ミニマル 代々木 上原。 Chevron

ミニマルの新業態ガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」がオープン

ミニマル 代々木 上原

ビーントゥバーブランド「 Minimal -Bean to Bar Chocolate- 」は、2019年6月22日 土 、代々木上原に新業態となるガトーショコラ専門店「 ザ ベイキング Minimal The Baking 代々木上原」をオープンする。 カカオ豆の香りをダイレクトに楽しむ板チョコレートの販売を中心に行ってきたこれまでとは異なり、チョコレート菓子をメインとしたラインナップを揃える。 また、しっとりもちもちとした食感は、じっくりと焼き上げる拘りがゆえに生まれたものだ。 5cm 3,250円+税 また、板チョコレートにはない味わいは、酵母発酵がもととなっている。 カカオ豆は、元来、農園で発酵を行う発酵食品。 ミニマルの「ガトーショコラ」では、酵母を入れて焼くことで、 さらに発酵させ、豊かな香りを引き出している。 この二次発酵とも言える新しい製法により、うま味がひきたち、板チョコレートにはない満足感とコクを生み出すことができている。 5cm 3,250円+税 「ガトーショコラ」には、うま味の強い「ハイカカオ High Cacao 」とカカオの果実感が感じられる「フレッシュ Fresh 」の2種を用意した。 「ハイカカオ」は、王道の濃厚な味わい深さが魅力なので、コーヒーやラテ、バニラアイスなどとの相性が抜群。 一方「フレッシュ」は、レーズンのような香りが特徴のカカオ豆を使用しており、渋みやスパイス感のある飲み物と相性が良いので、紅茶やミルクティー、ポートワインなどと楽しみたい。 カフェメニューも充実 店内では、「ガトーショコラ」のほかにも、チョコレートクリームが主役の「チョコレートウィッチ」、そしてスペシャル素材からバリスタが提供するカフェメニューを展開する。 カフェメニューには、カカオとも相性のいいハンドドリップコーヒーのほか、カフェラテ、カフェモカ、紅ほうじ茶 by GEN GEN AN、レモングラスほうじ茶 by GEN GEN AN、チョコレートドリンクなどを揃えている。

