木本保平。 茨木市議選で大阪維新の会の中に除名された元共産党員の市議がいますね。...

三枝邦彦・香川県土庄町長:時事ドットコム

木本保平

末武候補が転換訴え 茨木市長選は10日投開票されます。 日本共産党も参加する明るい茨木をつくる市民の会事務局長の末武和美候補(69)、現職の木本保平候補(71)、無所属新人の福岡洋一候補(40)の3氏の争いですが、対決の構図は市民とともに清潔で暮らし・福祉を最優先の市政をつくる末武氏か、現職や自民・おおさか維新が相乗りする他の2候補かです。 大型開発推進疑惑も深まる 4年前に大阪維新の会茨木支部の推薦で当選した木本市長は、彩都や安威川ダムなど大型開発を推進する一方、国保料や介護保険料の引き上げなど市民犠牲を進めてきました。 100億円を投じる「文化芸術ホール」建設計画を持ち出し、議会の反対で棚上げ状態になっているのに、市民会館の閉鎖を強行。 木本氏の親族が十数年間、固定資産税など税金約1千万円を滞納しているのに処分せず、その親族の土地・建物を担保に市内金融機関から5千万円借金した上、資産報告書に届けていないなど、疑惑が深まっています。 自民や維新が相乗りで擁立 木本氏は第一声で、「某党派は『積立金(160億円)は福祉に使え』というが、いまはインフラ整備をやるべき」と巨大開発路線に無反省。 木本氏の疑惑に市民の怒りが高まる中、自民党や維新などが相乗りで擁立した福岡氏の出陣式には、維新や自民府議、元民主府議が顔をそろえ、「彩都開発・ダム建設の完成が大事」(選対本部長の山本末男元市長)などと強調。 福岡氏は「クリーンな街、公正な街は当たり前」と演説しましたが、政務調査費の不正使用が相次ぐ維新の支援を受けていることには口をつぐんでいます。 暮らしの中に憲法を生かす 末武氏は「茨木市政を変える絶好のチャンス」と、「大型開発を進めて暮らし・福祉をつぶし、疑惑にまみれた現市政でも、自民や維新、民主を巻き込んだ『オール与党』でも、市民の暮らしを守ることは絶対にできない」ときっぱり主張。 市議補選にあさとう氏.

次の

木本保平とは

木本保平

概要 との県境に位置する。 に指定されている。 城下町として栄え、茨木周辺はであるの旧領であり、禁教後もひそかにが茨木北部の山間で伝えられていた。 また市内には、大阪府北部で最大、日本で21番目に大きいであるがある。 歴史については。 また、1970年にで開催されたにより、、周辺の都市開発が急速に進んだ。 だが、開催から約半世紀が経過し、当時に建設された建物の老朽化が進み、JR茨木駅西口と阪急茨木市駅西口の再開発が計画されている。 市の北部は、田や山が広がっており豊かな田園地帯が広がっている。 市の南部は、鉄道が通り住宅地が広がり、ビルなどの建物も多い。 地理については。 市内の交通は、、、、、、などによる公共交通網、、、、、、などの幹線道路網がある。 交通については。 高速道路や幹線道路が発達しているため、企業の倉庫や工場も多く、またのになっている。 竜仙峡、安威川の上流 北岸のに位置しており、北は、東は、南は、西は・・に接している。 南北に細長い形で、北部は山がちであり、老之坂山地、の一翼をなし、三島地域最高峰で、が設置されている(泉原山)が位置するなど、豊かな自然が広がっている。 南部には、の一部分をなす三島平野が広がっていて市街地もこちら側に集中している。 また、の東端が市域にかかっている。 内でも北部の(界隈)へは15分程度で移動できる。 北から南に あいがわ)・・(かつおうじがわ)が流れる。 安威川上流では大阪府によるの工事が進行中。 なお、吹田市にあるには当市の(大字小坪井)が重なっている。 (いしどうがおか)- 680. 5メートル• (りゅうおうざん)- 510メートル• 鉢伏山(はちぶせやま)- 299メートル• 阿武山(あぶやま)- 280. 9メートル 茨木市と高槻市にまたがる。 河川:、、、(佐保川)、 隣接している自治体• 北西 -• 北 -• 東 -• 南 -• 南西 -• 西 - 人口 茨木市の人口は自然動態、社会動態ともに微増を続けており、 2年 人口は、283,118 で府内の43市町村中8位である。 (平成16年)にまちびらきされたである(彩都)では子育て世代が流入し、茨木市域の人口は、9,000人を突破している。 (平成27年)より前回調査からの人口増減をみると、5,211人増の280,033人であった。 増減率は1. 茨木市と全国の年齢別人口分布(2005年) 茨木市の年齢・男女別人口分布(2005年) この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年8月) 市名の由来はの木が多く茂っていたことやイバラを切って屋根をふいたという説から「茨切」 いばらきり)がなまって「茨木」となった説などの説がある。 [ ]。 年間には「荊切」と表記されていたが、年間には現状の「茨木」表記が主として用いられるようになっており、その間「苅切」や「茨城」の表記も見られた。 市の南部にある阪急の東側一帯にの大規模の遺跡であるがある。 二重の環濠の内部に多数の住居やなど大型建物があり、外部には広大な墓域もあった。 なかでも・・などの鋳型が出土した工房跡が発掘されており、ここの鋳型で生産された銅鐸が近畿一円からでも発見されている。 