パチンコ 台 選び方。 夕方7時,夜8時のパチンコで勝つコツ!まだそんな台選びやってるの?

スロットで勝てる台の選び方!台選びで勝率は80%決まる!

パチンコ 台 選び方

勝てる台選びは回る台選び 回転率の高いパチンコ台を探す パチンコは玉をヘソに入れて抽選し、当たりを狙う遊戯ですが、もちろん意図的に狙うことはできません。 しかし、 台によって抽選を受けやすい台と受けにくい台があります。 それは 回転率によって変わってきます。 例えば、下のような初当たり確率1/200の台があった場合、 A:1,000円10回転 B:1,000円20回転 Aの場合は、初当たり確率分回すまでに2万円かかりますが、Bの場合は、初当たり確率分回すまでに1万円で済みます。 確率は収束するべきものなので、初当たりまでの投資をいかに少なくできるか?が、パチンコで勝つためにまず1番に大切な考え方になります。 つまり、 勝てる台を選ぶためには回る台を探して打つ!ということが大事ということです。 回転率の高いパチンコ台の選び方 回転率のことは分かったけど、 じゃあどうやって台を選べば良いの?という疑問が次に湧いてくると思います。 これは、こうすれば選べるよ!という確実なものはないのですが、1つの目安としてお店のメイン機種を狙うというのが一番良いかと思います。 次で詳しく説明していきます。 メイン機種から回転率の高いパチンコ台を選ぶ メイン機種とは、その お店で一番力を入れている台と思っておけば大丈夫です。 力を入れているかの指標に、まずひとつは「導入台数の多い台」が上げられます。 導入が多い台はそれだけ人気がある台で(ちょっと前だと牙狼、北斗、慶次とか)集客のためにお店も大量導入し、甘めに扱うことが多い傾向があります。 また、例えば秋葉原の場合はアニメ系やAKBに力を入れていたり、やたら海の稼働が高い店などもありますので、各店舗の特徴をある程度把握しておくことが重要です。 こういったメイン機種を狙っていけば、適当に台を選ぶよりも、より勝てる台を掴みやすく立ち回れます。 逆に甘デジやバラエティ機種などは回収のターゲットになることが、僕の体感上多いので、優先度は下げた方が良いかもです。 勝率の高いパチンコ台を選ぶ! いくら回る台を打ったとしても、もしかしたらその台から見たら実はそんなに回らない台だった、、、ということもあります。 どういうこと?ってなってしまうかもしれないので、ボーダーがわからない方は合わせてこちらの記事もチェックしてみてください。 ボーダーに対して回る台を選ぶことが大切です。 最近ですと、牙狼翔で1000円20回転の台にウマミはありませんが、ハーデス(アドベント)で1,000円20回転の台があったら、もう1日の予定を全キャンセルしたろかなって思う位ですよね。 いくらで何回転だった!よりも、ボーダーより何回転多く回った!という台の方が勝率が高いので、そういった台を探すようにしましょう。 僕的にはボーダー+2回転くらいが判断ラインになりますかね。 まとめ ポイントをまとめておくと、 ・パチンコで勝つためには回る台を選ぶ! ・回る台を選ぶためには店の傾向を知る! ・回る台の判断基準はボーダー! ・ボーダー+2回の台を探す! という流れになります。 今回は台選びの簡単な部分をまとめてみましたが、さらに台のスペックから判断したり、時間から判断したりなど、パチンコは非常に奥が深く楽しいものです。 勝つ楽しさや、勝つために考える楽しさを楽しみつつ、勝率の高い台や勝てる台を選べるようにぜひ色々考えて実践してみてください! また、勝てる台選びには勝てる店を選ぶことや、スペックが良い勝率の高い勝てるパチンコ台を選ぶ必要があります。

