北斗転生 狙い目。 *ハイエナ特化*【北斗の拳 転生の章】天井期待値@天井狙い目は800あべしから

北斗の拳 天昇 天井恩恵・ゾーン狙い目とやめどき|パチスロ6号機

北斗転生 狙い目

きっと得する情報がこちら!! CR北斗の拳7転生の立ち回り方 朝一の好不調はは非常に分かり辛いので午後からの実践をお勧めします。 午後一からは大当たり0回の台ではなく、とりあえず朝一番に早く当たっている台 出来れば2桁の台 で、でも触れましたが、 時短即やめ台は1番引き戻し率が高いポイントです。 それは「CR北斗の拳7-転生-」に限らず他のパチンコ台でも必ずと言っていいほど言えることです。 ・分かりやすいのは保留変化と変動開始時のロゴ落下もしくは七星ギミックがフラッシュすることです。 大当たりに絡みやすい演出と思われます。 これは CR ガンツでもよく似たことで液晶上部の Z ガンが変動開始時に動くとよく当たりに絡みます。 リーチになってからではなく、リーチになる前が重要です。 ・保留変化は昇格することよりもCR北斗の拳6からよくありますが、保留入賞時に「 緑」保留以上になるのが良いと思います。 最終的に「 赤」保留以上になること。 ・保留入賞時に「 赤」保留以上になるとかなり期待できます。 「 キリン柄」保留は当たってくれないと困ります。 狙い目回転数 時短即やめ〜240回転。 この台は大連チャンと 大ハマリを繰り返す台ですから、1万発出ても、その1万発をすっかり飲まれてしまう台が多いように思います。 ただし、 他の台より珍しいのはハマった台でも大連チャンして巻き返す力を持っています。 これが他メーカーとは少し違うサミーの台の特徴です。 お客さんはその見返りを信じて淡々とハマり台を回すことになるのです。 私個人的には出玉があった台で 200回転を回すのが限界なので移動してしまいます。 確率を超えると当たる気がしなくなりますから、私は ハマり台はほとんど手をつけません。 ハマり台を淡々と打っていては出玉にはありつけないと思われます。 逆にどの台でもそうですが好調台を打っていればいつか当たるだろうと思いながら打ってる方々にもその恩恵が被れる時があると思います。 大当たりして連チャンした後に早い段階で引き戻すことが、その日の勝敗に関わってきます。 確変終了時は 通常当たりですので、必ず 時短に入ります。 その 時短中に派手な予告やリーチがあればその後の展開も期待できると思います。 「北斗の拳」がバトルタイプの先駆者ですから、 BATTLE RUSH中はバトルアイコンがあって最高に面白いですね。 楽しい BATTLE RUSHで負けると悲しい 時短の「一拳モード」です。 それが終わると4コマ背景「 北斗伝承モード」から 通常背景に移行します。 その間も保留が変わったり役物が派手に動いたりするとその後の展開に期待できます。 何も起こらなかったら、当りは遠いと思いますし、正直いつ当たるかわかりません。 継続して打たれるのであれば、ものは試しで 時短後すぐに「 デモ出し」をすることをお勧めします。 それも短時間ではなく、あたかも人が変わったように少し長めの「デモ出し」が有効と思われます。 長めと言ってもデモ画面が2〜3回変わるくらいです。 どんな台でも 確変中は食事休憩などしないようによく言われますが、調子が良い時は私もそう思います。 流れが変わってしまうのです。 時短中の途中で「デモ出し」するのも何も演出がなければ良いことだと思います。 やらないよりやった方が良いと思います。 時短中、もしくは直後に当たるのは余程いい台ですから、「デモ出し」なしで様子見をしても良いかなと思います。 例えば 時短後、プラス20回転とかです。 そこで何も起こらなければ「 デモ出し」することをお勧めします。 好調台ほど「デモ出し」に敏感で 不調台は鈍感です。 ホントはあまり「デモ出し」はお勧めしないのですが、何もない台を続けて打たれるなら、やらないよりやった方が、当たる機会は あると思います。 「デモ出し」し過ぎると台を死なせてしまうのも事実だと思います。 賑やかしとか好不調とかいうことを気にされない方は「デモ出し」せずに継続して打たれても問題ありません。 不調台ですとハマりますが…。 パチンコは不思議ことに完全確率の「確率一発抽選」とは言え、パチンコ台は当たる前に何かしらの挙動があります。 保留変化や役物がざわざわし始めたらチャンスの時です。 それを数回転続けて当たらないと静かになり、やがて当たりが遠のくという繰り返しでパチンコは稼働しています。 当たりそうで当たらないのはこのことです。 これが確率の収束と思いますので普通に淡々と打っていて大当たりが引けるのは、余程の好調台でしかないと思います。 