教授 メール ご連絡ありがとうございます。 例文付きでご紹介!教授に送る内定の報告メールの書き方

例文付きでご紹介!教授に送る内定の報告メールの書き方

教授 メール ご連絡ありがとうございます

依頼は丁寧に行いましょう。 多くの学生は、教授に何かをしてもらうことを要求しがちですが、それは何の役にも立ちません。 代わりに、依頼に対応してもらえるのかどうかリクエストとして書いてみましょう。 X 出典文献• 例えば、教授に論文の締め切りを延ばしてほしい場合、「My grandmother died. Give me an extension on this paper(祖母が死んだので論文の締め切りを延ばしてください)」などと書かないようにします。 それよりも「I've had a difficult week with the death of my grandmother. Would you please give me an extension on this paper? (先週は祖母が亡くなり大変でした。 論文の締め切りを延ばしていただけませんでしょうか?)」とお願いしましょう。 返信を受け取ったことを伝えましょう。 返信を受け取ったら、必ず受け取ったことを連絡します。 「Thank you」と簡単に伝えるだけで十分です。 必要があれば文章を追加し、上述の方法で礼儀正しいメールを作成しましょう。 問題や疑問がメールだけでは十分に解決しない場合は、直接会う約束を取り付けます。 例えば、「Thank you for addressing my question. I'll see you in class. (質問に回答いただきありがとうございます。 また授業でお目にかかります)」と返信します。 教授に会いたい場合は、「I appreciate your thoughts on this issue. Would you mind if we met in person to discuss it in more detail? (この件についてご検討いただきありがとうございます。 お会いして、もう少し詳しくお話しすることはできませんでしょうか?)」などと書けるでしょう。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

教授 メール ご連絡ありがとうございます

Within the business world we often to decide how formal a given situation is. However, these days, especially with emails, there is a tendency to be less and less formal and the stress is more on the attitude and positivity of the communication. "Pupils draw power from the positivity of their teachers. " In a business context, if someone contacts you, it will probably be to inquire about a product or a service that you or your company is offering to your customers. Since it is a business related inquiry, you will need to respond in a business manner. It is usually difficult for most people to respond in a business manner. But, the following responses will suffice: Thank you very much for your inquiry. I appreciate it. or Thank you very much for your inquiry. Please call again. The literal translation is "Thank you for your inquiry. " In America, this is more often used with someone asks a question, needs help with customer service, or maybe even technical support. Other ways to say this phrase ar, "Thank you for the reply," or, "Thank you for asking. " This sounds very polite and formal, but in America, sometimes it is better and more direct if you say something a little less formal, and a little more personal. These are both commonly used expressions to thank someone for contacting you. While they may not sound logical to a non-native speaker, they will be perfectly understood by all native speakers. "Getting in touch" and "Reaching out" both mean to contact, but sound a bit more cordial then simply saying "Thank you for contacting me. " I often start emails with either of these phrases when replying to someone who initiated our communication. Saying "thank you so much" is extremely polite and it can make you sound very professional and educated. It will be very valued by the person who you are saying it to also. "I appreciate" is another way of saying that you show respect for somebody. You are happy and showing them respect for taking the time to contact you. "To get in touch" is a way of saying "to get in contact". You are not physically touching the person, it is a figure of speech.

次の

教授に英語でメールを書く方法 (画像あり)

