うるし ず アトピー。 潤静(うるしず)はアトピーにもいいの?気になる効果は?

ツタウルシ・ヤマウルシによる「ウルシかぶれ」の症状と8つの対処法

うるし ず アトピー

登山やハイキング、キャンプなどで野山に行くときに、気をつけなくてはいけない事のひとつに 「草木かぶれ」があります。 特に「ツタウルシ」や「ヤマウルシ」などの、ウルシ科の植物が持つ ウルシオールという油脂成分が野山での草木かぶれの原因になることが多く、かぶれ症状も重篤化しやすいので注意が必要です。 野山に入るときには長そでや長ズボンは必須ですが、装備が十分でも肌が露出していたところにウルシが接触してしまったり、誤って触れてしまい肌がかぶれてしまう事はあります。 今回は、誤ってツタウルシやヤマウルシなど、 ウルシオールを持つ植物に触れてしまい肌がかぶれてしまった時の 症状の特徴と アメリカ皮膚科学会が推奨する8つの対処法についてご紹介します。 ウルシかぶれの予防方法 登山などでウルシ科の植物がある可能性のある野山に入る際は「長そで長ズボン」は鉄則ですが、体質によっては接近するだけでかぶれてしまう人もおり、かぶれを予防するのはなかなか難しいです。 一番の予防法は、 かぶれる可能性のある植物に近寄らない事です。 かぶれを起こす植物には、樹脂への接触で初めてかぶれを起こすものや、葉にある刺毛によってかぶれを起こす植物などもあり、こちらの「 」を参考に、事前にかぶれを起こす可能性のある植物を知っておくことも重要でしょう。 中には、一度かぶれてしまうと体質的にかぶれやすくなってしまい、時には症状が重篤化しやすくなる植物もあるので第一には「かぶれないように注意する」事が大切です。 今回紹介しているツタウルシやヤマウルシのウルシオールという油脂成分は、 ゴム手袋をしていても浸透してくるほど強力なので、特徴を見分けられるようになり、あやしいと思えば近づかないようにしましょう。 1つ予防策としては、かぶれ防止用のローションやクリームを塗ってから山に入るというのも一つの方法ですが、症状の軽減はできても素肌で触れてしまうとかぶれるのは避けられないでしょう。 この方法は漆職人さんが作業前に肌を守るために行う方法の一つです。 ウルシに接触した部位の皮膚をすぐに ぬるま湯と石鹸で洗う• 接触時に着用していた 衣服を全て洗う• ウルシ油が付着したと思われるものを全て洗う• 発疹をかかない• 水泡を破らない• コロイドオートミールや ベーキングソーダを加えたぬるめの風呂、または低温のシャワーを短時間浴びる• 掻痒には カーマインローション、軽度であれば ヒドロコルチゾンを塗り、冷水で湿布する• 油脂性のウルシオールは水では落ちず、先に肌に水をつけてしまうとウルシオールが伸びで患部が広がってしまう恐れがあります。 そのため、 先に石鹸を泡立てて患部を洗い、最後にぬるま湯で流すようにしましょう。 また、緊急を要するウルシかぶれの症状として、 ウルシかぶれは 通常1-3週間で治るが、 7-10日後も改善がない場合や感染を疑う場合は、専門医を受診する。 呼吸困難、嚥下困難、腫脹、多数の発疹や水泡がある場合は、直ちに救急外来へ行くことを推奨 と書かれています。 コロイドオートミールとは? 朝食で食べられる事の多いグラノーラなどによく入っている「オーツ麦」が原料のオートミールは、お風呂に入れる美容法があるほど保湿効果が高くかゆみを抑える効果が知られています。 コロイドは 膠質 こうしつ とも呼ばれ、ものすごくざっくりいうと「牛乳」のように水溶液に脂肪が沈殿しているような化学的な状態などのことを言います。 カーマインローションと並んで記載されている 「ヒドロコルチゾン」は ステロイド剤なので、使用前に医師の診察を受けて処方された場合に利用する方が良いでしょう。 服用する 飲むタイプの ヒスタミン剤には、花粉症の薬などに代表される市販薬もありますが、他材との併用に注意が必要な物や、腎臓や肝臓に負担をかけるタイプの薬剤などもあるので医師の診断のもと使用するのが良いでしょう。 また、「ウルシかぶれにはムヒを塗ればいい」などと書いているサイトもありますが、アメリカ皮膚科学会の発表では 「悪化させる可能性があるので使用しないように」とあります。 安易に使用しないようにしましょうね。 スポンサーリンク まとめ 今回は、ツタウルシやヤマウルシなどによる「ウルシかぶれ」が起きた時の対処法として、米国皮膚科学会が推奨する8つの対処法をお伝えいたしました。 また、予防策としては漆職人さんが作業前に肌に施す方法をご紹介しましたが、完全に防御できる方法ではないので、一番はやはりウルシには近づかないことが大切ですね。 ウルシかぶれは治療によってかゆみを抑えることはできますが、発疹の治りを早める効果はほとんどありません。 症状がひどい時は必ず病院に行って医師の診断を受けてください。 軽度のウルシかぶれであれば今回ご紹介した対処法で症状の緩和を行うことが出来るでしょう。 ただし、「症状が確実にウルシかぶれだと断定できない場合」や「患部が広範囲にわたる場合」は医師の指示を仰ぐようにしましょう。

次の

潤静(うるしず)はアトピーにもいいの?気になる効果は?

