お 線香 あげ 方。 線香をあげるときのマナー 本数とあげ方に決まりがある?仏壇とお墓の場合を別々にご紹介!

線香をあげるときのマナー 本数とあげ方に決まりがある?仏壇とお墓の場合を別々にご紹介!

お 線香 あげ 方

仏壇やお墓、納骨堂でお線香をあげたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、 お線香の意味や正しいあげ方があることをご存知でしょうか。 実は、お線香の正しいあげ方は、宗派によって異なります。 今回、こちらでは、仏壇に特化して、お線香の意味を始め、宗派ごとにお線香のあげ方について説明していきます。 お線香をあげる意味 お線香をあげるには、以下のような意味があります。 意味を知ることで、故人や仏様を大切に思う気持ちをもち、 お線香をあげるときの気持ちを引き締めることができます。 お線香の香りは故人や仏様の食べ物 お線香の香りは、故人や仏様の食べ物と考えられています。 そのため、故人が亡くなられてから四十九日の間は、 お線香を絶やさないという習慣があります。 故人が生前好きだった香りのお線香を備えてあげると、 とても喜んでいただけることでしょう。 ご自身の身を清める お線香の香りは、お線香をあげる人の身やそこの場を清める意味を持っています。 お線香の香りで、お線香をあげる人の香りを消してくれ、体と精神を清めてくれるとされているためです。 お線香の香りを嗅ぐと、落ち着いた気持ちになる経験をお持ちの方も多いと思います。 良い香りを嗅ぐことで、心が穏やかになり、落ち着いた気持ちになります。 仏様とつながる お線香をあげるという行為そのものが、お線香をあげる人と故人や仏様との心を繋げることになります。 お線香の香りを通して、故人や仏様とお話をするということになります。 日々の出来事や思い出話しなどを お話すると良いでしょう。 故人が迷わず旅立たせる お線香の香りや煙によって、故人が迷うことなくあの世に旅立てるとされています。 また、お線香の灯は、 現世と仏様の世界とをつなぐ道標であるともされています。 お坊さまがあげる読経(どきょう、どっきょう)や 周りの方の思いが伝わり、灯に導かれて、迷うことなく旅立つことができます。 線香の種類 お線香の種類は豊富で、仏壇用のお線香から香りや形を楽しむものまであります。 原料は、白檀(びゃくだん)、沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)などが一般的です。 線香選びのポイント お線香を選ぶときのポイントとしては、「形」「香り」「煙」の3点となります。 お線香に関しては、基本的に宗派に問わず、 お好みで選んで良いとされていますので、お寺さんによっては形や素材に決まりがある場合がありますので、 檀家としてお寺が決まっている場合は、お坊さまに確認されると良いでしょう。 では、ポイントに沿って説明して行きます。 ポイント1:形 仏壇で使われるお線香の形は、一般的に「短寸(たんすん)」と言われている棒状の物になります。 長さは一般的に約13. 5cmで、燃焼時間が25〜30分とされており、お経を1回読み上げる時間となっています。 ポイント2:香り お線香の種類には「匂い線香」と「杉線香」の2種類があります。 香り線香には、お花の香りやフルーツの香りなど、 様々な香りの種類があり、香りは材料で決まります。 一般的に、お仏壇用としては「匂い線香」を、 屋外用として「杉線香」が使われます。 匂い線香の香りには、特に決まりはありませんので、故人がお好きだった香りやご自身のお好みで選ぶと良いでしょう。 なお、最近は、密閉性の高い住宅が増えていることもあり、住宅事情に合わせて、マイルドな香りのお線香も多く出ています。 ポイント3:煙 種類により煙が多く出るタイプと少ないタイプのものがありますので、お好みに合わせて選ぶと良いでしょう。 香り同様、現在の住宅事情に合わせて、煙の少ないタイプも出ています。 マンションなど戸建て住宅よりも密閉性が 高い住宅の場合には適しています。 なお、屋外用として使われる杉線香は、煙が多く出ますので、室内で使われる場合は、煙感知器が 作動することもありますので、注意が必要です。 宗派別の線香のあげ方の違い お線香のあげ方は、宗派別により違いがあります。 違いのポイントは次のようになります。 ・お線香の本数 ・お線香を折るか折らないか ・線香立てに立てるか寝かせるか それでは宗派別にみていきたいと思います。 浄土真宗 1本のお線香を真ん中から2つに折り、横に寝かせます 浄土宗 1本〜3本を折らずに、線香立ての真ん中に立てます 曹洞宗 1本を折らずに、線香立ての真ん中に立てます 日蓮宗 1本を折らずに、線香立ての真ん中に立てます 天台宗 3本を折らずに、1本をご自身が座られている手前側に、残りの2本を仏壇側に立てます。 線香立ての中で、逆三角形の形になるようにします。 真言宗 3本を折らずに、1本をご自身が座られている手前側に、残りの2本を仏壇側に立てます。 線香立ての中で、逆三角形の形になるようにします。 臨済宗 1本を折らずに、線香立ての真ん中に立てます 仏壇にお線香をあげる手順 手順1.数珠を左手に持ちます 手順2.仏壇の前にある座布団に座ります 訪問先の場合は、座布団に座る前に周囲の方に一礼します 手順3.仏壇の正面に座り、一礼、合掌をします 手順4.ろうそくに火をつけます 手順5.ろうそくの火でお線香に火を付けます お線香の本数や置き方については「宗派による線香の本数の違いとあげ方」をご参照ください。 手順6.合掌、礼拝 手順7.座布団からおり、遺影に一礼します 訪問先の場合は、遺影に一礼した後、周囲の方に一礼し、ご自分の場所に戻ります お仏壇にお線香をあげるときのNG作法 お仏壇にお線香をあげるときにやってはいけないNGな作法について紹介させていただきます。 お線香にマッチやライター等で火を付けない お線香にマッチやライターで火をつける行為はNGな作法と言えます。 ただし、最近は、安全の問題から、お線香専用のチャッカマンが置いてある場合があります。 その場合は、この限りではありませんので、チャッカマンから直接火を付けても無作法とはなりません。 お線香に息を吹きかけて火を消さない お線香に息を吹きかけて消してはならないのは、仏教の教えが元になっています。 人の悪い行動は「身口意」の3つのうちの一つから生まれるとされており、その中の一つである口から出した息で、 神聖なお線香の火を消すことは無作法とされているためです。 線香をあげるだけの場合にはリンを鳴らさない(宗派による) 宗派によっても違いがありますが、お線香だけをあげる場合には、リンを鳴らすことが無作法とされていますので、 気をつけましょう。 リンの鳴らし方、鳴らすタイミングについては、「おリン」の頁をご参照ください。 座布団を足で踏まない 座布団にはお客様を敬い、もてなすという気持ちが込められています。 その座布団を足で踏んでしまうということは、 おもてなしの心を踏みにじることになり、大変失礼な行為となるため、無作法とされていますので、 この点にも気をつけましょう。 まとめ 本記事は、線香のあげ方や手順、NGな作法について説明しましたが如何でしたか。 お線香は仏様や故人のためにだけあるものではなく、私たちの心を穏やかにしてくれるものでもあります。 何かと忙しい日々を過ごされている方が多いとは思いますが、一日の始まりと終わりには、お仏壇に向かって、 心を落ち着けて、仏様やご先祖様とゆっくりお話をしてみてください。 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の

