ムスカ 死亡。 ムスカとは (ムスカとは) [単語記事]

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ【天空の城ラピュタ】

ムスカ 死亡

しかしお名前を聞いただけでは他にどのような活躍をなさっているのか、ピンとくる人は多くないようです。 しかし寺田さんは現在にも渡り、主に俳優として大活躍をなさっています。 寺田農のプロフィール• 1942年11月7日生まれ(2019年5月現在76歳)• 東京都板橋区出身• 父親は洋画家の寺田政明• 1961年、文学座附属演劇研究所に第一期生として入所• 趣味はサッカーで、芸能人チームに所属している 76歳の現在もご活躍の寺田さんは、洋画家の寺田政明さんの長男として生まれました。 政明さんは「日本におけるシュルレアリスムの代表者の1人」とも呼ばれた画家でした。 第一期生として入所した文芸座の同期には橋爪功さん、樹木希林さん、小川眞由美さん、北村総一朗さん等がいらっしゃいます。 現在はオスカープロモーションの所属です。 遊郭に売られ、悲劇的な最期を遂げるヒロインと惹かれある青年の役を演じられました。 かなり重要な役どころでした。 芸歴50年を超えて今もなお活躍し続けるベテラン俳優 寺田さんは、現在に至るまであらゆる方面で活躍なさっています。 最近の映画では「アンフェア the movie」「ぐるりのこと。 」「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」等への出演があります。 他、ドラマでは「科捜研の女」や「家政婦は見た!」などへのご出演もあり、舞台では「ロミオとジュリエット」「魔笛」等の古典劇でもご活躍。 テレビでも時折バラエティー番組で姿をお見かけします。 声優やナレーター、映画監督としても様々な作品に携わっています。 監督業で有名なのは1992年の「マイ・ブルー・ヘヴン わたし調教されました」です。 声優としては「ガンジー」のベン・キングスレー、「キャット・ピープル」のマルコム・マクダウェル等の名優の吹き替えを担当なさり、ナレーションではEテレの「からだであそぼ」等でお馴染みです。 「天空の城ラピュタ」のムスカ役でも有名 しかし寺田さんの声優としての代表作と言えば、やはり「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐です。 一見紳士でクールな大悪党を見て、その非道さと共に名台詞を忘れられなくなった子供は多いです。 「ラピュタ」につきましては、詳しく後述します。 寺田農は現在も俳優やバラエティ出演など活動を続けている 寺田さんは2019年3月9日に公開された映画「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」に主演なさいました。 原発事故から8年、未だ被災の傷が痛々しい福島県の深刻な状況を、オペレッタや多彩なアニメーションなども交えて、陽気に描いた異色作です。 寺田さんが演じられたのは、役場の助役「村井」です。 初日舞台挨拶にも登場なさったとのことです。 2019年1月「大岡越前スペシャル」に出演 2019年の1月に、東山紀之さんが大岡越前を演じることでも話題になったNHK-BSの時代劇スペシャル「大岡越前スペシャル」に、寺田さんもご出演なさっていました。 役どころは大岡忠相(東山さん)の義理の父親です。 他には寺脇康文さん等も出てらっしゃいます。 2018年12月「くりぃむクイズ ミラクル9」年末特番に出演 一番最近の寺田さんのバラエティーで印象的だったのは2018年12月の「くりぃむクイズ ミラクル9」年末特番、「くりぃむvs林修 負けたら即帰宅!超クイズサバイバー 3時間SP」へのご出演です。 寺田さんは「芸能人チーム」でのご参加で、同じチームには山西惇さんのような名バイプレイヤーから若手芸人カズレーザーさんまで、多彩な顔触れがそろいました。 お父様が画家だった関係で、芸術の話が共通の話題となり結ばれたのではないかと考えられます。 2012年、再婚前に内縁の妻だった尾台あけみから提訴された? 再婚されて幸せ真っ只中の寺田さんですが、翌年の2012年、婚約不履行を理由に提訴されてしまいます。 相手は前妻の高橋紀子さんと婚姻関係にあった当時から内縁関係にあった、尾台あけみさんという女性です。 尾台あけみさんは飲食店経営など実業家として手腕を振るう一方でタレント活業もなさっている方です。 「サンデージャポン」等にご出演しています。 寺田さんとの内縁関係は10年にも及んでいたとのことです。 「海が見えるところに住もう」ということになり、今度は鎌倉に引っ越しをしました。 鎌倉に来て最初は賃貸でしたが、駅からも近い新築の一軒家に出会い購入しました。 その後、娘が中学校に入るタイミングで東京に戻りました。 (引用:住友不動産販売ホームページ) 上記は、寺田さんが住友不動産販売の「私のいえ~すまいの履歴書~」というインタビューに答えられたものの抜粋です。 この記述より、寺田さんにはお嬢さんが1人いらっしゃることがわかります。 また、インタビュー文の前後より、お嬢さんの母親が前妻の高橋紀子さんだということも分かります。 近年大杉漣さんや樹木希林さんなど、大御所と呼ばれる役者さんの死去が相次ぎ、露出の少なくなった寺田さんと混同された可能性もあります。 尚、過去死亡説の流れた大物芸能人には、志村けんさんや松坂慶子さん等もいらっしゃいます。 寺田農が広く知られたきっかけは「ラピュタ」?現在は子供に人気? 寺田農の名前は知らなくても「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」とムスカ大佐のフルネームを言える人は、当時の子供だった大人には非常に多いです。 「天空の城ラピュタ」のムスカは間違いなく寺田さんの代表作です。 また「仮面ライダーW」へのご出演で、今頃のお子さんにも人気ものなのです。 1986年「天空の城ラピュタ」のムスカ役が人気となりマネされるほどに 上の動画はお笑い芸人なだぎ武さんによる、ムスカ大佐をネタにしたコントです。 