パリ の アパルトマン。 パリのおすすめアパルトマン 短期賃貸 |グロリアツアーズ フランスデスク

6区 サンジェルマン スタンダード・スーペリア クラス|フランス・パリの短期滞在(留学)アパルトマン(アパートメント)を紹介 Paris Chez Moi

パリ の アパルトマン

パリでは、ホテルでなく、暮らすように滞在できるアパルトマンに滞在するのも素敵です。 アパルトマンは、パリジャンが在住するエリアで、キッチン付きの個人の部屋に滞在すること。 近くのマルシェで買ったものを料理するなど、パリならではの楽しみがあります。 ここでは、パリで日本語が通じるアパルトマンをいくつか紹介するだけでなく、その メリットやデメリットを、パリ在住者の目線から正直に話して見たいと思います。 長いですが、お付き合いください。 パリで日本語でやりとりできるアパルトマン パリ生活社 対応スタッフがすべて日本人のため、安心感がある会社です。 物件数が多く、パリの広範囲からエレベーターつきなど、好みの条件でアパルトマンを探すことができます。 空港出迎え・見送りサービスを頼むこともできますよ。 パリスリビング 7区や16区などパリの中でも治安の良い地域で、リーズナブルにアパルトマン生活を送ることができます。 アパルトマンですが3泊から宿泊できるため、短期の観光にも使えますよ。 暮らすようにパリで滞在してみたい、旅慣れた方におすすめです。 セジュール・ア・パリ 高級感のある、おしゃれな物件が特徴のいわゆる「高級アパルトマン」です。 調味料やラップなど、生活必需品も揃っています。 広めの物件が多いため、友達や家族と旅行する方向きです。 3泊から宿泊可能なので、ホテル代わりにもどうぞ。 パリシェモア 日本人女性による、きめ細かいサービスを受けることができます。 女子学生の下宿のような部屋から雑誌にも登場する広めの部屋まで、バリエーション豊富。 1年更新の長期物件も扱っています。 日本語サービスのアパルトマンのメリット 上記のようなアパルトマンのメリットは、当たり前ですが 日本語が通じること。 日本語にこだわらなければ、同じ価格帯でもっと安いアパルトマンは多く見つかります。 ですが、特に初めてのヨーロッパ旅行の方は、事前に色々と相談できる日本人がいてくれる価値は非常に高いのではないでしょうか(このような滞在アシストは、無料の場合も有料の場合もあります。 気になる方は上記経営会社にお問い合わせください) 日本語サービスのアパートメントのデメリット 次に、日本語可能なアパートホテルの欠点について。 大きく分けると二つあります。 まず大きな欠点としては、日本語サービスを求める分、料金はパリの 他のアパルトマンよりも割高になり、時には同じエリア・グレードのホテルよりも価格が高い場合もあるということ。 これは、絶対に日本語じゃないと嫌!という方は割り切るしかありませんが、個人的には、パリには他にも安くて素敵なホテルやアパルトマンがあり(後述)、日本人もたくさん泊まっているのに、ちょっともったいないと思います。 アパルトマン=キッチンがついたホテル=安くておトク、というイメージを持っている方は、特に気をつけてください。。 もう一つの欠点は、 予約の取りにくさです。 アパートホテルという形態上、最低宿泊日数を3日〜1週間以上と設けているところも多く、また予約も数ヶ月前に受付し、直前予約が不可な場合があります。 特に日本人の人気が高い便利な場所のホテルは、みんなが行きたい連休などは事前予約や長期契約などでかなり昔に予約が埋まっていることが多く、予約がそもそもできない、という状況が多いです。 さらに、予約時に手付金の支払いが必要な場合もあります(長期滞在を突然キャンセルされたら困りますから、仕方がありませんが) 一般的なパリのホテルは、、キャンセルも数日前までは無料であるのが主流なため、上記のような制限は、少し不便に思ったりもします。 フランスプラスの解決法ー日本語スタッフがいる中価格帯のチェーンホテルへ それでは、一体パリではどこに泊まればいいのでしょうか。 アパートホテルのメリットとデメリットをふまえた上で、フランスプラス編集部が皆さんにおすすめしたいのが、「 日本語スタッフがいる中価格帯のチェーンホテルに泊まる」です。 そもそも、パリは世界中から観光客が来る一大観光都市のため、ホテルの宿泊に関しては、英語もフランス語も高いレベルのものは要求されません。 語学に自信がないという方も、そこはあまり心配しないでください。 ホテルのスタッフも毎日様々な国からの旅行者の英語を聞いているので十分慣れていますよ。 また、ホテルの情報は予約サイトでので、ここを見れば最寄駅から朝食の種類まで、大抵のことは事前にわかります。 予約手続きも日本語で済ませることができるだけでなく、何かあった時の問い合わせも、予約サイトのカスタマーサポートが日本語で対応してくれます。 そして、どうしても日本語が通じる人がいてほしい!という方のために、フランスプラスが厳選する、パリで日本語が通じるホテルをご紹介します(パリ中心部の、治安が良い場所のみに絞っています)。 まず、パリのホテルで一番おすすめしたいのが、日本人スタッフが複数名いる「」日本人に一番人気、日本の旅行代理店や日本語が通じるお店も多いオペラ座付近という最高のロケーション。 ルーブル美術館もと保険です。 パリのローカルっぽい雰囲気を味わうなら、こちらの方がいいと思います。 また、パリ西側の凱旋門の近くにも、日本語がわかるスタッフがいる「」というホテルがあります。 こちらも常勤ではありませんが、日本語でのコミュニケーションがあることで安心したという感想が多く上がっています。 また、パリのホテルの中では比較的手頃な価格帯で、清潔感のある可愛いプチホテルに泊まることができるのも魅力です。 ホテルにはキッチンが無いし、毎日外食になるのが心配、という方には、パリのスーパーやデリ、トレトゥール(お惣菜の店)でサラダや野菜のグリルをディナーにすることをおすすめします。 パリには健康志向な人も多く、このような野菜中心の軽食のお店は沢山ありますよ。 (おすすめはパリ市内に複数あるExkiというオーガニックのチェーン店です。 値段も手頃)。 また、日本人が経営する和食の店も(場所によっては高級ですが)多くあります。 パリのホテルで言語が不安な方は、指差し本が超おすすめ ホテルスタッフとのやりとりがどうしても心配な方には、下記の本を持っていくことを強くおすすめします。