メーカー側は「確率の収束などありえない」とよく聞きますが、大連チャンをして出玉を大量に吐き出した台は、翌日、 ハマったり当たっても 通常当りばかりなのは何故でしょうか? ですから、パチンコは完全確率だけではないと思います。 それはあるお客さんが頑張って回しても当たらないのに、後で座ったお客さんがすぐに当てるというのをよく見かける事実です。 良く「オカマを掘られた」といわれるのはこのことで、次に座って当てたお客さんを聞こえが悪いですが、ハイエナと言いますね。 時短即やめ台を推奨するのは、先客が出玉を持ち帰った台なので同じ「オカマ」を掘ってもイメージがそんなに悪くないのです。 ハマり台の「オカマ」を掘れば睨まれます。 パチンコ台で 1日当たらない台がたくさんあると誰もパチンコしようと思わないですよね。 打ち続けると当然スペック通り、確率に近づく様に台は挙動すると思います。 そのことを踏まえて実戦していただければ結果は出ると思います。 前にも申しましたが パチンコで勝つということは非常に難しいことで負けることは簡単です。 収支がプラスから打てることなどありえません。 たらふくお金を吸って、少し吐き出すというのが普通のパチンコ台です。 だから一生当たらないこともありえるかもしれないのです。 1日で1000〜2000回転大当たりしない台があることを皆さんも目撃されていますよね。。 淡々と打って大当たりして連チャンしてくれれば誰も困りません。 残念ながら経験則だけで当たることもないです。 ただ当たりやすいという打ち方があるならば「宝くじは買わないと当たらない」とよく言われるように、パチンコも先ほどのデモ出しのようにに実践することが必要なことだと思います。 麻雀に例えるなら待ちを多くして上がりやすくすることと同じです。 でも触れています。 実機紹介記事 CR真・北斗無双の立ち回り方 CR真・北斗無双はパチンコ台にしては長寿台です。 これが何よりの人気の秘密で出玉性能はもちろん今の新台をしのぎます。 パチンコを打つ人は連チャンすることが目的でホールに通います。 10連チャンに一番近いのはこの台だと思います。 CR北斗の拳7転生でも言いましましたが、同じサミーの台ですから好調台のただ普通に役物がざわざわしてるようでは物足りません。 保留は「 青」保留は無視です。 保留は入賞時に「 緑」以上でなお且つ昇格する台、若しくはいきなり「 赤」や「 金」が入る台が理想です。 重要な演出 ・タイマー予告「 赤」 ・七星ギミック「 赤」 ・最後はキリン柄カットイン 予告が弱いと運命の人でも簡単に外れます。 「 神拳ゾーン」は「 激アツ」になっていますがリーチが弱いと外れます。 もうかなり打ち込まれていますからCR真・北斗無双しか打たないお客さんはどれが当たる演出でどれが当たらない演出かすぐ判断がつきます。 通常当たりは当然に時短突入ですが、 STスルー後は時短時と違って通常の1回転から始まります。 ここが時短とのちがいですが、どちらにしても「愛を取り戻せゾーン」に入りますから、ここでの台の挙動が大事です。 通常当たりでも 時短中に引き戻したり、 時短直後に大当たりする台を結構見ます。 アツい予告やリーチが出ることを待ちましょう。 それが出ている限りは、大当たりに結びつきやすいと思います。 何も起こらなくなったら一度、「デモ出し」してみてください。 確率を越えると先が見えないのもCR北斗の拳7転生、若しくは他の台と全く同じです。 ただ 出玉を飲ませるような立ち回りはしないほうが、 僅かな勝ち組に入れると思います。 でも触れています。 実機紹介記事 鈴木奈々姫登場!2万発超え大当たりラウンド 必殺仕事人5の立ち回り 今、やはり一番熱い台はCR必殺仕事人5だと思います。 スペックとは裏腹に出玉性能がとても良いのです。 突然 確変以外は、一度当たれば 1470玉ほどの出玉が出ますから連チャンするとそれなりの出玉が期待できます。 1万発出すのに1番近い機種だと私は思います。 狙い目回転数 時短即やめ台〜270回転の台。 朝一から台の好不調は わかりません。 いつものように朝一、3桁までに 確変を引いて 時短後即やめ台を打つのがベストです。 右打ち終了後の保留は長時間に渡って抽選されます。 ですので 時短即やめ台は99回転か100回転になってるはずです。 この台がチャンスです。 とりあえず座って回して必殺ギミックの役物が1度、ガンと動く程度ではダメです。 2度目の真剣フラッシュがしょっちゅう出ていないと期待が持てません。 保留は「血のり文銭」が良く踊ってること。 入賞時フラッシュ予告や満月ビジョン保留に変化することです。 「 紅」フラッシュ、「 紫」背景のフリーズ が出ること。 この台のこれは当たると思う演出を平気で外します。 がっかりです。 それでもこれが出てる台は次も当たりやすいのです。 やはり何も出ないより アツい演出があった方がその後の展開に期待が持てます。 