ラピュタファンにとってはどこをどう切り取っても面白い仕上がりになっています。 「流行りの服は嫌いかね」• 「見ろ!人がゴミのようだ!」• 「3分間待ってやる」• 「目がっ、目がァァっ!」 上記の名(迷)台詞は一般の方にもマネする人がいまだに多くいます。 ムスカは分かり易い悪役であった上、分かり易い顛末を迎えてくれたので、ジブリファンの間でインパクトと愛着が強かったのです。 余談ですが、アメリカ公開版「Laputa: The Flying Island」でムスカの声を演じたのは、「スターウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役でお馴染みのマーク・ハミルです。 「仮面ライダーW」の出演で子ども達からも人気に 今時の子供に寺田農さんと言ったら、「仮面ライダーW」のテラー・ドーパントこと園咲琉兵衛です。 自分の野望の為なら妻や子供も犠牲にする冷酷なラスボスの1人でした。 この作品には桐山漣さんや菅田将暉さん等、現在大人気の若手俳優さんたちが主演なさっています。 若い俳優さんたちにとって、その圧倒的な存在感は、一緒にいるだけで貴重な時間となったそうです。

次の

寺田農

ムスカ 死亡

流行りの概要は嫌いですか? を探索する任務を帯びた特務機関の所属で、階級は。 政府の密命を受けて軍と協同しの調査をしていた。 キャリア組と思われ、28歳 または32歳 の年齢で大佐にまで昇進している。 軍の指揮官であるには快く思われておらず、「青二才」と評されている。 表向きはおとなしく紳士的だが、その本性は目的のためには仲間すら裏切る冷酷な性格。 教養に優れ、複雑なを解読したり、やに通じている。 また、暗闇の中の髪留めだけを狙って撃つなど、の腕にも長けており、決して背広組の文官なだけではない事が伺える。 愛銃は。 中折式ので、装弾数は6発。 わずか数秒で再装填を完了していることからも、銃の扱いに慣れていることが伺える。 ちなみにこの銃は『』など別の宮崎作品にも登場する。 最高のネタバレだと思わんかね? 以下に、作品の重要な内容を含む記述があります。 シータ 「あなたは一体誰!? 」 ムスカ 「・・・私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ・・・。 私の名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」 その正体はシータと同じ古代ラピュタ王族の末裔。 シータと同じく、古い秘密の名前を持っている。 真の名前は 「」。 「ウル」はラピュタ語で「王」を意味し、彼がラピュタ王族・パロ家の末裔である事を示している。 なお、の名は「」。 「トエル」はラピュタ語で「真」を意味し、「パロ」は「偽」を意味する事から、シータの方が正統な王位継承者第一位(ムスカは第二位)である。 劇中においてムスカは、ラピュタ王家はもともと一つだったが、地上に下りた際に二つに分かれたと語っている。 その時のそれぞれの一族の末裔がシータとムスカであり、シータが本家、ムスカが分家の子孫にあたる。 両家とも地上に降りた当初はゴンドアの谷で生活していたが、その後パロ家は期にラピュタ帰還という宿願を果たすため農耕生活からの転身を決意し、トエル家と決別して谷を去ったのである。 結果トエル家は衰退の一途を辿る一方、パロ家は産業革命を利用して着々とその勢力を拡大し、現在では上下関係が完全に逆転してしまうという皮肉な現状となった。 表向き軍に協力するふりをしながら、王家の末裔としてラピュタに帰る機会を狙っていた。 かつて全地上を支配したに再び王として君臨し、ラピュタの持つ強大な力を手にする事を目論む。 やによる妨害を受けるも、を手に入れてラピュタへ向かう。 ラピュタに到達すると、自分のみが知る通路で中心部に到達。 モウロ将軍を見限り、将軍と部下諸共空中から放り出し、ラピュタのやでを墜落させる。 しかしその光景をゲームに熱中するかのように笑う中、一瞬の隙を突かれてシータに飛行石を奪われる。 その後シータを追い詰めるものの、飛行石はパズーの手に渡り、飛行石奪回のためシータを人質にとる。 3分間の猶予を与えたが、シータとパズーの唱えた滅びの言葉 「」によって放たれた強烈な光で視力を失い、崩落していくラピュタ諸共海中へ「ゴミのように」落ちていった。 なお、ラピュタが崩壊していく様子をよく見ると、落下していくムスカが描写されている。 次は余談だ 名前の由来はで「」(musca)。 絵コンテによるとこの人は蠅等の小さい虫が嫌いだそうであり、中心部に行った際もまとわりつく小虫をかなり嫌がっていた。 2001年に出版された『ジブリ・ロマンアルバム 天空の城ラピュタ』によると、に登場したは彼の子孫であるとの事である。 レプカも冷酷な野心家で高い知性を持つ点でムスカと共通しており、似た役回りを持っている。 によると初めはレプカの先祖として強調するため、初期の設定画ではを着ていたり、顔がにレプカそっくりだったりしていた。 彼の予告通り、トエル家同様に、パロ家のラピュタも滅びることはなかったのである。 劇中では同じラピュタ王家の末裔であるシータとの絡みが多く、パズーと関わる場面はあまりないが、ラピュタへの帰還を一族の悲願とし、その実現のために古文書の解読や権力の獲得など人生を掛けて邁進してきたムスカは、奇しくも「ラピュタへの到達と存在の証明」を目指していたパズーと 同じ夢を持っていたと言える。 実際パズー(とシータ)は歓喜、ムスカは狂喜といった雰囲気ではあったが、ラピュタに辿り着いた彼らはいずれも心から喜びを露わにしていた。 また、結果としてムスカは「ラピュタ帰還」という夢を果たし、その直後に身を滅ぼす形となったが、後のもばかりを追いかけ続けてその他を顧みなかった果てに、 「のとほぼ同時にを喪った上に、ついには実を結んだ夢が後に」というに見舞われており、一種のといえるのかもしれない。 このほかにもジブリ作品にはキャラの立場や善悪を問わず、は最終的に破滅や何かしらの被害、夢そのものの頓挫などの悲劇に見舞われることが多い。 