インスタント コーヒー アレンジ。 インスタントコーヒーのおいしい淹れ方|コツやアレンジレシピをご紹介

話題のダルゴナコーヒーとは?アレンジやスイーツでも楽しもう!

インスタント コーヒー アレンジ

ツートンカフェオレを初めて作るという方は、シロップを加えて牛乳と良く混ぜておきましょう。 コーヒーをグラスに流し入れる際、層がくっきりとでやすくなります。 そもそもインスタントコーヒーとは? インスタントコーヒーとは、簡単に言ってしまえば一度抽出したコーヒー液から水分を抜いて乾燥させ、粉末にしたコーヒーのことです。 そこに水分を加えることでコーヒー粉が溶け、簡単に美味しいコーヒーが飲めるようになっています。 レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いとは? レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーは、異なるものです。 しかし中には、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーが混同してしまうという方もいるのではないでしょうか? レギュラーコーヒーは粉が溶けないため、一般的にフィルターで漉すか上澄みを飲むかに限られます。 一方、インスタントコーヒーは一度抽出されたコーヒー液を粉にしているので、そこに水分を加えれば抽出された状態に戻り粉がなくなり液化するというイメージです。 そのため、とても手軽にコーヒーを楽しめるアイテムとなっています。 レギュラーコーヒーにもインスタントコーヒーにも、それぞれの良さがあります。 互いの性質を理解して、使い分けて楽しむと良いでしょう。 インスタントコーヒーはどうやってできる? インスタントコーヒーは、以下のような工程で作られています。 工程 内容 1、焙煎 ロースト 原料の生豆を深さに応じて煎ること 2、配合 ブレンド 1種類の豆では出せないような味わいを出すために異なる種類の豆を混ぜ合わせる 3、粉砕 グラインド 焙煎と配合が終わった豆を粉砕する 4、抽出 ブリュー 実際に抽出をし、コーヒー液を作る 5、乾燥 ドライ コーヒー液を「フリーズドライ(凍結乾燥)」もしくは「スプレードライ(噴霧乾燥)」の2パターンで乾燥させる 6、包装 パッケージ 製品の状態にパッケージングします。 原料の生豆を煎りの深さなどに応じて焙煎(ロースト)し、1種類の豆では出せないような味わいを出すために異なる種類の豆を配合(ブレンド)、粉砕(グラインド)させる工程まではレギュラーコーヒーと一緒です。 インスタントコーヒーの場合には、この後に抽出(ブリュー)、乾燥という製法が待っています。 乾燥方法には大きく分けてフリーズドライ(凍結乾燥)とスプレードライ(噴霧乾燥)の2パターンの製法があります。 最終的にできたインスタントコーヒーの見た目にも大きな差が現れる工程になっています。 フリーズドライ製法(凍結乾燥)って? フリーズドライ製法で作られたコーヒー粉は、粒子が粗く、つぶつぶとした見た目をしています。 製法過程は、まず抽出されたコーヒー液を減圧しながらコーヒーの濃縮液を作ります。 その後平らなバットの上に薄く濃縮液を乗せます。 これを砕くことによって、つぶつぶとしたインスタントコーヒーができあがります。 一般的にフリーズドライ製法が主流とされており、店頭にもこちらの製品が多く並んでいます。 味わいもレギュラーコーヒーに近くなっています。 レギュラーコーヒーに近い味わいが出せる理由としては、製法的に加熱に弱いためです。 