海老名 市長 選挙 結果。 【開票速報】2019年海老名市長選挙及び海老名市議会議員選挙(11/10)の候補者3名+26名のwebリストまとめ

海老名市長選挙の結果と開票速報2019 情勢予想と出口調査・立候補者の公約|選挙速報と開票結果・情勢・出口調査を随時配信

海老名 市長 選挙 結果

任期満了に伴う「海老名市長選挙」が11月10日に投開票され、現職の内野優氏(64)が5万5581票中3万2083票を獲得し、経営コンサルタントの氏家秀太氏(52)とNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)の新人2氏を破り、5期目の当選を果たした。 投票率は51・04%となり、2015年選挙時よりも0・58ポイントアップした。 市民の選択は「継続」 市内めぐみ町に構えた内野氏の選挙事務所に近隣首長や支援者らが集まる中、午後11時3分、当選確実の報せが入った。 数分後に内野氏が姿を見せると大きな拍手と歓声で迎え入れられ、万歳で勝利を祝った。 内野氏は感謝を述べるとともに「市民の50%以上が投票し、その上で信託を得ることができた。 自信を持って、示した政策の実現に向けて頑張っていきたい」と抱負を語った。 手直しをしながら進めていく」と話した。 11月12日には当選証書付与式が行われ、選挙管理委員会から内野氏に手渡された。 氏家氏「時間足りず」 9月に立候補を表明し、ごみの有料化撤回などを訴えた氏家氏。 市内泉に構えた事務所で午後11時に出た開票速報を受け、内野氏との差の開きを見て、肩を落とした。 氏家氏は「組織力を超えたものを作らないと勝てないと思っていたが、それを作るには時間が足りなかった。 市民の一人として海老名のために市民活動を通じて役に立ちたい。 (市長選に)挑戦したことに後悔はなく、声がかかれば4年後も頑張りたい」と話した。 N国 立花氏「ねらい通り」 告示直前に立候補を表明した立花氏は「海老名をドバイに」をキャッチコピーに、市役所職員の給与2倍やNHK受信料未払いの契約者に年間5万円の助成金給付などの政策を選挙戦で展開。 開票所に姿を現し、「目標にしていた10%(供託金没収ライン)には遠かったが、三宅(市議選出馬)の当選は党として成功だった。 投票率が上がったのは、自分自身の立候補によって関心が集まった可能性が高い」と振り返った。 市議選宇田川氏がトップ当選6469票を獲得 同日投開票の「海老名市議会議員選挙」は、自民党公認候補の宇田川希氏(46)が6469票を獲得し、トップ当選を果たした。 宇田川氏は「今回から自民党公認として臨んだ選挙。 史上最多となる票をいただき、身に余る光栄です。 責任政党として皆様のご期待に添えるよう、国と県、市の広域連携までしっかりと図り、今後の活動を頑張っていきたい」と選挙戦を振り返った。 新人トップは黒田氏新議員の顔ぶれ決まる 定数22の市議選には26人が立候補し、現職15人と元職1人、新人6人が当選した。 新人トップは立憲民主党公認の黒田美保氏(40)で、2602票を獲得。 立花氏の市長選出馬により注目された、NHKから国民を守る党公認の三宅紀昭氏は、1403票を獲得し当選した。 市議選の投票率は51・03%(10万8902人中5万5578人投票)で、市長選と同じく前回を上回った。 また、18・19歳の有権者にとって、初めての市長・市議選は、2505人中989人(39・48%)が投票した。

