お待ちいただけると幸いです。 「お待ちいただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

「幸いです」とは?意味と使い方

お待ちいただけると幸いです

「お待ちください」の意味と例文 「お待ちください」の意味は「待ってくれ」 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉です。 ビジネスシーンでは取引先や、上司などの目上の人へ使用されます。 例えば、「お調べいたしますので、少々お待ちください」という例文。 上記は、「調べるから少し待ってほしい」を意味しており、相手へ「待ってくれ」と伝える状況で使用できます。 「お待ちください」は丁寧語を使った言葉 「お待ちください」は丁寧語を使った敬語表現です。 「お待ち」の「お」は、丁寧な表現を表す「接頭語」の「御(お)」であり、「ください」は「くれ」を丁寧語で表した言葉となります。 「お待ちください」を使った例文• もうしばらくお待ちください• お待ちくださいますよう、お願いいたします• 丁寧に表現したとはいえ、目上の人へは「感じが悪い」「生意気だ」と捉えられることがあるため、使用は控えましょう。 「お待ちください」以外に「待ってほしいこと」を表す言葉には、「お待ちいただけますか?」や「お待ちいただけますようお願いいたします」などがあります。 目上であっても親しい間柄や、相手の受け取り方によって失礼ではない場合もあるため、相手と状況によって使い分けましょう。 「お待ちくださいませ」で表現を柔らかく 「お待ちください」の使い方の1つが「お待ちくださいませ」です。 「お待ちください」は命令形であるため失礼と捉えられることがあると説明しましたが、「ませ」を加えることで柔らかい表現となります。 丁寧な「お待ちくださいますようお願い申し上げます」 「お待ちください」を丁寧にした表現が「お待ちくださいますようお願い申し上げます」です。 「お待ちください」の後ろに「お願い申し上げます」を加えることで、丁寧に「待ってほしい」とお願いする表現になります。 ただ、丁寧な表現であるものの、「お待ちください」が命令形であることに変わりはありません。 失礼と捉えられる危険がある場合は、「お待ちください」を「お待ちいただく」に代えて、「お待ちいただけますよう、お願い申し上げます」へと言い換えてみましょう。 「お待ちください」のメールでの使い方 ビジネスメールで「お待ちください」は使用を控えた方がいい 「お待ちください」はメールでも使えますが、使用は控えた方がいい表現です。 メールや手紙などの書き言葉は、自分の声色や表情が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧な表現を心がける必要があります。 「お待ちください」は命令形の言葉であり、「お待ちくださいませ」などの柔らかい表現を使用したとしても、与える印象が悪くなる可能性があります。 「お待ちいただけますようお願いいたします」や「お時間いただきたく存じます」を使用するようにしましょう。 「お待ちください」をメールで使う場合は「理由や返信期間」を記す メールで「お待ちください」を使用する場合、単に「お待ちください」と記すのは丁寧ではありません。 「待ってほしい理由」や「いつまでに返事をするか」を、「お待ちください」に加えましょう。 例えば、「現在、調査中のため今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 調査結果に関しましては、明日の10時までにご連絡いたします」という例文。 上記のように「理由」と「返信期間」を記すことで、相手に丁寧な印象を与えるだけでなく、スムーズなやり取りが可能となります。 「お待ちください」への返信は簡潔に 「お待ちください」に対する返信は、簡潔になるよう心掛けましょう。 連絡を待ちわびる気持ちもあるでしょうが、なにかしらの理由から「待ってほしい」と言われているのですから、相手を焦らさないなめにも何度も連絡をするのは控えてください。 返信内容としては、「お返事いただきありがとうございます。 調査中とのこと、承知いたしました。 よろしくお願いします」のように、お礼と承諾の言葉を記しましょう。 「お待ちください」の英語表現 「お待ちください」は英語で「Just a moment」 「お待ちください」は英語で「Just a moment」と表します。 「moment」とは「一瞬」を意味する単語で、「少々お待ちください」と言いたい状況で使用できます。 また、「Please」を加えた「Just a moment, please」だと、より丁寧な表現になるため使用してみましょう。 英語のメールで「お待ちください」は「Would it be possible for~」 メールで使用できる「お待ちください」の英語表現は、「Would it be possible for~」が適しています。 「Would it be possible for~」は、とても丁寧に依頼をするときの表現であるため、メールでの使用に適しています。 たとえば、「Would it be possible for you to wait by next week? 」という例文。 上記の文章は「来週までお待ちいただけますか?」という意味になります。 まとめ 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉で、「お待ちくださいませ」や「お待ちくださいますようお願い申し上げます」などの使い方をします。 ビジネスシーンでも使用できる表現ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります。 とくに、メールなどの書き言葉では声色等が伝わらないため、「お待ちいただけますようお願いいたします」などに言い換えましょう。

