パワプロswitch カレン。 switchパワプロとパワプロ2018を比較 買うならどっち?

スイッチパワプロマイライフで七瀬はるかなどのサクセス彼女の引継ぎは?

パワプロswitch カレン

4人プレイはまるで「子供の頃に遊んだ野球盤の楽しさ」 まずは今作の目玉である4人同時プレイから紹介しよう。 今作はシリーズで初めて一つの試合を4人でプレイするという試みに挑戦している。 従来の野球ゲームを複数人でプレイするときには、プレイヤー同士がゲームの外で決めごとを作って交代でプレイするという、アナログなことをやらなければならなかった。 今作ではコントローラーを最大4つ用意できれば「コントローラーの受け渡し」という作業をすることなくリアルタイムに試合に参加することができる。 チーム内ではバッティングの順番と守備位置を設定することができ、実際の野球さながらに呼吸の取れたチームワークが求められる。 今回レビューする際に3人集まって遊んでみたのだが、バッティングよりも守備のほうが断然面白いと感じた。 ピッチャーと内野外野で操作(責任)を分けて、進塁や得点を許してしまったときに「今のは誰が悪いか」という不毛な言い争いが発生し、まるで子供の頃のころに立ち返ったような心持ちにさせてくれる。 このマルチプレイは「サクセス」や「マイライフ」以外のモードで遊ぶことができ、今作は「ガチ対戦、ガチプロ野球ファンの野球ゲーム」というより、「パーティーゲームとしての野球ゲーム」を目的として制作している意図が伝わってきた。 この他にも目立った「ライト層」に向けた変更点として「LRダッシュ」の明示化がある。 これはランナー操作を行っているときに、LRボタンを交互に連打するとランナーの速度を僅かに上げることができるのだが、説明書の端っこのほうに小さく書かれていたりするくらいで、ガチ勢ではない『パワプロ』を遊んできた人でも割と知らない人が多かったりする。 今作はこの「LRダッシュ」を画面上に表記したことで、そのシステムを多くのプレイヤーに認知させることができたのではないかと思う。 他にもここ数年の定番モードだった「パワフェス」がなくなり、「トレジャー」というモードに置き換えられたのも、パワプロ初心者に配慮をしたものだろう。 「パワフェス」とは、パワプロキャラのオールスターが一同に介して野球大会を行って、勝利をもぎ取っていきながら選手育成と、チームの強化を行うという内容。 このモードは一回でも試合に負けたらその場で終了。 という楽しそうな雰囲気の割にシビアな一面を持ち合わせている上、どんなにプレイテクニックを駆使してリードしていても(コンピューターの都合で)逆転か1点差まで追い詰められる理不尽な設定なっているため、最も「初心者お断り」な高い難易度となっていた。 一方「トレジャー」はどうなっているのかというと、段階的に強くなっていく実在球団を相手にプレイヤーはオリジナル選手だけで構成されたチームを率いて操作し、試合に勝利、または「ペナント」や「サクセス」で手に入れた成長アイテムや装備アイテムを使って、自軍の選手を強化するというとっつきやすい内容になっている。 負けても成長した選手がいなくなるなどの大きなペナルティはなく、誰もが楽しめる育成モードになっているのではないだろうか。 もちろんこのモードも最大4人まで試合に参加することができるので、気の合う友達が集まったら協力して最強のチームを目指すのもありだ。 個人的に一番うれしいのが、かつてパワプロの目玉コーナーだった「ホームラン競争」も、「ホームランアタック」という名前に変わって久しぶりの復活を遂げたこと。 このモードはその名前の通り、ストレートボール10球のうち、いくつホームランにすることができるのかという競技で、10球全てをホームランにできたら、継続してどこまでホームランを打ち続けることができるのかというルールに切り替わり、最大99球まで挑戦することができた。 4人対戦でのルールは、従来の10球勝負に加えてポイント制になっており、ヒットになった場合も飛距離に応じてポイントを得られるようになっている。 最終的に合計点が最も多いプレイヤーが勝利する。 野球よりもシンプルな操作性になっているのと、バッティングという野球で最もわかりやすい要素で対戦できるので、野球を知らない人でもタイミングさえわかれば十分楽しめるモードではないかと思う。 今作のサクセスはもっとも人気の高い『パワプロ9』の移植版だったはずだが…… 本シリーズの醍醐味はオリジナル選手をアドベンチャーゲーム形式で作成する「サクセス」にある。 ストーリーの殆どはうだつの上がらない夢見る野球選手を日々の練習と試合で経験点を積んで、一流の選手として成長させていくという内容だ。 