「 ゼブラ柄」も簡単に外すことが話題になっていますが、出ないより出た方がいいと思います。 「 赤」系は常時出て当たり前です。 リーチ演出は激震主水リーチ共闘リーチが大当たりに絡みますから、他のリーチはまずあてにならないです。 期待できるの京楽のお家芸の「 仕」・「 事」・「 人」のチャンス目から始まるアジトゾーンからのストーリー系リーチです。 「 激アツ」ですが、これが良く出て当たる台が好調だと思います。 過去の台は「 仕」・「 事」・「 人」から三択リーチに発展したのですが、今回は「 一」・「 三」・「 五」の並びから行きます。 昔の台のCR ジュラシックパークは大当たりに絡むリーチは、三択しかなかったくらいです。 それほど京楽はこの演出が得意です。 他の京楽の台でも アツいリーチになります。 少し連チャンするとおとなしくなってしまうのが普通の台ですが、 時短後も好調ですと期待が持てます。 これが 時短中に当たる台です。 チャンスだと思ってください。 100回転までに当たりが来るかもしれません。 現行機種で最も 時短中に引き戻す機種はこのCR必殺仕事人5です。 時短中に静かに終わった台は、その後の 通常時でも静かだと思います。 次の当りまでは遠いと思います。 この時にお勧めしてるのが「デモ出し」です。 静かな場合は長めの「デモ出し」にしましょう。 好調台で当たらない時は短めの「デモ出し」でも問題ないのですが、静かな台は確実に人が変わったということ台に気付かせるために行います。 普通に先程と同じように打つのではなく、ハンドルの位置さえも変えてやったり プリペイドカードは抜き差ししましょう。 オカルトだらけですがそれで当たれば良いのかなと思います。 でも触れています。 「貞」ギミック。 CR リング終焉の刻の立ち回り 藤商事なのに今作に限って 少し演出が おとなしくなりました。 大当たりと 確変の ST中はいきなり、激しい演出になります。 好不調も分かり辛い点がありますがリング一連の基本的な部分は同じなので実践してみてください。 朝一から打ち辛いです。 いつも言ってますが昼からの実践でも朝一、3桁未満で 確変を当てている 時短後即やめ台を狙って下さい。 これでホールへ行くたびに必ず一度はこの 時短即やめ台で当てています。 それは今までの私の記事から分かっていただけると思います。 モードによって手の位置が変わったりしますが、演出的なものに大きく変わりないのです。 まず保留変化を見ます。 保留変化が少ない台ですが、せめて 点滅保留があることが望ましいと思います。 後は「 赤」系が当たり前のこと最低でも「 金」系が出ないと大当たりに結びつきません。 この「 金」系が突然やってくるので 少し立ち回りが難しいのです。 「 金」も大事ですが、もっと 重要なのは「貞子」出現です。 「貞子」が随所で出てくるのを待ちましょう。 後、前記事のリングの立ち回りでも述べましたが、初代のリングから怖いほど アツい台が説明しています。 脅かす演出があれば 良いと思います。 リーチの種類もかなり増えていますがサプライズが良いかなと思います。 STの台ですから STをスルーすると 通常は1回転からのスタートとなります。 確変大当たり後は ST込みの回転数表示なので300回転で 通常時は僅か、132回転です。 大当たり後はハマり台に見せかけてそんなにハマっていないということです。 通常当たりは 時短中に アツい予告があればいいと思います。 とても静かになったような台に思われますが、保留変化と疑似連、「 赤」系予告、「 金」系予告が出たら良いということなので、他の台のざわざわしてる台より逆にわかりやすい台だと思います。 出も触れています。 一度当てると病みつきになります。 他記事の勝利報告でも述べていますが、このガンツは初当りが軽く、「 お座り一発」で良く当たります。 大袈裟に言うと空いている台をかたっぱしに1Kずつ打っていくとどれかで大当たりが引けるような感じです。 私のスマホの中は「CR GANTZ」と「CR 仕事人5」の写真で一杯です。 朝一から打つことはないので分からないことが多いです。 履歴的には結構、早い回転数で当たって良く連チャンしています。 保留入賞時フラッシュでZガンとXガンとYガンが大当たりによく絡みます。 「 赤」保留と 超転送アタックと ガンツフラッシュがあれば、まず当たります。 他の台より分かりやすいです。 激アツの「チェッカー柄」もあまり見ません。 ただし、「 金」系演出は必要です。 狙い目回転数 時短後、即やめ〜270回転。 座ってすぐに「 緑」以上の保留変化と保留入賞時フラッシュでZ、X、Yガンの落下が重要です。 時短はたったの50回転ですから、引き戻し率は低いですが、 時短後の玄野妄想モードの引き戻し率は特筆ものです。 