その分、フリーズドライの製法が温度をかけずに乾燥させていることからコーヒー本来の味わいを維持できるためです。 スプレードライ製法(噴霧乾燥)って? スプレードライで作られたコーヒー粉は、サラサラとした見た目で粒子が細かくなっています。 お湯を注いでもサッと溶けるのが特徴です。 製造方法としては、常温で加熱されたコーヒーの濃縮液を乾燥させていくのですが、さらにこちらの製法には3パターンの方法があります。 1 高いところからコーヒーの液体を霧状に落とし、その間に水分を抜いていく 2 乾燥した空間にコーヒーの液体を霧吹きのように吹き付け瞬時に乾燥させる 3 スプレードライを行ったコーヒー粉の粒子同士を少量の水分でつなぎ合わせる(表面積が増えるため水に溶けやすい) スプレードライで作られたインスタントコーヒーは水にも溶けやすく、手軽に飲めるのが特徴です。 ですが、高温状態での製造となるためコーヒーの風味が飛びやすく、どうしてもコクを出すことは難しいとされています。 その分、口当たりが爽やかで飲みやすいものが多いです。 インスタントコーヒーの豆知識 01. 開封後も鮮度を保つ方法 インスタントコーヒーは、溶けやすく作られているため水分が苦手です。 そのため密封をし、水分をシャットアウトすることが何よりも大切です。 鮮度を保つためには、蓋をしっかりとして、湿気の少ない場所で保管しましょう。 また、インスタントコーヒーを開封してからひと月ほど経つと、インスタントコーヒーの表面に白いカフェインの結晶が出てきてしまう「析出(せきしゅつ)」という現象が起きてしまいます。 ホットコーヒーを頻繁に飲まなくなる夏場などに、しばしば見られます。 これが出てきてしまっても飲めなくはありません。 しかしコーヒー本来の味わいが楽しめなくなってしまうので、開封後はなるべく早めに飲むのが良いでしょう。 インスタントコーヒーでも味の差は感じるの? インスタントコーヒーの中にも浅煎りや深煎りのもの、産地違いのものがさまざまあります。 今回のコラムでご紹介したブラックでも飲みやすいスペシャルブレンドに加えて、煎り違いで深煎りのスペシャルブレンドもあります。 このように、インスタントコーヒーでも煎り方の違いで味の差を楽しんでいただけます。 キーコーヒーのインスタントコーヒーの特徴とは キーコーヒーで扱っているインスタントコーヒーは、濁りがなく、クリーンでさっぱりとした味わいに設計しています。 レギュラーコーヒーのイメージが強いキーコーヒーですが、気軽に本格的な味わいを楽しめるということでインスタントコーヒーにも力を入れています。 実際にコーヒーを手に取っていただくお客様にも人気の商品になっています。 ブラックで飲むのにおすすめのインスタントコーヒー スペシャルブレンド 深煎り 「」は、コクが深くスモーキーな味わいで、苦味と香ばしさが同調しています。 その名の通り味わいも濃く、しっかりとした苦味とコクがあるタイプなので、ミルクと合わせるとバランスが良いです。 カフェオレにもおすすめです。 インスタントコーヒーを美味しく楽しみましょう インスタントコーヒーは、手軽にコーヒーを楽しめるのが最大のメリットです。 旅行先や、お仕事中など、場所を選ばず一息入れたいときに飲める、まさに万能アイテム。 お気に入りのインスタントコーヒーを、オフィスにストックしておいてはいかがでしょうか。 また、ブラックで飲むのに適しているものや、牛乳と合わせやすいものなど、様々な種類が販売されていますのでお好みに応じて選んでみてください。 そしておすすめの飲み方や分量を参考にして、忙しい日常の中、ホッとできるアイテムの一つとして楽しんでみませんか?カフェオレなどアレンジもできるので、ぜひお試しください。

