渋野 日向子 海外 の 反応。 渋野日向子優勝の海外の反応!シブコ現象メジャー制覇に驚愕

渋野日向子の海外の反応や評価を調べてみた!微笑むシンデレラと命名される!

渋野 日向子 海外 の 反応

AIG全英女子オープンで日本人として42年ぶりに優勝した渋野日向子選手の記者会見の様子です。 愛らしい。 スターになるのにまだ甘やかされてない。 このまま行くことを願ってるよ。 そして彼女の気持ちの良い笑顔が永遠に変わらないことを願ってる。 彼女は日本人だから笑顔を保ち続けるよ。 彼女はスターになっても謙虚だよ。 欧米諸国では日本を含む東アジア諸国の女性は(白人と比べて)老けないという都市伝説があります。 この子はゴルフ界の新鮮な息吹で、ゴルフはより良くなってる。 彼女を女子ゴルフのポスターガールにしよう! おめでとうございます、日向子ちゃん!渋野日向子の成功を願って! マレーシアより日本大好き! 彼女は素晴らしいよ!彼女の笑顔は太陽の光、おめでとう渋野日向子。 2019年で最も楽しいゴルフトーナメントは笑顔で世界と私たちの生活を明るくする日本のプリンセスが優勝した。 良い勝利、素敵な若い女性、つられて微笑んでしまう笑顔、でも彼女は日本のプリンセスじゃない。 素晴らしいプレーだったよ、渋野 おめでとう! 韓国より 良いコメントだ、ありがとう。 今はお互いの国の雰囲気が良くない。 ありがとう!!!日本より 彼女が笑うと、自然と微笑みたくなる・・・どういうわけかストレス緩和材になるよ!よくやった日向子! 自分は日本語は話さないけど、素晴らしい通訳だ。 スターが生まれたね。 素晴らしいよ。 このハッピーな若い女性を絶対、将来もっと見る事になるんだろうな・・・おめでとう。 アメリカの女性ゴルファー達はどうしたの?いつも出てくるのは韓国人女性ばっかりじゃないか。 日向子は日本人だよ。 チャンピオンにふさわしい! 通訳は宮里藍選手の旦那だよ!!! 通訳は2017年に現役を引退した宮里藍さん(34)の夫、座親匠さん(38)です。 英語での優勝スピーチの前には、英文を紙に書いて手渡し、英国テレビ局のインタビューでは通訳を務めた、とのこと。 馬鹿みたいな見下すような質問なんなの。 本当にその通りだよ。 この素晴らしい才能で今週どのように成功したかとか、18で激しくパットを打つつもりだったのか、この勝利を他の大会に比べてどうか、などを明らかにする機会を無駄にしたね。 彼女が何を食べるかなんて質問は少しにしてゴルフのプレーについてもっと。 なんてスターなんだ!.

