冷 感 マスク ユニクロ。 ユニクロ AIRism(エアリズム)など冷感インナーを効果と着心地で徹底比較!

夏用マスクの手作りにユニクロのエアリズムを生地で使用するのが話題!皆の使用感や口コミ感想まとめ

冷 感 マスク ユニクロ

5月1日に良品計画からがありましたが、同日に無印良品の公式サイトを見たところ、ひっそりと布マスクの販売がスタートしていました。 先日の日曜にそのマスクが届いたので、そんな無印の布マスクとAmazonの無印ストアについて書いてみました。 追記:無印良品から夏用の布マスクが発売されるようです。 6月中に3回に分けて「サッカー織り」「ムラ糸天竺編み」「鹿の子編み」の3種類。 無印良品「繰り返し 使える 2枚組・三層マスク」 まずは無印良品の布マスク(「繰り返し 使える 2枚組・三層マスク」)について。 2枚組で価格は999円と、現在の布マスク相場と比べても比較的良心的な価格です。 2個、4個セットもあるので、家族の分も含めて必要な数を購入できるようになっています(購入はいずれか1人1点まで)。 ちなみに元々無印良品では不織布マスクの取扱がありますが、現在は当然のように(?)品切れ状態です。 原材料の調達や生産数と国内需要の兼ね合いなどから、今回(洗って繰り返し使える)布マスクの販売に舵を切ったのかもしれませんね。 我が家は夫婦で1セットずつ使う予定なので、2個セットを購入しました。 素材は綿100%ですが、フィルター部はポリプロピレンとのことなので、三層の中間部がフィルターになっているのかな? 製造は中国で、現在のコロナ騒動の中これだけの生産量を確保できたのは、現地に衣料品の生産拠点を持つ良品計画ならではでしょうか。 布マスクなので微細な粒子のフィルター効果は不織布マスクに比べて低いものの、飛沫対策にはなりますし、そろそろ花粉症も落ち着いてくる季節なので、丁度いいタイミングで助かりました。 洗って繰り返し使うことを想定した布マスクで、 使用回数は約30回とのこと。 これは抗菌防臭加工の効果が持続する目安かもしれませんね。 耐久性は洗い方次第でもう少しありそう……? 布マスクの洗濯方法については、公式サイトの商品ページで詳しく説明されています(洗面器等で漬け洗い&押し洗い)。 せめてAmazon内の無印良品トップ(さらに無印トップからの検索結果)には、公式出品の商品にしかリンクが貼られてないのが好ましいのですが(スタート当初から徐々に改善されているものの)、現状はまだ転売品が一部入り込んでしまっているようです……。 このページから探せる商品にも転売品が紛れ込んでいます 転売品を見分ける方法ですが、各商品ページの右側の価格表示の下を見て、出品業者を確認しま。 何かしらのマーケットプレイス業者の名前が表示されているものは転売品、 「この商品は、Amazon. jp が販売、発送します。 」となっているものが公式の商品。 公式サイトだと250円で売ってる補充用ぬか床が990円! 赤枠の出品者を確認しよう また、 やたらとレビューが入っている商品は今回の取扱前から、転売品が多く売られていた目安にもなります(今後、公式品にもレビューが付くので判断基準になるのは今だけ)。 その他、Amazonの商品価格推移をチェックするブラウザ機能拡張のを使って5月1日の取扱スタートから価格変動がないことなども目安になります。 レビューが既に57件もあるこの化粧水は転売品(公式サイトでは980円のもの) あとはやはり 少々面倒でもで定価を確認するのもいいでしょう。 現在Amazonで取扱がスタートしている無印の商品は、価格変動の少ない定番品が中心ですが、公式サイトのストアの場合 季節商品が割引価格になったり、無印良品週間には10%OFFで購入できるなどの特典もあるので、うまくAmazonと使い分けるといいでしょう。 ちなみに公式ネットストアの場合、5000円以上の購入で送料無料になります。 それにしても無印良品に限らず、IKEA、ニトリ、KALDI、コストコ(カークランド)などの転売商品がAmazonで普通に売られている状況……。 実店舗に行けないエリアの人などに需要があるのかもしれませんが、検索結果を分けるなり、表示させなくできるとか、何かしらの対策をして欲しいものです。 最近はマーケットプレイス商品もプライム対応していたりするとうっかり見落とすこともありますし、もっと安心してユーザーが買物ができるプラットフォームであって欲しいものです。 * * 丁度シーツと布団カバーが欲しかったので、せっかくなのでAmazonで買ってみようかと思ったら、になっていたので見送りました(笑).