お線香をあげに行く時、何を持っていけばいいですか?

お 線香 あげ 方

「お線香をあげる」「焼香する」、どっち? お線香には大きく分けて「線香」と「抹香」「焼香」があり、「線香」は「線香をあげる」、「抹香」「焼香」は「焼香する」と区別する場合もあります。 「線香」は普段仏壇やお墓まいりのときに使われている細い棒状のもの、「抹香」は細かい粉状のもの、「焼香」は刻んだ香木や香原料を調合したもので、通夜、葬式、法事などで使われます。 通夜、葬式、法事などでも「線香」が使われる場合ももちろんあり、この場合は「線香焼香」と言われます。 お線香をあげたり、焼香する意味とは? お線香を焚く意味はいろいろあります。 まず、お線香の香りは故人の食事です。 亡くなってから四十九日間は、お線香をずっと途切れなく焚きます。 これは、故人が仏の世界に旅立つまで、お線香の香りが食べ物となるからなのです。 お線香を焚くことで、生きている私たちと周りの空間が清められるということもあります。 そして、お線香の煙を介して故人とお話ができる大事なツールとなるとも言われています。 仏壇でお線香をあげるときの正しい手順 仏壇へのお線香のあげ方は地域や宗派により違いがありますが、一般的な流れは下記のようになります。 まず仏壇の前に座ります。 数珠を左手で持ち、仏壇に向かって一礼、そして合掌します。 2.ろうそくの火がついていないときは、マッチかライターでろうそくに火をつけます。 お線香の火はろうそくでつけ香炉に立てます。 3.お鐘(りん)を鳴らして、合掌し、一礼します。 なぜなら読経する時にだけ使うからです。 お墓でお線香をあげるときの正しい手順 お墓まいりで線香をあげる手順は、下記のようになります。 お墓の前で軽く一礼します。 墓石に打ち水をします。 花立に水を入れて生花を添えます。 ご先祖さまへの水を入れる水鉢がある場合は、水鉢に新しい水を注ぎます。 故人の好物だった菓子・果物などをお供えします。 ろうそくに火をつけます。 火をつけたろうそくを少し傾けて地面にろうを垂らし、そこにろうそくを立てると安定します 6. ろうそくからお線香に火をつけます。 水桶からひしゃくで水をすくって、墓石にかけます。 この時に墓石の下のほうに気持ち程度に水をかける方がいますが、たっぷり墓石の上から水をかけて下さい。 合掌し、一礼します。 宗派によりお線香の本数、置き方は違う お線香の本数は宗派により異なり、また、宗派によってお線香は立てずに、香炉の大きさに合わせて寝かせて焚く場合もあります。 仏壇の方に2本、こちら側に1本と逆三角形になるように立てます。 全部覚える必要はありません。 もし、弔問先の宗派がわからなかったら、自分の宗派と同じようにしても大丈夫です。 お線香に直接火をつける・息を吹きかけて消すのはNG たまに、ライターにそのままお線香を近づけて火をつけている人が見かけますが、これはNGです! 必ず、ろうそくに火をつけてから、ろうそくからお線香に火を移します。 お線香に火が移ると、少し火が大きくなりますね。 その火を息を吹きかけて消すこともNG。 お線香を持つ逆の手であおぎ消すようにしてください。 人の口は、「悪行をつみやすく汚れやすい」ものとされ、その口で息を吹きかけては仏様に失礼であるとされているからです。 きちんと意味があるので、失礼なことをしないように注意しましょう。 お葬式などでの焼香の仕方 通夜、お葬式などでは、「抹香」「焼香」で焼香をします。 左手に数珠をかけて、右手の親指、人指し指、中指の3本で「抹香」または「焼香」をつまみ、目の高さまで持ち上げます。 このことを「おしいただく」と言います。 そして指でこすりながら隣にある香炉の中に落とします。 【焼香の仕方】〜座敷に座った「座礼焼香」の場合〜 1. 立ち上がらずに、ひざをついたまま両手を軽くひざの脇につけて、体を軽く浮かせながら進みます。 