うるし ず アトピー

医療機関での受診をおすすめする場合 何による原因か思い当たらず繰り返したり、腫れもかゆみもひどいといった場合、皮膚科専門医などを受診しましょう。 ほかにも、次のようなときには、早めにかかりつけ医、専門医を受診しましょう。 内臓疾患や悪性腫瘍が疑われる場合 湿疹やかぶれの原因として、ごくまれに、原因が体の内部にある場合もあります。 糖尿病、腎臓病、肝臓病、悪性の腫瘍などの症状の一つとしてかゆみや湿疹が起こる場合です。 次のような場合は、元となっている病気を早急に治療する必要があるため、かかりつけ医や皮膚科専門医などを受診しましょう。 激しいかゆみがあるとき• 広い範囲に病変がある場合• 毎年同じ時期にできる場合• 発熱や倦怠感などを伴う場合 セルフケアする場合のポイント 湿疹・かぶれといった症状のセルフケアのポイントは以下の通りです。 湿疹・かぶれ用の市販薬(OTC医薬品)として、さまざまな外用薬が出ているので、症状に合わせて上手に活用しましょう。 症状が軽い場合 穏やかな作用のステロイド成分(ウィークステロイド)や、かゆみを抑える抗ヒスタミン成分を配合したもので治療効果が期待できます。 また患部が顔や皮膚の弱い部分にあったり、小さなお子さまや高齢の方が使用する場合には、まずステロイド成分を含まないノンステロイドタイプの鎮痒消炎薬での対処がおすすめです。 症状が強い場合 赤く炎症を起こしていたり、かゆみが強いとき、症状が治まらないときは、ストロングステロイドやミディアムステロイドを選択して早めに患部の炎症を抑えましょう。 なお、「」を読んで正しくお使いください。 かき壊したとき、とびひなど 化膿している場合、細菌を殺菌する抗生物質が配合された皮膚用薬の使用が必要です。 炎症も起こしている場合は、抗生物質とステロイド成分を共に配合したものを選びましょう。 また、患部がジュクジュクしてしみる場合は、刺激が少なく保護作用のある軟膏がおすすめです。 化膿はしているが膿疱(黄色みがかった膿がたまった状態のもの)が破れていない場合は、のびがよく浸透もよいクリームでもよいでしょう。 化膿止めの入った軟膏などもあります。 トコフェロール酢酸エステル ビタミンE酢酸エステル 殺菌消毒成分 細菌の増殖を抑える イソプロピルメチルフェノール クロルヘキシジン塩酸塩.

次の

うるしばらクリニックオリジナル「ボディ・フェイスクリーム」

うるし ず アトピー

以前、喘息について書きましたが、今回から一般にアレルギー症状と 呼ばれるものについて、いくつか書いていきたいと思います。 まずは「うるしにかぶれる」ということについてです。 私は小さい頃から山に行ったりすると、うるしにかぶれることがありました。 一番ひどかったのは、青年海外協力隊に参加してパプア・ニューギニアに 行った時です。 日本を発ち、パプア・ニューギニアの首都ポートモレスビーに到着してから 数日後のことです。 私たち新人隊員は、地方から首都に出てきた協力隊員などが滞在するための ドミトリーというところにいたのですが、その庭には大きなマンゴーの木が 1本ありました。 ちょうど私たち平成3年度1次隊が到着したときは、マンゴーの実が熟す 時期で、木になったまま完熟したマンゴーが、木の下にたくさん落ちて いました。 私たち新人隊員は、そのマンゴーのあまりのおいしさに一人で2個3個と 食べていました。 私の体に異変が起こったのは、そのあとです。 手や顔にものすごい数の湿疹ができて、かゆくてかゆくてたまらないのです。 しかし、私には全く思い当たる節がありません。 次の日になっても湿疹はまったく収まらないため、協力隊の事務所に行き、 メディカル・コーディネーターに見てもらいました。 私を見て彼女はすぐに「あなたマンゴー食べたでしょ。 」と一言。 マンゴーはうるし科の植物で、かぶれる人がいるということを教えて くれました。 結局、かゆみ止めの薬をもらって帰りましたが、その後もかゆみは何日か つづき、他の隊員がおいしそうにマンゴーを食べているのを指をくわえて 見ているだけという、辛い状況になってしまいました。 以前に蚊は結合組織に沈着しているタンパク質を溶かして吸っているのでは ないかという私の説を書きましたが、それを書いている時にもしかすると うるしかぶれも、同じような化学反応が体内で起こっているのではないかと 思い、調べてみました。 (あくまでも西洋医学で一般的に説明されている内容です。 さらに詳しく知りたい方は、アレルギーに関して一般的に言われていることを 書いたホームページは、たくさんありますのでそちらをご覧ください。 抗原と接触後30分以内に最高の反応が起きる。 長くなってしまうので、私なりの体内での化学反応の説明は、次回に 書きたいと思います。

次の