ファンデ ベーク 背 番号。 アヤックスで最も注目を浴びる男、ファン・デ・ベーク。夢の実現を親友ヌーリに誓う

ファン・デ・ベークってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【アヤックス】|yasublog

ファンデ ベーク 背 番号

時間が経つほどに価値を高めていく記憶がある。 熟成されたワインのように、味わいを増していく試合やゴールがある。 たとえば、現地時間の2001年5月6日に行われたローマ対ユベントス戦は、そんな記憶のひとつだろう。 2000-01シーズンのセリエAは第29節を迎え、勝点63で首位を走るローマが勝点57で2位のユベントスと激突した。 このゲームを含めて、残り6試合である。 ローマが勝てば優勝へ大きく近づき、ユベントスが勝てば覇権の行方は混沌とする。 試合はすぐに動く。 ローマはいきなり追い詰められる。 4分にアレッサンドロ・デルピエロ、6分にジネディーヌ・ジダンにゴールネットを揺らされ、アウェイチームは2点のビハインドを背負ってしまうのだ。 トッティを下げ、中田英寿を投入。 0-2のまま時間が過ぎていく。 指揮官ファビオ・カペッロは60分、2枚目の交代カードを切る。 チームのシンボルであるフランチェスコ・トッティを下げ、中田英寿を投入した。 クラブの生え抜きで主将の腕章を巻くトッティは、紛れもなくアンタッチャブルな存在だった。 ここまで消化してきたリーグ戦で彼が途中交代したのは、リードを奪っているか同点で推移している局面に限られていた。 2点を追いかける展開で、それも首位決戦で背番号10をベンチに下げるのは、カペッロにとって大きなリスクを背負うものと言っていい。 選手交代が奏功しなければ、「なぜトッティを下げた」という批判が全身に突き刺さる。 もっとも、この試合の直前にあるルールが撤廃されなかったら、カペッロはトッティを最後まで起用したかもしれない。 ユーベ戦直前に変わったルール。 当時のセリエAはEU外選手のベンチ入りは3人までとなっており、ローマではアルゼンチン代表のFWガブリエル・バティストゥータとDFワルテル・サムエル、ブラジル代表のDFカフーとMFマルコス・アスンソン、それに中田がいわゆる外国人ワクの対象となっていた。 フィオレンティーナから引き抜いたバティストゥータは絶対的な得点源で、サムエルとカフーは最終ラインに欠かせない。 24歳の日本人MFは、難しい立場にあった。 ところが、ユベントス対ローマ戦を前にして、EU外選手の登録制限が突如して撤廃されたのである。 中田が決め、さらに同点弾を呼び込んだ。 3-5-2のシステムでトップ下に入っていたトッティよりも、中田は左サイド寄りのポジションを取る。 しかし、なかなかボールが入らない。 チーム全体がタテに急いでしまう。 ローマは決定的な場面を作れない。 ゴールの予感も前触れもないなかで、79分にスタンドがどよめく。 6万人を超える観衆の視線を集めたのは、ローマの背番号8である。 中盤でボールを奪うとそのままドリブルで運び、DFが間合いを詰めるまえにミドルレンジから右足を振り抜く。 オランダ代表GKエドウィン・ファンデルサールを無力化した一撃が、ゴール左上に突き刺さった。 中田が、決めた。 1点差に詰め寄っても、試合の構図は極端に変わらない。 トップ下というより左サイドに位置する中田も、相手のボールをチェイスするシーンが多い。 1-2のままロスタイムに入る。 その直後だった。 左サイドでヴァンサン・カンデラのパスを受けた中田が、ペナルティエリア左外からシュートする。 低く鋭いライナーがファンデルサールを襲い、ヴィンチェンツォ・モンテッラがプッシュする。 中田が、同点弾を呼び込んだ。 このドローが、スクデットにつながった。 5分のロスタイムをしのいだローマは、2位ユベントスとの勝点差6をキープする。 残り5試合を3勝2分けで乗り切り、1982-83シーズン以来のスクデットを獲得したのである。 1980年代後半から2000年代前半のフットボールシーンにおいて、セリエAでプレーすることは最高のステイタスだった。 各国代表クラスの選手にとって絶対に辿り着きたい場所であり、リーグ内でステップアップをはかることが理想のキャリアデザインでもあった。 それだけに、世界最高峰とも世界最先端とも呼ばれていた当時のセリエAで、覇権争いに決定的な影響を及ぼした2001年5月6日の中田英寿は忘れがたい記憶である。 いまも魂を揺さぶる中田の叫び。 ヨーロッパでプレーする日本人選手が日本サッカー界の一部分となり、タイトルを獲得する選手も現れてきたからこそ、パイオニアとしての存在感がくっきりと輪郭を帯びてくる。 あのユベントス戦から19年もの月日が流れても、日本語で「よっしゃあああ!」と叫んだゴールシーンは観る者の魂を揺さぶる。

次の

【ウイイレ2019】ドニー・ファンデベーク|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【才能開花!】

