いなば キッズ クリニック。 医療法人社団いなばキッズクリニック

東京都荒川区南千住の小児科|いなばキッズクリニック

いなば キッズ クリニック

くすりがなかなか止められません。 このまま飲み続けて大丈夫なのでしょうか?[click]• 保育園・幼稚園児がかぜを反復してひくことがあり、かぜぐすりを 飲み続ける結果となってしまうかもしれません。 また、喘息やアトピー性皮膚炎などの慢性の病気があるため、調子の如何に関わらず継続的にくすりを飲まざるを得ないこともあります。 くすりを飲み続けたことによって、重大な内臓障害を負ったという経験はありませんが、原則は必要最小限のくすりを、必要な期間だけということだと思います。 その判断は医者でも難しいものですが、不安をかかえながらくすりを 飲み続けることは好ましくないので、まずは医者とくすりの必要性に ついてよく話し合いましょう。 そこで十分納得したうえで使用を続けた方がいいでしょう。 かぜなどの急性疾患はくすりがなくても通常自然治癒することを考慮するべきです。 ただし、抗生物質に関しては、中途半端な服用は耐性菌を出現させますので、服用期間については注意が必要です。 平成8年、「呼吸音のデジタル解析」をテーマとしてカナダに留学。 平成16年、「BCGとアトピーの関係」に関する論文で医学博士号を取得。 <<当院のその他特徴>> 診察室は3部屋あります。 第1診察室には、院長のわたしがいます。 第2診察室には、同じ大学の後輩でやはり小児科医の妻がいます。 第3診察室は、はしかやみずぼうそうなどの小児伝染病を診察するためにつくりました。 待合室での感染拡大を防ぐ目的です。 また、待合室には強力な空気清浄機を設置し、院内でのかぜウィルスの飛散防止に努めています。 当院の特色.

次の

いなばキッズクリニック(東京都荒川区)|小児科探し

いなば キッズ クリニック

「匿名希望」 さんのレポート 投稿日:2010年2月13日(Sat) 先生やスタッフの方の対応 先生も、看護士さんも、とても親切丁寧です。 子供の多い地域なので、混んでいて忙しくされているのですが、 どんなに小さいことでも、いやな顔せず、診てくれました。 事前に看護士さんがちゃんと状況を聞いてくれて、 それが診察前に先生に伝わっているので、そこから詳しく説明するという形で、話も早く、先生の話もわかりやすいです。 待っ… この病院の良いところ、オススメポイント 待合室の奥に、小さいプレイルームもあり、お子さんがよく遊んでいます。 待合室も綺麗で、診察室もとても綺麗です。 ここのよさは、やはり先生はじめ、スタッフの方が親切、丁寧なところです。 子供が多い地域で、いつも混んでいるので結構待ちますが、それも一人一人に時間を掛けてくれてるからだと思います。 うちは、かかりつけの小児科… 「ひよこ111」 さんのレポート 投稿日:2008年10月23日(Thu) 先生やスタッフの方の対応 2ヶ月で風邪をひいた時の治療後などに泣いて、だっこしても収まらない時、受付の方に言えば、空いている診察室を貸切にしてくれ、授乳ができます。 診察が終わった後のご褒美の無料お菓子もうれしいサービスです。 病院の雰囲気も明るくて綺麗で怖い印象がありません。 受付の方や女の先生も感じがよく、向かいにある薬屋も感じがよく綺麗で… この病院の良いところ、オススメポイント 感じがよく不愉快になったことがありません。 病院は綺麗だし、感じがよいし、店内にかかっている オルゴールの音楽も和ませてくれます 授乳とおむつ交換も場所がありスムーズにできるので安心して行けます。

次の

【ドクターマップ】いなばキッズクリニック(荒川区南千住)

いなば キッズ クリニック

くすりがなかなか止められません。 このまま飲み続けて大丈夫なのでしょうか?[click]• 保育園・幼稚園児がかぜを反復してひくことがあり、かぜぐすりを 飲み続ける結果となってしまうかもしれません。 また、喘息やアトピー性皮膚炎などの慢性の病気があるため、調子の如何に関わらず継続的にくすりを飲まざるを得ないこともあります。 くすりを飲み続けたことによって、重大な内臓障害を負ったという経験はありませんが、原則は必要最小限のくすりを、必要な期間だけということだと思います。 その判断は医者でも難しいものですが、不安をかかえながらくすりを 飲み続けることは好ましくないので、まずは医者とくすりの必要性に ついてよく話し合いましょう。 そこで十分納得したうえで使用を続けた方がいいでしょう。 かぜなどの急性疾患はくすりがなくても通常自然治癒することを考慮するべきです。 ただし、抗生物質に関しては、中途半端な服用は耐性菌を出現させますので、服用期間については注意が必要です。 平成8年、「呼吸音のデジタル解析」をテーマとしてカナダに留学。 平成16年、「BCGとアトピーの関係」に関する論文で医学博士号を取得。 <<当院のその他特徴>> 診察室は3部屋あります。 第1診察室には、院長のわたしがいます。 第2診察室には、同じ大学の後輩でやはり小児科医の妻がいます。 第3診察室は、はしかやみずぼうそうなどの小児伝染病を診察するためにつくりました。 待合室での感染拡大を防ぐ目的です。 また、待合室には強力な空気清浄機を設置し、院内でのかぜウィルスの飛散防止に努めています。 当院の特色.

次の