東京 ベイ 先端 医療 幕張 クリニック。 東京ベイ先端医療・幕張クリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

千葉県船橋市で医師・看護師・医療事務の求人なら東京ベイサイドクリニックへ

東京 ベイ 先端 医療 幕張 クリニック

放射線施術までの流れ 東京ベイ先端医療・幕張クリニックは以下のような流れで放射線治療を行っています。 放射線治療外来での診察 通院している病院からの紹介や、セカンドオピニオンで訪問し、はじめに放射線腫瘍医の診察を受けます。 持ってきた診療情報や画像、問診により得た情報を元にドクターが診断。 放射線治療の方針や治療プランなどを提案してくれます。 治療用固定具の作成、治療計画用CT撮影 放射線治療では、治療中に同じ姿勢を保つことが重要です。 そのため、患者ごとに専用の固定具を作成したり最適な補助具を選択したりします。 固定具を利用して放射線治療を行える姿勢でCTを撮影。 治療部位によっては、MRI検査やPET-CT検査も実施します。 照射方法の決定 撮影したCT・MRI・PET-CTの画像をもとに、治療部位と放射線を避けたい正常部位の輪郭を放射線腫瘍医が登録。 その後、医学物理士や診療放射線技師が、放射線を照射する方法を複数、計画し、放射線腫瘍医が、照射方法を決定します。 放射線量確認 治療計画専用コンピューターで計算した放射線量が放射線治療装置から正しく照射されているか、患者ごとに確認します。 放射線治療 時間になったら、担当放射線技師とともに治療室に入室してきます。 室内では、治療計画用CT撮影時に作成した固定具を利用し、治療台の上に横になり治療開始。 治療時にはスタッフは全員、部屋の外に出ますが、マイクを通しての会話が可能です。 スタッフは室内のカメラで常に患者の様子を見守ってくれています。 1回の治療は、入室から退室まで約15分程度。 実際に放射線を照射している時間は、1~2分程度です。 治療終了 放射線治療終了後は、放射線腫瘍医による定期的な診察が必要となります 予約方法 はじめて受診する場合は、インターネットまたは電話での申し込みが可能。 インターネットでの申し込みは、病院の公式ホームページ内から行い、電話の場合は、下記の電話番号へ連絡するようにしましょう。 電話:0120-71-6651 治療費 治療費となる自己負担額は、病状や治療方法などにより異なってきます。 放射線治療は基本的に保険診療となるので、高額療養費制度の利用が可能です。 これから紹介する治療費は、あくまでも標準的な放射線治療を行った場合の概算となります。 乳がん温存術後(治療回数25~33回):約6万円~21万円• 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(33~41回):約13万円~47万円• 定位放射線治療(6日入院):約5万円~26万円.

次の

東京ベイ先端医療・幕張クリニックのがん治療とは?

東京 ベイ 先端 医療 幕張 クリニック

基本的な検査• 血液検査• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 頸部MRA• ピロリ菌検査• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• ABC検査• 基本的な検査• 血液検査• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 頸部MRA• ピロリ菌検査• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• 基本的な検査• 血液検査• 乳腺エコー• マンモグラフィー• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• 動脈硬化検査• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• ABC検査• 基本的な検査• 血液検査• 乳腺エコー• マンモグラフィー• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• 動脈硬化検査• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• 基本的な検査• 血液検査• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• MRI検査• 動脈硬化検査• 前立腺MRI• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• ABC検査• 基本的な検査• 血液検査• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• MRI検査• 動脈硬化検査• 前立腺MRI• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• 基本的な検査• 血液検査• 乳腺エコー• マンモグラフィー• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• MRI検査• 動脈硬化検査• 前立腺MRI• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• ABC検査• 基本的な検査• 血液検査• 乳腺エコー• マンモグラフィー• CT検査• 腫瘍マーカー• 頭部MRI• 骨盤部MRI• 頸部MRA• 甲状腺エコー• 頸動脈エコー• 腹部エコー• 心電図• MRI検査• 動脈硬化検査• 前立腺MRI• ピロリ菌検査• 胸部CT• 頭部MRA• 尿検査• 便潜血検査• PET画像説明(当日)• ABC検査.

次の

東京ベイ先端医療・幕張クリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

東京 ベイ 先端 医療 幕張 クリニック

理想的な線量分布実現のためチャンスを逃さず装置を導入。 切らずに治す選択肢も示したい。 幡野先生は母親を乳がんで亡くしています。 母親の病気がわかったのは、幡野先生が中学2年生のとき。 医師になって母親を助けたいという思いが、医学部進学の強い動機になったそうです。 放射線科に進んだ幡野先生は、医師になって1年目、いきなり大きなショックを受けました。 「がんが全身に転移し、死に直面した患者さんを受けもったのですが、新米なので心臓マッサージすらできない。 1週間後に亡くなったのですが、自分の無力さを思い知りました。 その悔しさが、医師としての原点になっています。 今でも忘れられません」 当時の放射線科は暗黒時代だったと幡野先生は振り返ります。 「今はまったく違いますが、当時は放射線科に回ってくる患者さんは末期の方ばかりで、みなさん治ることなく病院の裏口から寂しく運び出されていく。 医者は患者さんが元気になって、表玄関から帰っていくのが最大の喜びなのに。 もう放射線科は辞めたいと、教授に直訴したこともありました」 そんな幡野先生の人生を大きく変えたのは、1990年代の後半にアメリカで見た1台の機械でした。 IMRTの原型となる放射線治療装置が、学会でデモンストレーションをしていたのです。 「頭をガツンと殴られたような衝撃でした。 理想的な線量分布が実現できている。 こんなすごいことができるのかと思いました」 そんな興奮がまだ醒(さ)めやらぬ2000年になって、絶好のチャンスが訪れます。 千葉県がんセンターの放射線治療装置が古くなったので、新しい機械と入れ替えることになったのです。 「どうしてもIMRTの機械を入れたいとお願いしました。 これはタイミングがよかった。 幸運でした」 千葉県がんセンターには、創立当初から物理室が置かれ、医学物理士が勤務していました。 これもIMRTに取り組むには好都合でした。 「IMRTの装置を入れることはできても、医学物理士や診療放射線技師、看護師などのスタッフが不足していて実際の治療ができない施設がたくさんあります。 そういう意味では、恵まれていました」 幡野先生の強い意志といくつかの幸運が重なって、日本で初めてIMRTに取り組むことになりました。 「ところが、いざ始めてみると、治療計画を作るだけでも大変。 最初は医師も医学物理士も慣れていないので、治療計画の計算を何度もやり直す必要があり、10回くらいやり直すこともザラでした。 そうなると、毎日夜遅くまで残業しても、1人の患者さんの治療計画を作るだけで1週間もかかってしまうのです」 10年の実績を積み重ね、今では治療法も確立、効率よく多数の患者さんを治療できるようになったそうです。 今は各地でIMRTが行われていますが、当初は遠方からも患者さんがやってきました。 前立腺がんの患者さんはもともと症状もないので、入院中に病院を抜け出して社交ダンスを習いに行っていた、のんきな人もいたそうです。 IMRTなら、それでも治療ができるのです。 「前立腺がんの患者さんには、泌尿器科の医師から『手術しかない』といわれたら、必ず『待てよ』と思って放射線科の医師にセカンドオピニオンを求めることをお勧めします。 セカンドオピニオンを申し出て怒りだすような医師がいたら、そういう人には任せないほうがいい。 切らずに治すという選択肢があることを多くの人に知ってほしいですね」.

次の