唐辛子 コンパニオン プランツ。 夏野菜とコンパニオンプランツ 〜ネギ・トウガラシ・バジル・マリーゴールド〜|季節を感じる花暮らし

【コンパニオンプランツ】ハーブと野菜の共生|ハーブのホームページ

唐辛子 コンパニオン プランツ

コンパニオンプランツとは 異なる品目の作物を一緒に栽培(混植)することで互いの成長に良い影響を与える植物をコンパニオンプランツと言います。 性質の異なる作物同士の作用を利用するため「科」の異なる組合せが基本となります。 その中で相性の良い組み合わせを混植する事で、病気や害虫を防いだり、成長を促進したりする等、様々な効果があると言われています。 基本的に混植をする事で効果が得られますが、植物の発する香りによる効果であれば鉢植えを傍に置くだけでも効果が期待できます。 コンパニオンプランツを利用する事のメリット 減農薬:コンパニオンプランツの効果には害虫忌避効果を持つものが多く、うまく利用すれば農薬散布の回数を減らす事も出来ます。 減肥料:コンパニオンプランツの組合せの中には互いの生育を促進させるといった例もあります。 追肥の回数を減らすことも繋がります。 農地の有効利用:草丈の異なる作物同士を混植する事で耕作面積を有効活用する事が出来ます。 コンパニオンプランツを利用する時の注意点• コンパニオンプランツの効果は緩やかである場合が多く、期待した効果が十分に得られない事もあります。 例として代表的な効果である害虫忌避効果については、全ての害虫に効果があるわけではなく、また効果の程度についても、例年よりも害虫の被害が少ないのはコンパニオンプランツの効果かな?くらいの気持ちが必要です。 コンパニオンプランツの効果を得るためには、組み合わせる作物を出来るだけ近づけた方が良いのですが、過度に密植させてしまうと風通しが悪くなり、かえって悪い結果を引き起こすことがあります。 そのため一緒に植える作物は生育後の草丈を考慮して植え付ける距離を調整する必要があります。 過度の密植を避ける工夫として、鉢植えにして傍に置く、といった方法で効果を得る事も出来ます。 病気を防ぐ効果を記載した組み合わせもありますが、病気の治療や回復を行う訳ではありません。 病気が発生したら薬剤散布や、発病した株の除去を行って拡大を防ぎましょう。 組合せと効果については出典元によって効果あり、無しと意見が分かれていたり、組合せについても良い、悪いについて見解が分かれているものもあります。 ピーマンのコンパニオンプランツを選ぶ時のポイント ピーマンはナス科トウガラシ属トウガラシ種に含まれる甘味品種です。 トウガラシ種にはほかに甘味品種のシシトウやパプリカ、辛味品種の「鷹の爪」が含まれます。 同じナス科作物のナスやトマトよりも高温の環境を好みますが、多湿と乾燥には弱いので水分管理が大切になってきます。 コンパニオンプランツの組み合わせとしては草丈の低い作物で株元を覆って乾燥を防ぐのが有効です。 なお「鷹の爪」等の辛味品種に含まれるカプサイシンには害虫忌避効果があるとされていますが、カプサイシンは果実の内側に作られるので栽培中の害虫忌避効果は期待できません。 また茎や葉には含まれていないので害虫による被害は他の甘味品種と同様に発生します。 他のナス科作物と同様にコンパニオンプランツを組み合わせて害虫対策を行いましょう。 ピーマンを病気や害虫から守るコンパニオンプランツ ピーマンの栽培には強い光を必要としますので、背の高くなる品目との混植は距離を離して植え付けるか、鉢植えにして距離を調整できるようにするといった工夫をする必要があります。 背の低い作物であれば株元に混植することでピーマンの苦手な株元の乾燥を防ぐ事が出来ます。 ネギ類(ヒガンバナ科)長ネギや玉ネギ、ニンニク、ラッキョウ、ニラ ネギ類が持つ独特な香りには害虫忌避効果があり、ピーマンに限らずコンパニオンプランツとして様々な組合せがあります。 またネギ類の根圏には共生菌が住み着き、ピーマンの病気を防ぐと言われています。 病気対策の場合は根が近くになる様にピーマンの苗と一緒に植え付けると良いそうです。 害虫忌避と病気対策にもなるネギは成長しても草丈が高くならないのでピーマンへの日照を遮ることもありません。 バジル(スイートバジル)(シソ科) ピーマンに付くアブラムシやハダニといった害虫の他、蚊やハエも遠ざけます。 また1mくらいの草丈となります。 ピーマンには強い光が必要なので少し間隔を空けて植えるか、鉢植えにして位置を調整できるようにしておくのも良いでしょう。 パセリ(セリ科) ピーマンに付く害虫を遠ざける効果があり、草丈が高くならず横に広がるのでピーマンの株元の乾燥を防ぎます。 パセリは半日陰を好むのでお互いに生育が良くなります。 ピーマンと相性の良いコンパニオンプランツの例 ネギ類 ヒガンバナ科 香り成分で害虫を遠ざけ、根に共生する菌がピーマンの病気を抑える。 マメ類 マメ科 互いの害虫を遠ざけ生育を助け合う。 バジル シソ科 香り成分でピーマンに付くアブラムシやハダニ等の害虫の他、蚊やハエも遠ざける。 シソ シソ科 害虫を遠ざける。 パセリ セリ科 害虫を遠ざける。 株元の土の乾燥を防ぐ。 また効果を保証するものではありません。 ピーマンとの混植に適さない作物 キュウリなどウリ科作物全般 ピーマンに限らずナス科作物全般とウリ科作物の組み合わせは土壌中のネコブセンチュウを増やし互いに成長を妨げる。 オクラ(アオイ科) ナス科作物全般と混植すると、土壌中のネコブセンチュウを増やす。 なおピーマンやシシトウ等の甘味品種と「鷹の爪」等の辛味品種が交雑すると辛くなると言われることがありますが、交雑した世代の果実では変化は起こりません。 詳しくはをお読みください。 関連記事•