次の

【海外の反応】AIG全英女子オープン優勝!渋野日向子選手の記者会見の様子

渋野 日向子 海外 の 反応

夢の全英オープンに優勝したのは、若干20歳の渋野日向子さんです。 笑顔が最高にかわいい! 最近の女子ゴルフのセクシー路線が女性として見ていて、なんだかやだなーと思っていたのです。 爽やか!なのに強い。 ミニスカートではなくて、パンツスタイルなのも好感が持てます。 だからといって、男っぽいわけではなくて、色味が本当にかわいいです。 優勝した際に着用していたのは、スポンサーのビームズのポロシャツと、水色のパンツでした。 ポロシャツは襟を立て着るのが日向子流。 カラフルでポップなデザインで、とても似合っていました。 水色のパンツと相性抜群でした。 あのイギリス全英オープンのグリーンでバンザイする姿は、アニメマンガの主人公を見ているようなドラマチックさでした。 大好きなお菓子をモグモグする様子が何度も取り上げられ、「味付けのり」やスティック状の駄菓子「タラタラしてんじゃね〜よ」が注目を集めました。 日向子効果で私もつい買ってしまいました。 文句なく美味しいです。 日向子さんは、味付けのりなどもおやつとして持っていました。 基本、体に良さそうな?お菓子が好きなのかな・・・。 中でも「タラタラしてんじゃね〜よ」の製造元の「よっちゃん食品工業」は、電話が鳴りっぱなしという反響です。 そんな渋野日向子さんは、最終ホール、外せばプレーオフというドキドキの局面で、見事に優勝を決めました。 相当なメンタルです。 すごいなあ。 小さい頃からメンタルを鍛えていたんだろうなあと思っていたら、このメンタルになったのはつい最近の事だといいます。 特に中学生の頃は、思春期という事もあり、不利なプレーをすると、すぐに不機嫌になって、結果も出せずにいました。 それは、高校生まで続き、お母さんのインタビューによると、最近までよく泣いていたそうです。 そんな渋野日向子さんをかえたのが、プロ転向です。 プロテストに合格して、2018年にはプロとして活躍しはじめます。 スポンサーリンク そこからは、「ちきらない」ことを心に決めてプレーしてきました。 臆病になるな。 からきていると思われます。 ちなみにチキンの反対語はライオンハートです。 Have a Lion Heart. は、ちょっとしっくりこないかなー。 テニスの大坂なおみ選手に続いてのメジャータイトル獲得。 2018年の20歳の女子選手、本当に素晴らしいですね。 渋野日向子選手も、最近まで苛立ちを隠さないプレーだったといいます。 しかし、プロテストに合格した後からプロとしての自覚が目覚めたようです。 黄金世代といわれる同世代の女子プロゴルファー達との熾烈な争いもこの先待っています。 この度のメジャータイトルを制したメンタルで、是非乗り越えて欲しいです。 「『なんてキュート!』海外の反応は?」 渋野日向子さんの全英オープンの快挙は、イギリスのBBC放送にて大々的に報道されました。 「渋野日向子が初のメジャーを見事な勝利で獲得」 「驚愕の勝利をつかむために最終ホールでバーディを奪った」 こちらはイギリスのガーディアン紙。 「スマイリング・シンデレラのニックネームを持つ渋野は、その明るく攻める姿勢を4日間、貫いた。 18アンダーまでスコアを伸ばした彼女のゴルフは、その姿勢の賜物だった」 「彼女は、戦いの最中、厳格な雰囲気を保つ、このスポーツの慣習とはかけ離れた様子で観客とハイタッチをして自らに敬意を向けるギャラリーに手を振って見せた」 優勝が決まった瞬間、バンザイをする姿が本当に超キュートでした。 この先スゴイ事が起こるとも知らずに…。 With a quick pace of play, disarming smile and flashy game, Hinako Shibuno became one of the revelations of the entire golf season. 人気低迷していた世界のゴルフ界に一筋の光が照らされた瞬間でもあったようです。 Many congratulations Hinako Shibuno on your first Major victory. Sinking a birdie putt on 18 for the win is the stuff of dreams. My very best. GP — Gary Player garyplayer ゴルフって まとめ 「渋野日向子のちきらないメンタルとは、守りに入らずに挑戦する気持ち。 」 「『なんてキュート!』海外の反応は、人気のなかった女子ゴルフ界に現れた新星に歓喜している。 」 ハツラツとしていたり、「タラタラしてんじゃね〜よ」をカメラ目線で食べるなど、お茶目な面もある渋野日向子さん。 帰国後は大変お疲れのようでしたが、それでも休む事なくプレーに参加。 突き進む姿勢がカッコイイ、みんなが求めていたニューヒロインの誕生ですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございます。 おまけ 世界のゴルフ イギリス人の友人によりますと、「ゴルフ」というスポーツは、フットボール(いわゆるサッカー)やテニスほどイギリス人を熱狂させるものではないそうです。 どちらかというと、「年配の人のスポーツ」、または、「多額の賞金に目がくらんだ若者」がするスポーツというイメージでした。 そこに現れたのが、まず、宮里藍。 若々しいフェアプレーで、たちまち人気者に。 そんな中現れたのが、「賞金は何に使いますか?」 という質問に、 「賞金って、いくらなんですか?」 と聞き返し、 「一生分のお菓子を買いたい。 」 なんて面白い応えをする女の子がメジャーを制してしまったのですから、注目しますよね。 渋野選手は、イギリス人のゴルフの概念を変えてしまうほどのパワーがあったのではないでしょうか。 もし、そうであったら、日本人の一人として、とてもうれしいです。 全英選手権では白を着用していました。 このキャップ、可愛いですよね。 調整機能付きで便利です。 こちらも若き才能。

次の

渋野日向子の海外の反応は?人気や評判を外国メディアや口コミで調査|TOKYO SCOPE

渋野 日向子 海外 の 反応

ゴルフの全英女子オープンの最終日が4日(日本時間5日)、英国のミルトンキーンズ・ウォバーンGCで行われ、日本の渋野日向子(20、RSK山陽放送)が通算18アンダーでメジャー初優勝。 1977年に全米女子プロで優勝した樋口久子さん以来42年ぶりとなる日本人史上2人目のメジャー制覇の快挙をやってのけた。 昨年7月にプロテストに合格したばかりで日本では黄金世代と評される渋野は、単独首位で最終日を迎えていたが、3番で痛恨のダブルボギーを叩き5番終了時点で、5人が首位に並ぶ大混戦となった。 だが、粘り強く最終ホールにバーディーを奪い、17アンダーでホールアウトしていたリゼット・サラス(米国)を1打差で突き放して優勝を決めた。 世界的には、ほぼ無名だったシンデレラの誕生を海外メディアは大きく取り扱った。 英国のBBCは「渋野日向子が初のメジャー(タイトル)を見事な勝利で獲得」との見出しを取り、「日本の渋野日向子が全英女子オープンでの驚愕の勝利をつかむために最終ホールでバーディーを奪った」と報じた。 記事は大激戦となった最終日の渋野の最終18番のプレーに注目。 「17アンダーでプレーを先に終了したサラスがプレーオフの可能性を前にパットの練習をしている間、渋野は18番ホールのグリーンに向かい、フェアウェイの両サイドへ向けて手を振り笑顔を見せていた。 初のメジャー大会出場。 しかも、日本国外での大会出場が初めてだったというのに、ルーキー(の渋野)は、まったく緊張した様子も見せず、カップの後ろにぶつけ18フィート(約5. 5メートル)のパットをしっかりと決めた」と伝えた。 yahoo.

次の