次の

タルゴナコーヒー失敗はアレのせい?おすすめのアレンジ5選!!

インスタント コーヒー アレンジ

コーヒーは、ブラック。 付け足すとしても、砂糖かミルク。 そんなあなた!世界を見渡すと、コーヒーには様々な飲み方が存在します。 ミントやレモン、蜂蜜、さらに胡椒まで!ほんの一部ですが、ご紹介します。 レモン入りコーヒー まずは、手軽なものから。 レモンを浮かべたコーヒーはいかがですか?これはカフェ・ナポリターノと呼ばれ、アメリカの若者の間で「夜明けのコーヒー」として流行した飲み方です。 レモンの香りが心地よく、コーヒーの渋みが緩和され、すっきりと飲めます。 私はこの飲み方、好きです。 しかし、砂糖やミルクを入れると合わなくなってしまうのでご注意。 またコーヒーにレモンジュースとソーダ水を注ぐマザグラン・アメリカーノも、熱い季節にはおすすめです。 — 2017 9月 6 7:45午前 PDT 蜂蜜入りアイスコーヒー ハニーコールドとも呼ばれます。 コーヒーが熱いうちに蜂蜜を入れ溶かします。 それをグラスいっぱいに入った氷の中に、流し込む。 これだけです。 絶対おいしいですよね。 初めは、レンゲやアカシアなどクセのない一般的な蜂蜜で試すのが良いです。 慣れてきたら、蜂蜜はいろいろな種類がありますので。 いろいろなアレンジを楽しめます。 参照記事 コーヒーに黒砂糖とシナモン、そしてオレンジの皮を加えて煮る カフェ・デ・オーヤというメキシコのカフェレシピです。 「オーヤ」は素焼きの壷という意味。 このコーヒーは、小鍋で水を沸かし、沸騰したら弱火にして、コーヒーの粉、黒砂糖、シナモン・スティック、オレンジの皮を入れて煮込んで作るコーヒーです。 まだ試したことはないのですが、どんなコーヒーになるのか、味わってみたいところです。 胡椒入りコーヒー アラビア諸国では胡椒入りのコーヒーは珍しくない飲み方らしい。 例えば、干した胡椒の実を入れるコーヒー。 これは特に、モロッコで愛飲されているコーヒーで、作り方は、胡椒、シナモン、ナツメグ、カルダモン、生姜などのスパイスを投入するだけです。 わざわざスパイスを買ってこなくても、ブラックペッパーを入れる飲み方もあります。 やり方は、こちらも黒胡椒を入れるだけ。 家庭で試すときは、インスタントコーヒーではなく、レギュラーコーヒーで試して下さい。 病みつきになるかもです。 参照記事 炭酸水で口直ししながら飲むコーヒー カフェ・シュヴァルツァーといいます。 カフェ・バッハのオリジナルドリンクとして知られていて、コーヒーはお湯を1滴ずつゆっくり垂らし、濃〜く抽出するのがポイントです。 炭酸水で口直ししながら、この濃いコーヒーを甘いお菓子とともに味わいます。 ウィーンのカフェ文化からヒントを得たとか。 少し話はそれますが、ウィーンといえば、ウィンナーコーヒーですね。 )クリームの甘さとコーヒーの苦さが混じって、優しい味わいを楽しめるコーヒーです。 — 2017 9月 6 3:38午後 PDT マリア・テレジア 名前にひかれました!女帝と呼ばれ、それまで女人禁制だったカフェに女性の入店を認めたとされたマリア・テレジアから名前をつけたコーヒーです。 作り方は、オレンジリキュールを加えたコーヒーにクリームを浮かべ、カラフルな砂糖をトッピングします。 どこかの温泉街の喫茶店で一度だけ、飲んだことがあります。 紅茶で淹れたコーヒー 香港でよく飲まれている、ユンヨン茶という飲み物です。 日本では、コーヒー紅茶と呼ばれることもあります。 作り方は、まず紅茶を作り、この紅茶で珈琲を淹れます。 砂糖と無糖練乳をたっぷり加えて飲みますが、一体誰がはじめたのでしょうか…。 おもしろいコーヒー(お茶?)です。 参照記事 — 2017 9月 6 5:55午前 PDT 濃縮コーヒー 最後に、逆の発想のものを紹介します。 濃縮コーヒーは、エクアドルやペルーで見られる飲み方で、粗挽きの珈琲豆を徹底的に煮出し、ガーゼで漉しとったコーヒーです。 これをお湯やミルクに好みの量だけ溶かして飲みます。 コーヒーに足すのではなく、コーヒーを足すのです。 これは、国内にはあまり流通しないコーヒー豆を現地の人たちが楽しめるように工夫した結果生まれた飲み方のよう。 私たちが連想する濃縮コーヒーは業務用で希釈して飲むとか、牛乳で割って飲むとか、そんなところでしょうか?それとは、少し違いますね。 以上、これでもほんの一部だと思いますが、コーヒーの飲み方は、本当にいろいろあります。 こうしてみるとコーヒーは枠にとらわれない、自由な飲み方ができる飲み物ですよね。 まずは、ちょい足し感覚で、いつものコーヒーにひと工夫してみてみては、いかがですか? カテゴリー:.

