高血圧 サウナ。 高血圧の方が入浴するときに気をつけるべきポイント

サウナは本当に健康に良いのか?【高血圧や体力が衰えている人にはデメリットが大きいが,低温・乾式にする対策もある】|Web医事新報

高血圧 サウナ

慢性的な症状への効果・効能 血行改善で肩こり・腰痛の緩和 肩こりや腰痛の主な原因は、 血流の不足や筋肉の疲労・緊張が原因のひとつと言われています。 サウナ浴をすると汗をかき、血圧も上昇し血流量が普通の状態の2倍近くに増えます。 その作用により筋肉に溜まっている疲労物質(乳酸)の排出が促進され、 筋肉がほぐれ疲労がとれることで肩こりや腰痛の緩和にもつながると考えられています。 便秘解消・デトックス効果 便秘になる要因のひとつとしてストレスが影響します。 強いストレスがかかる状態が続くと自立神経が乱れ、 体の新陳代謝の機能が低下するため、腸の動きも悪くなり便秘になると考えられています。 サウナに入り、汗をかくと血流が良くなるとともにリラックス効果も得られます。 リラックスした状態は、乱れた自律神経の回復を助けストレスを発散できるので、 腸の働きも正常になり便秘解消に効果的です。 また、サウナは汗を大量にかきますので、体内の毒素を汗と一緒に体外に排出する「 デトックス効果」もあり便秘解消につながります。 冷え性を改善・予防 冷え性は 末端の血流が悪くなっている状態にあり、手足の先が冷たく感じる症状です。 サウナに入ると血流が良くなり、体の末端まで血が巡るため毛細血管が拡張され「 冷え性改善」に効果があると言われています。 ただ、単発的にサウナに入るだけではなく、 一定期間継続して入り、常に血行のいい体を維持することで効果アップが期待できます。 また、 サウナと水風呂を交互に入る入浴法も血管鍛える効果があり冷え性の予防・改善におすすめです。 、 疲労回復・ストレス解消 体が「疲れる」という症状は、 筋肉に乳酸が溜まり思うように動かせなくなる状態を言います。 運動をしたり仕事で身体を動かすと乳酸が溜まり疲れ(疲労)を感じるようになります。 乳酸は酸素により分解され汗として排出されますが、サウナに入ると血流量が増え酸素摂取量も増加するので 乳酸の分解が促進され、同時に大量に汗をかくことで 乳酸の排出もスムーズに進み疲労が軽減されます。 また、ミストサウナや岩盤浴など リラクゼーション効果の高いサウナは、精神的なストレスなど「 心の疲れ」を取ってくれる効果もあり仕事帰りや休日に入るのもおすすめです。 わきが・体臭・加齢臭対策 わきがや汗の臭い、そして40代になると発生してくる加齢臭などのいわゆる 「体臭」の原因は汗腺の働きと大きく関係しています。 サウナに入って汗を流すことで体に溜まった老廃物や汗腺に詰まった皮脂や臭いの原因物質を排出することができます。 また、普段使っていない体中の汗腺を鍛えることができるので、汗をかく働きが正常になり 体臭の予防にも効果があると言われています。 内臓疾患や病気への効果 肝臓 ストレスを感じると交感神経が活発になりますが、肝臓をはじめとした臓器を動かすのは交感神経とは拮抗する関係にある副交感神経です。 身体がストレスを感じている状態が続くと、交感神経の作用で血流量が減少し内臓へ血液量も減るので、 肝臓にもよけいな負担がかかり働きが弱まってしまいます。 こんな時、ゆっくりとサウナに入り、血流量を増やしリラックスした気分になることで、 副交感神経を刺激し肝臓の働きを活発にしてくれる効果が見込めます。 腎臓 サウナ浴は慢性の腎臓病や腎臓結石の方にも有効であることがわかっています。 サウナに入り発汗し血流量が増えることで、身体の深部まで温まるので通常より多くの 尿素などの老廃物が汗と一緒に排出されます。 これが腎臓の負担を減らしてくれるのです。 人工透析をしながらサウナ治療を受けられている方もおられます。 ただ、サウナを選ぶ時は、 身体への負担が軽い遠赤外線を使う岩盤浴や低温高湿のミストサウナ等を選択し、定期的に継続されることをおすすめします。 糖尿病 糖尿病の方はストレスを強く感じると 交感神経が活発になり血糖値が上がります。 こんな時、サウナにゆっくり入り リラックスした状態を作ると副交感神経が刺激されて緊張モードが解け、ストレスが緩和されますので 血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。 また、サウナに入ることで、血行が良くなり インスリンの働きを促してくれる効果もあります。 サウナの種類は、ゆっくりとリラックスできる 岩盤浴かミストサウナが適しているでしょう。 熊本日日新聞に掲載された記事などによれば、鹿児島大付属病院で診療棟の一角にサウナ風呂が設置され、その サウナを心不全患者の温熱療法として利用されているそうです。 サウナは、入り方(温度・時間・頻度)をしっかり管理することにより、心不全の症状を大きく改善し、同時に心身のリラクゼーション効果をもたらす治療として効果が期待できます。 癌(ガン) サウナ浴は免疫機能を高める作用がありますので 癌の予防にも効果があると考えられています。 一般的に、癌患者の体温は平均的に低いとされています。 体温が低いと免疫機能が弱くなり細胞がガン化する確率が高くなることがわかっています。 サウナ浴を定期的に継続することで血流量を増やし酸素を血中に多く取り入れ、 体の深部体温を上げることで自然に免疫機能もアップしますので癌予防につながります。