次の

すごい効果!コマツナ(小松菜)のコンパニオンプラツで害虫を寄せ付けない!

唐辛子 コンパニオン プランツ

やで コンパニオンプランツはいいものだという話をしました。 しかし 逆コンパニオンプランツというものがあります! (ちなみにこれは 勝手に僕が定義しましたw) どういうことかと言うと お互いに悪い影響を及ぼしあう 相性が悪い野菜の組み合わせのことを言います。 つくづく思うのですが野菜も人間と同じように やっぱり生き物なんだなって思います! 僕たち人間が好きな人嫌いな人がいるように 野菜にも好き嫌いがあるのはほっとけないですね(笑) まあ野菜の好き嫌いの場合は種族によるものだったりするので ちょっと人間と違う部分があると言えるかもしれませんね・・・ と言うことでどんな野菜が組み合わせが悪いのか 今回はわかりやすくまとめてみようと思います! それでは組み合わせが悪いとどんなことが起きるのか 最初に知っておいていただきたいので 起こってしまう悲劇をご紹介しようと思います・・・・ この記事の目次• 相性が悪いと2つの悲劇が・・・どんな悲劇? 相性が悪いとどんな悲劇が起こってしまうんでしょうか? 主に 2つの悲劇があるので紹介します。 悲劇1. 生育が悪くなる (枯れるイメージ図) 相性の悪い野菜を一緒に植えたり ある野菜を植えた後の地にその野菜と相性の悪い野菜を植えたりするだけで 元気がなくなったり枯れたりしてしまいます・・・ 最高に仲が悪い野菜の組み合わせだと溶けて消えることまであります・・・ なんか数人のグループに仲が悪い奴らがいると そのグループ全体がいやーな雰囲気が流れるのと似ていますね(笑) 最悪の場合、喧嘩してグループをめちゃくちゃにしたり・・・ 野菜も苦労しているんですね(笑) 悲劇2. wikipedia. しかも仲が悪い野菜の組み合わせで増える害虫は よりによって センチュウ類が多いです。 センチュウ類は被害が出てからしか判断がつきにくく 除去するための薬品は家庭菜園だと他の野菜に影響が出るため センチュウ類が増えてもらうと困ります・・・ なんでそんな悲劇が起こるの? 悲劇1が起こる理由 生育が悪くなることに関してなぜそんなことが起こるのかというと 「アレロパシー」という野菜の作用によるものです。 アレロパシーに関して で話したので わからなければ上記の記事を見てみてください。 コンパニオンプランツにアレロパシーは大いに有効になりますが それは あくまでも組み合わせがよい場合です(笑) もしも組み合わせが悪いと「こいつ邪魔だ~、どっかいけ~」 といわんばかりに成長抑制物質をだして ほかの植物を排除する働きが発生します。 また似た性質を持つ野菜も生育が悪くなりがちです。 「え?人間似た者同士仲いいはずでしょ?なんで?」 と思うかもしれませんね(笑) 先程人間と似てますねといった僕も僕ですが 野菜に関しては似た者同士だと困るんです(笑) (混乱させてしまった方ごめんなさい!) というのも例えばですが根が浅く横に広がる者同士を植えると お互いに 我先に育ってやろうと思ってしまうため 結局どちらかが負けて育たなくなるか両方力尽きます。 野菜は両方ともきちんと育ってなんぼですよね? と言うことは似た者同士を植えると競争しあって 勝負をつけようとよくない努力をしてしまうため 結局あまりいい結果を生まないと言うことになります・・・ どちらかが足りないところを使わせてもらって それを利用して育てるのが野菜のコツなわけですね! ただしでは 例外的に根の生え方は似た者同士です。 (単子葉類、双子葉類の違いがあるため) 要は 区分が似ていれば似ているほどあまりいい影響はないわけですね! 悲劇2が起こる理由 基本的にセンチュウ類が増える原因は 土壌の中の微生物のバランスが崩れることです。 バランスが崩れるとセンチュウだけが生き残れるような状況になり 結果増殖してしまうと言うことになります。 基本的にこの被害は連続して同じ場所に同じものを植える 連作で起きる現象であることが多いです。 ですので相性が悪い野菜でなぜセンチュウ類が増えるのかは はっきりとした理由がわかっていません。 僕の推測ですが相性の悪い野菜だと センチュウ類が好きな栄養素を出してしまっているか 一方の野菜に重要な微生物を持って行ってしまうかではないかと考えます。 この際にどの野菜が何科なのか覚えておくといいかもしれませんね! この記事の一番上に目次を用意していますので 科・野菜名によって調べる際はそれをクリックすると早いですよ! それでは行ってみましょう! シソ科 シソ科は サルビア、ローズマリー、シソ、バジルの4種類です! 