はるかぜ型護衛艦。 はるかぜ型護衛艦とは

模型で見る 海上自衛隊護衛艦全史 1953

はるかぜ型護衛艦

はるかぜ型護衛艦は、戦後初の国産艦として建造された海上自衛隊の 昭和36年までは 警備艦。 ネームシップのDD-101「はるかぜ」および2番艦のDD-102「ゆきかぜ」が建造され、いずれも昭和31年3月に竣工した。 基準排水量は1,700トンとで使用されたとほぼ同じ。 設計および運用 この型の護衛艦の設計作業は船舶設計協会において旧海軍の関係者を中心に行われ、白露型駆逐艦の設計に範を取りのの長所が取り入れられた。 旧海軍の駆逐艦では基本的に直流が用いられていた電源はで試験的に採用された 交流電源に改められており、機関はのシフト配置。 船型は米軍の駆逐艦が多用していた平甲板型が採用されている。 またこの型の護衛艦は船団護衛や対潜哨戒のほかに、海上救難にも対応した汎用護衛艦として建造され、戦闘指揮所 CIC を日本艦で初めて装備した。 また旗艦設備を設けており、護衛隊群のを務めた。 兵装類は5インチ単装緩射砲、ヘッジホッグ対潜迫撃砲など米駆逐艦に準じたものとされた。 撃退用に船首にに利用可能な船首水線下部分の構造強度がなされていたことも特徴。 初期のは、から移管された掃海艇および米軍から供与された・揚陸艇などで構成されており、その後昭和29年に大型の駆逐艦 甲型護衛艦と呼ばれる、あさかぜ型・ありあけ型 が供与されている。 しかし本艦級および同時期に建造された乙型護衛艦と呼ばれる小型護衛艦、同型の就役に伴い、本格的な護衛艦隊編成が可能となった。 「はるかぜ」及び「ゆきかぜ」は昭和48年に一線を退いて数々の実験に供され、昭和60年除籍された。 艦名は旧海軍の武勲艦から はるかぜ、ゆきかぜ共に大日本帝国海軍の駆逐艦から名前を継承している。 中でもは帝国海軍きっての武勲艦(しかも当時はまだとして現役の中華民国総旗艦であった)ため真っ先に決定し、姉妹艦としてまで地道な輸送任務に従事した「」を選定した。 ゆきかぜがネームシップにならなかったのはその余りある武勲と知名度であったが、代わりにネームシップより一か月早くに進水式が行われている。 なお、1964年に公開された映画「駆逐艦 雪風」ではゆきかぜを使用して大規模な撮影が行われ、そのもの「雪風」としてゆきかぜが出演している。 はるかぜは除籍後も、現在の広島県江田島市にある海上自衛隊第1術科学校 海上自衛隊における一部を除く艦艇術科教育を行う部内の学校。 旧海軍兵学校がルーツ に教材および桟橋として保管され、老朽化のため平成16年に売却解体されるまで、実質的に現役を続けた。 はるかぜ・ゆきかぜの艦番号であるDD-101とDD-102は現在、新に受け継がれ、4代目「」がDD-101を、同「」がDD-102をつけている。 この2隻も旧海軍の駆逐艦である「」「」の名を引き継いでおり、前述の白露型駆逐艦のそれぞれ3番艦と5番艦がこれらにあたる。 関連項目 日本海軍 ・・・の3番艦。 ・・・の8番艦。 / / 関連記事 親記事.

次の

ゆきかぜ (護衛艦)

はるかぜ型護衛艦

はるかぜ型護衛艦は、戦後初の国産艦として建造された海上自衛隊の 昭和36年までは 警備艦。 ネームシップのDD-101「はるかぜ」および2番艦のDD-102「ゆきかぜ」が建造され、いずれも昭和31年3月に竣工した。 基準排水量は1,700トンとで使用されたとほぼ同じ。 設計および運用 この型の護衛艦の設計作業は船舶設計協会において旧海軍の関係者を中心に行われ、白露型駆逐艦の設計に範を取りのの長所が取り入れられた。 旧海軍の駆逐艦では基本的に直流が用いられていた電源はで試験的に採用された 交流電源に改められており、機関はのシフト配置。 船型は米軍の駆逐艦が多用していた平甲板型が採用されている。 またこの型の護衛艦は船団護衛や対潜哨戒のほかに、海上救難にも対応した汎用護衛艦として建造され、戦闘指揮所 CIC を日本艦で初めて装備した。 また旗艦設備を設けており、護衛隊群のを務めた。 兵装類は5インチ単装緩射砲、ヘッジホッグ対潜迫撃砲など米駆逐艦に準じたものとされた。 撃退用に船首にに利用可能な船首水線下部分の構造強度がなされていたことも特徴。 初期のは、から移管された掃海艇および米軍から供与された・揚陸艇などで構成されており、その後昭和29年に大型の駆逐艦 甲型護衛艦と呼ばれる、あさかぜ型・ありあけ型 が供与されている。 しかし本艦級および同時期に建造された乙型護衛艦と呼ばれる小型護衛艦、同型の就役に伴い、本格的な護衛艦隊編成が可能となった。 「はるかぜ」及び「ゆきかぜ」は昭和48年に一線を退いて数々の実験に供され、昭和60年除籍された。 艦名は旧海軍の武勲艦から はるかぜ、ゆきかぜ共に大日本帝国海軍の駆逐艦から名前を継承している。 中でもは帝国海軍きっての武勲艦(しかも当時はまだとして現役の中華民国総旗艦であった)ため真っ先に決定し、姉妹艦としてまで地道な輸送任務に従事した「」を選定した。 ゆきかぜがネームシップにならなかったのはその余りある武勲と知名度であったが、代わりにネームシップより一か月早くに進水式が行われている。 なお、1964年に公開された映画「駆逐艦 雪風」ではゆきかぜを使用して大規模な撮影が行われ、そのもの「雪風」としてゆきかぜが出演している。 はるかぜは除籍後も、現在の広島県江田島市にある海上自衛隊第1術科学校 海上自衛隊における一部を除く艦艇術科教育を行う部内の学校。 旧海軍兵学校がルーツ に教材および桟橋として保管され、老朽化のため平成16年に売却解体されるまで、実質的に現役を続けた。 はるかぜ・ゆきかぜの艦番号であるDD-101とDD-102は現在、新に受け継がれ、4代目「」がDD-101を、同「」がDD-102をつけている。 この2隻も旧海軍の駆逐艦である「」「」の名を引き継いでおり、前述の白露型駆逐艦のそれぞれ3番艦と5番艦がこれらにあたる。 関連項目 日本海軍 ・・・の3番艦。 ・・・の8番艦。 / / 関連記事 親記事.