途中にはユニークな仲間やライバル、そして彼女となる女の子が登場して、彼らとの交流も選手の強化には欠かせない要素となっている。 こうした面白い教訓じみた要素がファンの間でネタになり、サクセスに特化した「パワプロクンポケット」シリーズは現在でも復活を望む声があるほどだ。 そんな今作の「サクセス」はシリーズで最高傑作との声もある『パワプロ9』のものが収録されている。 ということだった。 ところが蓋を開けてみると、最も人気の高い元女子校から甲子園を目指す「恋恋高校」のシナリオが入っておらず、僕自身大きなショックを受けた。 『パワプロ9』に収録されていた「サクセス」の5つのシナリオは、ストーリーの細かい部分と登場する人物が異なるくらいしか違いがないが、登場する人物(主に女性)が変わるということは、攻略しやすい女の子、しにくい女の子が発生することになる。 特定の女の子とハッピーエンドを迎えようかと思ったら、かなりのやりごたえとなっていた。 だが収録シナリオが2つとなったことは残念で、この辺はアップデートで追加されるかもしれないので気長に待ちたいと思う。 というか出してほしい……。 個人的にすごく懐かしい気持ちにさせてくれたのが、対戦相手に『パワポケ1』の「極亜久高校」の外藤と極亜久高校の教頭マークが昔と変わらない姿形で登場してくれたことだ。 今作の初回特典として同封されたカード状のamiiboについても触れておきたい。 これをセンサーに当てると、「トレジャー」で使えるアイテムがランダムでもらえる。 初回特典にはパワプロくんが封入されており、店舗ごとの特典を合わせると全部で5種類存在する。 このアイテムは攻略において大変便利なので、購入を検討している人は初回特典があるうちに購入することをおすすめする。 ただ、要望としてはカード状のamiiboは大変珍しいうえにコレクション要素として面白いので、何かしらの形でトレーディングカードとして販売してほしいと思った。 若干動作、従来からあるモードに難あり 最後にプレイしていてぶつかった不具合や、疑問にあがった部分を指摘して終わりにしよう。 自分のお気に入りの球団を采配、操作、運営して一年のペナントレースを勝ち抜く「ペナント」には、従来だと外国人選手のスカウトに際してポジションなどを指定してスカウトマンに依頼することができたが、この要素がなくなっており完全にランダムとなってしまった。 動作の面においては、オフラインの環境にもかかわらず試合がカクつくことも多かった。 一部ではロードが挟まっているのではないかという話もあったが、サクセスのような観客の少ない試合ではカクつくことはなく、実況やウグイス嬢のアナウンス、観客の多い球場での試合で起こりやすいと感じたので、単にマシンスペックの問題ではないかと思う。 また、余談だがGCコントローラーの接続タップを用意したらGCコントローラーでも本作を操作することが可能。 ところが、ボタン配置はSwitchのプロコントローラーに準じているのでかつての『パワプロ9』と同じ操作感でプレイできないので注意! もし可能ならば「恋恋高校」の追加に合わせてボタン配置の変更ができるアップデートが来てほしいものだ。 今回の『実況パワフルプロ野球』は、Nintendo Switchというローカルで大勢の人が遊びやすいハードに向けて、適切なゲームモードを備えてリリースされたと感じた。 頻繁に出てくるヘルプからもわかるように、初級者や野球ゲームに馴染みのない人にもとっつきやすく遊べるように配慮が行き渡っており、『パワプロ』ガチ勢の人からすると鬱陶しく感じられる部分もあったかもしれない。 これらはハードを出す上で市場を鑑みた作品であることを留意してほしいと思う。 『パワポケ』シリーズでは「野球バラエティ」というジャンルを確立したが、この作品では新しく「野球パーティー」というジャンルを打ち立てた作品だと評価したい。 NPBを交えたeスポーツリーグが発足していることにあわせて、これを機にもっと多くの人に『パワプロ』が浸透していけば、いちファンとして嬉しい。 多人数で楽しく遊べるモード• サクセスの変わらぬ面白さ• トレジャーは野球ゲーム初心者でも楽しめる• 初心者に楽しめるヘルプが随所に用意 短所• オフラインでも動作にカクツキがある• 「サクセス」の収録シナリオが少ない 総評 『エキサイティングベースボール』で野球ゲームに高低差を提唱したコナミの野球ゲームは他のゲームと比べて敷居が高く、『パワプロ』は「サクセス」など様々な工夫を凝らしてユーザーの拡大を図ってきた。 今作はNintendo Switchの客層をよく研究して『パワプロ』らしさを損なうことなく、4人プレイなど誰でも楽しめるモードを用意しており、一種のパーティーゲームとして完成された。