この集落がのと並ぶ日本最大級の銅鐸工場、銅製品工場であり、の日本の数多くのクニの中でも、銅鐸を各地に配布できるような政治的に重要な位置を占めていたことが伺える。 [ ] 太田茶臼山古墳 日本でも有数の古墳群地帯で陵と治定され管理下の、(9年)に玉枕を敷き錦をまとった豪族らしき(という説もある)人骨が発見されたが阿武山山頂にあり初期から末期までの各時代のが現存している。 には、市の北部を東西に走る(旧・)の往来が盛んとなり、にはなどに利用され、などが宿泊した(通称「椿の本陣」)が残っている。 の前半には市の繁栄の基礎となるがによって築かれた。 茨木城主時代にはとして賑わい(城主は、など)、後、となった後も京都と大坂、と大坂間を結ぶ交通の要衝として栄えた。 、山間部一帯が・が治める領だったため、江戸時代のの時期にも密かにキリスト教を信仰する人が住む「の里」が山間に点在していた。 教科書で目にする蔵の「聖像」は、年間に千提寺集落の旧家から発見されたものである。 に移って(4年)7月、によっての管轄となり茨木村が町制を実施。 その後(昭和23年)1月1日、・・・の1町3村がしてをした。 明治時代に北部の福井地区にケシの栽培が発展し、かつては東洋有数のの大産地であった。 戦後はのとして人口が増え続け工場も集積した。 (昭和45年)のに伴って、が橋上に建て替えられ国鉄茨木駅・阪急の両駅前にや再開発ビルが建設されたほか両駅間の市街地を貫く中央通り(高橋通り)が拡幅され万博会場に向かうが開通するなど、急速に市街地の整備が進んだ。 現在はJR茨木駅・阪急茨木市駅の駅近くにマンションが建設され、通勤・通学や買い物に便利な文教都市として住宅購入者の人気が高い。 また、茨木市の山間部を切り開いたや他にも箕面市との境の山間に研究開発や国際交流の拠点を備えたニュータウン「」(愛称:)が開発中である。 さらに北部地域ではが建設中である。 - があったとされている。 二重の環濠の内部になど大型建物や多数の住居があり、この集落が、のと並ぶ最大級の銅鐸工場、銅製品工場であり、弥生時代の日本の数多くの「クニ」の中でも、各地に銅鐸を配布することができるほど政治的に重要な位置を占めていたことがうかがえる。 頃 - が築造されたとみられている。 9年 松下見林の『前王廟陵記』に、太田茶臼山古墳を継体天皇陵とする説の記述。 期、宮内省(現・)によりの陵に治定。 (昭和47年)、宅地造成工事に伴う古墳北西側および陪塚周溝の発掘調査()• (昭和63年)、太田公民館建設に伴う古墳南西側の発掘調査(茨木市教育委員会)• 頃 - 阿武山古墳が築造されたとみられている。 被葬者がという説がある。 2年 - の仏教寺院のが創建される。 本尊像と四天王像はともに平安時代のでに指定されている。 2年 - 天石門別神社 現在の が創建される。 3年 - の寺院のが創建される。 第22番札所。 頃 - 太田頼基によって、が築城される。 この地域では最も古い城。 - 築城主は不明だが、が築城される。 頃 - によってが築城される。 元年 - 三宅氏によってが築城される。 14世紀前半に築城されたという説もあり。 7年 - 福井城が廃城となる。 1528年 大永7年)- 太田城が廃城となる。 5年 - 三宅城が廃城となる。 14年 - 安威城が廃城となる。 2年 - 茨木周辺は天領となり、大坂城を除いた豊臣方最大の城であった茨木城は廃城となる。 (昭和12年)- 度重なる洪水を防ぐため、田中付近でをに合流させる工事が始まる。 (昭和18年)- 茨木川と安威川の付け替え工事終了する。 (昭和23年) - ・・・が合併して発足。 大阪府下で13番目の市。 1948年(昭和23年)1月1日 - 茨木町の市制施行を受け茨木市駅に改称する。 1948年(昭和23年)1月1日 - 総持寺前駅を総持寺駅に改称。 1948年 昭和23年 - 吹田市外1市14ヶ村消防組合から脱退し、・茨木市消防署を設置する。 1949年(昭和24年) - 茨木川の安威川との合流地点より下流が廃川となる。 (昭和39年) - 下穂積~味舌 摂津市 間が開通する。 昭和40年 4月1日 - 茨木市消防本部西分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 昭和42年 4月1日 茨木市消防本部東出張所を開設し、消防業務を開始する。 昭和43年 - が設立する。 (昭和44年)- 茨木市市民会館ユーアイホールが開館する。 (昭和45年) - が開業する。 「万博東口駅」という愛称がつく。 停車継続運動が起こり、開催終了後も快速停車継続となる。 1970年 昭和45年 - 茨木市消防本部南分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 昭和47年 - キリスト教プロテスタント系のが設立する。 昭和48年 - 茨木市役所合同庁舎に 正式には茨木市立中央公民館天文観覧室 が開館する。 1973年 昭和48年 - 茨木市役所合同庁舎に茨木市立図書館 現在の が開館する。 茨木市で最も古い図書館である。 1973年 昭和48年 - 茨木市消防本部庁舎が現在地に移転する。 1973年 昭和48年 - 茨木市消防本部北分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 1973年 昭和48年 - 茨木市消防本部東出張所が茨木市消防本部東分署に昇格し、救急業務を開始する。 