次の

カフェも併設!Minimalのガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」がオープン

ミニマル 代々木 上原

うちのアザラシはチョコが大好きなので、今回はチョコレート専門店「Minimal -Bean to Bar Chocolate- ミニマル 」から新業態となるガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原 (ミニマルザベイキングヨヨギウエハラ)」がオープンするそうです。 今までカカオ豆の香りをダイレクトに楽しむ板チョコレートを中心に開発をしてきましたが、Minimal The Bakingでは、お菓子を通じてカカオやチョコレートの可能性をより広げ、私たちの新しいチョコレート体験をより広く多くの方にお届けする挑戦する店舗としてオープンするそうです。 そんな新業態を今回はご紹介いたします。 Contents• Minimal The Bakingのコンセプト Minimal では限定品としてチョコレート焼き菓子や、チョコレートスイーツを開発してきました。 今回のコンセプトは「火入れ」です。 ここからさらに、カカオ豆と砂糖以外の他の素材を使ったチョコレート菓子を作る時には、板チョコレートを作る際のカカオ豆の焙煎(1段 目の火入れ)に加え、様々な素材を含んだ生地に2段目の火入れ をして変化が起こるため、カカオの香りを引き出すためにはより難解な火入れとなります。 変数が非常に多いので試作は多岐に渡り、試行錯誤を重ねて開発を行いカカオ豆を活かしたお菓子を提案していきます。 新店舗 Minimal The Baking 代々木上原では、「ガトーショコラ」に加え「チョコレートウィッチ」、そしてスペシャルティ素材からバリスタが提供するカフェメニューを新たに提供されるそうです。 ガトーショコラのこだわりについて Minimal The Baking メインの焼き菓子が「ガトーショコラ」です。 この挑戦の末、素材を活かした新しいガトーショコラを作り出すことができました。 チョコレートを作る際も火入れは特に非常に細かく管理をし味わいを調整しています。 ガトーショコラは、カカオ豆からチョコレートを作る際の1段目の火入れに加え、 チョコレートからガトーショコラを作るための2段目の火入れを行います。 焼き菓子としての美味しい火入れを探りながらも、カカオ豆がもつ香りを活かすためのレシピ調整が必須となります。 カカオの種類によっても1段目と2段目のベストな火入れ具合は異なるため、豆によって試行錯誤を繰り返し、今回のレシピに辿り着いたそうです。 カカオ豆は農園で発酵を行う発酵食品です。 ガトーショコラに酵母を入れて焼くことで、同じく発酵をさせています。 この発酵感は Minimalのチョコレ ートと相性が非常に良く、またカカオの香りをより複雑かつ豊かに引き上げることができます。 この二次発酵とも言える新しい製法により、板チョコレートとは異なる新たな味わいを創造することができました。 また、発酵はうま味を生み、うま味は満足感となります。 通常、焼き菓子の満足感はバターや香料を加えて表現しますが、今回は発酵のうま味により十分な満足感やコクをつくることができたので、バターなどは 最小限に抑え、チョコレートにフォーカスした味わいのあるガトーショコラを生み出すことが出来ました。 今回は、チョコレートらしい味わいと長い火入れによりうま味の強い「High Cacao」と、カカオの果実感を楽しむために火入れを少し浅くして仕上げた「Fresh」の2種類から販売を開始するそうです。 火入れによる風味の変化が少ないという特徴 があり、長めに火入れをすることで発酵が強くなり、心地よい発酵 感やうま味が感じられる、多くの方に愛される王道のチョコレートらしい味わいのガトーショコラです。 外側の食感もざくざくとするほどに焼けていて、香ばしさもポイントです。 味わい深いのでコーヒーやラテ、バニラアイスなどと一 緒に食べるのがおすすめです。 果実感や酸味を失わないように火入れは弱めに調整をしながら、うま味や香ばしさを加えているので、ほのかにカラメル感が加わりレーズンパンのような味わいに仕上げています。 南国フルーツの種であるカカオ豆の多様性を表現したガトーショコラです。 渋みやスパイス感のある飲み物と相性が良く、紅茶やミルクティー、ポートワインなどと一緒に合わせるのがオススメ ご自宅用、ギフト用には通常サイズのガトーショコラをおすすめしていますが、お配りやお試し、店内カフェでのお召し上がり用に小さいバトンサイズも用意。 シーンに応じてお選びください。 また焼き上げてから1週間くらいの間で、できたての食感からしっとりとした食感に変化したり、味わいが馴染んで変化します。 ・原材料:卵、カカオ豆、砂糖、バター、小麦粉、米油、ドライイースト チョコレートウィッチのこだわりと商品詳細 今回チョコレート菓子の新業態の店舗をオープンし、今まで継 続的な販売が難しかった生菓子をご提供できるようになりまし た。 そこで、Minimalらしいカカオが香るチョコレートがケーキやシュークリームのようにより多くの人に愛されるきっかけにし たいと思い開発したのが「チョコレートウィッチ」です。 主役は軽やかで自然な甘みの「チョコレートクリーム」 クリームは口どけが良く、香り高いカカオ豆の長い余韻をお楽しみいただけます。 クリームに乳製品を使うレシピが一般的ですが、今回はチョコレート・甘酒・米油でお作りしています。 目指したのはカカオバターの甘みとカカオの香りを引き出した満足感のある軽やかなクリーム。 発酵食品の甘酒によりすっきりとした甘みが引き立ち、カカオの発酵感や香りも引き出され、満足感のあるクリームが完成しました。 クリームを引き立てる「ビスケット」と「チョコレート」 一番外側の2枚のビスケットと、中央に挟んだ板チョコレートは、チョコレートクリームをより美味しく味わっていただくために、風味や輪郭を添える役割です。 香ばしさやボディ感を加えていますが、チョコレートは薄く伸ばし、ビスケットもしっとりと薄く焼き上げることで、チョコレートクリームを最も美味しく味わうためのベストバランスに辿り着きました。 ミリ単位で設計したスティック形状でバランスのとれた満足感 チョコレートウィッチは、チョコレートクリームを美味しく食べてもらうために形状にもこだわりました。 繊細な風味まで存分に味わっていただきたい一方で、クリームらしく満足感も感じてもらいたい。 少しサイズを変えるだけでクリームを重たく感じたり、香りを感じとりにくくなるという問題がありました。 Minimalの板チョコレートは4g前後で割れるグリッドを刻むことで、繊細で豊かな香りまで味わえるように設計しています。 チョコレートウィッチも同じ発想で、縦・横・厚さを 5mm 単位で試作を重ね、一口での味わいと一本を食べ終えた時のベストな満足感を探りました。 メニュー構成はスペシャルティコーