脂漏性皮膚炎 オロナイン。 オロナインで皮膚炎は治りません!皮膚炎に効く市販薬まとめ

乾燥肌による湿疹にオロナインを使う人が・・いずれ湿疹が悪化します!

脂漏性皮膚炎 オロナイン

このページでは、管理人の脂漏性皮膚炎がたったの7日間で治った治療・対策方法について解説するページです。 脂漏性皮膚炎は頭皮のかゆみやフケが増える病気で、症状が悪化してしまうと最終的に抜け毛が増える脱毛症状にもつながる怖い病気です。 今あなたが、もし脂漏性皮膚炎に対して何かしらの対策方法を取っているのにも関わらず、良くならないとしたら治療方法が間違っているから治らないんです。 シャンプーを変えてみたり、頭皮の保湿剤や化粧水などを塗ってみたりと間違ったスキンケア方法だとなかなか良くならない脂漏性皮膚炎を早く治すには、管理人が実践し脂漏性皮膚炎を治した方法が一番いいと言えます。 管理人も、過去に重度の脂漏性皮膚炎で悩んでいたのですが、たったの7日間で完治させた治療方法をお伝えします。 このページを読めば脂漏性皮膚炎の原因や治療の仕方などがしっかりと理解できるようになります。 この方法であれば、間違った方法で脂漏性皮膚炎の治療をかえって長引かせることもなくなります。 1、脂漏性皮膚炎の症状は? 脂漏性皮膚炎は、別名で脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)ともいい、脂漏性皮膚炎の症状は、脂漏部位と言われている皮脂が分泌しやすい部分に起きるのが特徴です。 脂漏性皮膚炎になると、頭皮の肌の生え際や眉、鼻の周り、耳の中などが、赤くなり痒くなります。 脂漏性皮膚炎の症状が進むと、大粒のフケや皮膚が頭皮から剥がれ落ちたかさぶたのようになることから、この症状を知ってさえいれば見分けるのは比較的簡単だと思います。 このような目に見えるわかりやすい脂漏性皮膚炎の症状がなくても、毎日お風呂で髪を洗っているのに痒かったり、フケがでたり、洗顔してるのに関わらず顔や小鼻の周りなどが皮脂による分泌物ですぐにべた付いて赤くなってしまうようだと注意が必要です。 脂漏性皮膚炎の症状がひどくなると脱毛にもつながることがあるのでひどくなる前に必ず治療をしましょう。 脂漏性皮膚炎を発症しやすいのが乳児(赤ちゃん)と、思春期(成人)、高齢の人です。 乳幼児は皮脂の分泌量が盛んなために発症するが、そのうち成長するにつれ皮脂分泌も適度な量になり自然に回復していきます。 以下で、脂漏性皮膚炎になるとどうなるのか、実際の脂漏性皮膚炎の症状の写真を紹介します。 2、脂漏性皮膚炎の写真 説明だけでは、本当に脂漏性皮膚炎かどうかがわからない人もいるかと思うので、管理人がかなり重度の脂漏性皮膚炎だったころのお肌の写真を載せますね。 かなり症状がひどくて、眉や耳の中、などいたるところで症状が出ていました。 さらに管理人は脂漏性皮膚炎の症状がかなりひどい上に、このフケや痒みの原因がわからずに、乱れた食生活や生活スタイルを変えなかったため、脱毛にまでつながりました。 もし、ここまで症状がひどくないとしても、赤みだったり、フケが出るなどこれに近い症状があれば、脂漏性皮膚炎の可能性が高いので注意が必要です。 自分が脂漏性皮膚炎なのかどうかわかったところで、以下で脂漏性皮膚炎の原因を解説していきます。 3、脂漏性皮膚炎が顔や頭皮に出る原因 脂漏性皮膚炎の原因は、大きく分けると下の4つになります。 ・食生活 ・ストレス ・睡眠不足 ・運動不足 食生活は、頭皮の皮脂の分泌につながる脂っぽい料理や甘いお菓子などが注意です。 お菓子は意外かと思われるかもしれませんが、糖分は体内に蓄えられると脂肪として溜まります。 食事での脂肪や摂取する糖分が多いと、皮脂から余分な脂肪分を分泌させるので、過剰な頭皮の皮脂につながるというわけです。 次にストレスは、ホルモンバランスを乱し頭皮の皮脂の増加につながります。 最後に睡眠不足は睡眠中の皮膚などの回復ができなくなり免疫力の低下を引き起こし、運動不足は体内に毒素を溜めこみます。 汗からは同然皮脂も分泌されるので、体内の余分な毒素は運動で排出していくのが理想です。 この4つにはてまる生活リズムが悪い人ほど、脂漏性皮膚炎になりやすい、なった場合症状が治りづらいと言えます。 以下に脂漏性皮膚炎の薬を使った治療方法について解説していきます。 4、顔と頭の脂漏性皮膚炎の治療薬は? 脂漏性皮膚炎の原因は日常生活のいろんなことが原因で起こると言われているので正確な原因はわからないと言われていますが、最近はっきりしたのが脂漏性皮膚炎の炎症が出るメカニズムです。 食生活やストレスなどで頭皮の皮脂の分泌バランスが乱れ、頭皮に皮脂が多く分泌する状態になると皮膚にもともと住み着いていて外敵から守る役割をしているマラセチア菌というカビ菌(真菌)が頭皮の皮脂をエサとし頭皮に刺激を与える物質を排出します。 これが頭皮を赤く痒くさせる原因だったんです。 つまり脂漏性皮膚炎が発症した原因はどうあれ、カビ菌さえ薬で押さえる治療法をしてしまえば、まずはフケやかゆみの症状は改善するというわけです。 まず先決なのが、頭皮のかゆみやフケの症状を抑えることでそのあとに、日常生活の生活改善によって原因をなくしていけばいいのです。 そこで、皮膚科の医師から処方してもらえる脂漏性皮膚炎の治療薬について解説します。 皮膚科では、抗真菌剤ケトコナゾール(ジェネリック医薬品:ニゾラール)に加えて、飲み薬でビタミンB2とB6が処方されることが多いです。 基本的には、ビタミンB2とB6は普通の食事をしていると不足することはないが、脂漏性皮膚炎の場合、ビタミン剤によって取り入れることで治りが早くなります。 また、脂漏性皮膚炎の炎症を抑えるためにステロイド外用剤を出す医者も多いようですが、ステロイドを使うのは管理人的におすすめしません! ステロイド外用剤は効果が強い薬なので、脂漏性皮膚炎のかゆみなどの症状がすぐ収まるが、ステロイドの使用をやめるとすぐに再発したり、症状がリバウンドしてしまうこともあるので使うのはやめましょう。 一度、ステロイド外用薬を使ってしまうとリバウンドのせいで、使用をやめるのが大変になります。 上にも書いた通り、脂漏性皮膚炎の原因は誰の頭皮にも元からいるカビ菌の数が増殖してしまっただけなので、抗真菌薬でカビ菌の数を抑えることで症状はよくなるんです。 なので、脂漏性皮膚炎の塗り薬は抗真菌剤のみで問題ないです。 まれに副作用がステロイドよりも少なくて安全だからと、プロトピック(良くアトピー性皮膚炎で使われる薬)を処方する医師もいるようです。 しかし、プロトピックも薬の力で皮膚の炎症を抑える効果があり、管理人的に薬の効果によって症状を抑える場合、少なからず副作用が出るはずですので、抗真菌外用剤のケトコナゾール以外、極力使わない方がいいと思っています。 早く改善させるために薬以外にも何か対策したいという人は、のような脂漏性皮膚炎用シャンプーの使用くらいにとどめておきましょう。 5、管理人が7日間で治すのに実践した方法 最後に管理人が試した脂漏性皮膚炎の完治までの方法をお伝えします。 薬 皮膚科で抗真菌剤ケトコナゾール(クリームは顔用でローションは頭皮用)とビタミンBとビタミンHを処方してもらい飲みました。 このビタミンBなどの飲み薬は頭皮の皮脂の分泌量を減らす効果があり、ビタミンと塗り薬の効果は抜群で次の日には、脂漏性皮膚炎のかゆみや赤みの症状はかなり収まってました。 食事 管理人はとにかく脂っこいラーメンやケーキなどの甘い食べ物が大好きだったので、これらを徹底的に控えました。 ただし、脂っこいラーメンやケーキなどの甘い食べ物を一切食べなくして逆にストレスを感じるくらいであれば、たまに食べるのならOKです! 運動 仕事が休みの日にはジムでランニングマシーンを使ったりと極力汗をかくように気を付けました。 もちろん、トレーニング後には、頭皮を清潔にするためにもシャワーをしっかり浴びます。 これらのトレーニングを7日間続けた後の管理人のおでこ、生え際、鼻の周りの脂漏性皮膚炎の状態がコチラ。 かなりきれいになりましたよね。 今では薬を使わずに、脂漏性皮膚炎の症状が出ることなく痒みとフケとはオサラバできました。 ただし、脂漏性皮膚炎は一般的に完治は難しいとされています。 なぜなら脂漏性皮膚炎の原因は1つではないし、今まで発症するまでに定着してきた生活習慣を変えることはなかなか難しいからです。 管理人も、また以前のような頭皮の皮脂のバランスが乱れるような食生活に戻れば発症することは十分ありうるわけです。 またシャンプーでの洗髪は、洗浄力の弱いアミノ酸系洗浄成分を使うのもオススメです。 下のリンクから管理人も使用していた、洗浄力が弱く頭皮のフケやかゆみなどの炎症を抑える殺菌成分も配合されているスキンケアシャンプーも参考にご覧ください。 6、脂漏性皮膚炎の頭皮には育毛剤もおすすめ 脂漏性皮膚炎によって頭皮にフケやかゆみが出て、場合によっては抜け毛まで発生してしまった人は、育毛剤を使うのもおすすめです。 「脂漏性皮膚炎を治したいけど、仕事も忙しくて病院に行くのが面倒くさい」 そんな人は育毛剤に含まれる頭皮の殺菌成分などが、頭皮の赤みや皮脂の分泌、痒みなどの炎症も抑えてくれるからです。 特におすすめしたいのは育毛剤はチャップアップです。 チャップアップに含まれるグリチルリチン酸ジカリウムには、頭皮の殺菌効果があります。 頭皮の皮脂が過剰分泌し酸化することでフケやかゆみなどの頭皮トラブルにつながりますが、グリチルリチン酸ジカリウムはこれを防いでくれる育毛成分なんです。 さらに、チャップアップには頭皮の痒みを防ぐジフェンヒドラミンHCIも配合されています。 ダイズエキス、ドクダミエキスなんかは頭皮の皮脂の過剰分泌も防いでくれます。 実際に管理人も、上の写真のように、頭皮が皮脂でべとつき赤くなり、フケやかゆみが出てきたときに育毛剤チャップアップを使うことで、4日後くらいには、頭皮が青白い健康な状態に変わり明らかに痒みも収まったので脂漏性皮膚炎にはかなり効果があるんです。 まとめ 脂漏性皮膚炎を放置していると、脱毛にもつながるので早めの治療が必要 脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌によるカビ菌の増殖が原因なので、薬でカビ菌を抑える治療がベスト 薬を使うのと同時にこれまでの生活スタイルを続けていると完治はありえない 食生活や運動、ストレスを溜めないように気を付ける 脂漏性皮膚炎関連ページ 脂漏性皮膚炎で前頭部の抜け毛が大変なことになってしまった管理人が病院へ行き脂漏性皮膚炎を治した体験談をお伝えします。 今すぐに脂漏性皮膚炎を改善したい人におすすめしたいシャンプー方法と選び方を紹介します。 この方法は実際に、管理人自身が体験した対処法なので自信をもっておすすめできる方法です。

次の

オロナインで皮膚炎は治りません!皮膚炎に効く市販薬まとめ

脂漏性皮膚炎 オロナイン

頭皮にリンデロン、顔にニゾラールをあきらめステロイド、また股間にもステロイド、ステロイド漬けの日々がしばらく続きました。 何度も言ってしまいますが、それでも僕の脂漏性皮膚炎はまったく治りませんでした。 僕以外にも 慢性化している人の書き込みを沢山みました。 本当にお察しします。 この間、皮膚科で「脂漏性皮膚炎ですね」と診断され、塗り薬をもらって帰ってきて、数日塗るだけで改善したので安心していました。 ところがここ数日、以前と同様の症状が出てきたので調べてみると、脂漏性皮膚炎というのが慢性化しやすいとあって、ちょっとショックを受けてます。 最初はフケ症になってしまったかと思ったのだが、洗っても洗っても頭が妙に脂っぽいし、痒いし、かさぶたみたいなの出来ちゃうし、気になって剥がすと膿みたいなの出るし、診察したら脂漏性皮膚炎だったという。 薬も貰ったけど治る予感がしない……。 — 荒井禎雄 oharan 毛穴に悩むひとが注意したいのが脂漏性皮膚炎です。 皮脂の分泌のバランスが崩れて、自分の皮脂で肌が荒れてしまうようなこと。 体質もありますが、季節の変わり目やストレスなどでも発症します。 一度発症すると慢性化しやすく敏感肌になってしまいます。 皮膚科で診てもらいましょう。 — すっぴん美肌備忘録 bihadatweet フルコートは強力に効きます。 がステロイドなので注意してください。 結果はどれも完治にはいたりません。 個人差はあるとは思いますが、軽度でかゆみをおさえるにはレスタミン。 かなり悪化した脂漏性皮膚炎にはフルコートfが個人的にはそのように使いわけていました。 でもいずれも完治はせず。 僕の脂漏性皮膚炎はあまりにも暴走してしまっていたのかもしれません。 このように僕は約6年間にわたり何とか脂漏性皮膚炎を治そうとやっけになっていましたがダメだったわけなんです。 最終的にはアロマをやってストレスを軽減したり、瞑想をしてストレスを軽減したり良く分からない方向へも進み始めました。 そして6年目この外側からのアプローチは対症療法に過ぎないことは頭よりも体が理解していました。 特にあのステロイドを使うと治るけど、やめると元通りになるあの違和感です。 外側からでは無理だ身体の内側に何かあるのではないのか。 ということです。 そしてこの3つの原因には1つの共通点が浮かび上がってきました。 体が酸性の体質になっている 僕たちの身体 血液 は 弱アルカリ性が標準です。 でもこれがストレスや食べ物の影響で酸性やアルカリ性にまるでシーソーのように変化していきます。 特に現代社会で問題でなりやすいのが 酸性体質なんです。 主な原因はストレスや肉食、甘いもの、たばこやお酒があげられます。 でも 酸性体質になると何がいけないのか?酸性体質のそれ自体も疲労や頭痛、不眠のタネになりますが、脂漏性皮膚炎で良くない理由がマラセチア菌の住まいである 毛穴が広がることなんです。 また身体の酸化はそのまま肌の刺激物になってきます。 汗をかくだけで汗疹 あせも ができたり、湿疹や皮膚炎ができたり皮膚疾患そのものにつながることがその理由です。 いずれにせよこの酸性体質というのがひとつの異常事態になります。 カロリーオーバー 次にカロリーオーバー。 植物も栄養をあげすぎるとカビが大量発生して枯れてしまう事を知っていましたでしょうか。 このことは人間にもあてはめることができるんです。 摂り過ぎた栄養から未消化物質は老廃物がうまれ血液をとおって 皮膚から排出されます。 この時には血液はドロドロ状態となり通常以上の 皮脂と毒素を皮膚から排出することなります。 お分かりのとおりこの後は常在菌マラセチアの環境も異常に良くなり増殖の一途とたどるという仕組みです。 まさに先ほどの 栄養を摂り過ぎた植物のように人間も同様にカビてくるわけなんです。 そして極めつけは最後の腸内環境です。 腸内環境の悪化 そして最後に 腸内環境の悪化。 これは上記の酸化とカロリーオーバーと密接につながっていますが、これらの結果からだには あるものが不足しはじめ体の器官は疲れてきます。 最終的には腸も疲れてきたて腸を守る腸壁 腸内フローラ が破壊されてしまいます。 そして腸の働き自体もにぶくなってきてしまいます。 腸壁が破壊されその働きが弱まることで、更に未消化物質や老廃物が血液に流れ込み毒素を皮膚に送ることになります。 中には未消化の油分 皮脂 も当然含まれます。 まとめると、• 老廃物や毒素が血液に流れる• 血液がドロドロになる• 免疫力も異常になりアレルギー体質になる• 肌から老廃物や毒素、皮脂が多く排出される• マラセチアが増加する• 脂漏性皮膚炎を発症するor慢性化する 腸は免疫機能をつかさどる器官です。 これがやられるとアレルギー体質といって自分の身体を必要以上に反応や攻撃をして、花粉症や喘息、皮膚炎に代表されるアレルギーにもなることも明らかな事実です。 これはもちろん僕が発見したわけでもなく医学的にも証明されたものです。 東洋医学では当たり前で基礎知識に分類されるものなんです。 腸と皮膚炎やアレルギーについては数えきれないほどの書籍が発売されています。 だからと言ってここでの結論は、 食生活を治そう!ストレスと軽減しよう!などといった実はとても実行が難しく、曖昧な答えではないので安心してください。 上記 3つの原因の 酸化、 カロリーオーバーによる血液の悪化、そして 腸壁の破壊に共通した原因、それが、• もちろん肉や動物性たんぱく質、糖質などをカットしてストレスがない生活を送れば酵素不足は解消されると思います。 でも本当にその生活の大きな切り替えが現代社会でできるでしょうか? 肉や魚、喫煙や飲酒、睡眠不足とストレスを改善し、アルカリ性食品の野菜やキノコ、海藻に切り替える。 飲み会では深酒や暴飲暴食をさけ清く正しくする。 僕は考えただけでも無理でした。 もはやその 生活習慣を正そうという発想自体が難しくなってきているんです。 でもそれは我々の 甘さが原因になっているとは言えないデータが次のとおり出ています。 現代社会の波に人間の体がついてきていない、そんなふうにとれるデータの一部です。 脂漏性皮膚炎に拍車をかける環境と社会 参考サイト: 一目瞭然ですが、皮膚炎、花粉症、喘息などのアレルギーは加速度的に急速に増えていっているんです。 ここでは日本人の食事のグラフと重ねてみます。 (参考サイト: 食事の変化もそうですが、さきほどの社会の変化によるストレスの増加も大きく関係しているはずです。 いずれもこの環境では酵素不足により体の器官が疲弊しているという事ができるわけです 繰り返しになりますがこれらに共通していることは 酵素不足に全て集約できます。 そしてこれは我々のせいとは言えずそのような環境と社会の中に僕たちが生きていることが最大の要因とも言えるわけなんです。 ではこの酵素不足に打つ手はないのか?それが事項になります。 3つの原因をまとめて改善する1つの救世主 先ほどのとおり仮に酵素を補えたら3つの原因が解決するとあげました。