野菜というより植物というべきかもしれません。 じゃあなんで入っているのかというと サルビアとローズマリーが強烈だからです(笑) サルビア&ローズマリーと相性が悪い (左:サルビア 右:ローズマリー) ほとんどすべての野菜と相性が悪いです・・・・ ね?強烈でしょ?(笑) サルビアは キャベツとブロッコリー、トウモロコシ以外全部アウト ローズマリーは トウモロコシ、レタス、サツマイモ以外全部アウト ここまで相性悪いのが多いと救いようがないですね(笑) しかもこれだけじゃなくて相性が悪くない野菜も 一緒に少しだけ植えることが前提条件です。 というのもたくさん植えるとアレロパシーバリバリになり 相性云々抜きにして育ちが悪くなってしまいます・・・ 余りにも相性が悪い野菜が多いので これより下のまとめではこの2つの植物のみ苦手な場合 「シソ科のあいつら」というワードと 「シソ科のあいつらはシソ科を参照してください」 という表記が頻発すると思います・・・・ アブラナ科 アブラナ科の野菜は主に カブ、キャベツ、小松菜 大根、白菜、ブロッコリー、ラディッシュの7つです。 アブラナ科は根本的に ナス科との相性が悪いことが前提です。 それでは詳しく見ていきましょう! アブラナ科すべてと相性が悪い ジャガイモです。 僕も意外に思った組み合わせなのですが どうやらアブラナ科の野菜たちはこぞって ジャガイモのことを仲間外れにしたがるようです・・・・ アブラナ科とジャガイモを一緒に植えると ジャガイモを何としてでも育てまいとする働きがあります。 アレロパシーという働きですね。 なので一緒に植えるのを避けるか 遠く離したところに植えることをお勧めします 大根と相性が悪い ニラと長ネギです。 はっきりとしたことはわかりませんが 僕が考えているのはこの2つの 特有のアレロパシーです。 おそらく大根はこの2つの野菜から出るアレロパシーに弱く 過敏に反応してしまうのではないかと思っています。 どのみち生育が悪くなりますので 基本的に一緒に植えないようにしましょう! イネ科 イネ科は穀物としての植物であることが多いので イネ科の野菜は トウモロコシを覚えて入れば大丈夫だと思います。 (実際にはトウモロコシも穀物として考えられますが) トウモロコシと相性が悪い トマトとナスです。 一緒に植えてしまうと成長に悪影響が出ます。 トウモロコシは育つのに栄養がたくさんいる野菜なのに対し トマトやナスはトウモロコシ程栄養がいらないため 土の状況次第ではどちらかが負けてしまいます。 ウリ科 ウリ科の野菜というと きゅうり、かぼちゃ、スイカがあります。 漢字で書くと分かりやすいのですが胡瓜(きゅうり) 南瓜(かぼちゃ)、西瓜(スイカ)と書くので 瓜(ウリ)に関係していることがわかりますね! ちなみに スイカは野菜なので覚えておいてくださいね! きゅうり&スイカと相性が悪い インゲンです。 実は相性が悪いと書いたのですが 特に きゅうりとインゲンは賛否両論あります。 というのも一緒に植えることで 育ちがよくなると昔から言い伝えられているからです。 じゃあなんで相性が悪いということになるかというと ひとたびネコブセンチュウが発生すると ネコブセンチュウが大発生する組み合わせだからです・・・ 本当にイチかバチかですしセンチュウが発生すると 後々非常に厄介なので 僕は一緒に植えないことをお勧めします。 キク科 キク科の野菜は ごぼう、シュンギク、レタスの3つです。 シュンギクは名前からして一瞬でわかりますが ごぼうとレタスは意外じゃないですか? これで (上のリンクの記事の最後の方でレタス、キャベツの話をしています) レタスだけ相性が悪い ニラです。 レタスは双子葉類、ニラは単子葉類なので 争いは起こらないような気がするのですが 育ちが悪くなる組み合わせになってしまっています。 これはおそらくですが ニラのアレロパシーが レタスに対して効果抜群でレタスが育ちにくくなるのではと思います。 一緒に植えないようにしましょう! サトイモ科 サトイモ科はその名のとおりサトイモのみです(笑) 「というよりもイモ科みたいなのがあるんじゃないの?」 と僕が実際思ったことなのですがありません! というのも「イモ」というのは 根っこや地下の茎が肥大化して 養分を貯め込んだ器官のことを言うからです。 ニンジンと相性が悪い インゲンです。 きゅうりとインゲンの時と同じように センチュウが増える原因となります。 