次の

荒井紀香 (あらいのりか)とは【ピクシブ百科事典】

パワプロswitch カレン

トレジャーで強い選手を育成する方法 初期ステータス厳選 新しく加入するメンバーの初期ステータスはバラバラ。 何かのステータスに特化している選手が現れるので、育成方針にあった選手が出てくるまで厳選しよう。 高ランクの秘石だけを使って育成 秘石のランクに応じて獲得できるステータスの合計値が変わる。 1選手に使える秘石の数は決まっているので、高ランクの秘石だけを使うことで強い選手が作れるようになる。 万能型より特化型 トレジャーはサクセスとは違い高い数値のステータスでも簡単に上げることができる。 そのため、ある程度上げる能力を絞ったほうがサクセスと差別化しやすい。 トレジャーで活躍させたいなら打撃に特化させよう。 青特・緑特は狙ったものだけ 青特や緑特が入っている秘石はステータスの上昇が抑えられている。 必要ない青特や緑特は取らずステータスアップに集中する方が強い選手になる。 高ランク秘石の集め方 ドリームカップで優勝し続けよう ドリームカップは難易度が高い代わりに、高ランクの秘石を入手しやすい。 特に決勝では確定でレジェンドボールが3個手に入るのでドリームカップ優勝を目指そう。 さらに優勝するとドリームトロフィーが入手できる。 ドリームトロフィーを選手に使うと金特を覚えさせられるのでさらに強い選手が育成できる。 サクセスやホームランアタックで集める 高ランクの秘石はトレジャー以外のモードでも入手できる。 サクセスやホームランアタックで遊び続けていれば、気が付くと秘石が溜まっているということもある。 トレジャーで集める方が効率が良いので、あくまでもおまけ程度に考えておこう。 amiiboで集める 1日5回までamiiboで秘石を入手することができる。 1回につき3個手に入るので全部で15個手に入る。 Aランク秘石が出ることもあるので、毎日コツコツ集めよう。