次の

女性必見!脂漏性皮膚炎の治療法

脂漏性皮膚炎 オロナイン

オロナインよりも皮膚炎に有効な薬とは まず、皮膚炎とはどのような状況かというと、 皮膚が外の物質に触れることによって生じる皮膚の炎症です。 例えば、植物、金属のアクセサリー、靴の素材などが炎症の原因になることもあります。 オロナインの有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩」という、殺菌作用がある成分で、マウスウォッシュにも配合されているものがあり、医療でも広く使われている成分なのですが、皮膚が炎症を起こしている場合には、炎症を抑える必要があるため、殺菌だけでは不十分ということになります。 炎症を抑えるには抗炎症作用がある薬品を使わないことには、かゆみやただれを治療することができないというのがポイントです。 抗炎症作用がある市販薬 まず、市販薬でも抗炎症作用を持っている薬にはステロイドが含まれており、 逆に炎症を抑えるとなるとステロイドを除外するのは、非常に難しいことになります。 皮膚炎の炎症を抑えるのに、ステロイドは非常に効果的なのですが、他の免疫細胞まで働かなくしてしまうので、長期間の使用は避けて、効果が出ないようなら皮膚科を受診しましょう。 また、市販薬を選ぶ際には、第2類医薬品と第3類医薬品の違いも理解しておく必要があります。 ・ 第2類医薬品 副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。 またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。 第 2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。 専門家からの情報提供は努力義務となっています。 ・ 第3類医薬品 副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。 引用元・ 第2類医薬品または指定第2類医薬品と書かれているものは、副作用が出るリスクが第3類医薬品よりも高いことを覚えておきましょう。 (指定第2類医薬品は特に注意が必要です) オイラックスデキサS軟膏 出典: こちらは指定第2類医薬品に分類されているので市販薬の中では効果が強いものとなります。 「デキサメタゾン酢酸エステル」というステロイドが入っており、ステロイドの強さを表す5段階評価では、一番下のweak(弱い)に分類されているものです。 特徴としましては、抗炎症作用と殺菌作用の両方があり、湿っている皮膚炎にも乾燥している皮膚炎にも利用することができます。 エンクロン軟膏EX 出典: こちらは第2類医薬品なので、医薬品の分類の中ではオイラックスよりも1つ下のランク(リスクが低い)となります。 ただ、「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」というステロイドが入っており、 ステロイドの強さを表す5段階評価では3番目に強いstrong(強力)に分類されているので、効果は高いでしょう。 その他にも、クロタミトンというかゆみを抑える成分が入っているのと、無香料で無着色なので添加物による害が少ない軟膏です。 レスタミンコーワパウダークリーム 出典: スポンサーリンク 第3類医薬品なので、上の2つよりもリスクが低いですが、即効性ではやや負けます。 また、ステロイドが入っていないので、安心して使うことができる点でポイントが高いです。 しかし、 配合されている「グリチルレチン酸」という成分はステロイドほどではありませんが強力なので、ステロイドが入っていないからといって、塗りすぎには注意してください。 ステロイドの表記はかなり曖昧 上の「レスタミンコーワ」にはステロイドは入っていませんが、例えノンステロイドと記載されていても、少量のステロイドが入っていることがあるので、購入する前には良く確認する必要があります。 また、表記の仕方も統一されていないため、1つのステロイド成分にいくつもの呼び名があるというのも珍しくありませんから、市販薬を使う際には薬剤師さんの説明をよく聞いて選ぶと安全でしょう。 