物語終盤ではシータに対して「当分、2人っきりでここに住むのだからな」と発言しており、どうやら2人でラピュタ王家を再興することを目論んでいた様子。 シータとの関係性を考えると、その辺りの企みは同じ作品のに酷似しているが、ムスカにもがあったりするのだろうか。 これはこれは、関連イラストではないか・・・! 代表的な台詞を聞きたまえ。 君はラピュタ王の前にいるのだ。 個別記事が存在する台詞は 太字• 「君は床に伏せていたまえ」• 「制服さんの悪い癖だ。 事を急ぐと元も子も失くしますよ閣下」• 「流行りの服は嫌いですか? 「彼なら安心したまえ。 あの石頭は私のより頑丈だよ」• ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」。 君はラピュタの正統な王位継承者、リュシータ王女だ」• 「君も男なら聞き分けたまえ」• 「これは僅かだが、心ばかりのお礼だ。 とっておきたまえ」• 「私はムスカ大佐だ。 ロボットにより通信回路が破壊された。 緊急事態につき、私が臨時に指揮をとる」• 「馬鹿共にはちょうどいい目くらましだ」• 「これはこれは、王女様ではないか・・・! 「一段落したら全て焼き払ってやる! 「読める、読めるぞ! 「私も古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ・・・私の名は」• 「お静かに」• 「言葉を慎みたまえ。 君はラピュタ王の前にいるのだ。 「これから王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろうと思ってね」• 「見せてあげよう! ラピュタの雷を! 「にあるを滅ぼしただよ。 ではとも伝えているがね。 「君のアホ面には、心底うんざりさせられる」• 「私をあまり怒らせない方がいいぞ。 当分二人っきりでここに住むのだからな」• 「さっさと逃げればいいものを! はっはっは、私と戦うつもりか! 「最高のショーだと思わんかね? 「見ろ、!! 「終点が玉座の間とは上出来じゃないか」• 「ラピュタは滅びぬ、! ラピュタの力こそ人類の夢だからだ!! 命乞いをしろ!! 小僧から石を取り戻せ!! 「時間だ、答えを聞こう! 「あ~あ~目がぁ~、目がぁ~!! 」 終点が関連タグとは上出来じゃないか 関連記事 親記事.

次の

リヴァイ兵長は死亡した?115話で死んだとされたが生きてることが判明

ムスカ 死亡

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年8月) 洋画家の父・の長男として誕生。 、附属演劇研究所に第一期生として入所 (同期は、、、、、など )。 、監督の『恐山の女』(松竹)で映画デビュー。 同年には『』に橘公夫役として出演。 、監督の『』で主役、と共演(を受賞)。 、と結婚(に離婚)。 、監督の『』で主演男優賞を受賞。 、文学部特任教授に就任。 「現代映画論」「演劇入門」「戯曲・シナリオ論」の各科目を担当する。 、一般女性と再婚。 、再婚前に長く内縁関係にあった別の女性から婚約不履行を理由に慰謝料5000万円と弁護士費用500万円を求めてに提訴された(のちに和解)。 人物・エピソード [ ]• 弟子として面倒を見た元付き人にはらがいる。 また、自らもの付き人をしていたことがある。 芸能界を代表する読書家としても著名。 や、など数多くの映画監督と親交があり、彼らの作品の常連としても知られる。 にも数多く出演しており、 中でもが脚本を手掛けたすべての作品に出演している [ ]。 ナレーターとしても起用が多く 、声優としては作品である『』の大佐役で有名で、劇中のセリフは頻繁にモノマネされる。 しかし寺田自身は作品を見たことがなかった。 そのため大学で講義していた時に女子学生からモノマネを頼まれ、やってみるも学生の反応はいまひとつで、それではいけないと思い初めて作品を見たという。 現在は「流行りの服は嫌いですか?」、「人がゴミのようだ」、「3分間待ってやる」、「目が、目がぁー!」などの名台詞が再現できるという [ ]。 への造詣が深く 、自ら試合でプレーするのが大好きで、芸能人サッカーチーム「」にはから所属。 (元、現サッカー部監督)と懇意であり、・の熱狂的ファンである。 また、は早大の後輩である。 として活動していたことがある。 若手時代は遅刻魔だったが、ある作品の撮影に遅刻した際、共演者のに「芝居が下手でも迷惑はかからないけど、遅刻は迷惑がかかるから、遅刻だけはしちゃダメなの。 芝居は努力しても上手くなるとは限らないけど、努力したら遅刻はしなくなる」と注意されて以来遅刻をしなくなったという。 好きな音楽はで、前述の寺田が監督したAVのタイトルもカントリーソングからきている他、学生時代は新聞記者に加えてカントリー歌手になるのが夢だったという。 日本テレビ『』ではに扮してやと""、""を熱唱したがタモリから「歌と踊りがなければマイケルそっくり」と評された [ ]。 宮中「歌会始」の選者を務めていたこともある。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1964年、)• (TBS)• 第24話「ガードマン空へ」・第25話「続ガードマン空へ」(1965年)• 第75話「殺人者の館」(1966年)• 第99話「予告殺人」(1967年)• (1965年 - 1966年、) - 橘公夫 役• (1966年 - 1967年、日本テレビ) - 杉山章 役• 第14話「真珠貝防衛指令」(1966年、TBS) - トラック運転手の助手 役• (1997年、)• 第32話「ゼルダポイントの攻防」(1997年) - 根津正親 役• 第40話「夢」(1997年) - 宮川太郎 役• 第37話「ユメノカタマリ」(1998年、毎日放送) - センセー 役• 第24話「ヒトガタ」(2004年9月14日、テレビ東京) - 真柄太郎 役• 第24話「狙われない街」(2005年、) - 役• 第12・13話(2017年9月23日・30日、テレビ東京) - 