しかもたちが悪いのが一緒に植えても相性が悪いし インゲンの後にニンジンを植えてもその逆でもセンチュウが増えます・・・ インゲンもニンジンも まるで地雷を仕掛ける工作員の様ですね・・・ パセリと相性が悪い ありません! これもサトイモやショウガと同じタイプで シソ科のあいつらが苦手です・・・ (シソ科のあいつらはシソ科を参照してください) ナス科 ナス科は名前の通り ナスはもちろんのこと ジャガイモ、唐辛子、トマト、ピーマンを覚えておきましょう! 皮をむかなくても食べられるものが多い印象ですね! ただ、今からまとめますが 同族争いが一番激しい野菜の科です(笑) ナスと相性が悪いもの トウモロコシとジャガイモです。 「トウモロコシと相性が悪いもの」のところでも言いましたが トウモロコシは栄養がたくさんいる野菜に対して ナスはトウモロコシほどは栄養がいりません。 なので 土壌次第で喧嘩してしまいどっちかが負ける結果になりかねません。 ジャガイモは一緒に植えると 同じ仲間の性質が働いて 競争しあってうまく育ってくれません。 やっぱり同族で争うのはなんか悲しいですね・・・・ ジャガイモと相性が悪い アブラナ科すべてとトマト、ナス、ピーマンです・・・ いや、相性悪いの多すぎでしょ・・・ アブラナ科のところでお話ししましたが ジャガイモはアブラナ科の野菜たちから徹底的に嫌われているので 一緒に植えると悲しいくらいに育ちません。 また同族争いも激しく 唐辛子意外と相性が悪いです。 十分扱いに注意してください(笑) 唐辛子と相性が悪い ピーマンです。 これも同族争いになってしまいますが 唐辛子はピーマン以外はそんなに問題ありません。 比較的仲良くできるタイプのようですね(笑) トマト トウモロコシとジャガイモです。 トウモロコシは土壌の栄養価の高さによって どちらかがだめになってしまうんでしたよね? (いきなりここを見た人はイネ科のところを見てください) ジャガイモは 同族争いをしてしまうためNGとなります。 ピーマン ジャガイモと唐辛子です。 基本的にピーマンは同族のこの2つを除けば 相性が悪いものは少ないのでこの2つは避けましょう。 とはいえ 同族で仲が悪いのは変わりないようですね(笑) ヒルガオ科 ヒルガオ科の野菜は サツマイモです! すごい身近な野菜ですが案外ヒルガオ科って知られていませんよね。 サツマイモと相性が悪い 基本的に苦手とする野菜はありません! サトイモやショウガのように割とみんなと仲良くできるタイプです。 シソ科のサルビアを除いて・・・ (シソ科のサルビアはシソ科を参照してください) マメ科 マメ科の野菜は インゲン、エダマメ、エンドウ ソラマメ、ラッカセイの5種類を覚えておきましょう! これらの野菜は身近なこともあってマメ科って想像できますよね(笑) インゲンと相性が悪い キュウリ、スイカ、ニンジンです。 それぞれの野菜の項目でも言ったのですが これらを組み合わせると 土壌内のセンチュウ類が増加します。 特にきゅうりとの組み合わせは 昔からの言い伝え上は生育が良くなると言われていますが センチュウが増殖すると最悪な組み合わせです。 センチュウの処理はなかなか大変なことなので なるべく発生しないようにこれらの組み合わせは 最初からやらないように注意してください。 エダマメ、エンドウ、ソラマメ、ラッカセイと相性が悪い シソ科のあいつらを除いて苦手なものはありません! (シソ科のあいつらはシソ科を参照してください) ユリ科ネギ属 このタイプだけ「ネギ属」というさらに深い分類が加わりますが 玉ねぎ、ニラ、ニンニク、長ネギの4種類を覚えておいてください! 玉ねぎと相性が悪い シソ科のあいつらを除いてありません。 (シソ科のあいつらはシソ科を参照してください) ニラと相性が悪い 大根とレタスです。 においも強烈なにらは野菜によっては 強烈なアレロパシーとなる恐れがあると考えます。 その匂いがだめだと思われる野菜がこの2つです。 一緒に植えないようにしましょう! ニンニクと相性が悪い シソ科のあいつらを除きありません! (シソ科のあいつらはシソ科を参照してください) 人間でもスタミナの元なんて言われてるだけあって 野菜からも嫌われにくいんですかね?(笑) 長ネギと相性が悪い 大根です。 これもニラと同じように大根は 長ネギによる アレロパシーに弱いのではないかと思います。 どのみち生育が悪くなってしまうので 植えないようにしましょう! 最後に まとめは以上になります! こうしてみてみると 野菜は好き嫌いが結構激しく 人間もびっくりなぐらいでしたね(笑) 野菜は食べてもらうことがある意味大事なので しっかり育ってもらうに越したことはありません。 家庭菜園でせっかく育てた野菜を台無しにしないためにも このまとめをしっかり活用して美味しい野菜を ぜひ作ってみることに挑戦してみてください!.