次の

海上自衛隊の護衛艦の変遷

はるかぜ型護衛艦

自衛艦は基本的に戦うことがおもな目的のため、乗組員の居住空間よりも戦闘システムに対して優先的にスペースを割り当てています。 しかし、昨今では相部屋を嫌がる隊員が増えたことで、艦艇乗組員のパーソナルスペースの確保が課題になっています。 大型艦、新型艦は居住性もグッド 駆逐艦や潜水艦の乗組員が寝起きし、くつろぐエリアを居住区といいますが、第2次世界大戦中の軍艦は、武装も乗組員も多かったため、4段ベッドが当たり前でした。 そのため、海上自衛隊発足時にアメリカから貸与された大戦型駆逐艦を転用した、あさかぜ型護衛艦やありあけ型護衛艦などは、曹士(昔でいう下士官と兵)用の寝床は4段ベッドであり、初期の国産護衛艦である、はるかぜ型なども4段ベッドでした。 一方、2019年現在、運用されている護衛艦の過半数は2段ベッドが標準になっており、輸送艦や補給艦の病室も2段ベッドが設置されるようになっています。 艦齢の古いはつゆき型やあさぎり型護衛艦などには、3段ベッドが残っているものの数を減らしており、各ベッドにはカーテンや読書灯、電源コンセントなども設けられていることから、上述の海上自衛隊黎明期の護衛艦とは雲泥の差です。 しかも最近では、女性自衛官も乗り組むようになっているため、一部の艦には女性専用区画が設けられるようになっています。 潜水艦の士官寝室2段ベッド 上官が「上」です 潜水艦も、世代交代するごとに艦体サイズが大きくなっているため、たとえば海上自衛隊呉資料館、いわゆる「てつのくじら館」で展示されている潜水艦「あきしお」の頃までは、幹部用の士官寝室も、曹士用の科員寝室も共に3段ベッドでした。 しかし、最新のそうりゅう型潜水艦では士官寝室は2段ベッドになっています。 ちなみに士官寝室の2段ベッドは、上のほうが頭上スペースが広いため、原則として階級が上の幹部が上段を使うそうです。 とはいえ最新のそうりゅう型が、海自潜水艦のなかで最も居住区画が広いわけではなく、実は前のタイプのおやしお型のほうが広くなっています。 そうりゅう型のほうが艦体サイズが大きく、乗員数は省力化で少なくなっているにもかかわらず、です。 それは動力が、おやしお型ではディーゼルエンジンと蓄電池だけだったのに対して、そうりゅう型ではディーゼルエンジンと蓄電池のほかにAIP(非大気依存推進)まで積むようになったからです。 「AIP」とはヘリウムガスと燃料を用いてシリンダーを動かし発電するもので、そのための区画とヘリウムガスのタンクをそうりゅう型は備えています。 これらのスペースが艦体サイズの拡大以上に内部容積を占めたため、それが乗組員の居住区画に影響を与え、前のタイプのおやしお型潜水艦のほうが広いという逆転現象を起こしました。 ちなみに、潜水艦で唯一個室なのが艦長室ですが、艦長より上役の潜水隊司令や潜水隊群司令が乗艦したとしても、艦長室が彼らの部屋になることはありません。 乗り込んできた上役の隊司令、群司令のほうが2人部屋の士官寝室を使います。 同乗者のベッドは簡易的な作り 自衛艦には時として他部隊の隊員が同乗することもあります。 特に輸送艦には同乗者のための居住区やベッドが用意されており、演習などでは陸上自衛隊員が乗り込みます。 陸上自衛隊員も長期航海では艦内で寝起きしますが、彼らの居住区は3段ベッドで、しかも状況に応じてベッドは取り外せる構造のため、プライバシー確保のために各段にカーテンはついているものの、簡易的な作りです。 スペースに限りがあり、プライベート空間の確保が容易ではない船内、その環境改善は艦船にとって古くから切り離せない課題ですが、女性自衛官の艦艇配置も将来的に増やしていこうとするなか、最新の護衛艦では女性区画に専用の風呂やトイレを設けるなど、さまざまな取り組みが行われています。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の