昭和50年 4月1日 - 茨木市消防本部北辰分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 昭和56年 6月 - が設立する。 昭和57年 4月1日 - 茨木市消防本部白川分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 1982年(昭和57年) - 国鉄 現在の が営業開始する。 昭和59年 3月30日 - 茨木市立文化財資料館が開館する。 昭和60年 4月1日 - 茨木市消防本部山手台分署を開設し、消防・救急業務を開始する。 1985年 昭和60年 - が開館する。 昭和62年 - が開館する。 (元年) - 整備計画、西河原公園整備事業終わる。 また、大阪みどりの百選に選ばれる。 平成元年 4月1日 - 茨木市消防本部西分署を新築し移転する。 (平成2年) - 南茨木~間が開業する。 1990年 平成2年 6月1日 - 大阪モノレール、茨木駅 現在の が開業する。 平成3年 4月1日 - 茨木市消防本部東分署を新築し移転する。 (平成4年)3月31日 - 阪急京都線茨木市駅付近高架化事業が完成する。 1992年 平成4年 4月1日 - が開館する。 1992年 平成4年 4月1日 - が茨木市立中央図書館の敷地内に、開館する。 1992年 平成4年 10月1日 - 茨木市消防本部東分署を茨木市消防本部水尾分署に、茨木市消防本部西分署を茨木市消防本部下井分署に、茨木市消防本部南分署を茨木市消防本部松ケ本分署に、茨木市消防本部北分署を茨木市消防本部西河原分署に改称する。 平成5年 6月 - が設立する。 平成7年 - が発生する。 茨木市では、が観測される。 1995年 平成7年 5月 - が開館する。 平成9年 4月1日 - 大阪モノレール茨木駅が宇野辺駅に改称する。 1997年(平成9年) - 大阪モノレール南茨木~間が開業する。 1997年 平成9年 8月22日 - 大阪モノレールが開業する。 平成10年 5月 - が開館する。 1998年(平成10年) - ~間が開業する。 1998年 平成10年 10月1日 - 大阪モノレール阪大病院前駅が開業する。 1998年 平成10年 - 茨木市消防本部松ケ本分署を新築のうえ移転し、茨木市消防本部下穂積分署に改称する。 救助工作車を茨木市消防本部西河原分署から茨木市消防本部下穂積分署に配置替えする。 平成13年 3月24日 - 茨木市駅が停車駅となり、終日全種別が停車するようになる。 2001年(平成13年) - 南茨木駅が停車駅 現在の となる。 2001年 平成13年 4月 - がマイカル茨木 現在の 内に開館する。 2020年現在、茨木市の図書館で最も新しい。 (平成16年) - まちびらき記念式典開催。 (平成19年) - 大阪モノレール彩都線阪大病院前駅~間が開業する。 2007年 平成19年 3月19日 - 大阪モノレール、彩都西駅が開業する。 (平成22年) - 南茨木駅がの停車駅となる。 (平成23年) - の運行が土日祝日に開始され、茨木市駅に全列車が停車するのは平日のみとなる。 平成24年 4月1日 - 茨木市消防本部西河原分署に「スーパーレスキューシールド」を設置する。 (平成26年)11月2日 - 安威川ダムの本体工事に着手。 2015年(平成25年)12月末 - 茨木市市民会館ユーアイホールが修理等の維持管理経費の増加や、舞台装置等の旧式化、バリアフリー対策、耐震性等に問題があり閉館する。 平成28年 - 茨木市消防本部山手台分署に「スペシャルレスキューアームズ」を設置する。 2018年 平成30年 4月1日 - 茨木駅のリニューアル工事が完成する。 エスカレーターが設置され、商業施設も増加。 2018年 平成30年 - が発生する。 茨木市では、最大震度のが観測される。 表題の『葬式の名人』のほか『』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『』などのの短編小説をモチーフに散りばめられた群像がイオンシネマ茨木で先行上映される。 同年9月20日に全国ロードショー• (令和2年)2月 - 市民会館跡地エリア整備の受託候補者が決定。 また完成イメージが市ホームページにて公開。 これからの予定• (令和3年) - が完成する予定。 (令和5年)11月頃 - 南グラウンドに子育て支援施設、図書館、市民活動センター等が開館する予定。 (令和6年)- 新茨木市市民会館のホールが開館する予定。 (令和8年)- 元市民会館及び福祉文化会館跡地エリアの整備が完了する予定。 行政区画の変遷• 1948年(23年) - 三島郡茨木町・春日村・三島村・玉櫛村が合併して発足。 大阪府下で13番目の市。 (昭和29年) - 三島郡・を編入。 (昭和30年) - 三島郡・・・を編入。 1955年(昭和30年) - 大字高山を東能勢村(現・)に編入。 (昭和31年) - の一部(大字粟生岩阪・宿久庄・清水・道祖本および粟生間谷・小野原の各一部)を編入。 (昭和32年) - 三島郡を編入。 1957年(昭和32年) - の一部(大字山田小川・山田別所・山田上の各一部)を編入。 (11年) - 茨木市の一部(茨木市大字粟生岩阪)を箕面市に編入。 (平成13年) - に移行。 戦争被害 茨木市内では1945年6月26日、7月9日、7月19日にによる・を合計三回受けた。 茨木市内では34名が犠牲になった。 当時の茨木市内には、軍事施設や基地はない、田園地帯だったが爆弾は集落に向けて投下された。 この空襲により32名が犠牲となった。 また戦闘機が、玉島国民学校(現・)で機銃掃射を行い、校舎内で児童2人が犠牲になり、5人が重軽傷を負った。 7月19日には茨木高等女学校(現・)に米艦載機グラマンF6Fやによる一斉機銃掃射を受けた。 公式文書によるとこの機銃掃射では人的被害はなかった。 市長:(2020年4月18日就任、2期目) 歴代市長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 初代 高島好隆 1948年2月1日 1950年12月12日 2 中谷光 1951年1月28日 1955年1月27日 3-4 田村英 1955年1月28日 1963年1月27日 5 坂井正男 1963年1月28日 1965年2月20日 6-7 大槻良衛 1965年4月11日 1971年3月11日 8-9 北川安一 1971年4月25日 1976年3月8日 10-13 重冨敏之 1976年4月18日 1992年4月17日 14-16 山本末男 1992年4月18日 2004年4月17日 17-18 2004年4月18日 2012年4月17日 19 2012年4月18日 2016年4月17日 20-21 2016年4月18日 行政機構• 副市長• 会計管理者• 総務部• 企画財政部• 市民文化部• 健康福祉部• こども育成部• 産業環境部• 都市整備部• 建設部• 水道事業管理者• 水道部• 教育委員会• 教育長• 教育総務部• 学校教育部• 選挙管理委員会• 公平委員会• 監査委員• 農業委員会• 固定資産評価審査委員会• 外郭団体• (財)茨木市保健医療センター• (財)茨木市土地開発公社• (福)茨木市社会福祉協議会• (公社)茨木市シルバー人材センター• (財)茨木市施設管理公社• (公財)茨木市文化振興財団• 茨木市障害者事業団• 神安(しんあん) 、流域など地域の治水、利水を行う。 本部が茨木市にある。 神安という名前は神崎川、安威川から一字ずつ取って名付けられている。 市役所出張所 茨木市役所北辰出張所• 北辰出張所 〒568-0097 大字泉原332番地3• かつては三宅出張所・豊川出張所・見山出張所・清溪出張所の4出張所があったが、に三宅出張所・豊川出張所は廃止され、見山出張所は清溪出張所に統合され北辰出張所と改称された。 下井分署• 西河原分署• 山手台分署• 下穂積分署• 白川分署• 水尾分署• 北辰分署 市域全域がの管轄となってる。 本署は東中条町2丁目13号。 財政 財政規模は近年では一般会計で900億円後半で推移している。 また、いずれの年度も黒字決算であり、財政状況は比較的良い。 平成30年度の実質赤字比率は-1. 71%、財政力指数は0. 969、経常収支比率は94. 4であった。 についてはよりまで不交付団体となっていた。 行政機関 国の機関• 茨木税務署• 茨木労働基準監督署• ハローワーク茨木(茨木公共職業安定所)• 北大阪支局• 浪速少年院• 茨木分室• 西日本入国管理センター 大阪府の機関• 茨木保健所• 三島府民センター• 建設事務所• 北部農と緑の総合事務所• 中央水みらいセンター 警察• 大阪府警察 第二方面 茨木分駐所 市内全域が大阪府警察 茨木警察署の管轄となっている。 本署は中穂積1丁目6番38号。 郵便(日本郵政)• (茨木店併設) (平成19年)まで大岩郵便局も集配(特定)局だったが、茨木郵便局に集配業務は集約された。 無集配郵便局 議会 市議会• 定数 : 28名• 任期 : (平成29年)1月31日 - (令和3年)1月30日• 議長 : 友次通憲(無所属)• 定数 : 3名• 選挙区 : 茨木市選挙区• 任期 : (平成31年)4月30日 - (令和4年)4月29日 議員名 会派名 当選回数 松本利明 大阪維新の会 4 占部走馬 自由民主党 2 中野剛 公明党 2 衆議院• 選挙区 : (、茨木市、、、)• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 議員名 党派名 当選回数 備考 4 選挙区 3 比例復活 経済• 第1次産業就業者数 1,005人• 第2次産業就業者数 29,031人• 第3次産業就業者数 93,271人 産業 をはじめとする北大阪流通センターを擁する北大阪の物資集散地として、その経済的役割を担っている。 また内陸工業地の適地として大企業をはじめ、その下請関連企業や各種中小企業の進出により近代的な工業地帯を形成するに至っている。 工業製品の出荷額は大阪府下のの中でも上位に位置している。 近年急激な都市発展にともない、大規模などのめざましい進出が見られるが、複数の大企業の工場移転・撤退が続き、今後税収等の経済影響が問題とされている。 特産品• 三島独活(うど)• 龍王みそ• 戦前期、日本のアヘン王といわれたが現在の茨木北部域にあたるで原料となるの栽培に尽力し、戦前の茨木北部地区は、東洋一のの大産地であった。 