次の

「今しばらくお待ちください」の使い方や注意点

お待ちいただけると幸いです

「お待ちください」を使ったその他の言い回し お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です。 「いっらしゃいませ」「ご覧くださいませ」といったように、接客業などで多々活用されています。 「くださいませ」は相手に何かしてほしいときに、その行動を行うように促す言葉です。 ですので 「お待ちくださいませ」は、相手に待っていることを促す表現になります。 「お待ちください」というよりも 「お待ちくださいませ」といった方が、丁寧で柔らかい印象を与えられます。 「くださいませ」は柔らかい印象の言葉のため、主に女性が使用することが多いです。 「お待ちください」は丁寧な言い方ですが、命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たる可能性があるので、使用する際は気をつけましょう。 今しばらくお待ちください 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」を意味しています。 「今しばらく」は「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われます。 「今しばらく」は長時間または長期間、相手を待たせてしまう場合には使用できません。 「今しばらく」を長い間待たせる場合に使ってしまうと、相手が思っている以上に待たせることとなり、非常に失礼になってしまいます。 しばしお待ちください 「しばし」は「少しのあいだ」「ちょっとのま」を意味しています。 「しばしのお別れ」「しばしのご歓談」なんて言いますよね。 「しばし」は「今しばらく」と同様に、「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、 やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 少々お待ちください 「少々」は、「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「少々」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、 「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「少々お待ちください」は顧客の応対などで頻繁に使いますが、ビジネスメールにおいてもよく使用されます。 例えば質問や依頼など、考えたり調べなくてはいけない場合に「ご返答まで少々お待ちください」「こちらで確認いたしますので、少々お待ちください」などと使うことができます。 もう少々お待ちください 「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」、「少々」は「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もう少々」は、すでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかってしまった場合に使います。 「少々お待ちください」というよりも「もう少々お待ちください」といった方が、相手を待たしてしまう時間が長いイメージになります。 少しお待ちください 「少し」は「数量・程度などが少ないこと」「いささか」を意味しています。 「少しお待ちください」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 「少しお待ちください」は「少々お待ちください」と非常に似ています。 「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分けとしては、会社の方針によってどちらかを使用するか異なるだけで、明確な違いはありません。 ただ「少しお待ちください」と言うよりも 「少々お待ちください」と言った方が、何となく丁寧な感じがしますよね。 「お待ちいただく」を使った言い回し お待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、「お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 お待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「お待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「待ってもらってもよいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。 「お待ちください」への返信は? 転職などで企業から「お待ちください」と連絡がくることがありますが、どのように返信するのが正しいのでしょうか? 返信は必要ないだろうと思うかもしれませんが、連絡してくれたことに対して返信をすれば、相手に良い印象を与えることができます。 「お待ちください」ときたら、メールをくださったお礼と、連絡を待っている旨を簡潔に記して返信をするのが良いです。 例文 ・お忙しい中、貴重な時間を割いていただき感謝いたします。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中、お返事をいただきましてありがとうございます。 ご連絡お待ちしております。 ・承知いたしました。 ご多忙にも関わらず、ありがとうございます。

