ローラ メルシエ クッション。 【ローラ メルシエ】ひと塗りで驚きの絶頂肌!一度の使用で一軍入りしたクッションファンデ

LAURA MERCIER(ローラ メルシエ)の名品「フローレス ルミエール」の新作クッションファンデ全5色を徹底比較!

ローラ メルシエ クッション

ベースメイクも大人気のローラ メルシエからこの春登場するのは、 ブランド初となる クッションファンデーション! 素肌感のある美しい仕上がりを叶える "絶頂肌ファンデーション"を、発売前にいち早くご紹介します。 実際に使ってみて、 期待した以上の仕上がりに感動しました! カラーはクール・ナチュラル・ウォームといった3つのカテゴリーの色味から全5色展開となりますが、今回はナチュラルの中から <2N1 CASHEW>を使ってお試ししていきます。 グロウ感をプラスするなら… 『ピュア キャンバス プライマー イルミネーティング』 50ml・4,200円 税抜 たっぷりの微細パールで輝くようなツヤを与えてくれるグロウ下地。 左:すっぴん 中:イルミネーティング下地のみ 右:クッションファンデを重ねた状態 写真ではすこしわかりづらいのですが、実際に見てみるとイルミネーティング下地のパール効果で 上品なグロウ感がプラスされます。 さらにそのうえにクッションファンデを重ねてみると、輝くようなツヤ感にあふれました! テカリや毛穴のないさらっと肌に仕上げるなら… 『ピュア キャンバス プライマー ブラーリング』 50ml・4,200円 税抜 テカリや毛穴をカバーしてくれる、オイルコントロール至上主義のブラーリング下地。 この下地、 顔の凹凸が完璧にカバーされて瞬時にサラサラ肌になる超優れもの! 左:すっぴん 中:ブラーリング下地のみ 右:クッションファンデを重ねた状態 まずブラーリング下地だけでも、毛穴や小じわなど肌のありとあらゆる凹凸が完璧にカバーされました。 そのうえにクッションファンデを重ねてみると、みずみずしいツヤというよりも ほんのりとした発光感のあるツヤ肌に! テカリが気になる方や、春夏などの暖かい季節にはぜひおすすめしたい組み合わせです。 下地なしと2種の下地ありの仕上がりを比べてみると… 左:下地なし、クッションファンデのみの仕上がり 中:イルミネーティング下地を使った仕上がり 右:ブラーリング下地を使った仕上がり 下地なしのクッションファンデのみの仕上がりと、2種の下地を使った3つの仕上がりを比べてみます。 下地なしの場合 左 は、素肌感あふれるみずみずしい仕上がりに。 イルミネーティング下地の場合 中 は、つやつやと輝くゴージャスな肌に。 ブラーリング下地を使った場合 右 は、クッションファンデのみの場合よりもツヤが抑えられ、凹凸のないスムースな陶器肌に仕上がりました。 クッションファンデを数個所有している私も購入リストに入れるほどに感動したローラ メルシエ『フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション』。 ぜひこの美しい仕上がりを、下地もあわせて体験してみてくださいね! -------------------------------------------------------------- 【Not sponsored】ローラ メルシエさまご提供品の紹介記事です。 使用感はライターの感想です。 --------------------------------------------------------------.