次の

パリのアパルトマンやアパートで宿泊ならセジュール・ア・パリ

パリ の アパルトマン

【フランスで160万部突破の大ベストセラー日本上陸! 】 【急死した天才画家が遺作に託した驚愕の真実とは!? 『ブルックリンの少女』の著者ギヨーム・ミュッソが放つ待望の新作ミステリー! 】 それぞれ別の目的でパリにやってきた元刑事のマデリンと人気劇作家のガスパール。 マデリンは傷心を癒すため、人間嫌いのガスパールは執筆で缶詰になるため。 この他人同士の男女は偶然、同じ不動産レンタルサイトで一件家を予約するが、当日にダブルブッキングが判明。 反りの合わない2人は互いに一歩も譲らない。 だが、当の家が1年前にニューヨークで急死した天才画家ショーン・ローレンツの元アトリエと知ると、彼らは次第に画家とその作品に惹かれていき、未発見の遺作3点が存在するという情報を得て行方を探し始めるが……。 絵に隠された秘密に導かれて突き進む2人を待ち受けていた、誰にも予想できない衝撃の真実とは!? 【著者略歴】 ギヨーム・ミュッソ 1974年フランスのアンティーブ生まれ。 高校卒業後にニューヨークに渡りアイスクリーム売りのアルバイトなどを経験。 ニースとモンペリエの大学で経済学と社会学を学んだのち、2003年まで高校教師を務める。 』が大ヒットし、ベストセラー作家に。 以降、毎年話題作を発表し、これまでに刊行した作品は42の言語に翻訳され、その総売り上げは3000万部を超える。 現在フランスでもっとも売れている小説家。 これはミステリーなんだろうか? 犯罪があって、その真相を突き止める経緯を描く小説が、すべてミステリーと言うならばそうなのだろう。 本書はミステリーとして商品化されているのだと思うが、特段ジャンル付けしなくても、もしかしたら純文学、一般小説としても読めるのではないだろうか。 賃貸仲介人のネットサイトの誤りにより、ダブルブッキングされてしまった二人の男女が、その建物の元の住人で所有者である画家の抱えていた秘密を、それぞれに、やがては共同で探り出そうという物語である。 男は、アメリカ人劇作家。 女は英国人元刑事。 男は、世間との隔絶を好みずっと独りで生きてきた偏屈な性格で、この時代にスマホすら持っていない。 女は刑事を辞め不妊治療の荒療治をしつつ匿名での体外受精を試みようと言うプランの渦中にある。 二人はそれぞれ全く別の道を歩いてきたそれぞれに独自の世界観から、死んだ画家の絵に取り憑かれその人生に興味を持つうちに、残された三枚の未発表の作品の存在に眼を止める。 これは絵を探す物語なのかと思いきや、画家の一人息子が極めてエキセントリックな形で誘拐惨殺され、その場に立ち会わされた元妻という過去の事件の存在に驚愕する。 男の子は様々な痕跡から死んだとされるが、その遺体は発見されていない。 画家の事件を追いかけて、二人はそれぞれの探索を重ね、時に照合し合う。 極めて異例の探偵小説が始まる。 それぞれの人生がなぜ画家に関わることになってゆくのか? 死んだ画家と誘拐されたその息子、元妻らが、彼らにどのような宿命を課してゆくのか、それが本作の読みどころである。 もちろん、事件の真相という謎解き、そして思っていたこととは遥かに異なる真相。 それでも心に負担となる病的な暴力や、曲げられてしまった犯罪者の心の歪みは、読者の心にも痛みを覚えさせるほど過酷である。 そして何よりも過酷さを負担として味わうことになる二人の運命は思いがけぬ結末を迎える。 何よりもこの小説の素晴らしいところは物語性である。 画家、その作品、過去の事件、それを追う現在の男と女。 どれをとっても一級の語り口、超の付くオリジナリティなのである。 親と子、個人史が産む個別としか言いようのない宿命論、男と女、生命を綴る生物としての人間。 思わぬ思索に導かれる読書世界もである。 こういう作品を綴る作家は、何と1974年生まれだという。 四十代半ばという若手作家ではないか。 このような重厚な作品に出くわすと、世界の文学性に日本のほとんどの小説はともすると置いてゆかれるのではないかと思うくらい不安になる。 真に読書を愛する方、小説をストーリーではなく、その本質で読みたい方、軽い作品はもう懲り懲りという方に、質と娯楽性と人間哲学とそれぞれに担保してくれる本書を、是非お薦めしたい。 前半は中年の男女二人が行方不明の絵画を探す巻き込まれ型サスペンス。 画家は亡くなっているものの自然死で緊迫感は少なめ。 なんだったらこのままラブコメ方向へ進むのか? と思わせておいて絵画が見つかった後から急激に方向転換し、読者を児童連続誘拐事件の捜査に引きずり込んでいく。 序盤、絵の説明が延々と続くあたりは正直失敗したかと思ったが、投げ出さないで良かった。 クライマックスの盛り上がりは半端ない。 男女二人の視点が交互に描かれ、一つの謎を究明していく構成が見事。 絵を表現するくだり以外は文章もうまい。 年間ベストテンに必ず入るだろう傑作。 「ブルックリンの少女」も良かったけど、やっぱりこの作家ただ者じゃない。