次の

パチンコ台の選び方を教えて下さい。

パチンコ 台 選び方

パチンコを打っていると「良くいつも当たっている台がある」など思ってしまいます。 しかし本当にこのような台ってあるのでしょうか?また当たりやすい回転数など存在するのでしょうか? このような疑問を解消できるような情報をまとめてみましたので、ご覧ください。 パチンコで当たりやすい台というのは、おそらく大きく3つに分かれます。 当たりやすい確率の台 2. 台が好調で当たりやすい 3. 遠隔操作 まずはこの3つについてお話します。 パチンコの当たりやすい台について 当たりやすい確率の台 当たりやすい確率の台というのは俗にいう「甘デジ」とか「羽根物」などと呼ばれている台です。 これは元々大当たりをしても、出玉が少ないので当たりやすくなっています。 ですので確率の良さが理由で大当たりが良く来る、と思って頂けたらと思います。 台が好調で当たりやすい 台が好調で当たりやすいというのは、これは俗にいうオカルト(あり得ないこと)で、全く根拠はありません。 しかしパチンコというのは「完全確率の遊戯機」となっており、一回転ごとに台ごとの確率で抽選しているため、何回転回せば必ずあたるという根拠は全くないデマであるといえます。 もっと簡単に説明すると、例えば大きな箱の中に100個の玉があるとしましょう。 99個が白い玉でそのうち1個が赤い玉で大当たり。 目を閉じて箱に手を入れて1個玉を取り出します。 もし取り出した玉が赤い玉だったら大当たり。 白い玉だったらハズレ、という感じです。 このような抽選方法になっているので、台による大当たりの偏りはありえません。 「あの台はいつも出ているけど、こっちの台は全然出てない!」と反論する人もおりますが、それは一日、短時間のごく短い間しか見ていないからこそ出てくる意見です。 長期スパン、または全国で稼働している一機種の平均差玉数、平均大当たり数を計算していけば、おのずとメーカーの公表どおりにたどり着きます。 また全国の出玉などをチェックするのなら、サイトセブンというサイトがいいでしょう。 こちらは優良ホールを選ぶのに最適なサイト。 パチンコで大当たりが多いホールなど一発で分かるのです。 かなりおすすめです。 ようは、長いスパンで物事を見るのが重要です。 1日単位で確率は収束しないです。 なので良く当たる台・よく当たる回転数があるといった話は、デマである確率が高いです。 ってことは狙い目の回転数とかは? 毎回抽選をしている、ということは基本「当たりやすい回転数などない」ということになります。 良く「500回転だからそろそろ当たる」とか「この台は250回転付近が狙い目なんだよ」などという話はオカルト論となります。 100回ハマリすることもあれば、1000回転ハマることだってある。 時短で何度も引き戻すこともあります。 ただ、試行回数(回せば回すほど)が多ければ、当たりやすくなる、というのは確率論からしても当たっています。 100回転回すよりも、1000回転回した方が当たりやすいですよね?多く回せば回すほど大当たりする可能性も高くなりますが、当たりやすい回転数というのはありません。 いつ当たるか分からないのです。 遠隔操作 遠隔操作についてはごく一部の店舗で行われている可能性もありますが、遠隔操作をしているお店というのはほとんどないでしょう。 もし遠隔操作をしていると気になるのでしたら、そのホールは行かないことをお勧めします。 しかし当たりやすい台ってあると思う! 上で書いたようなことは、どうしても長期スパンでの話になりますので、1日だけではどうしても「当たりやすい台って絶対にある!」「当たりやすい回転数というのはあるだろう」と思ってしまいます。 またたまに確率論を超えて、あり得ないほど連チャンしている台や、初当たりが異常に軽い台があります。 こんな様子を見ていたら、「完全確率なんて嘘だ! 絶対に仕掛けがあるに違いない!」と思ってしまう人も少なからずいるでしょう。 また上で紹介したことばかりすれば、気軽に打つということも出来ないですし、面白くない!という人もいるでしょう。 ですのでパチンコを少しでも楽しみたい!と思っているのであれば、オカルトを信じてもいいと思います。 やはり楽しく打つというのは一番いいですよね。 もし狙い目の回転数など自分で決めたい!というのであれば、一度ご自身で台の研究をしてもいいと思います。 しかし台を買って研究となるとお金もかかりますよね。 そんな時は、先ほども書きましたが「サイトセブン」が役立つのです。 この「サイトセブン」というサイトは、大当たり履歴が掲載されています。 いつ何時に何回転で大当たりしたか、ということですね。 その大当たり履歴をチェックして、自分なりの当たりやすい回転数というのは見つけても面白いでしょう。 ただ自己責任ですので、オカルトばかりすると負ける可能性も高くなりますので、打つ場合はほどほどにしておきましょう。 ちなみに私が聞いたことのあるオカルトとしては、「角台は連チャンする」「ハマっている台はとりあえず当たる」「時短後すぐ(およそ100回転前後)で捨てられている台はあたりやすい」などがあります。 どちらにもやはり根拠はありませんが、参考に立ちまわってみるのも面白いと思います。 またこれら以外では今後パチンコにも設定が導入されるという噂があります。 そうなると設定により「当たりやすい台」というのは出てくる可能性がありますね。 当たりやすい台の選び方(勝ちやすくする打ち方) それでは、ココでは当たりやすい台の選び方というとおかしいですが、出来るだけ当たりやすくする、勝ちやすくする為の理論についてお話しします。 ボーダー理論を徹底する やはりこのボーダー理論に基づいて打つ、というのが何より一番重要となります。 ボーダーラインという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。 ボーダーラインというのはプラスマイナス0の回転数(損益分岐点)という意味です。 もちろんこの「ボーダーライン」は機種によって異なりますので、全ての機種が同じボーダーラインということはありえません。 当然ですが打つ場合はこのボーダーラインを超えた台を打つことが理想です。 例えばボーダー1000円あたり20回転の台があったとしましょう。 単純に考えると、1000円で20回転の台はプラスマイナス0となり、打つ価値は低いです。 好きな機種・遊ぶ程度ですと打ってもいいかな、というレベル。 もし「勝つこと」を考えると、やはりプラス3回転ぐらいは欲しいところ。 1000円あたり常に23回転ぐらいですと打ってもいいレベルになります。 ただ、パチンコというのはかなりシビアで、他にもいろいろな要素が絡みます。 例えば出玉を削っている釘調整の場合(大当たり時・確率変動中)のケースですと、プラス3回転では物足りない場合もあります。 このような時はプラス4回転以上は欲しいですね。 この辺りの詳しい情報は攻略サイト・雑誌などでも良く載っているので詳しく調べてみるといいでしょう。 お勧めは「パチマガのWEB版」ですね。 スマホでパチンコ台のボーダーや各種データなどが閲覧できるので役立ちます。 確率の甘い台を選ぶ 時間がない場合は確率の悪い台(フルスペックなど)を選ぶのではなく、出来るだけ確率の良い台(デジハネなど)を打つといいでしょう。 確率というのはなかなか収束しません。 短時間勝負となると期待値も低いですし、出来るだけ大当たり確率がいい台を打つのもアリです。 もちろんこのようなデジハネなどを打つ場合でも、ボーダーを超えた台を打つのが基本ですが、現在のホール状況からして、デジハネなどでボーダー以上回るような台ってほとんどありません。 まとめ 色々と書きましたがパチンコを楽しむなら、どのような打ち方でも基本いいと思います。 オカルトが好きという方はオカルトを信じてもいいでしょうし、確率論を信じて打ってもいいと思います。 ただ「常に勝ちたい」という意識ならば、オカルト論は捨てて確率論に切り替えるといいでしょう。 オカルト論で勝っている人も稀に聞きますが、そんな方は本当少数派です。 パチンコに何を求めているかにもよります。 楽しさを求めているか、お小遣い稼ぎなど稼ぐことを求めているか。 その時に考え方によって打ち方を変えるのもいいでしょう。 パチンコはギャンブルである前に遊戯機です。 自分なりの面白さを見つけることが、健全な遊びなのではないでしょうか。

次の

パチンコで当たりやすい台の選び方は?また狙い目の回転数とかある?

パチンコ 台 選び方

しかしそううまくいくはずもなく、 撃沈している人も少なからずだと思います>< パチンコで勝つためには、 やはり勝てる可能性を上げる行動を意識し、 それを実行することがネックになります。 しっかりと台選びし立ち回りさえすれば、 勝つ可能性はかなりアップしていきます。 その勝てる可能性を上げる一つが・・・。 夕方からの台選び&立ち回りによる勝負! 私も基本としていますが、 夕方からしっかりと立ち回り、 確実に台選びすることを意識し実行すれば、 おのずと勝率は上がってきます。 (私個人の考え方ですが・・・) どうして夕方からの勝負が良いかというと、 それにはいくつか理由があります。 まず単純に夕方から始めれば、 時間が限られてくるので、 その分負けも少なくなります。 しかし悪い面もあり、 時間的に悪ければ閉店がやってきて、 当たり中でもやめなければいけないこともあります>< しかし圧倒的にパチンコを知るためには、 この夕方からがベストです。 それは、 その日の台の状態がよく把握できるから。 導入されたばかりの新台や人気のある台は、 昼間に多く連チャンしています。 そういう連チャンする台で、 また好調台だとしたら、 夕方から夜まで続くことが多い。 夕方からパチンコに行けば、 そのような好調台が一発でわかるので、 立ち回りの狙いもつけやすくなります。 また前日から台を見ておけば、 どのように状況が変わったのかを、 学べる事も多くスキルもアップしていきます。 それでは実際に夕方からの立ち回りとして、 どのような台が狙い目でしょうか? 実はいくつかポイントがあるので、 良かったら参考程度に。 それとちょっと注意する点もあって、 それは誰もが嫌な顔になる 「ハマリ台」 夕方から行けば、 ハマリ台を見ることがめっちゃ多いです。 ハマリ台を打って当たりを引けば、 その後は連チャンしバカ勝ちするのでは? なんて思う方も多いと思いますが、 ハマったからといって、 その後に大連チャンするってわけじゃありません>< 確かに噴く事もありますが、 単発って事だって多くあります。 ですので誘惑に負けないように、 ハマリ台は無視しておきましょう>< 狙いはその日の好調台。

次の