次の

野菜の相性

唐辛子 コンパニオン プランツ

におい、天敵により害虫を寄せ付けない• 根に共生する菌類で病気予防• ミツバチなどを誘い受粉させて実を付ける• 根の水分・栄養分吸収の違いが共に成長をうながす コンパニオンプランツの注意点として天然の殺虫効果、成長促進効果としての位置づけのため、植えれば必ずいい結果になるというものではありません。 つまりバジルを植えたからといってトマトに虫が全く付かないわけではないことを認識しましょう。 バジル• においによる害虫よけ• 根の水分吸収の違いによる相互成長 ピザやパスタの香りづけにも使われるように独特な強い香りがします。 いい香りではありますが、バラの香りとは異なりやや臭みがあるため人によっては苦手でしょう。 青臭い強い香りは虫も嫌うためまずアブラムシやコナジラミ類、コバエ、蚊などを寄せ付けない傾向があります。 ただ、アオムシ類など柔らかい葉が好物の虫はバジルであっても食害するため必ずしもすべての害虫を寄せ付けないわけではありません。 次に、根の水分吸収の違いによってトマトとバジルがお互いに成長するという点についてですが、トマトとバジルの原産地を比較するとその意味がわかります。 トマトは南米アンデス高地の比較的乾燥した地域原産の野菜です。 一方バジルは熱帯アジア、インドなどナスと同じく高温多湿の地域原産のハーブです。 つまりトマトは乾燥を好み、バジルは多湿を好みます。 水を与えた時にバジルの方が多く水分を吸収することでトマトにとっては土が過湿状態になりにくいため、双方にとっていい条件で育ちます。 またトマトは高さ2m以上になりますが、バジルは80㎝程度までしか成長しないためお互いが邪魔せず日光を受けて成長できる点もポイントです。 パセリ• においによる害虫よけ• 根の水分吸収の違いによる相互成長 セリ科であるパセリの独特な臭みによってトマトにつくアブラムシやハダニを減らす効果があります。 水分吸収の違いによる相互成長は上記で説明したバジルと同じ理由で パセリはナスと同じく水分を好む植物です。 また根が浅いためトマトの根を邪魔することなく成長します。 なお、パセリにはちぢれた揚げ物の飾りとしてよく見るパラマウント系とやわらかい葉のイタリアンパセリがありますが、イタリアンパセリは生育の勢いが強いためトマトと競合して生育の邪魔をしてしまうことがあります。 スポンサーリンク レモンバーム• においによる害虫よけ• ミツバチなどによる受粉効果 レモンバームは別名メリッサといい、ミツバチを意味するラテン語がに由来すると言われています。 なぜかというとレモンバームの花の香りにミツバチが誘われるためです。 古代ギリシアでは蜜源植物といってミツバチによってはちみつを集めるための植物として利用されていました。 セイヨウヤマハッカという和名にもあるようにレモンとミントを合わせた強い香りがします。 カメムシなどの害虫よけになるのと同時にミツバチによって受粉が助けられ実成りがよくなります。 