朝倉錘 役• 第4シリーズ 第3話「弁天楼異聞」(1966年、) - 清次 役• (フジテレビ)• 第49話「恐怖の心中」(1967年) - 佐太郎 役• 第139話「無宿者狩り」(1968年) - 伊之吉 役• 第495話「身代り鴉」(1975年) - 伊太郎 役• 第533話「ぶっつけ仁義」(1976年) - 秀次郎 役• 第607話「岡っ引きの女房」(1978年) - 音吉 役• 第877話「風は知っていた」(1984年) - 秀次郎 役• 第256話「二人だけの銀座」(1967年、TBS)• 第24話「拾った道」(1967年、) - 八十島間太 役• (1967年 - 1968年、日本テレビ) - 藤本弘 役• 第17話「川の流れに」(1968年、NET) - 新吉 役• (1969年、日本テレビ) - 脇坂 役• 第2話「けだもの狩り」(1969年、NET) - 鈴木武 役• (1970年、)• (1970年、日本テレビ) - 門馬修 役• (1970年 - 1971年、NHK総合) - 山内伊賀之亮 役• (1971年、NET) - 役• 第7話「生きろ! 左平次」(1971年、フジテレビ) - 九鬼半平 役• (フジテレビ)• 第1シーズン 第14話「水神祭に死を呼んだ」(1972年) - 洲崎の佐吉 役• 第2シーズン 第6話「女郎蜘蛛が泥に這う」(1972年) - 煙の千代松 役• 第41話「花嫁は黒潮にのって! 」(1972年、日本テレビ)• 第60話「傷だらけの決闘」(1972年)• 第180話「過去の恐怖を追え! 」(1975年) - 政次 役• 第306話「懐剣返上! 涙の対決」(1977年) - 友吉 役• 第636話「宿命の絆 父と娘の別れ唄」(1984年) - 巳之吉 役• 第39話「貴様と俺とは同期の桜」(1973年、日本テレビ) - 沢田ノブオ 役• 第5話「妖怪小雨坊」(1973年、フジテレビ) - 小雨坊 役• 第7話「今晩わ! 悪魔のノック」(1973年、TBS)• 第35話「生きがい」(1971年、NHK総合) - 定次 役• 第4話「黒い野望を砂丘に埋めて…」(1973年、NET) - 羽生彦三郎 役• 第8話「女心大着服」(1973年) - 長次 役• 第21話「飛び入りで勝負」(1975年) - 銀次 役• 第9話「一筆啓上偽善が見えた」(1975年) - 蛙亭文蝶 役• 第25話「一筆啓上不倫が見えた」(1975年) - 清吉 役• 第11話「主水ふてくされる」(1981年) - 善松 役• (1987年10月) - 鉄眼 役• 第22話「最後の大仕事!! 」(2009年6月26日) - 桐ノ屋朝経 役• (1973年 - 1974年、日本テレビ) - 役• 第10話「爆」(1974年、朝日放送) - 喜作 役• (1974年 - 1975年、TBS)• 第3話「長い夜」(1974年、NHK総合)• (TBS)• 第15話「ともだち」(1975年1月13日) - 弥太郎 役• 第15話「天下御免の偽名医」(1978年5月15日) - 金次 役• 第1話「野獣、雪山に死す」(1975年、朝日放送)• 第2話「死んだ男が歩く街」(1975年、) - 平馬 役• 第12話「殺し屋ノーリターン」(1975年、NET) - 死神の竜 役• (TBS)• 第1話「エアポート捜査線」(1975年) - 北斗 役• 第34話「警視庁の中のスパイ」(1976年) - 浜島達三 役• 第84話「三本指の刑事」(1976年)• 第115話「午前0時・女のミステリー」(1977年) - 警視庁保安2課・三上刑事 役• 第151話「覗き魔は猫背の男」(1978年) - 土井警視 役• 第196話「東京発 ひかり157号のトリック」(1979年) - 警視庁麻薬特捜班・田代幸雄警部補 役• (1975年 - 1977年、日本テレビ) - 片島修 役• 第11話「真夜中の逃亡者」(1975年6月15日、日本テレビ) - 辰吉 役• 第22話「狐雨」(1975年、NET) - 青木助五郎 役• 第8話「妻の秘め事乱れ菊」(1975年、毎日放送) - 雲海(安房の竹松) 役• 第40話「やさしさだってあるのです」(1976年、日本テレビ) - 石井 役• (NHK総合)• (1976年) - 藤原正経 役• (1982年) - 役• (1983年) - 役• (1987年) - 役• (1992年) - 役• (1993年) - 清水半蔵 役• (1995年) - 役• (1999年) - 役• (2000年) - 役• (2003年) - 岩間角兵衛 役• (2011年) - 役• (1976年 - 1977年、日本テレビ) - 城西署・野々村刑事 役• (朝日放送)• 第16話「見殺し! 」(1976年)• 第24話「埋もれた青春」(1977年)• (1977年、日本テレビ)• 第14話「嫁も姑も意地っ張り」(1977年、TBS) - 宅次 役• 第2話「故郷へ愛をこめて」(1977年、) - 黒崎 役• 第10話「罪をかぶった罪」(1977年、テレビ朝日)• 第152話「哭いた川面の夫婦鳥」(1977年、日本テレビ) - 宇平 役• 第14話「怒りの十手に血が騒ぐ」(1978年、日本テレビ) - 喜太郎 役• (NHK総合)• (1978年)• (1985年) - 古川清次 役• (1989年)• (2016年) - 関元和四郎 役• 第16話「参上! 幻の用心棒」(1978年、テレビ朝日) - 伊三郎 役• 第7話「暗号名 ジャッカルを追え! 」(1978年、フジテレビ) - 二木三郎 役• (日本テレビ)• 第329話「タイムリミット」(1978年) - 市木武正 役• 第589話「共謀」(1984年) - 田島ノブオ 役• 第22話「地獄を見た女」(1979年、関西テレビ) - 神保小四郎 役• 第21話「女房の秘密」(1979年、フジテレビ) - 軽平 役• 第4話「裏街道を翔ぶ男達」(1979年、東京12チャンネル) - 三浦外記 役• 第6話「撃滅 爆破計画! 