市販の外用薬を使用して皮膚に異常が出た際には、皮膚科に全成分が分かるもの(箱や説明書)を持っていくと診察がスムーズにいきます。 オロナインで皮膚炎が治らない理由と軟膏について オロナインの有効成分である「クロルヘキシジングルコン酸塩液」には、殺菌作用がありますが炎症を抑える抗炎症作用がないため、皮膚炎を治すことはできません。 オロナインの公式サイトにも、 次の部位には使用しないでください。 湿疹(ただれ、かぶれ) 2. 化粧下 3. 虫さされ 引用元・ と書かれており、皮膚炎で炎症が起きているとただれてきますから、使用はすすめられていないですね。 オロナインが皮膚炎の治療に効果的ではないのと同様に、ワセリンも抗炎症作用がありませんから、単体では皮膚炎を治すことはできません。 軟膏(なんこう)とクリームの違い 市販されている外用薬には、主に軟膏(なんこう)とクリームと書かれているものがあり、選ぶ際に迷うことがあると思います。 オロナインの正式名称は「オロナインH軟膏」なので軟膏ですね。 しかし、この2つには明確な違いがあるので、覚えておくと自分にあった商品を選ぶのに役立つでしょう。 軟膏とクリームの違いは、このように定義されています。 軟膏とクリームの違いはクリームには水が含まれていて、油ときれいに混ざっていることです。 軟膏には水が含まれていません。 クリームが軟膏に比べて塗りやすく、べたつかないのも水が含まれているからです。 〈中略〉 クリームも軟膏に比べ吸収されやくなっています。 そのため、クリームの方が早く効果が出ますが、軟膏に比べ汗で流れやすい欠点もあります。 〈中略〉 薬の名前に『~軟膏』と書いてあっても、クリームであることもあります。 引用元・ ポイントとなるのは、軟膏よりもクリームが吸収されやすいということ、クリームはベタつきがないので塗りやすい、さらに、軟膏という名称で売られていても実際にはクリームである可能性があるということです。 もし、同じ製品名で軟膏とクリームがある場合は、塗りやすさを重視するならクリームの方がベタつかないのでいいですが、軟膏の方が汗によって落ちにくいため、塗る部分や時期によって使い分けるといいでしょう。 ステロイドを使う際の注意点 ステロイドは炎症とともに、免疫細胞の働きそのものを止めてしまうので、長期間の使用は厳禁です。 市販の外用薬の説明書にも書かれていると思いますが、ステロイド剤を長期間使用すると副作用が出る可能性があります。 ステロイド剤を含んだ外用剤の長期連用の目安は約2週間です。 漫然と長期連用すると副作用があらわれるおそれがありますので、症状がよくなった場合は使用を中止し、症状がよくならない場合は皮膚科を受診するようにしてください。 一般にステロイド成分は強力な抗炎症作用をもっていますので、通常数日から2週間程度で効果があらわれます。 引用元・ ポイントなるのは、症状が良くなったら使用を中止するということですね。 免疫細胞の働きを抑制している期間が長ければ長いほど、他の細菌に感染するリスクが高まるので、使いっぱなしはよくないのです。 ステロイドを使い続けると効果が半減する ステロイドも塗り続けていると、肌に耐性ができてしまい効きづらくなってしまうことがあります。 これは、 使い続けているうちに体に抵抗力がついてしまい、効果が半減するということで、ステロイドも肌にとっては異物ですから、ウイルスと同じように体が防御体制に入ってしまうと、浸透するのをガードしてしまうので、効きにくくなるのです 人間には意識することなく、身の回りの環境に適応しようとする環境適応能力があるので、ステロイドに限らず薬品を常用していると、皮膚に塗っている状態に慣れようとしてしまい、本来の効果を下げるだけではなく、皮膚そのものの免疫細胞が正常に働かなくなるので注意が必要となります。 オロナインのようなステロイドを含まない軟膏であっても、何も症状がないのに塗り続けると、肌の免疫力を下げてしまうので注意が必要です。 市販されているステロイドが入った外用薬を使用する場合は、長期間の利用は避けて、効果が出ないようなら皮膚科を受診しましょう。 参考: カテゴリー•

次の