戦後はGHQの禁令により、アヘン生産は途絶した。 茨木市に本社を置く企業• 青井黒板製作所• 浦川トランス工業• ゴウダ株式会社• 星和ロジテム• ナリコマフード• ホンダ運送株式会社• 大和紙器 (50音順) かつて茨木市に本社を置いていた企業• (解散)• (に本社移転、本店は茨木市)• (に本社移転)• (に本社移転)• (解散)• (に移転)• (大阪市に移転) 茨木市内にある企業の事業所 工場• 大阪工場• 茨木工場• 茨木工場• 中央研究所• 中央研究所• 大阪工場• 大阪工場• 茨木食品センター• 大阪工場• 茨木工場• 茨木工場• 大阪工場• 日立空調システム茨木工場• 茨木工場• フィールド部門研修センター(かつては本社だった)• 大阪工場• 茨木工場(北大阪オール印刷)• 大鵬薬品工業茨木出張所• 大阪第7データセンター 交通・運送• 茨木営業所• コアステーション(車庫)• 緑風観光茨木営業所• 茨木技術研修センター• NEXCO西日本関西支社• NEXCO西日本大阪高速道路事務所• 大阪支部 関西支部• 北大阪営業所• 大阪営業所• 茨木支店引越センター• 茨木支店• 関西第1・第2物流センター• 茨木営業所• 北大阪物流センター• 茨木支店• ホンダ運送大阪営業所• ホンダ運送茨木営業所• パナソニックロジスティックス茨木支店• 関西支店(2008年3月まではこの支店のある「城の前町」に隣接する「大田東芝町」に、東芝家電製造の茨木工場もあった。 茨木藤の里センター• ヤマト運輸茨木畑田センター• ヤマト運輸茨木新庄センター• ヤマト運輸茨木新堂センター• ヤマト運輸茨木横江センター• ヤマト運輸茨木宮島センター• 茨木フルフィルメントセンター 金融機関• 茨木支店• 茨木支店、茨木西支店• 茨木支店、茨木西支店、茨木駅前支店• 茨木支店、茨木西支店• 彩都支店• 茨木支店、茨木中央支店、南茨木支店• 総持寺支店• 茨木支店• 茨木店、市内郵便局内(郵便を)• 本店、茨木支店、茨木東支店、総持寺支店、玉櫛支店、アルプラザ福井支店• 茨木支店• 南茨木支店• 茨木支店• 茨木支店• 茨木市農業協同組合 本店、中央支店、南支店、中支店、北支店 茨木市内にあるチェーンストアの店舗 ショッピングモール• 茨木店• 新茨木店 スーパーマーケット• 三島丘店• 茨木真砂店• 茨木市役所前店、南茨木店、耳原店• 茨木店、茨木駅前店、南春日丘店• 茨木小川店• 茨木西駅前店、大池店• 茨木駅前店 店舗改装のため営業休止中 、茨木大手店、南茨木店、茨木奈良店、総持寺店• 上穂積店• 茨木店• 茨木駅前店、南茨木店、双葉店 総合スーパー• 茨木店、新中条店• 真砂店、茨木店、彩都店• 茨木店 コンビニエンスストア• 茨木新和町店、茨木真砂玉島台店、茨木沢良宜西店、茨木沢良宜東町店、中環茨木店、茨木奈良店、茨木東奈良店、茨木東奈良3丁目店、モノウェル南茨木店、茨木西中条店、茨木目垣2丁目店、茨木五十鈴町店、茨木鮎川1丁目店、茨木舟木町店、茨木舟木町東店、茨木宮本店、茨木元町店、茨木竹橋町店、茨木総持寺駅前店、阪急茨木市駅東店、JR茨木駅改札口店、JR茨木駅西店、立命館いばらきキャンパス店、茨木春日1丁目店、茨木穂積台店、茨木中穂積2丁目店、関西ゲートウェイ店、茨木西田中町店、茨木三島町店、茨木太田2丁目店、茨木東太田2丁目、茨木郡店、茨木南安威2丁目店、茨木桑原店、茨木豊原町店、茨木豊川店、茨木豊川3丁目店、茨木豊川5丁目店、茨木彩都あさぎ店、茨木中村町店• JR茨木東口店、茨木鮎川4丁目店、茨木下穂積2丁目店、茨木郡山2丁目店、茨木五日市2丁目店、茨木阪大病院前店、茨木春日3丁目店、茨木上郡2丁目店、茨木上穂積1丁目店、茨木上穂積4丁目店、茨木太田2丁目店、茨木大住店、茨木沢良宜西4丁目店、茨木沢良宜浜店、茨木島4丁目店、茨木東安威2丁目店、茨木東太田1丁目店、茨木藤の里1丁目店、茨木南安威1丁目店、茨木南耳原店、茨木畑田町店、茨木平田1丁目店、茨木豊川1丁目店、茨木豊川3丁目店、茨木野々宮1丁目店、阪急茨木市駅南店、茨木沢良宜西1丁目店• 茨木西田中町店、南茨木駅前店、茨木玉櫛店、茨木総持寺駅前店、• 茨木舟木町店、茨木中央通店、小浦茨木島店、茨木天王店、茨木西河原店、茨木水尾店、茨木別院町店、米田総持寺店、茨木中総持寺町店、茨木大池1丁目店、茨木三島中学校南店、茨木中穂積店、茨木橋の内店、茨木美穂ヶ丘南店、茨木玉櫛2丁目店、茨木春日3丁目店、茨木太田2丁目、茨木南目垣店、茨木警察病院前店、茨木平田台店、茨木蔵垣内店、茨木美穂ヶ丘店、茨木畑田町店、茨木南春日丘店、茨木鮎川5丁目店、茨木竹橋町店、茨木永代町店、茨木並木町店、茨木彩都やまぶき店、茨木小川町店、茨木島3丁目店、茨木沢良宜浜店、茨木鮎川店、追手門学院大学店、• 茨木駅前店、茨木沢良宜駅前店、茨木島1丁目店、牧田店、• 茨木春日店、茨木藤の里店、茨木彩都あさぎ店 家電量販店• 茨木店• 茨木店、茨木安威店• コーナン・プロ 茨木店• 茨木店 ドラッグストア• 茨木真砂店、真砂玉島台店、阪急茨木店、茨木市駅北口店、茨木穂積台店、茨木畑田店、茨木総持寺店、茨木太田店、茨木中河原店、• 茨木水尾店、中津店、鮎川店、茨木西店、茨木駅前通り店、茨木上穂積店、総持寺店• 茨木店、茨木耳原店、総持寺店 ファミリーレストラン• 