教授 メール ご連絡ありがとうございます

要件を手短にまとめ、すぐ送信できるのがメールのメリット。 そのため、ビジネスの現場においてメールのやりとりをする機会は少なくないでしょう。 というより、いまやメールのやりとりを抜きにして仕事はできないとすら言えます。 しかし、相手や状況により 「こう書いておけば間違いない」というような「正解」を見出しにくいのも事実。 相手に納得してもらうためには、簡略化しただけの安易な内容では相手に気持ちも姿勢も伝えることはできないわけです。 だからこそ、正解を見出せないまま、「では、どう書くのが最適か」について模索している人は、決して少なくないのかもしれません。 そこでご紹介したいのが、『 迷わず書けるメール術』(神垣あゆみ著、フォレスト出版)。 7000人に読まれているメールマガジン「仕事美人のメール作法」を発行している著者が、ビジネスシーンに応じた文例と基本フレーズ、言い回しなどを紹介した書籍。 2009年に刊行された『メールは1分で返しなさい!』を改題し、大幅に加筆・再編集したものです。 ビジネスメールのやり取りではスピードが求められる反面、どのように書けばよいか、迷ったり悩んだりすることも多く、なかなかメールが書けないという声をよく耳にします。 そこで本書では、より早く必要な文例やフレーズにリーチしていただくために検索性を追求しました。 「感謝」「おわび」「依頼」など、テーマ別に状況に応じた文例と基本フレーズ、さらにそこから派生した言い回しを多数紹介しています。 (「まえがき」より) きょうは、II「ピッタリの表現が必ず見つかる! ビジネスメールの文例とフレーズ」のなかから、 「感謝の文例とフレーズ」を抜き出してみたいと思います。 感謝の文例とフレーズ 感謝の気持ちを伝えるメールは間をおかず、できるだけ早く送ることが大切。 メールの冒頭に感謝の気持ちを伝えるひとことがあると、相手に好印象を与えることができるといいます。 対応へのお礼 件名:先ほどはありがとうございました。 お世話になります。 メルイチ商事の鈴木です。 さっそく、詳しい資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 システム導入については前向きに検討しております。 社内で討議のうえ、改めてご連絡させてください。 引き続きよろしくお願いいたします。 このように、「なにが」「どのように」ありがたかったのかを明示すると、儀礼的な挨拶にならず、相手に感謝の気持ちが伝わるといいます。 (40ページより) 感謝の基本フレーズ ありがとうございます 例: ご返信いただき、ありがとうございます。 いうまでもなく、感謝の意を伝える最も基本的なフレーズ。 なお上記の場合、「ご返信」に代わる言葉として、「ご連絡」「ご確認」「ご対応」「お知らせ」なども。 その他の感謝のフレーズ 重ねてお礼申し上げます。 例: 早速のご返信、ありがとうございます。 早速資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 メール本文に「ありがとうございます」が繰り返し使われるときは、別の表現に言い換えて感謝の気持ちを表すと、よりスマートな印象に。 逆にいえば「ありがとうございます」を連発すればするほど、感謝の気持ちは薄れて伝わり、相手には儀礼的なイメージを与えてしまう可能性が生まれるわけです。 でも、「ありがとうございます」以外、たとえば「感謝いたしております」「ありがたく思っております」などのフレーズを用いると、感じよくまとまるといいます。 恐れ入ります 例: お忙しいところ、恐れ入ります。 相手がなんらかの配慮をしてくれたとき、「恐れ入ります」を使うと感じがいいもの。 ちなみにこれは、「恐縮です」と言い換えることも可能です。 なお訃報を知らせるメールへの返信の場合、「ありがとうございます」は避け、恐れ入りますを使います。 会長がお亡くなりになったとのこと。 わざわざお知らせいただきまして、恐れ入ります。 おかげさまで 例: ・おかげさまで、次のプロジェクトも順調に進んでいます。 ・これもひとえに、御社にご協力いただいたおかげです。 気にかけたり、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを凝縮した言葉。 (41ページより) 感謝のフレーズにプラス お気遣い 例: お気遣いいただき、ありがとうございます。 ささいなことでも相手の気遣いや配慮に気づいたなら、言葉にして伝えたいところ。 小さな積み重ねが心を通わせ、信頼関係を築く礎になっていくわけです。 お心遣い 例: いつもお心遣いいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 「お気遣い」に代わる言葉としては、「お心遣い」「ご配慮」も。 いずれも相手が気にかけてくれたり、自分の配慮を感じたりしたときにひとこと添えたいフレーズだといいます。 上記のNG例のような文章は堅苦しく儀礼的で、気持ちが伝わらないもの。 このような場合、「ご配慮」を使ってシンプルに言い換えるほうがすっきりするというわけです。 お取り計らい 例: 部長のお取り計らいに心から感謝いたします。 物事がうまく運ぶように適切な処置をすること。 「お気遣い」「お心遣い」「ご配慮」と言い換えることも。 恐縮する気持ちを伝える「すみません」よりも、感謝の気持ちを伝える「ありがとうございます」のほうが前向きで好印象を与えることに。 「どうも」はいろいろな場面で使える便利な言葉ですが、これだけでは、きちんとした感謝の気持ちは伝わらないわけです。 (43ページより) このように、すぐに役立てることができる実践的な1冊。 迷ったときに答えを見つけ出すことができるので、デスクサイドに置いておけば大活躍してくれるのではないかと思います。 Photo: 印南敦史.

次の