次の

パリのアパルトマンやアパートで宿泊ならセジュール・ア・パリ

パリ の アパルトマン

日本人経営なら清潔な物件が多い 以前からパリやフランスを特集する雑誌は多くありましたが、ここ数年テレビでパリやフランスを紹介する番組が多くなってきています。 ますます日本人にとってフランスが身近になり、個人的にはとても嬉しく思います。 こういったメディアの影響からか「暮らすようにパリで過ごしてみたい」と思う人が年々増えてきているように感じます。 そんなニーズに答えるかのように、パリでは旅行者向けのアパルトマン(アパート)が以前よりも多くなっています。 しかも、1人用のステュディオ、グループ・家族用のアパルトマン、知らない人同士相部屋で泊まるゲストハウス、フランス人のお宅に間借りする民宿など、様々なタイプの物件が出てきているのも嬉しい限り。 アパート滞在のメリットとしては……• キッチンがあるので、自炊できる• ホテル特有の掃除サービスに惑わされることなく、ゆっくり寛げる• 物件によっては洗濯機があるので、たくさん衣類を持ち込む必要がない• ホテルより割安の場合が多い などが挙げられます。 大人数で宿泊したい時はアパートがおすすめ 滞在中は自分(たち)以外一切立ち入らない独立型アパルトマンは、「パリに暮らしている」という感覚に最も近づけます。 パリでは現地在住の日本人オーナーさんが持つ物件が多く、清潔でサービス、サポートも万全で安心して借りられるのも嬉しいところ。 中でもおすすめの物件を挙げておきましょう。 広さや場所など、幅広く選べる。 最大4名まで滞在可能。 近くにはスーパーやマルシェがあり、買い物も便利。 機器や施設が充実していて快適に過ごせる。 ガイドブックや雑誌など、パリの情報も豊富に揃っている。 ちなみにパリのアパルトマンとして有名なやは広々としたキレイな部屋が多く快適ではありますが、値段はホテル並みかそれ以上に割高です。 ゲストハウス たくさんの個人貸し物件が載っている メリットの多いアパルトマン滞在ですが、難点といえば物件数が少なく、早めに予約しないとすぐに満室になってしまうところ。 でもどうしてもパリでアパルトマンに泊まりたい!そんな人には、自力で掲示板やミクシィのコミュニティー等で物件を探すことを提案します。 パリ・フランス関連の掲示板では日本人がたくさん物件を出していて、日本語でやりとりできるだけでなく、個人貸しなので格安。 ただし個人間のやりとりになるので、あくまでも自己責任で、慎重に選んで下さいね。 いい大家さんはたくさん質問しても丁寧に答えてくれます。 もしこの対応がおざなりなようなら、止めておいた方が良さそうです。

次の