次の

インスタントコーヒーを余らせない!飲み方アレンジと作り方

インスタント コーヒー アレンジ

デザート感覚で飲めてバニラアイスの優しい甘さが美味しい• キャラメルをレンジで溶かして入れると混ざりやすくなります! キャラメルシロップ等でもOK、最近はコーヒー用のさらっとしたキャラメルも売っているようです! とっても甘いキャラメルですがカロリーはそれほど高くないのが特徴。 はちみつの種類によりコーヒーの風味に幅が広がる• カップ半分に練乳を入れ、深煎りの濃い目のコーヒーをゆっくり入れたら、最初は苦味を楽しみ、飲むに連れて練乳の甘みを感じられます。 混ぜても美味しいですが混ぜずに味の変化を楽しむのがおすすめですよ! 練乳のトロっとした濃厚な甘さが容赦なく襲ってきますが、コーヒーの苦さと非常にあっていてゴクゴクと飲んでしまいます。 ラムレーズンを4~5粒入れると引き締まりほんのりラム酒の香りがする• ラムレーズンアイスでも超美味しい• マシュマロの溶け具合によって甘みに変化がで楽しい1杯になるので、お友達や家族とのコーヒータイムにおすすめです~! マシュマロが溶けていくとまるでカプチーノのようなふわふわの泡っぽくなっていきますよ。 甘さも追いかけてくるのでビターなおやつと一緒に食べるのが良いですよー!• ホットコーヒーにマシュマロを1~2個浮かべるだけ!• マシュマロが溶けてふわふわになり、カプチーノのような見た目• もちろんアルコール入りなので飲んだあとは体がポカポカっとほろ酔いになって良い気分に。 すこーしだけお酒を飲みたい人にもとってもおすすめ飲み方なんですよ。 ブランデーを数滴入れるだけで大人味に激変• 香りだけを楽しみたい場合、ラム酒エッセンスを使うのもおすすめ!お砂糖やバターをプラスするとお酒っぽさがなくなりマイルドになります。 ラムのバニラ臭がコーヒーとよく合います。 アイスでもOK。 カフェオレに混ぜても美味しい!。 苦さ(和)を感じる個性派コーヒー• ちなみに普通にコーヒーにココナッツオイルを入れると分離して、コーヒーに油が浮いているような感じになります。 このままでも全然飲めます、むしろ唇にココナッツオイルが付いて保湿できる…という人もいます(笑) より美味しく飲むにはミキサーにかけた方が良いです!ふわふわの食感になるのもポイントです。 味はココナッツの主張が強めだが、好きな人はかなり好きな味• ココナッツミルクやココナッツをそのまま入れても美味しい• 生姜はチューブのものでもOK• 最近バターコーヒー結構流行ってますよね!ただし入れるバターは良質な無塩バターかグラフェットバターというコーヒーに入れる用のバターがあるのでそちらがおすすめですよ。 味も美味しいのですが、バターコーヒーは身体に良いとされているのでそちらも注目していきたいですね。 (そのうち加筆します) ブラックコーヒーの味に物足りなさを感じる時やインスタントコーヒーに奥行きを出したい時におすすめです。

次の