次の

危険な入り方は自殺行為??サウナのデメリットを理解して、正しく利用しよう。

高血圧 サウナ

危険な生活習慣(2) サウナに入る サウナは入り方を間違えると自殺行為になります。 以前、私が真冬のアメリカのリゾートホテルに行った時、別棟にあるサウナに徒歩で行き、20~30分と長めに入ったところ、血圧が150mmHgを優に超えていたことがありました。 心拍数も150をオーバーしており、汗をかいて激しい運動をしている時と同じ数値になり、非常に驚きました。 つまり、サウナは激しいスポーツと同程度の負担を体に強いるものなので要注意です。 入る前後にコップ1杯以上の水を飲むことです。 血管がもろくなっている中高年や、糖尿病、高血圧など持病を持つ方にとっては、サウナと水風呂は死に直結する行為なので、特に注意が必要です。 危険な生活習慣(3) 尿意、便意を我慢する 排便と血圧の変化も密接に関わっていることが、私自身の血圧データと患者さんのデータから明らかになっています。 排便の際は、いきむので血圧が上昇します。 つまり、便秘気味の人は血圧が上がりがちになるのです。 下痢の場合も、おなかに痛みが生じることにより、体に負担がかかり、血圧が上がるので、こちらも好ましくはありません。 便通はスムーズであることが一番です。 また、排尿を我慢しても血圧が上がります。 これも私自身の経験ですが、ビールを飲んで帰宅する際、電車の中で尿意を我慢していました。 駅のトイレで、排尿前後の血圧を調べたところ、排尿前175mmHg、排尿後12mmHg5となり、尿意を我慢しただけで、血圧が50mmHgも上がっていました。

次の

サウナは本当に健康に良いのか?【高血圧や体力が衰えている人にはデメリットが大きいが,低温・乾式にする対策もある】|Web医事新報

高血圧 サウナ

高血圧の人はサウナは避けた方がいいか? サウナに入ると血圧が上がるか、下がるか?また、高血圧の人はサウナに入ってもいいか?・・・ということですが、結論から言うと血圧は上がります。 これは血圧日内変動とは?でもご紹介しましたが、 サウナに入ることで血圧が16%上昇すると言われています。 ですから、高血圧の人は原則的にはサウナは避けた方がいいと言われています。 サウナに入る際の注意点 サウナで血圧を上げることはいくつかあります。 まず、長時間サウナで過ごすこと。 また、サウナの後に水風呂に入るのも血圧を上げます。 寒暖差というのは血圧には悪影響を与えるのです。 また、サウナの後のビールも美味しいかも知れませんが、血圧のことを考えると水分補給の際は水がベストです。 サウナの後のお酒は血圧を上げてしまいます。 どうしても入りたいという場合は、 1.できるだけ10分以内に済ませる 2.水分補給は水にする 3.サウナを出た後に水風呂に入ったりしない 4.横になるなど、楽な姿勢で入る といったことを心がけるとよいのではないでしょうか。 ただし、高血圧の方は原則サウナは控えた方がよいので、その点も注意するといいと思います。 お風呂はどうなの? お風呂に入浴する際は血圧は大きく変動します。 熱いお湯に触れると血圧は上がり、お湯につかると血圧は下がります。 また、脱衣所とお風呂場の寒暖差でも血圧は急激に変化すると言われています。 ですから、お風呂に入る際は、 1.お風呂場を温めておく(湯気などでもいいですし、暖房があればそれを使います) 2.露天風呂などは高血圧の方は避ける 3.かけ湯をしてからお風呂に入る 4.長湯はしない(10分以内) 5.お酒を飲んだ後は入らない 6.お湯の温度は40度以下 7.脱衣場も予め温めておく 8.水分補給を忘れない こういったことに注意すると良いのではないでしょうか。

次の