時短即やめ派の私でも 時短後に必ず継続するのはこの台くらいです。 時短 後即やめ派ですが、ホールで打つのは自分が打っていない 時短 後即やめ台です。 ちょっと変わっています。 確率越えて ハマると先が見えないです。 でも触れています。 実機紹介記事 限界突破 保留連16R。 CRルパン三世〜Lupin The End〜の立ち回り方 朝一は苦手で分かりません。 午後から実践で本当に他の台と同じように 朝一3桁未満に 確変を引いた 時短後、即やめ台を探します。 ルパンの 時短後は雷雲モードです。 時短でそこそこ賑やかでしたら雷雲モードでも何か変化があるかもしれません。 まず保留が変化すること。 役物は上のルパンジエンドロゴが良く先落ちして「 赤」系予告が良く出る台です。 ファンファーレとハンドル下からよく風が吹くこと。 今回は前回の「 強」予告、「 強」リーチからの最後「 緑」カットインというのが不評でなくなりました。 「 トラ柄」にこだわらなくても当たります。 レギュラーボーナスで当たるのも良いのですが出来れば ヒーローボーナスを引いてもらいたいと思います。 保留の先読みですが、ルパントリガーがドキュンと大変派手な音がするのを待つのですが、軽い音ので変化が少ない台はあまり期待できません。 ないよりまし程度です。 当たりに絡むのはロングラッシュかキャラストック、カラーストックです。 激アツの 不二子ゾーンに入って当たり前くらいの演出がいります。 「 強」予告、「 強」リーチであっても外れるパターンはルパンを打ってる人ならもう分かっています。 とりあえず 1日中、調子が良い台が平和の特徴です。 普通の他の台は少し出たら少し ハマるというパターンで成り立っていますが、平和の台は間違いなく数珠繋ぎでしっかり出玉を出します。 逆を言えば簡単ですが ハマり台はとことん ハマリますので出玉にありつけません。 この差を見極めてルパンは立ち回って頂きたいと思います。 狙い目回転数 時短即やめ〜250回転。 CR花の慶次〜雲のかなたに〜の立ち回り方 午後からの実戦しかわかりません。 同じことの繰り返しですが、朝一、3桁未満で 確変当りをして 時短後、即やめ台を選びます。 座ってすぐ保留変化や最低でも「 赤」系予告があること。 「 赤」系でも弱いので「 金」系が1つ以上でないとだめです。 タイトルロゴ落下や桜花乱舞は3連以上行かないと意味がありません。 もののふX ZONEのガセも飽き飽きです。 意外と大事な家紋先光りとボタンバイブです。 狙い目回転数 時短即やめ〜220回転。 「 緑」保留以上が良く出ること。 「 赤」保留止まりなのですが、「 緑」保留との差が大きいのです。 余程の好調台でないと 単発当りの 時短中に引き戻すのも困難です。 時短中は「 緑」保留でリンケージチャンスが出て良く外れます。 出ないより、出たほうが良い程度です。 「 緑」保留の時点でアウトです。 時短直後に他台と同じですが、 アツい演出が見れたら続行です。 たまに武将リーチ発展程度ではいけません。 時短直後の空き台が良く当たっています。 保留変化が良く起こること。 何も起こらなくなったら当りが遠のいているのも他の台と同じだと思います。 時短で何もなかったら、台移動か「デモ出し」です。 「デモ出し」しても反応がなければ当りは遠いのかもしれません。 でもふれています。 確率一発抽選のパチンコ台の当りは大当たりした後の結果でしかわかりませんのでご理解ください。 関連記事 本日は大変気分が悪いことですが、自分の子供が亡くなるを見ました。 夢の中で大泣きしたのですが、起きてからも気分が悪いので、いつものように、すぐに「夢の意味」を調べました。 子供が死ぬ夢は良いことが起こる暗示 子供が死ぬ夢は … 新型コロナウィルスのために2020年4月7日に出された「緊急事態宣言」から、早くも3ケ月が過ぎました。 「緊急事態宣言」解除から、しばらくは感染者数も増えることがなかったのですが、検査数が増えたせいもあって、ここにきて感 … 5月30日に帯状疱疹を患ってから、ちょうど1ヶ月が経ちました。 予想以上に長引いた痛みもピークを越えて、ようやく我慢できる程度にまで回復しました。 痒みは相変わらず、ひどいのと右腕のしびれが残っているので、寛解まではいって … 本日で帯状疱疹を初使用してから、3週間目に入りました。 3日目くらいから、水泡ができてから、日々、痛みとだるさの戦いでした。 コロナ鬱が取沙汰される中、私は、帯状疱疹鬱になりかけていました。 皮膚科での2度目の再診から、 … 一日がかりで二検診 本日は、糖尿科で定期健診でした。 帯状疱疹の再診のために、皮膚科も同じ予約日にしていました。 前回の緊急事態宣言中でないので、患者は非常に多かったようです。 皮膚科では、胸と腕の痛みが引かないので、薬の … パチンコ本、雑誌なら.