ファンデ ベーク 背 番号

今日は6月6日。 そこで今回は、サッカー界で背番号「6」、及び「66」をつける選手のうち、移籍情報サイト『transfermarkt』が算出する市場価値の最も高い選手トップ10を紹介する。 ベンフィカの下部組織出身で、トップチームデビュー当時は「66番」を着用していた。 ちなみにベンフィカの6番と言えば、現在、韓国代表を率いるパウロ・ベント監督が現役時代に着用した番号でもある。 今季は負傷の影響で8試合の出場にとどまっているが、強さ、速さ、巧さの三拍子揃ったセンターバックとして評価は高い。 チームメイトで同胞のDFダヨ・ウパメカノ(背番号5/21歳)と共に東京オリンピック世代であり、来年の来日が期待される。 コロナ禍で評価額は多少下がったものの、エールディビジ最高額となる4400万ユーロの値をつけている。 今夏の移籍が確実視されており、争奪戦は必至。 彼を射止めるのはどのクラブになるのか目が離せない。 そんな中、一部のドイツメディアはスペインへの復帰を検討していると報道。 古巣の「6番」は現在、空き番号となっており、復帰の可能性もゼロとは言えないだろう。 20代最後の夏にどんな決断を下すのだろうか。 ステファン・デ・フライ (インテル/オランダ/6番/28歳) セリエA通算6年目となるシーズンを戦うデ・フライ。 インテルでは、ロベルト・カルロスやルシオらがつけた背番号6を着用する。 評価額4800万ユーロはオランダ人選手として、フィルジル・ファン・ダイク(8000万ユーロ/リヴァプール)、フレンキー・デ・ヨング(7200万ユーロ/バルセロナ)、マタイス・デ・リフト(6750万ユーロ/ユヴェントス)に次ぐ4番目の高値になる。 ダビンソン・サンチェス (トッテナム/コロンビア/6番/23歳) 南米出身選手として唯一、トップ10入りを果たした。 評価額はドゥヴァン・サパタ(3600万ユーロ/アタランタ)やハメス・ロドリゲス(3200万ユーロ/レアル・マドリード)を上回る4800万ユーロで、現時点で最も市場価値の高いコロンビア人選手である。 悲願のタイトル獲得が期待される。 コケ (アトレティコ・マドリード/スペイン/6番/28歳) 今回トップ10入りを果たした選手の中で、キャプテンを務めているのはコケのみ。 ディエゴ・シメオネのアトレティコ監督デビュー戦を経験している唯一の選手でもある。 評価額6000万ユーロは、ジョルジーニョ(チェルシー)の5200万ユーロを上回り、イタリア人選手としては最高額。 MFとしても世界6番目の高値である。 コロナ禍で評価額は直近の1億ユーロから2000万ユーロダウンとなったが、それでも8000万ユーロをキープしている。 背番号6はユヴェントスでの最初の3年間にもつけていた番号。 2018年のロシアW杯でも、6番を背に世界王者に輝いた。 評価額9900万ユーロはサッカー界で10番目の高値であり、チームメイトであるフィルジル・ファン・ダイクの8000万ユーロを上回ってDF登録の最高額でもある。 トップチームデビュー以来つけている66番に本人も愛着を抱いており、今ではA・アーノルドを象徴するナンバーとなっている。 (記事/Footmedia).

次の

ファン・デ・ベークの代表での背番号は?同じ背番号だった選手は?

ファンデ ベーク 背 番号

レプリカ(またはオーセンティック)ユニフォームにオプションで背番号を(チームによってはネームも)入れられる有料サービスがあることが多い。 ただ、自分はこのサービスを利用したことがありそうでわりと少ない。 A:2003年のSC鳥取 これは塚野真樹氏の番号。 当時は現役最終年だったのだ。 B:2011年のガイナーレ鳥取 この当時、加藤秀典(現・松江シティFC)というDFがいて、彼が好きだったので、それで彼にちなんでこの番号を入れた。 C:2019年のガイナーレ鳥取 この番号の選手は実在しない。 何でコレにしたのか、というと、単に自分がこの数字の年齢になったから、というだけのお話。 馬鹿でしょ?ちなみに番号のないのも買ったよ。 ホント馬鹿だよな。 D:2019-2020シーズンのポルセイド浜田 無しで買っても良かったのだけど、どうせなら入れちまえ、と。 この当時、この番号をつけるはずだった選手はいるけど、登録上の不備か何かでこの番号にならなかったらしい。 ネームも入れられたので、ついでに頼んでみた。 こういうの、ガイナーレとかでもあれば良いのに。 以上が自発的にナンバリングしていただいたもの。 なお、今年のガイナーレ鳥取のユニフォームにも番号を入れる予定で、それはこのポルセイド浜田のユニと同じ番号にする。 こっちはつけている選手が実在する。 なお、ユニでなければ、こういうものもある。 2007年にガイナーレ鳥取という今のチーム名に変わった年に、ファンクラブ会員向けに記念か何かで作ったか何かのシャツに番号が入れられた。 7ってのは、この頃にガイナーレ鳥取にいた戸田賢良の番号だと思う。 好きとかそういうのではなく、彼と俺って相性悪くて。 俺が観戦した時(まだこの頃は大部分の試合に行ってた)に限ってゴールしてくれなくて(公式戦での話。 念のため)、その意味では残念だったが。 -------------------------------------------------------------------------- その他各種 ちなみに以下は「12」以外で自発的でなく背番号を入れてるもの。 これらのうち、SC鳥取とガイナーレ鳥取のは、たぶん後々ディスカウントされたものを買ってるか、何かの景品でもらってると思う、いずれも選手着用品と思われるもの。 2005年SC鳥取(濱田) 2006年SC鳥取(中垣) 2007年ガイナーレ鳥取(大多和。 2nd) マンチェスター・ユナイテッド(ファンニステルローイ) インテル(ファンデルメイデ) フランス代表(ジダン) 日本代表(福西。 コンフィットシャツ) マンチェスター・ユナイテッドから下のヤツ(福西のコンフィットはたぶん違う)は、当時出雲市内にあったサッカー関係の店に入り浸ってるうちに買ったものばかり。 店主が気の良いお兄さんだったのは、よく覚えている。 だけど、何でこの辺を買ったのかはもう覚えてないなあ。 ということで、ユニに背番号入れない派のはずだったが、結構入れてることに気づくなど。 ま、いい加減な俺らしいやね。

次の