」(1979年、テレビ朝日) - 佐之吉 役• (1979年、毎日放送) - 塙四郎 役• 第22話「ブルー殺人事件」(1980年、日本テレビ) - 浜田刑事 役• 第5話「死体を喰うマンション」(1980年、朝日放送) - 遠藤刑事 役• (1980年、NHK総合) - 板倉勝重 役• (1980年、毎日放送)• 第8話「我は湖の子さすらいの」(1980年、フジテレビ)• (NHK総合)• (1995年) - 山田団長 役• (2007年、NHK) - 平弁護士 役• (2008年10月-11月) - 平弁護士 役• (2015年1月31日 - 2月28日) - 菅原源 役• 第2シリーズ 第19話「すすり泣く尼寺」(1981年、東京12チャンネル) - 長柄九十郎 役• 第2シリーズ 第5話「あきれた奴」(1981年、テレビ朝日) - 鹿留の又八 役• 第20話「宵節句」(1981年、NHK総合)• 第19話「恐怖のロープウェイ 死の脱出」(1981年、テレビ朝日)• (1981年 - 1982年、日本テレビ)• (1982年、フジテレビ) - 加瀬乙彦 役• (1982年 - 1983年、日本テレビ)• (1984年、TBS)• (1984年、TBS)• 第5回(1984年、朝日放送)• 第3話「疑惑!? 制服の女が通うレズクラブ」(1984年、朝日放送)• 第13話「チャボが怒ったら恐いぞ! 」(1984年、日本テレビ) - 須田記者• (1984年、フジテレビ)• 第9話「1万円札ミステリー案内」(1985年、TBS) - 仲本支店長 役• 「イジメられっ子 金八先生」(1985年、TBS) - 中井正敏の父親 役• (1986年、フジテレビ)• (1986年、TBS)• (テレビ朝日)• 4(1986年、朝日放送) - 検察官 役• (1986年)• (1991年) - 横川仙太郎 役• (1994年)• ・ビワの木の復讐(1995年)• 15(1996年)• 12・殺意の密室航路(2000年) - 石浜泰三 役• (2001年、朝日放送) - 篠田守 役• 10(2002年) - 桐野誠一 役• 26(2003年、朝日放送) - 葛西登 役• 湘南探偵物語(2008年2月16日) - 沢木刑事 役• (2010年6月26日) - 警視庁副総監 役• 〜隣人との悲しき争い〜(2011年3月26日、朝日放送) - 牧橋善作 役• 7(2011年6月4日) - 菅野隆博 役• 6(2013年6月29日) - 加東秀治 役• 14(2014年1月25日) - 野々村洋介 役• 14(2014年8月16日) - 篠田大作 役• 6(2015年6月27日、朝日放送) - 清水和正 役• 温泉若おかみの殺人推理29(2015年8月1日) - 薮下弘敏 役• 第4話「殺人者の顔」(1988年、日本テレビ) - 須藤 役• 第1シリーズ 第5話「闇のおんな仕事人」(1988年、テレビ朝日) - 一石屋万造 役• (テレビ朝日)• 第1シリーズ 最終話「みちのく仙台・父帰る!」(1988年) - 古山修三 役• 第9シリーズ 第2話「安浦刑事がリストラされる!? 」(1997年) - 坂口芳雄 役• 第15シリーズ 第14話「嫉妬殺人!? 40才違いの恋人の秘密」(2002年) - 松田邦夫 役• (1989年、NHK総合) - 田村記者 役• 第11話「湯煙り伊豆に消えた美人留学生」(1989年、テレビ朝日)• (1989年 - 1990年、フジテレビ) - 唐木隆三 役• (1990年、NHK)• 第2シリーズ 第5話「金に転ばぬ奴がいた」(1990年、) - 朽木源内 役• 心霊ドラマ 転生(1991年、毎日放送)• 大逆襲! 四匹の用心棒 (1991年、テレビ朝日) - 闇の黒兵衛 役• 第6話「隠し金の絵図」(1992年、フジテレビ)• 第4シリーズ 第3話「盗賊婚礼」(1992年12月16日、フジテレビ) - 鳴海の繁蔵 役• (1993年、NHK総合) - 納谷甚之丞 役• (日本テレビ)• (1993年) - 会社社長・岩下徹蔵 役• 1(1994年)• 21(1997年) - 藤島警部補 役• 密告電話(1998年12月) - 鈴木浩平 役• 23 (2005年) - 高野禄郎 役• (1993年、フジテレビ) - 郭泰陽 役• (1995年、テレビ朝日)• (1995年、TBS) - 梅原幹雄 役• (1996年、テレビ東京) - 白木 役• (1990年)• (1993年)• (1996年)• 浅見光彦シリーズ8「鳥取雛送り殺人事件」(1997年3月10日) - 芦野鷹次郎 役• 浅見光彦シリーズ28「高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜」(2009年10月5日) - 室口雄吾 役• 逆転の夏(2001年9月3日)• 6「特命」(2003年6月2日)• - 鳥越啓介 役• 税務調査官・窓際太郎の事件簿12(2005年1月10日)• 税務調査官・窓際太郎の事件簿13(2005年9月26日)• 十津川警部シリーズ28「陸中海岸殺意の旅」(2003年3月24日) - 中井実 役• 十津川警部シリーズ39「飛騨高山に消えた女」(2008年1月7日) - 白石圭一郎 役• 十津川警部シリーズ54「サンライズ出雲の女 消えた似顔絵の女」(2015年4月13日) - 塚本専太郎 役• おんな風来マジシャン マリコの殺人事件簿(2010年2月8日) - 岩野靖男 役• (2010年3月1日)• (2011年9月5日) - 武村雅之 役• 「狼は天使の匂い」(2012年1月30日) - 鹿沼徳吉 役• (2012年8月27日) - 榊喬太郎 役• 「命の値段」(2012年12月24日) - 城島剛三 役• 「人質」(2014年11月3日) - 楠木善男 役• 「京都ベリーダンス殺人事件」(2014年12月22日) - 寺嶋将吾 役• (2015年8月31日) - 田崎雄吾 役• (2016年4月25日) - 葉山智之 役• (1998年、テレビ朝日) - 役• 