次の

【パワプロスイッチ】姫野カレンの彼女攻略・イベント&デート攻略

パワプロswitch カレン

概要 非常にと威圧感を持つ。 毎回衣装が変わる。 彼女候補としては珍しく数多くの作品に登場する。 初登場はパワプロ7。 当時は女子大生として登場した。 当初から野球選手の追っかけが趣味で、作品によっては無理やり告白したり、主人公とともに行動するために選手として登場する場合もある。 たいていの場合は主人公は迷惑がり、実際に育成の邪魔になる場合が多いが、強力な特殊能力である「威圧感」の取得条件として彼女が必要な場合もある。 お金の概念がある作品 11,12など ではカレンがおごってくれるので有難い存在になったりする。 その容姿と強引さから主人公だけでなくやなど多くのキャラから畏怖されている。 作品によっては主人公のファーストキスを無理やり奪ったり、修学旅行でを仕掛けようとする(被害に遭うのは大抵矢部君)などシャレにならないこともしており、他の彼女候補からもドン引きされることが多い。 その一方で恋愛に対しては意外と真摯な一面もあり、どれだけ主人公に熱を上げていても彼が他の彼女候補と付き合い始めたら潔く身を引き、以降は一切登場しなくなることが多い(もあるが)。 本来出会いイベントが確定で起き、定期イベントでも出番が多い9のあかつき大附属でも、カレンの初登場前に他の彼女を作ることができれば以降の出番がすべてカットされる。 12(入学を辞退した佐藤くんに変装)では認識の誤解はあったもののに対して年上の女性として諭し助言する場面があるなど、では片付けられない深みを持ったキャラでもある。 パワプロ8・パワプロ12(佐藤)では選手として登場することもあるが、能力はどれも最低クラスの誰得選手である。 パワプロ2016以降では出番が激減し、サクサクセスのイベントキャラクターとして登場するだけになってしまった。 ……もっとも、そのサクサクセスにおいては 原則的に必ず遭遇するお邪魔キャラクターという絶対的な役回りを担っている。 後半マップで現れてうろつき回り、あちらから接触されるとランダムにぶっ飛ばされたうえに体力を大幅に削られるが、自分から接触できれば体力回復、稀に威圧感をくれるという仕様。 サクセスと違って毎回彼女と対峙する運命であるため、サクサクセスの世界では誰しもがカレンに夢を絶たれた主人公を大量に生み出すことになる…… 2018や2020でもパワフェスの隠しキャラとして追加されたのみで、やはりサクセスには復帰していない。 9のリメイク作品であるSwitch版にて久しぶりに彼女候補として登場。 基本的なスタンスは9当時と変わらないが、特定の彼女候補と恋仲になっても他の彼女候補とも電話番号取得イベントまでは普通に発生する(手に入れたところで現彼女と破局しなければ連絡不可だが)仕様に変更されたため、早期彼女獲得による出番封殺はできなくなった。 近年の仕様に合わせ、超特殊能力である「重戦車」のコツを得られるようになっている。 さらに、これまでは登場が避けられ続けてきたにも今回ついに 嫁候補として出演。 他のサクセス彼女と同様、サクセスからの引き継ぎ、マイライフ内での新規登場の双方で登場し、サクセス時をも上回る強引さと恐怖で主人公を追い詰め、場合によっては マイライフでは女社長の座に収まっている。 それもあってか経済力が凄まじく、街デートにおいて他の彼女の場合は主人公が女の子にプレゼントを貢ぐ形になる中、カレンの場合は問答無用でカレンが主人公に貢ぎ勝手に好感度が爆上がりしてしまう。 金が掛からないと考えれば悪くないようにも思えるが、実際は彼女と別れるために必要な意図的な好感度低下手段が失われることとなるため、カレンを避けたいユーザーにとっては厄介以外の何物でもない。 一応選択肢によってはカレンとの交流を避け続けてその魔の手から逃げ切ることも出来なくはないが、その場合カレンは全国放送のニュース番組に出演し、勝手に主人公を自分の元婚約者に挙げて破局会見を開くという風評被害的にはテロ同然の暴挙に出る。 幸いこれでファンが減るとかバッドステータスが付くみたいな悪影響が出るわけではないが、感情的には非常に後味が悪い(こういう部分もを彷彿とさせる)。 しかもこの展開になった場合、内部フラグ的には「カレンと破局した」という扱いになってしまうため、なんと後にがカレンと交際、結婚する展開にもつながってしまう。 話の流れとしては奥居がカレンに惚れるという形になるため問題無いといえば無いのだが、考えようによってはこれも嫌な気分になる話である(特に奥居に思い入れを持つユーザーにとっては)。 何よりもこの展開だと結婚式で「主人公を意味深に見つめてくる」ことがカレンの一方的な逆恨み以外の何物でもないことになるため、殊更恐怖を感じさせる(過去にも似たような彼女候補はいたが…)。 こういった悲劇を防ぐ手段として、マイライフの設定でサクセス彼女の登場を無効にすることや、マイライフではサクセスと違って既に恋人がいる状態では新しい彼女候補の登場イベントが発生しなくなる仕様であることを利用して早々に恋人を作る、サクセスから別の恋人を引き継いでおく、またはこまめなセーブ&ロードを行ってカレンが出てこないようにゲームを進めるなどの方法が挙げられる。 結局は登場自体を封じてしまうのが一番平和的と言える。 第2世代サクセス以降では大分良心的であった彼女も、登場初期の頃は相当無茶苦茶なキャラであったことを嫌というほど思い出させてくれる、ある意味ではと言えるのかもしれない。 その一方で、同じくサクセス彼女のマイライフ引き継ぎ機能があった『ポータブル4』ではカレンだけが引き継ぎ対象から外れていたり、第2世代以降のサクセスでは最後まで付き合っていても最終的に主人公から離れる展開になるケースが多く、誰かと結ばれるという結末が今までなかった彼女の結婚が今回ついに解禁されたことを考えると、結局カレンが一番愛していたのは「9主人公」であったということなのかもしれない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の