次の

「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

お待ちいただけると幸いです

お待ち = 待つこと• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「お待ちいただければ幸いです」の意味は… 「待ってもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「待ってほしい!!」ということなのですが「~してもらえたらと嬉しいです」というようにして、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お待ちいただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「待つ」• 仮定「たら・れば」で 「お待ちいただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お待ちしていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「待っていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お待ちいただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】依頼・お願いビジネスメール 「お待ちいただければ幸いです」の使い方 上司や社外取引先・目上に何かしら待ってもらいたいとき。 お願いのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】お待ちいただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お待ちいただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「待ってもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「お待ち をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 株 ビジネス・ノマドでございます。 このたびはお問い合わせいただき誠にありがとうございます。 さてご質問の件、あいにく弊社では製品Aの自動車用途にかんする知見を持ち合わせておりません。 つきまして研究開発担当に確認の上、あらためてご報告いたします。 確認に少々お時間を頂戴いたしますが、 どうかお待ちいただけましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 -言い換え- 確認に少々お時間を頂戴いたしますが、 どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。 このたびは懇親会にお誘い頂き誠にありがとうございます。 さて出欠の件、現在顧客Aとのアポイントを調整しており、現時点ではお答えが難しい状況でございます。 つきまして回答を少々お待ちいただけましたら幸いです。 大変ご迷惑をお掛けいたしますが、 ご了承のほどお願いいたします。 もとになる単語「待つ」• 仮定「たら・れば」で 「お待ちいただけたら」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも… 「お待ちいただければ幸いです」と似たようなフレーズには、• ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「お待ち くださいますようお願い致します」• 例文「お待ち いただきますようお願い申し上げます」• 例文「お待ち いただけますようお願い申し上げます」 もあります。 どちらも言いたいことは結局のところ同じで「待ってほしい」という意味。 とくにビジネスメール締め・結びにつかわれることの多いフレーズですね。 謙譲語「いただく」なのか尊敬語「くださる」をつかうかの違いはありますが、どちらを用いても丁寧です。 なお「お願い申し上げます」は「お願い致します」に言い換えOK。 可能形にして「お待ちいただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「お待ち」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「お待ちいただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】お待ちいただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お待ちいただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】お待ちいただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「お待ち」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかお待ちくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお待ちくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお待ちいただければ幸いです」 例文「 どうかお待ちいただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒お待ちくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お待ちくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お待ちいただければ幸いです」 例文「 何卒お待ちいただければと存じます。 「お待ち」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがお待ち〜」 「大変恐縮ではございますがお待ち〜」 「たびたび恐縮ではございますがお待ち〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがお待ち〜」 「大変恐れ入りますがお待ち〜」 「たびたび恐れ入りますがお待ち〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがお待ち〜」 「大変お手数ではございますがお待ち〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがお待ち〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがお待ち〜」 【まとめ】結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お待ちください• お待ちくださいませ• お待ちいただけますか?• お待ちください• お待ちくださいませ• お待ちいただけますか• お待ちいただけますでしょうか• お待ちいただきたく、お願い致します• お待ちいただきたく存じます• お待ちいただければと存じます• お待ちくださいますようお願い申し上げます• お待ちいただきますようお願い申し上げます• お待ちくださいませ• お待ちをお願い致します• お待ちいただきたく、お願い致します• お待ちいただきたく存じます• お待ちいただければと存じます• お待ちいただきますようお願い申し上げます• お待ちいただけますようお願い申し上げます• お待ちくださいますようお願い申し上げます• お待ちいただければ幸いです• お待ちいただければ幸甚に存じます• お待ちいただけましたら幸いです• お待ちいただけますと幸いです• お待ちいただけますと幸甚に存じます• お待ちいただけましたら幸甚でございます• お待ちいただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「お待ち をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の