第10話「隠密同心殺人事件」(1998年、テレビ朝日) - 神崎采女 役• (1998年、フジテレビ) - 田所周平 役• (1998年、テレビ朝日)• 沖縄編(1998年、テレビ東京) - 文夫 役• (1999年、関西テレビ)• (1999年、) - 白川啓介 役• (2000年、テレビ朝日) - 刈田升三 役• (2000年、TBS) - 吉行医師 役• (2000年、日本テレビ) - 古賀検事 役• (2000年、関西テレビ) - 島崎道雄弁護士 役• 「僕は旅をする」(2001年) - 田代克也・ひとみの父 役• (2001年、東海テレビ) - 芹川竜也 役• (2001年、テレビ朝日)• 第7話「君に会えてよかった」(2001年、フジテレビ) - 綿貫耕一郎 役• (2001年、NHK総合) - 桜木専務 役• 「妖術使いの森」(2002年、テレビ朝日) - 柳田黒夫 役• (2002年、TBS) - 丸山登 役• (2003年、TBS) - 袋井次郎 役• (テレビ東京)• 「1」(2002年) - 宗方芳斎• 「」 (2003年 - 2004年) - 天童 役• 「2」(2004年) - 藤江修太郎• 「1」(2004年) - 三浦治朗 役• (TBS)• 第6話「忍びの里宿命の対決 -伊賀-」(2004年5月24日) - 柘植幻斉 役• 第16話「銘酒を守った頑固者 -広島-」(2006年11月20日) - 役• 第18話「駆け落ち妻の目に涙 -駿府-」(2008年5月19日) - 柿島屋儀兵衛 役• 第20話「裏切り者は誰だ!? -日光-」(2011年12月5日) - 峯田伊右衛門 役• 財政の天才 幕末を駆ける 〜山田方谷・奇跡の藩政改革〜(2004年、NHK) - 役• 第一死「星に願いを」(2004年、テレビ朝日) - 小山田茂 役• (2004年、フジテレビ) - 糸川英夫 役• (2004年、NHK総合) - 精神科医 役• 財政の天才 幕末を駆ける 〜・奇跡の藩政改革〜(2004年5月、)• (2005年、TBS) - 芥山龍三郎 役• 第2話「アモーレ! 〜イタリア語教室殺人事件〜」(2005年、)• (テレビ東京)• (2005年) - 小寺康司 役• 「埋もれ火」(2006年) - 河島孝之 役• 12(2012年)• 10「すみだ業平橋殺人事件」(2013年) - 権藤喜一 役• 「誤認」(2014年) - 小栗俊平 役• (テレビ朝日)• 新・科捜研の女3 第1話「京都の祭りに人が死ぬ!! マリコが刺された!山鉾町の連続殺人!! 」(2006年7月6日) - 三浦正太郎 役• 正月スペシャル(2017年1月3日) - 矢野正司 役• SEASON 19 第5話「50年前から来た客」(2019年5月16日) - 平松恭一郎 役• (テレビ東京) - 権藤徳男 役• 第11話「特権階級」(2006年9月22日)• 最終話「怨み屋の正体」(2006年9月29日)• (2007年、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• (2007年、TBS) - ウェイター 役• (NHK総合)• (2007年6月 - 7月) - 天野能登守 役• (2010年1月9日 - 3月13日) - 門田伯奢守稲葉 役• 第1話「その浪人凄腕につき 松葉刑部登場」(2007年、テレビ東京)• (2007年、TBS) - 腰木 役• (2007年12月、) - サブマリン博士 役• 第6話「温泉で復讐!? 混浴露天風呂の秘密…」(2008年2月22日、テレビ朝日) - 三宅光三郎 役• (2009年3月15日、テレビ朝日) -• 最終章SP(2009年3月24日、フジテレビ) - 岩田周五郎 役• (2010年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• 『富美子の足』(2010年2月22日、TBS) - 塚越 役• season2 最終話(2010年9月15日、テレビ朝日)• (2011年1月4日 - 2月8日、NHK総合) - 須藤安太郎 役• 年末スペシャルドラマ・(2011年12月23日、TBS) - 佐山滋 役• (2012年4月 - 6月、テレビ朝日) - 和辻与兵衛 役• (フジテレビ)• 浅見光彦シリーズ44「砂冥宮」(2012年4月27日) - 大脇忠暉 役• 告発〜ある女性警察官の死(2014年7月11日) - 氷室銀之助 役• (2013年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 田中土佐 役• 第2話「私なら切れます。 死なせません。 絶対に失敗しないので」(2013年10月24日、テレビ朝日) - 二宮欽也 役• (2014年1月2日、新春ワイド時代劇、テレビ東京) - 役• (2014年1月4日、時代劇専門チャンネル) - 赤不動の嘉兵衛 役• (2014年3月9日、) - 滝良精 役• 第9話(2014年8月28日、読売テレビ) - 玉木一也 役• 第3話(2014年10月17日、) - 六兵ヱ 役• 第3話(2015年4月30日、テレビ朝日) - 野沢和也 役• 第2話(2015年5月7日、テレビ朝日) - 越坂鉄幹 役• (2015年) - 宮下康平 役• (フジテレビ)• 2「呪縛の家」(2015年7月10日) - 倉橋圭市郎 役• (2016年4月15日) - 栗原英彦 役• 第1話(2015年10月3日、テレビ東京) - 佐古田 役• 第2作(2015年12月5日、テレビ朝日) - 樋口巡査部長 役• ドラマスペシャル・(テレビ朝日) - 大河内定和 役• 検事の死命(2016年1月17日)• 検事の本懐(2016年12月3日)• (2016年3月30日、テレビ朝日) - 山科伊佐緒 役• 第5回(2016年6月10日、NHK BSプレミアム) - 捨蔵 役• スペシャルドラマ・」(2016年9月11日、テレビ東京) - 佐々木淳史 役• (2017年1月28日、テレビ朝日) - 安東喜一郎 役• (2017年) - 