次の

ローラメルシエクッションファンデーションの色選びのコツは?口コミや使い方についても!Laura Mercier

ローラ メルシエ クッション

内容量と価格を考えるとローラメルシエのほうがちょっとお得感あり。 特徴 今回紹介するクッションファンデの公式の商品説明を比較してみるとコンセプト自体がかなり似ています。 ・ローラメルシエ 素肌感とカバー力の両立<フローレスフェイス>を追求した結果たどりついた妥協を許さない逸品。 中略 使うたびにうるおうような保湿効果と紫外線などの環境ストレスからガードしてくれるプロテクト機能をアップデートし、肌そのものから美しくケアできるよう進化。 出典: ・NARS ツヤやかでナチュラルに輝きを放つような肌に仕上げるクッションファンデーション。 乾燥や紫外線などの外的刺激から肌を守りながら、つや、仕上がりの美しさが長時間持続。 高いカバー力とナチュラルな印象の両方を叶えます。 出典: つまり、2つともナチュラルさとカバー力の両立を軸にした商品らしい。 さらに乾燥や紫外線などの外的要因からお肌を守るというところも全く一緒。 後ほど紹介します。 パッケージを比べてみた ローラメルシエはよくある丸形で、NARSはスクエア型。 開けるとこんな感じ。 NARSのほうがケースがマットな質感な分どうしても汚れは目立ちやすいです。 開けやすさは完全にローラメルシエの勝利。 というかNARSが開けにくい。 笑 まぁ四角い形めっちゃ可愛いから許すけど。 笑 パフの大きさ・厚みはまぁ普通。 裏返すとこんな感じで、ローラメルシエのほうは上がとんがってて細部に塗りやすかったり、下の白い部分で仕上げると馴染ませやすかったりと色々と工夫がされています。 まぁ個人的にはNARSのパフでも全く問題ないです。 笑 色味を比べてみた 私はかなり明るめのブルーベースの肌なので各ブランドの一番明るいピンクオークル系の色を選びました。 ローラメルシエは#1C1 SHELLというカラーで、NARSは#5877のカラーです。 並べてみると明るさや色味はほぼ同じ。 若干ローラメルシエのほうがよりピンクみが強いかな?というくらい。 ただ馴染ませると違いが全く分からなくなるくらい似たカラーです。 ネットで買ったので色が合うか心配でしたがぴったりでした。 色白でピンクオークル系を求めてる方にはこのカラーで問題ないと思います。 顔に塗って仕上がりを比べてみた 塗ったときのみずみずしさやしっとり感もほぼ同じというくらい似てます。 ただ、ツヤ感はローラメルシエのほうが強め。 というかツヤの種類が違って、NARSは内側からにじみ出るような自然なツヤで、ローラメルシエはすこし湿度を感じる生っぽいツヤ。 カバー力もほんの少しだけローラメルシエが上かな。 私はソバカスが多いんですが、ソバカスはローラメルシエのほうが隠れました。 ただ、透明感と素肌感はNARSのほうが上だと感じました。 どちらも厚塗りにならずナチュラルに仕上がりますがどちらかというとローラメルシエのほうがファンデ塗ってる感はあるかな。 実際は色の変化はほぼ無いです。 ) 子どもとがっつり公園遊びして帰ってきても、全く汚い崩れ方してなかったです! すこし薄くなったかな?くらいでツヤ感も綺麗だし毛穴落ちも気にならない!くすみも乾燥もなし! いや~~~素晴らしい。 最近のファンデすごすぎ。 崩れにくさに関しては同率1位ということで・・・・! ちなみにNARSの崩れにくさは過去記事にありますのでよろしければご覧ください。

次の

ローラ メルシエ フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション レフィル ・ 化粧品・コスメの通販

ローラ メルシエ クッション

フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション 全5色 レフィル 4,300円(税抜)/スポンジ 1,200円(税抜) ファンデーションを塗っていないかと錯覚するような活きたツヤと、あらゆる肌悩みを忘れてしまうくらいのカバー力を理想的なバランスで実現。 相反する「素肌感とカバー力」の両立を追求して生まれたのが、こちらのクッションファンデーションです。 このツヤの正体は「ダイヤモンドパウダー」。 どの角度から見ても輝きを放ち、素肌感を高めたかのようなツヤがめぐります。 ファンデーションには「ウォータリリーエッセンス」を配合し、素肌から美しくケアできるようにアップデート。 どんな環境下でも、つるんとなめらかなツヤ肌を叶えてくれる嬉しいアイテムに! クッションファンデの気になる使用感は? 1N1 明るめのオークルを使用 ファンデーションは、みずみずしく肌へ伸び広がり、しっとりとしたなめらかな使用感。 パッと気になる色ムラや毛穴などをカバーしながらも、素肌感のあるツヤを残したつるんとした仕上がりです。 カバー力とツヤ感がとにかく絶妙で、今っぽい肌がひと塗りで完成! 自分の肌色のようになじむので、塗っている感がなく、仕上がりはナチュラルです。 クッションファンデは時間経過によるヨレが気になることもありますが、こちらは長時間使用していてもヨレは気になりませんでした。 高いUVカット効果もあるので、夏場も積極的に使用したいアイテムに! さらにツヤっぽく仕上げたい場合は、こちらのプライマーを一緒に使用するのがおすすめです。

次の