次の

【冷感マスク】冷た~い手作りエアリズムマスクの作り方動画ご紹介!クールタオルでも代用可能!?

冷 感 マスク ユニクロ

楽天で購入 エアリズムマスク 言わずと知れたユニクロのエアリズムを使ったマスクも開発されています! マスク紐もエアリズムで作るレシピです!伸縮性ありますからね!! もともとインナーなので当然洗って使いまわしができますし、本来の用途から外れているとはいえ1流メーカーが作ったものですから品質もOKでしょう!! 実際に作ってみた人も多いようですね! 表布より裏布にしたエアリズム生地の上下を少し小さく縫ってみました。 呼吸しても弛まなくていい! 私には呼吸も苦しくないです。 ワイヤーも入れませんでした。 レース使いのマスクを作ったけれど見た目に反して暑い。 次はツイで見たどなたかのアイデアを真似て肌に当たる裏地にエアリズム 昨年のを解体 を使用したらひんやりいい感じ。 エアリズムマスクを製造してくれ。 もう暑い。 100均のリメイクシート貼れば存在感も消せるよ。 冷えピタマスクみたいな商品出るかもなぁ、めっちゃ冷たいマスク。 次は布の夏マスクが欲しいな。

次の

【2019年夏】冷感クールインナーを徹底比較!ユニクロ エアリズム・GU・イオン・無印など

冷 感 マスク ユニクロ

2013年に登場したユニクロの「エアリズム」が、汗の乾きが早く涼感をもたらしてくれる肌着として大ブレイク! 以来、シャツやTシャツの下にインナーTシャツを着ることが「夏の身だしなみ」になりつつあります。 現在では多様なブランドから同系統のアイテムが発売され、品質もどんどん改良されています。 そこで今回は、 ユニクロ、無印良品、ニトリ、しまむら、スーツのAOKIから6製品をセレクト(ワイシャツの下に着ることを想定してVネックを選定)。 専門機関に依頼し、インナーTシャツの快適さを検証しました。 テスト項目は次の3つです。 数値が高いほど速乾性があります。 数値が高いほど通気性が良いことを示します。 数値が高いほど冷たさを感じます。 6 10分経過時:30. 2 20分経過時:61. 1 30分経過時:88. 5 40分経過時:98. 5 50分経過時:98. 9 60分経過時:99. 169 大本命ユニクロ「エアリズム」を超える数値を叩き出したのは「しまむら」でした! 「吸水速乾」を大々的にうたうだけあって、蒸散性、通気性は抜群のスコア。 特に 通気性は他5製品を圧倒しています。 もっとも肌感覚に近いインナーであることがわかります。 反面、接触冷感は最も低い数値になっています。 冷やっとする感覚よりスースーする感覚を重視したインナーTシャツです。 1 10分経過時:27. 7 20分経過時:55. 4 30分経過時:83. 1 40分経過時:97. 6 50分経過時:98. 4 60分経過時:99. 268 ユニクロの「エアリズム シームレスVネックT(半袖)」も素晴らしいインナーTシャツでした。 つるつるした素材感で接触冷感が高く、蒸散性は60分後にしまむらを上回る数値を記録。 ただ、通気性も好結果なのですが、いかんせん、しまむらと差がつきました。 また、しまむらのシャツ(2枚組980円)なら3枚買える価格も考慮に入れ、今回は次点評価としております。 ただ、接触冷感のスコアがNO. 1であること、ネック部分がシームレスになったデザインなど「しまむら」とは異なる利点があることも事実です。 今回のテストでは、 価格も含めた総合的見地からは「しまむら」、冷感とデザイン重視なら「ユニクロ」のエアリズム(シームレス)という構図となりました。 エアリズムと異なるベクトルをもった「しまむら」がどういった進化を遂げるのか、エアリズムがこれをどうとらえるのか、今後が非常に楽しみです。 他製品と比較すると、この2製品が突出していたことがわかる 総合評価がこちらです。

次の