におい、天敵により害虫を寄せ付けない• 根に共生する菌類で病気予防 ユリ科ネギ属の植物の根にはバークホーデリア・グラジオリという善玉菌が共生しており、抗生物質の一種を分泌しています。 これにより周囲の病原菌を減少させる効果があります。 根にはほかにも様々な微生物が共生しているので、土の成分が肥沃になるとも言われています。 トマトでは萎凋病 いちょうびょう を防ぐ効果があります。 チャイブ• においによる害虫よけ• 根の水分吸収の違いによる相互成長 チャイブもユリ科ネギ属の野菜でアサツキに似た葉ネギの仲間です。 強い臭いがあるためアブラムシ等の害虫を寄せ付けない効果と 根に共生するバークホーデリア・グラジオリなど善玉菌によって病原菌の減少効果があります。 スポンサーリンク ニラ• においによる害虫よけ• 根の水分吸収の違いによる相互成長 ニラもユリ科ネギ属の植物で、ニラレバ炒めからもわかるように独特の臭みがありますよね。 ニラの香りによって害虫が寄りにくくなるだけでなく、根に共生する善玉菌が土壌の病原菌を減らしてくれるためトマトの萎凋病が起きにくくなります。 またニラの根は深く伸びるため根が深く伸びるトマトの根と触れることでよりコンパニオンプランツとして相性がいいです。 マリーゴールド• 臭い、天敵により害虫を寄せ付けない• 根に共生する菌類で病気予防 マリーゴールドが畑にたくさん植えられているのをみかけることがあると思います。 あれは鑑賞目的よりもマリーゴールドの根にあるセンチュウの防除効果によって畑を浄化する目的です。 センチュウで有名なのはネコブセンチュウ。 根に小さいこぶのようなものが寄生しトマトの成長を阻害します。 キク科のマリーゴールドには特有の青臭い香りがあり害虫よけにもなります。 ナスタチウム• 臭い、天敵により害虫を寄せ付けない ナスタチウムはサラダなどで食べられる花、エディブルフラワーとしてかなりメジャーな植物です。 実際に食べてことがある人は分かると思いますが、味が辛いです。 その辛みを嫌ってアブラムシなどの害虫は食害しないということです。 まとめ トマトのコンパニオンプランツ8選!相性の良い理由について紹介しました。 畑で栽培する場合はトマトの周りに数種類のコンパニオンプランツを植えても良いですが、プランターなどスペースが限られているところで混植するとかえってトマトが成長しません。 トマトとバジルやトマトとニラのように近くに混植する場合は1種類にしましょう。 なお、害虫よけなどを目的としてトマトの近くにプランターに植わったコンパニオンプランツを置く場合は数種類でも良いです。 例えばトマトのそばにマリーゴールドやナスタチウムのプランターを置くなどです。 コンパニオンプランツの効果ははっきり証明されていません。 しかし農家さんや家庭菜園経験者の人達が長年行ってきた方法でもあるのでぜひマネをして美味しいトマト作りに役立てて下さい。 スポンサーリンク カテゴリー• 189•

次の