大道宗介 役• 第9話「野分」(2017年8月8日、) - 戸沢正陟 役• 読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ・(2018年2月23日、読売テレビ) - 岡寛治 役• (2018年) - 福島恒夫 役• (BS-TBS) - 清水勘解由 役• 第1話「じゃじゃ馬姫と九州路 -水戸〜中津-」(2019年5月19日)• 第2話「鶴がつむいだ兄妹愛 -朝倉-」(2019年5月26日)• 第7話「海を越えた異国の娘 -長崎-」(2019年7月7日)• 第9話「風雲急を告げる熊本城 -熊本-」(2019年7月28日)• (2019年) - 立木繁 役• 最終話(2019年9月19日、テレビ東京) - 大親分 役• (BSテレ東) - 新見清次郎 役• 第1貫「一生涯寿司修行の道! さらなる高みへ」(2019年10月19日)• 第2貫「親子二代の穴子のツメ」(2019年10月26日)• 第3貫「伝統寿司と変わり創作寿司」(2019年11月2日)• 第4貫「母さんのバラちらし」(2019年11月9日)• 第5貫「伝統の江戸前寿司とは」(2019年11月23日)• 第2話「10億超!? 病院買収 医療界のドン落とせ! 元夫は敵か味方か!? 」(2019年10月28日、テレビ東京) - 小笠原隆一 役• ミステリー特別企画・(2019年12月20日、テレビ東京) - 桑本浩輔 役• (テレビ朝日)• ドラマスペシャル・(2020年3月29日) - 役 映画 [ ]• (1964年10月4日) - 朝雄 役• (1969年、との共同) - 三次 役• (1969年) - 平一郎 役• (1970年)• (1970年) - 藤井記者 役• (1981年) - ヨットの船長 役• (1981年) - 力石 役• (1982年)• (1982年) - 宇野大尉 役• (1983年) - 木村 役• (1983年) - 鳴海友幸 役• (1985年) - 組員 役• (1985年)• (1987年) - 沖田敬 役• (1987年) - 南田刑事 役• (1988年) - 大河内正敏 役• (1988年) - 田村光二郎 役• (1992年) -精神科医 役• (1995年) - 岩本 役• (2003年) - 安藤 役• (2003年) - ナレーター• (2007年) - 警視総監 役• (1933年、松竹キネマ) - サイレント映画、再公開は弁士として倍賞千恵子と共に担当。 (1965年) - 戸田勘二郎 役• (1975年) - 立木 役• (1981年) - 伊集院主馬 役• (1983年、松竹富士)• (1990年) - 山根報道部長 役• 第三話「サギるなジャパン」(1991年) - ママ 役• (1996年) - 蘭のパトロン 役• (1997年) - 中年男 役• (1998年) - 斉藤先生 役• (1998年) - トラックの運転手 役• (2016年) - 橋本敬一郎 役• (1968年) - 薬師寺兵吾 役• (1970年、勝プロとの共同) - ちんぴら余吾 役• (1990年) - 中村 役• (1968年) - あいつ(主人公) 役• (1973年) - 豊 役• (1974年) - 霧の暁 役• (1981年) - 殺し屋・飯室 役• (1978年) - 宮原宏 役• (1978年、との共同) - ゲリラのリーダー 役• (1978年) - 大高源五 役• (1979年) - 役• (1980) - 監督・竜岡 役• (1980年) - 松平恭次郎 役• (1982年) - 大野木安司 役• (1981年、角川映画、との共同) - 萩原 役• (1983年) - 日野 役• (1983年、角川映画との共同) - 犬村大角 役• (1984年、) - サングラスの男 役• (1985年)• (1988年)- 原田(刑事) 役• (1989年) - 阿南勝成 役• (1991年) - ソフトを買う助教授 役• 第1話「イロイロ、ありまして」(1991年、東映アストロフィルム)• (1995年) - 司令官 役• (1997年) - 平沢丈吉 役• (1998年) - 役• (2007年) - 坂東真太次 役• (2009年) - 園咲琉兵衛 役• (2010年) - 園咲琉兵衛 役• (2013年) - 木耳良兼 役• (1977年、太陽社との共同) - 影師申吉 役• (1986年) - 川島英二 役• (1987年) - 堂上 役• (1983年) - 津野木(山野井) 役• (1988年) - 三国裕介 役• (1999年)• (2002年)• 「第一夜」(2007年)• (1985年) - 村木哲郎 役• (1985年) - 清水留造 役• (1988年) - 国下耕作 役• (1994年) - 谷口コーチ 役• (1992年) - 初老の男 役• (1994年) - 池島政信 役• (1995年、との共同) - 刑事 役• (2001年) - 廉司の父 役• (2003年) - 刑事 役• (2004年) ビターズ・エンド• (2007年) - 釣堀屋主人 役• (2008年) - 吉住栄一 役 その他• (1998年、) - 秋村修平 役• (2000年、) - 元締X 役• (2001年、BS-i=オフィス・シロウズ)• (2001年11月24日、シグロ)• (2002年、)• (2002年、株式会社ブルックス)• (2003年、)• (2003年、)• (2003年、) - ナレーション• (2004年、) - 小暮健一郎 役• (2005年、メディアボックス)• 「鏡地獄」(2005年、) - 浪越警部 役• (2006年、シー・メイクス)• (2006年、) - 田所博士 役• (2006年、Sazanami)• (2006年、) - 弁士 役• ・第一部「七人の死刑囚」(2008年、) - 役• (2008年、レッドライスメディウム) - 鹿島 役• (2008年、日本スカイウェイ、ブロードウェイ)• (2008年、) - 