焼香台の前で、遺影と位牌に向かって一礼、そして合掌します。 左手に数珠をかけて、右手で焼香します。 再び合掌して、遺族に一礼。 霊前に向いたままでひざをついて後ろに下がり、自分の席に戻ります。 焼香には「座礼焼香」のほか、立って行う「立礼焼香」、順番に香炉を回して自分の席で行う「回し焼香」があります。 宗派別に焼香の回数は違う 焼香の回数は宗派により異なり、または「おしいただく」ことはせず、低い位置から落とす宗派もあります。 おしいただくはしない。 低い位置から落とす。 おしいただくはしない。 低い位置から落とす。 おしいただく。 おしいただく。 おしいただくかどうかは、特に決まりはありません。 おしいただくはする。 おしいただくかどうかは、特に決まりはありません。 最初の1回のみおしいただく。 通夜、葬式の「線香焼香」のやり方や本数などは、先の「仏壇でお線香をあげるときの正しい手順」、「宗派によりお線香の本数、置き方は違う」の記事を参考にしてね。 まとめ 宗派によって、お線香の本数やあげ方が違うのですね。 少なくとも、自分の実家や夫の実家のことは覚えておきたいですね。 訪問先では、「お線香のあげ方がわからないのですが」と、正直に言って教えてもらってもOK。 また、お葬式などでは、喪主の焼香の手順をしっかり見ておくといいでしょう。 教えてくれたのは・・・中山みゆきさん 冠婚葬祭アドバイザー。 All Aboutで冠婚葬祭サイトの運営に携わる。 現在は、その知識を生かして冠婚葬祭関連のアドバイス活動を重ね、「思いやり」の心を大切にした情報を発信中。 取材・文/有馬未央(KIRA KIRA).

次の

線香をあげるときのマナー 本数とあげ方に決まりがある?仏壇とお墓の場合を別々にご紹介!

お 線香 あげ 方

浄土真宗はなぜ線香を立てずに寝かせて使用するの? ご先祖様の供養に欠かすことができないお線香。 お香は古代インドが発祥で死体の臭い消しや医療目的で使用されていましたが、日本の線香は江戸時代に現在の形状が発明されたとされています。 宗派ごとの線香の本数 お線香をあげる時には宗派によって方法に違いがあるのであらかじめ自分の宗派を確認する必要があります。 宗派によって線香の本数は一本であったり、三本であったりしますが大きくまとめてみるとこんな感じです。 臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・・・一本立てる 天台宗・真言宗・・・三本立てる 浄土宗・・・一本か二本を二つ折りにして立てる 浄土真宗・・・一本を香炉の大きさに合わせて折って火が左になるように横に寝かす 仏法僧・三宝・三帰依 線香の本数は地域の風習や慣例などによりちがいはあると思われますが、仏教の基本的な考え方である「三帰依」からきています。 仏教を構成する上で基本的で重要な3つ要素は「仏、法、僧」で、 仏・・・悟りを開いた人 法・・・仏の教え 僧・・・仏の教えに従い悟りを目指す人 で、三つの宝、三宝と呼ばれており仏教徒は三宝に帰依することが重要だとされていて、線香の本数は三宝を示しているわけです。 曹洞宗などの1本の宗派も「一体三宝」の考えから立てる線香の数は1本だけれど、三宝の考え方はどの宗派同じですね。 浄土真宗はお線香を寝かせて使用する 浄土真宗だけはお線香を寝かせて使用しています。 線香が発明される前、浄土真宗では常香盤という香炉を使ってお香を焚いていました。 常香盤の中に入っている灰を型を使って溝を作り、その中に燃香を入れて一本の棒状になるようにして、端から火をつけると長時間燃えるように工夫されています。 この流れで線香が主流となった今でも浄土真宗では線香を寝かすのが作法となっています。 仏様・ご先祖様への感謝のこころはとても大切ですが、宗派の作法を知ってある程度のマナーは身に着けておきましょう。

次の