茨木島店、阪急茨木市駅店、茨木鮎川店、• 沢良宜駅前店• 茨木下井店、茨木安威店、茨木園田店• 茨木鮎川店、沢良宜店• 茨木店• 茨木店、沢良宜店• 茨木清水店 ファストフードストア• 中環茨木店、茨木真砂店、イオンモール茨木店、三島丘関西スーパー店、茨木アルプラザ店、茨木トイザらス店• イオン茨木店、阪急茨木店、アルプラザ茨木店• 茨木店、南茨木店• 茨木店• 茨木大池店• 茨木宮島店、阪急茨木市駅前店、茨木インター店、茨木豊川店• 茨木IC店、茨木中穂積店、阪急茨木市駅前店」、イオンモール茨木店• JR茨木駅前店、阪急茨木市駅前店、171号線茨木店• 大阪茨木店、南茨木店• 茨木上穂積店、茨木宮島店• イオンモール茨木店、茨木島店• 茨木店、阪急茨木店• 沢良宜店• 茨木新和町店• 茨木宇野辺店• 茨木春日店、南茨木駅前店• 茨木新和町店、茨木鮎川店 カーディーラー・中古車販売店• サンテラス茨木• 中環茨木店、名神茨木店、ダイハツジェームス店• 中環南茨木店、名神茨木店、宇野辺店• 名神吹田店、茨木店• 茨木春日店、茨木東店• Honda Cars北大阪 茨木上穂積店、大阪彩都店• Honda Cars茨木 南茨木店• 茨木171• 茨木店• 茨木店• 茨木店• 茨木店• 茨木営業所• 茨木インター• ユーポス 茨木店• 茨木店、茨木インター店 かつて茨木市内に営業所・事業所のあった企業• 大阪支店(登町に移転するまで大阪支店は長きに渡り春日地区にあった。 東芝家電製造大阪茨木工場• 茨木工場(所在地は旧社名から由来した「松下町」であった。 大阪研究センター 帝人松山事務所と統合 福祉施設 公立保育所・私立保育園• を参照 公立保育所民営化• 民営化対象保育所• 障害者施設• 茨木市立障害者生活支援センター ともしび園• 茨木市立障害福祉センター ハートフル 社会教育・文化施設・体育施設 会館・多目的ホール• 福祉文化会館「オークシアター」• 市民総合センター「クリエイトセンター」• 教育センター• 上中条青少年センター• 生涯学習センター「きらめき」• 男女共生センターローズWAM• 沢良宜いのち・愛・ゆめセンター• 総持寺いのち・愛・ゆめセンター• 豊川いのち・愛・ゆめセンター 博物館• 茨木市立文化財資料館 プラネタリウム• 茨木市消防本部や中条図書館があるに併設 清掃工場・リサイクル施設• 環境衛生センター 上水道施設 浄水場• 十日市浄水場• 清阪浄水場 配水場• 花園配水場• 野々宮配水場• 西穗積配水場• あさぎ配水場 ポンプ場• 下音羽送水ポンプ場• 忍頂寺送水ポンプ場• 山手台送水ポンプ場 配水池• 山手台高区配水池• 山手台低区配水池• 音羽配水池• 下音羽配水池• 忍頂寺配水池• 銭原配水池• 長谷配水池• 清阪配水池• 安元・板谷配水池• 豊川配水池• 安威配水池• 馬場配水池• 免山配水池• あかね配水池• やまぶき高区配水池• やまぶき中区配水池• やまぶき低区配水池• 泉原配水池 受水場• 上音羽受水場• 泉原受水場• 彩都受水場 下水道施設 処理場• 中央水みらいセンター• 高槻水みらいセンター についてはが管理している。 また茨木市の大半の下水は、茨木市にある中央水みらいセンターで処理しているが、太田や三島など西部地域の下水はにある高槻水みらいセンターで処理をしている。 ポンプ場• 安威ポンプ場• 大池ポンプ場• 中央ポンプ場• 穗積ポンプ場 穗積ポンプ場については大阪府が管理している。 図書館 図書館• 図書館分室• 大池分室• 豊川分室• 白川分室• 天王分室• 玉島分室• 山手台分室• 太田分室• 彩都西分室 移動図書館• ともしび号 プール• 体育館• 市民体育館• 福井市民体育館• 東市民体育館• 南市民体育館 公園・緑地• 若園公園• 島やすらぎ公園• 島ふれあい公園• 西河原公園• 耳原公園• 水尾公園• 桑田公園• 上穂積公園• 山手台中央公園• あさぎ山里公園• 彩都西公園• テニスコート(庭球場)• 若園公園庭球場• 春日丘運動広場庭球場• 西河原公園(北、南)庭球場• 中央公園庭球場• 東雲運動広場庭球場• 福井運動広場庭球場• 桑原運動広場庭球場• 忍頂寺スポーツ公園テニスコート グラウンド• 若園運動広場グラウンド• 若園公園グラウンド• 春日丘運動広場グラウンド• 水尾公園グラウンド• 西河原公園グラウンド• 沢良宜公園グラウンド• 中央公園(南)グラウンド• 中央公園(北)グラウンド• 島3号(小)グラウンド• 島3号(大)グラウンド• 東雲運動広場グラウンド• 福井運動広場グラウンド• 桑原運動広場グラウンド• 桑原ふれあい運動広場グラウンド• 忍頂寺スポーツ公園グラウンド 弓道場• 春日丘運動広場弓道場 宿泊施設• ・竜王山荘 交通 空港 最寄りの空港は(伊丹空港)である。 市内から公共交通機関を利用する場合の所要時間は、を利用して約25分である。 また、へはJR茨木駅・阪急茨木市駅から直通のリムジンバスがある()。 鉄道 とが中心駅となっており、両駅が市街地や市役所をはさむような形で存在し、主要な交通を成している。 (JR西日本)• () - 茨木駅• - 茨木市駅 -• - -• - - (この間箕面市を通るが駅はない) - (彩都西駅より北東へ延伸を予定していたが、2017年1月27日付で計画は立ち消えとなった。 ) 路線バス JR茨木駅前、阪急茨木市駅前、阪急・大阪モノレール南茨木駅前より・・のバス路線が市内を網羅している。 阪急バス 市西部(郡山団地・豊川方面)・北部(彩都・忍頂寺方面)に路線網がある。 市内にを設置。 近鉄バス 市東部・南部と太田・春日丘・美穂ケ丘・阪大方面に路線網がある。 京阪バス 南茨木駅・立命館大 - JR・阪急茨木 - 市東部(鮎川・白川・目垣など) - を渡りや経由でを結んでいる。 行のがJR茨木駅前・阪急茨木市駅前(ともに東口)より発着している。 またへ向かうのがを経由する。 高速バス にある「名神茨木バス停」から各地への高速バスに乗車することが可能である。 (、)• (、、)• 大阪・京都 - 静岡線• () 運行事業者• 主要道路 や、といった幹線道路が市内を走っている。 1950年代から、田園都市論(都市計画に基づく工業誘致、生活圏の設定など)に基づき、中央市街地に幹線道路が建設されないような先進的な都市計画がなされている。 高速道路については、隣のとの境界付近にが所在している。 また、市域には・が通過しているほか、近隣にはも通過しており、各路線の・・・が市域および近隣に所在している。 このほか、市の北部をが通過しており、とが設置されている。 一般国道については、が市の中央を横断している。 管理は大阪国道事務所高槻維持出張所である。 郡山宿本陣(国の史跡) 名所• (通称「」設計:)• - 上流の景勝地。 がある。 深山水路(権内水路)• - を付け替えた後、元々茨木川が流れていたところを公園にした。 桜の名所でもある。 - 第22番札所• - 摂津西国三十三箇所観音霊場第24番札所、木造如意輪観世音菩薩坐像と木造四天王立像四躯が国の重要文化財• (通称、椿の本陣・国の史跡)• - 鎌倉時代の石灯籠が国の重要文化財• - 宮内庁は陵と主張しているが、高槻市にあるが継体天皇陵である可能性が高いとされる• (国の史跡) - 埋葬者はともされている。 - 弥生時代の大集落で、1973~1974年にかけて、やその鋳型が見つかった。 牟礼遺跡 - 縄文時代の水田跡などが出土。 の里 - 茨木周辺はであるの旧領であり、禁教後もひそかにキリスト教が茨木北部の山間で伝えられていた。 - 蔵垣内三丁目にある三宅国政の居城址• 水尾城 催事• 茨木麦音フェスト-毎年9月に行われる、全国のクラフトビールとロックのフェス• 市民さくらまつり - 元茨木川緑地で例年3月下旬から4月上旬に開催• 夏祭 - 例年7月13~14日に開催• - 中央公園などで例年7月末に開催• 辯天宗夏祭奉納花火大会 - 毎年に行われる花火大会。 会場は本部である飛龍山冥應寺(西穂積町・JR茨木駅からで約10分、茨木弁天前下車すぐ)。 冥應寺は(昭和39年)に開かれた。 当日は花火観覧客輸送に近鉄バスがピストン運行されるが、JR茨木駅から徒歩圏内でもあるためJR茨木駅へ歩く人々の行列ができることもある。 茨木音楽祭 - より中央公園にて毎年5月に開催• いばらき光の回廊~冬のフェスティバル~ 出身著名人 歴史• (太田茶臼山古墳の埋葬者とされる。 (阿武山古墳の埋葬者とされる。 - に茨木城を中心に東部を地盤とした。 ()や茨木重親(佐渡守)などがいた。 (茨木城を築城)• (茨木城主)• (茨木城主)• (茨木城主)• (茨木城主)• 安威了佐(茨木城代官)• (茨木城代官)• (茨木城主)• (茨木城主)• 間宮三郎右衛門光信(茨木城代官)• (主) - 現在は茨木市である山間部一帯が、かつてはの領地だった経緯から。 (高槻城主)• (高槻城主)• (高槻城主)• (茨木・水尾生まれの。 のち京都のに棲みついて数々の怪談を残した) 文化 文学• (小説家、)• (小説家、脚本家)• (脚本家、演出家、小説家)• (脚本家、演出家)• (絵本作家、漫画家) 科学• (・教授、中小企業学会会長)• 相馬芳枝(・特別顧問、世界女性化学賞受賞・市民栄誉賞受賞) 芸術• (作家) その他• () 産業• (日本の王と呼ばれた) 芸能 俳優• (俳優)• (女優)• (俳優)• (映画監督)• (女優)• (俳優)• (女優)• (女役)• (俳優)• (俳優)- 幼児期まで。 (俳優)- 幼児期まで。 歌手・音楽• (担当・)• (歌手・)• 岸本力()• (ロックバンド『』ドラマー)• (歌手・元)• (アイドル・。 (のダンサー)• 橋本章司(ロックバンドドラム担当・)• 真奈尚子(歌手)• (歌手。 当市生まれ、育ち。 (ロックバンド『』ギター・ボーカル)• (歌手・元)• (歌手・ダンスボーカルグループSUNLITEメンバー) 芸人• (漫才師、濱根・杉本)• (、お笑いタレント・)- 実家は市内でたこ焼き屋を経営。 東ブクロ(お笑い芸人・)• 伊藤といこん(お笑い芸人・)• 伝ペー(お笑い芸人・) その他• () スポーツ 野球• (元プロ野球選手、)• (元プロ野球選手、)• (元プロ野球選手、、投手)• (元選手、)• (元プロ野球選手、阪神タイガース)• (元プロ野球選手、)• (元プロ野球選手、)• (プロ野球選手、)• (プロ野球選手、) サッカー• (元サッカー選手、)• (元サッカー選手、)• (サッカー選手、)• (サッカー選手、)• (元サッカー選手、)• (元サッカー選手、)• (サッカー選手、)• (サッカー選手、)• (サッカー選手、)• (元サッカー選手、元) その他• (、金メダリスト)• (プロゴルファー)• (選手)• (水泳選手、代表)• (射撃銀メダリスト)- 出生地は北海道熊石町(現八雲町)• 福田創楽(テニス選手)• (ラグビー選手) 当市に縁のある人物 文化• (・受賞者・ )- 大阪府立茨木中学(今の)出身。 (小説家)- 出身。 (・)- 出身。 生前は市内に在住。 に記念館が併設されている。 ()- 出身。 (脚本家、作家)- (現・中国)出身。 小学生の時に当市に引き揚げる。 (脚本家、日本チャップリン協会会長)• ()- 本市の名を取った「」を舞台にした創作がある。 ()- 出身。 (作家)- 出身。 茨木高校卒業。 (衆議院議員)- 出身。 当市育ち。 (歌手・)- 出身。 (ギタリスト)- 出身。 ()- 出身。 (元女優)- 出身。 バレーボール選手()時代に茨木市内の寮に住んでいた。 (俳優)- 高槻市出身。 (俳優)- 出身。 (・)- 出身。 (お笑いタレント・ナインティナイン)- 吹田市出身。 植野行雄(漫才師・)- 吹田市出身。 (漫才師・、女優、元ボクサー)- 出身。 当市育ち。 (、元漫才師・)- 出身。 (お笑いユニット・)- 大阪市出身。 当市在住。 (マジシャン、コメディアン)- 出身。 ()- 京都市出身。 当市在住。 (落語家)- 出身。 当市在住。 ()- 高槻市出身。 濱家隆一(お笑い芸人・)- 出身。 (お笑いタレント)- 出身。 本人のインスタグラムの出身地は当市となっている。 (タレント)- 出身。 (タレント)- 出身。 (出生地は)小学生期に在住。 (指導者かつ考案者)- 日本人女性と結婚し、家族で茨木市に住んだことがある。 現在はアメリカを本拠地として活動している。 スポーツ• (プロ野球選手、)- 出身。 (プロ野球選手、)- 出身。 (サッカー選手、)- 出身。 (サッカー審判員)- 出身。 (元サッカー選手、)- 吹田市出身。 (元ラグビー選手、監督、元日本代表)• (ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス、元日本代表)• (視覚障害陸上選手、銅メダリスト)- 市内在住。 (レスリング選手、銀メダリスト)• www. city. ibaraki. osaka. 2019年10月24日閲覧。 www. city. ibaraki. osaka. 2019年10月23日閲覧。 www. city. ibaraki. osaka. 2020年6月14日閲覧。 『日本の鬼: 日本文化探求の視角』 講談社〈〉、2010年、205頁。 www. city. ibaraki. osaka. 2020年2月22日閲覧。 www. city. ibaraki. osaka. 2020年2月22日閲覧。 面白きこともなき世を面白く. 2019年10月24日閲覧。 面白きこともなき世を面白く. 2019年10月24日閲覧。 www. city. ibaraki. osaka. 2019年10月26日閲覧。 大阪府. 2020年6月14日閲覧。 www. city. ibaraki. osaka. 2020年6月14日閲覧。 大阪府. 2020年6月14日閲覧。 毎日新聞 2017年1月27日 11時58分• - 産経新聞、2017年1月27日.

次の

大谷信盛とは

木本保平

末武候補が転換訴え 茨木市長選は10日投開票されます。 日本共産党も参加する明るい茨木をつくる市民の会事務局長の末武和美候補(69)、現職の木本保平候補(71)、無所属新人の福岡洋一候補(40)の3氏の争いですが、対決の構図は市民とともに清潔で暮らし・福祉を最優先の市政をつくる末武氏か、現職や自民・おおさか維新が相乗りする他の2候補かです。 大型開発推進疑惑も深まる 4年前に大阪維新の会茨木支部の推薦で当選した木本市長は、彩都や安威川ダムなど大型開発を推進する一方、国保料や介護保険料の引き上げなど市民犠牲を進めてきました。 100億円を投じる「文化芸術ホール」建設計画を持ち出し、議会の反対で棚上げ状態になっているのに、市民会館の閉鎖を強行。 木本氏の親族が十数年間、固定資産税など税金約1千万円を滞納しているのに処分せず、その親族の土地・建物を担保に市内金融機関から5千万円借金した上、資産報告書に届けていないなど、疑惑が深まっています。 自民や維新が相乗りで擁立 木本氏は第一声で、「某党派は『積立金(160億円)は福祉に使え』というが、いまはインフラ整備をやるべき」と巨大開発路線に無反省。 木本氏の疑惑に市民の怒りが高まる中、自民党や維新などが相乗りで擁立した福岡氏の出陣式には、維新や自民府議、元民主府議が顔をそろえ、「彩都開発・ダム建設の完成が大事」(選対本部長の山本末男元市長)などと強調。 福岡氏は「クリーンな街、公正な街は当たり前」と演説しましたが、政務調査費の不正使用が相次ぐ維新の支援を受けていることには口をつぐんでいます。 暮らしの中に憲法を生かす 末武氏は「茨木市政を変える絶好のチャンス」と、「大型開発を進めて暮らし・福祉をつぶし、疑惑にまみれた現市政でも、自民や維新、民主を巻き込んだ『オール与党』でも、市民の暮らしを守ることは絶対にできない」ときっぱり主張。 市議補選にあさとう氏.

次の