次の

海老名市議会議員選挙の結果速報2019 開票結果速報と公明など立候補者の情勢|ホテル中の島速報

海老名 市長 選挙 結果

任期満了に伴う「海老名市長選挙」が11月10日に投開票され、現職の内野優氏(64)が5万5581票中3万2083票を獲得し、経営コンサルタントの氏家秀太氏(52)とNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)の新人2氏を破り、5期目の当選を果たした。 投票率は51・04%となり、2015年選挙時よりも0・58ポイントアップした。 市民の選択は「継続」 市内めぐみ町に構えた内野氏の選挙事務所に近隣首長や支援者らが集まる中、午後11時3分、当選確実の報せが入った。 数分後に内野氏が姿を見せると大きな拍手と歓声で迎え入れられ、万歳で勝利を祝った。 内野氏は感謝を述べるとともに「市民の50%以上が投票し、その上で信託を得ることができた。 自信を持って、示した政策の実現に向けて頑張っていきたい」と抱負を語った。 手直しをしながら進めていく」と話した。 11月12日には当選証書付与式が行われ、選挙管理委員会から内野氏に手渡された。 氏家氏「時間足りず」 9月に立候補を表明し、ごみの有料化撤回などを訴えた氏家氏。 市内泉に構えた事務所で午後11時に出た開票速報を受け、内野氏との差の開きを見て、肩を落とした。 氏家氏は「組織力を超えたものを作らないと勝てないと思っていたが、それを作るには時間が足りなかった。 市民の一人として海老名のために市民活動を通じて役に立ちたい。 (市長選に)挑戦したことに後悔はなく、声がかかれば4年後も頑張りたい」と話した。 N国 立花氏「ねらい通り」 告示直前に立候補を表明した立花氏は「海老名をドバイに」をキャッチコピーに、市役所職員の給与2倍やNHK受信料未払いの契約者に年間5万円の助成金給付などの政策を選挙戦で展開。 開票所に姿を現し、「目標にしていた10%(供託金没収ライン)には遠かったが、三宅(市議選出馬)の当選は党として成功だった。 投票率が上がったのは、自分自身の立候補によって関心が集まった可能性が高い」と振り返った。 市議選宇田川氏がトップ当選6469票を獲得 同日投開票の「海老名市議会議員選挙」は、自民党公認候補の宇田川希氏(46)が6469票を獲得し、トップ当選を果たした。 宇田川氏は「今回から自民党公認として臨んだ選挙。 史上最多となる票をいただき、身に余る光栄です。 責任政党として皆様のご期待に添えるよう、国と県、市の広域連携までしっかりと図り、今後の活動を頑張っていきたい」と選挙戦を振り返った。 新人トップは黒田氏新議員の顔ぶれ決まる 定数22の市議選には26人が立候補し、現職15人と元職1人、新人6人が当選した。 新人トップは立憲民主党公認の黒田美保氏(40)で、2602票を獲得。 立花氏の市長選出馬により注目された、NHKから国民を守る党公認の三宅紀昭氏は、1403票を獲得し当選した。 市議選の投票率は51・03%(10万8902人中5万5578人投票)で、市長選と同じく前回を上回った。 また、18・19歳の有権者にとって、初めての市長・市議選は、2505人中989人(39・48%)が投票した。

次の

海老名市長選挙(2019)の結果予想!立花孝志が出馬だが氏家氏が優勢?