猿屋の勘助 役• (2018年、) - 絹田昭太郎 役• (2018年、) - 野崎満雄 役• (2018年、彩プロ) - 藤堂刑事 役• (2019年、ラピュタ阿佐ヶ谷) - 村井助 役• 信玄の父 信虎-国主の帰還(2020年) - 役 舞台 [ ]• (1961年)• 本当の私を捜して• わが町(2008年)• (2009年)• (2010年) Vシネマ [ ]• (1990年、) - 青竜会幹部 梶本組組長 梶本• (1991年、東映ビデオ) - 海津• (1991年、東映ビデオ)• の不思議館2(1992年、)• とられてたまるか(1992年、東映ビデオ)• ネオ極道伝 KIZA(1993年、)• OL博徒 緋牡丹のお龍(1994年、SHSプロジェクト)• 妖女伝説 セイレーン2(1994年、)• (1995年、SHSプロジェクト)• (1995年、) - 安岡 役• (1996年、)• 悪名伝(1996年、)• (1997年、)• (1997年、竹書房) - 安岡 役• 実相寺昭雄のミステリーファイル(1997年、エアフィールド)• 性霊伝説 時を彷徨う愛(1999年、h. 真夜中の女 〜オーバー ザ ナイト〜(1999年、h. (1999年 - 2000年、)• 七人のスロッター(2000年) - 露崎光蔵 元締• 美麗女学園 〜バトルレイプ 20人の餌食たち〜(2001年、h. ドサ健 麻雀地獄(2001年、ケイエスエス)• (2009年)• 孤独の仁義(2013年) - 磯谷組組長• (2015年、東映ビデオ) - 呉島天樹• 日本抗争烈島 三極志(2019年、)• 首領 ドン (2020年、オールインエンタテインメント) - 大平紳助〈大平家具創業者〉 Webドラマ [ ]• (1994年、) - 草波勝 劇場アニメ [ ]• (1986年、) - (ムスカ大佐)役• (2013年、インターフィルム) - 円汁 役 吹き替え [ ]• - ジョッシュ・ランダル:• - ジャック(ジェイク)・パスキネル :• - コリー:• (1972年、)• (1974年、NET)• (1981年、)• (1989年、テレビ東京)• (1991年、テレビ東京)• 映像記録史 太平洋戦争(1991年、NHK)• (1993年、)• (1994年、テレビ東京)• (1998年、テレビ東京)• (2004年 - 、)• 「危険なボランチへの挑戦〜サッカー 〜」(2009年、NHK総合)• (2009年、)• (2014年、NHK総合)• 「クロスロード 高校サッカー優勝イレブンの歩む道」(2019年1月6日、制作) バラエティ・紀行番組 [ ]• (1984年、日本テレビ)• テレビ文学館(1985年、NHK総合)『性に目覺める頃』の朗読を担当• サッカーVS野球 2大プロスポーツの魅力(1993年、NHK総合)• 〜サッカーから広がる見果てぬ夢の風景(2003年、テレビ東京)• サッカークラブ世界一決定戦! 超驚き感動(秘)映像SP2(2008年12月20日、日本テレビ)• (2009年1月17日ほか、日本テレビ)• (2010年8月、テレビ東京)- ドラマ編・役• (テレビ朝日)• (2019年9月20日、) CM [ ]• のんのこ• 「セサミンE」(2009年)• 「」 監督作品 [ ]• マイ・ブルー・ヘヴン わたし調教されました(1992年、)• の不思議館4(1992年、)• 実相寺昭雄のミステリーファイル3 奇の館(1997年、) 著書 [ ]• 寺田農のみのりのナイ話(、1996年1月15日)• 寺田農のノウ・ガキ(、1996年3月) 関連項目 [ ]• - 父親の関係者• - 所属しているサッカーチーム• - 同作の登場人物ムライのモデルとなった• - 『』で寺田が演じた大佐の吹き替えを勤めている 脚注 [ ] []• ドラマ部. 2017年2月4日閲覧。 2017年2月4日閲覧。 「連載 あの日あの時、そして今 10 父・寺田政明(前編)」『月刊美術』2002年7月号、、 78-80頁。 寺田農『寺田農のみのりのナイ話』、1996a、68頁。 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧。 2012年1月24日. 2018年7月19日閲覧。 2013年4月25日. 2017年2月26日閲覧。 2013年4月25日. 2018年7月19日閲覧。 2007年2月15日. 2017年2月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 2017年2月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 なんば経済新聞. 2019年6月10日閲覧。 , pp. 11-15• music. jpニュース. 2011年9月7日. 2017年2月26日閲覧。 31-35• 寺田農『寺田農のノウ・ガキ』、1996b、96-97頁。 , p. 125• 楽天ブログ. 2019年6月10日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年6月10日閲覧。 アメリカンライフ:カントリーミュージック&ダンス&ハーレー. 2019年6月10日閲覧。 net. amigo. 2019年6月10日閲覧。 公式サイト• マイナビニュース 2016年3月15日. 2016年3月15日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2019年. 2020年3月5日閲覧。 虫プロダクション. 2016年4月26日閲覧。 com. 2018年7月3日閲覧。 KINENOTE. 2018年7月3日閲覧。 産経ニュース. 2019年11月20日閲覧。 - メディア芸術データベース• 『ロマンアルバム 銀河英雄伝説』、1992年、116頁。 雑誌61578-11。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の