次の

パチスロ新台『北斗天昇』の「明確過ぎる」狙い目!? 驚愕の「AT当選率」……!!

北斗転生 狙い目

こんばんは、ツキモトです。 に続き、宵越し狙いがかなり効く機種なのでそのことについて少しお伝えしたいと思います。 にも書いた通り、宵越しが効く店で最低でも650~700あべしぐらいはありそうな台を攻めていくと良さそうです。 この攻め方の利点は、 ・当日あまりハマっていない台であっても、前日のハマリG数が多ければチャンス ・当日ハマっていない台はハマっている台に比べ手をつけられにくい というところにあります。 例えば、 ・当日100あべし+前日500G ・当日500あべし+前日100G という台があった場合、 ハイエナに慣れている人ほど当日500あべしに目がいってしまいがちです。 しかし、考えてみれば当然前日500Gハマリの方がトータルのあべし数には期待が持てますよね? 前日のあべし数は不明ですが、通常プレイを500Gまわした台と100Gまわした台を比較すると、前日500Gまわした台の方が 天破の抽選を通常プレイ400G分多く受けられることになります。 従って前日500Gまわしている台を打つべきです。 (ちなみに私がホールでこの条件の台に遭遇した場合はとりあえずキープします) 前日の最終ゲーム数がわかることが前提の攻め方ですが、不確定な要素が多いだけに敬遠する人が多いのか結構期待値高め(高そう)な台を拾えるのでおすすめです。 まとめると、北斗転生の宵越し天井狙いをする場合は、 ・当日のハマリあべし数よりも前日の最終G数を優先して見ていく ということになります。 注意点があるとすれば一点、 もし閉店あべし数チェックをしている人がいて、かつその人が日中携帯片手にウロウロしているホールでは警戒するということでしょうか。 前日のあべし数を把握している人間が常駐している場合、放置されている=ハマリが浅い という可能性が高まります。 かなり目立つしリスク高いのでやる人は少ないと思いますが、もしやる人が居るホールは要注意です。 閉店前に何度か閉店チェックをしている人がいるか確認するのが最適ですが、コインを1枚1枚入れて閉店チェックするという手間を考えると日中そのホールにそれなりの頻度で出没する可能性が高いので注意していればわかると思います。 ちなみにツキモト的狙い目ラインとしては、 ・当日100あべし+前日500G ・当日300あべし+前日350G ・当日500あべし+前日200G ぐらいを目安としています。 今のところは結構好調なのでこのまま続けていきますが、今後の稼動で方針に変化があったら報告したいと思います。 以上です。 参考記事:.

次の

北斗の拳転生の章 百裂乱舞・SPバトル 上乗せ特化ゾーン解析 パチンコ スペック・狙い目攻略・ボーダー・保留・演出信頼度・潜伏セグ【パチンココレクション 2

北斗転生 狙い目

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の