海老名 市長 選挙 結果

神奈川県海老名市長選挙が11月3日に告示され、2019年11月10日に投開票となります。 本記事では神奈川県 海老名市長選挙の開票速報及び開票結果や、海老名市長選挙に関わる日程 告示日や投票日 ・期日前投票、立候補者の経歴やプロフィール、公約 マニフェスト 、当選者落選者の得票数・投票率、選挙情勢についても随時ご紹介します。 2019年の海老名市市長選の立候補者は、5選目を目指す無所属現職市長の内野優氏(64)と、N国党ことNHKから国民を守る党の新人で前参院議員の立花孝志氏(52)、無所属新人で会社役員の氏家秀太氏(52)の3名となります。 全国的にも注目を集めている今回の海老名市長選挙。 それでは早速見ていきましょう。 海老名市長選挙2019の開票結果速報・NHKの当確出口調査最新情報など 海老名市長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第、得票数順に随時こちらに追記していきます。 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 氏家 秀太 52 男 無所属 新 会社役員 内野 優 64 男 無所属 現 海老名市長 立花 孝志 52 男 NHKから国民を守る党 新 国政政党代表、前参院議員 得票数の結果については情報が遅れることがありますので予めご了承ください。 情報源は自治体の選挙管理委員会事務局やNHKなどの各種報道メディアから発表され次第ご紹介します。 開票時間:• 開票場所:• 有権者数:投開票後に追記• 告示日:2019年11月3日• 投票日:2019年11月10日• 執行理由:任期満了 海老名市長選挙2019の立候補者の経歴や公約は? 海老名市長選挙2019に立候補した 立候補者の主な肩書や経歴、公約についてご紹介します。 氏家 秀太(うじけ しゅうた)の経歴やプロフィール• 名前:氏家 秀太(うじけ しゅうた)• 現年齢:52• 性別:男• 党派:無所属・新• 肩書き:経営コンサルタント• 学歴:成蹊大学卒• 職歴:経営コンサルタント会社社長、著述家 海老名市に本社を置く経営コンサルタント社長を務めている。 キャスターやラジオパーソナリティーとしても活動している。 政治は未経験ながら、今回市長選に初立候補。 主な公約・政策主張 市長5選阻止! 介護・教育・子育て支援大拡充!• 家庭ゴミ有料化の撤回!• 海老名中央図書館の運営方法の見直しなど、まやかし&しがらみ政治の象徴の公共事業の大改革• 3大投資の実行 しがらみ投資をぶっ飛ばし未来の海老名に投資する• まやかし象徴のえびな未来創造プランの撤回、見直し• まやかし政治、しがらみ市政をぶっ飛ばす• 海老名市立図書館の現状運営方法の撤廃!家庭ごみ有料化の撤廃!• 高校までの医療費無料化• 市長の給料減額!• 海老名まるごとWi-Fi化• 待機児童0の実現、託児所の市の担保化• 地元中小企業、第1次2次産業のブランディング&スーパーセール• 教育の後退化に待った!• 少子高齢化のスーパー支援制度創設 内野 優(うちの まさる)の経歴やプロフィール• 名前:内野 優(うちの まさる)• 現年齢:64• 性別:男• 党派:無所属・現• 肩書き:現市長• 学歴:専修大学卒• 職歴:海老名市役所職員、海老名市議、市長 1978年、海老名市役所に入庁。 1983年から海老名市議会議員を4期務め、副議長や議長を歴任。 1999年の市長選に立候補して落選、2003年に初当選して4期務め、今回5選を狙う。 主な公約・政策主張 福祉充実経済強化 改革もっともっと 健康寿命維持諸施策 生きがい仕組み創り 保育所待機ゼロ。 中学生迄医療費無料継続• 義務教育保護者負担の軽減施策の実施• 中学校部活動生徒の健康管理施策の充実• PTA役員の負担軽減を総合教育会議で協議• 学童保育所希望者全員入所可能へ環境作り• 犯罪のない町。 全通学路等に防犯カメラの増設• オレオレ詐欺防止自動通話録音機無料貸出• 年配者自動車運転免許自主返納促進策実施• LGBT外国人など人権を尊重する社会創り• 障がい者の自立促進図る施策実施• JR海老名駅ホーム階段拡幅要望へ• 圏央道混雑スマートインター要望• 市政50周年、芸術文化拠点協議へ 立花 孝志(たちばな たかし)の経歴やプロフィール• 名前:立花 孝志(たちばな たかし)• 現年齢:52• 性別:男• 党派:N国党・新• 肩書き:元参議院議員• 学歴:信太高等学校卒• 職歴:NHK職員、船橋市議、葛飾区議、参議院議員 1986年にNHK入局、2005年まで勤務しフリージャーナリストに転身。 2013年から各地の議員選挙に立候補し、2015年に船橋市議選で初当選。 2019年7月に参議院選挙に比例区で立候補し当選したが、自動失職した。 主な公約・政策主張• 海老名をドバイに! 年5万円支給! NHK受信料を不払いしているご家庭には年間5万円を支給します! NHK受信料は支払わなくても大丈夫です 訪問員が来た場合は、迷わずその場からお電話ください! 海老名市長選挙2019の情勢や当確予想 今回の海老名市長選は任期満了に伴い執行され、現職に新人2人が挑む三つ巴の戦いになりました。 経営コンサルタント社長を務める氏家氏は選挙に立候補すること自体、今回の市長選が初めてです。 現職の内野氏の5選を阻止し、しがらみを排除した市政の実現を強く主張しています。 家庭ごみ有料化の撤回や市立中央図書館の運営見直し、教育・少子高齢化・定住問題に重点的に取り組む考えを示しています。 内野氏は市議を4期務め、1999年の市長選から立候補しています。 現職市長の亀井氏に400票差で敗れました。 2003年に再挑戦し、市議の三田氏と元衆議院議員秘書の堀氏との新人3人の争いを49票差で制して初当選しました。 結果 得票数 氏名 党派 年齢 当選 23,159 内野 優 無所属・新 48 23,110 三田 高司 無所属・新 55 13,217 堀 誠 無所属・新 36 再選を目指した2007年は元市議の渡部氏との一騎打ちを12,351票差の大差で勝利しました。 当選 31,679 内野 優 無所属・現 52 19,328 渡部 美憲 無所属・新 42 2011年は再び渡部氏と争い、2007年と比べると差は詰まりましたが28,079票を獲得し、3選を果たしました。 当選 28,079 内野 優 無所属・現 56 25,072 渡部 美憲 無所属・新 46 続く2015年は前教育長の瀬戸氏の挑戦を受け、29,592票を獲得して8,000票余りの差をつけて4期目を担うことになりました。 当選 29,592 内野 優 無所属・現 60 21,584 瀬戸 清規 無所属・新 63 初めて当選した2003年は僅差でしたが、その後は終始安定した戦いを展開して市長の座を守り抜いてきました。 中学校の給食実施や待機児童ゼロに向けた取り組みなど5期目で一つ一つの課題を解決すると主張し、4期16年の実績と市政の継続を強く訴える選挙戦になりそうです。 立花氏はNHKから国民を守る党の党首を務め、2013年から各地の議員選挙に立候補し、船橋市議や葛飾区議、参議院議員を務めた実績があります。 今回も他の選挙と同じくNHK関連の政策を主張し、加えて海老名市職員の給与を2倍に増やすことを公約に掲げています。 現職に新人2人が挑む構図ですが、現職の内野氏が4期16年の実績に加えて、継続課題を提起できることから現職市長としてのアドバンテージが感じられます。 内野氏が一歩リードしているのではないでしょうか。 氏家氏は現市政への不信感や5選を目指す内野氏への批判票をどれだけ掘り起こすことができるか注目されますが、内野氏への批判票を立花氏に食われる可能性があります。 立花氏は参議院埼玉選挙区補欠選挙に立候補して参議院議員を自動失職後、一番早い時期にあるからという理由で海老名市長選に立候補しており、話題性はあるものの当選に届く得票は見込めないことから厳しい選挙戦になるのではないでしょうか。 市政の継続か刷新か。 3人の中から海老名市の未来を任せる市長の選出は、あなたの一票にかかっています。 2015年の海老名市長選挙の開票結果 以下は 前回 2015年 の海老名市長選挙の開票結果です。 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 当 29592 内野 優 60 男 無所属 現 海老名市長 21584 瀬戸 清規 63 男 無所属 新 無職、元市教育長.

次の