、いい、いいわ。 」 の上でYさんが腰を振るたびに車が大きく揺れ、の喘ぎ声も大きくなっていくんです。 私が自分の股間をじっと押さえ、ズボンからペニスを出し扱いていました。 まだ硬くなりきらないペニス。 それでもとYさんのセックスを見ながらだんだんと硬く大きくなっていきます。 はYさんの首に手を回し、足をYさんの腰に絡ませ、絶対に離さないと言わんばかりにしがみ付いているのです。 「ああ、いい、いい、いいわ。 いく、いく、いきそう。 ああ、、」 の喘ぎ声がだんだん大きくなり、もうすぐ絶頂に達しようとしています。 「ああ、舞、私の舞、、」 そのとき私のペニスから精液が放出されました。 その精液は車のボディーにかかり地面に落ちています。 すでに勃起不全はだんだんと治っており、今では短い時間ながら硬さも増しているんです。 しかし、にはまだ内緒にしていてこんなの痴態を見るようにしているんです。 「ああ、いい、いい、いく、いく、いくわ、ああ、Yさん、きて、きてああ、、」 車の中からの大きな喘ぎ声が聞こえてきます。 もしこの声が車の中ではなく、外だったら周りの山に響いているでしょう。 そして車の中ではYさんの動きが止まり、Yさんのペニスとの腰が痙攣しているのがわかります。 しばらく抱き合った二人、Yさんがから離れるとの股間からは白い精液が垂れ、敷いてあったシーツを汚していくのです。 私はすぐにすでに射精をし、小さくなったペニスをしまいました。 そこへYさんが服を着て出てきてタバコを吸っています。 はまだ放心状態で動けずにいるんです。 「、だんだんいやらしくなってきますね。 最初の頃はルックだったのが、タイトスカートの変わり、今度は手の入れやすいフレアースカート、最近は脱がせやすいワンピースになっている。 それも前がファスナーのもの。 」 「はあ、、」 「まだ治らないんですか。 」 「ええ、、」 そんな話をしているとき、が車の中から出てきた。 Yさんはを引き寄せ、 「今度はプレーをしませんか。 を3、4人でするって言うのはどうです。 見応えありますよ。 」 そういうと、の後ろから手を前に回し、ワンピースのファスナーを下げていく。 するとの胸が大きく見え、さらにファスナーを下げるとのが見えるんです。 はブラもショーツも着けていなかったんです。 そしてYさんは私に見せ付けるように、の胸と股間をまさぐるのです。 「私に知り合いだったら、3、4人体力に自身ある奴がいますから、も満足されると思いますよ。 」 「はあ、、考えておきます。 」 を見ると目を閉じ、口を開けすでに感じているようだった。 そのあともは今度はYさんの車に乗り、に行きました。 私は二人の後を追い、ホテルの近くでYさんの車に乗り込むと、3人でに入っていったのです。 はYさんの車の中でお臍までワンピースのファスナーを下げられ、胸をされて町の中を走っていたのです。 さらに足を大きく広げ、Yさんに股間をいじられ顔を赤くしていました。 こんな私たち夫婦の性生活を少しづつ書いてみようと思います。

次の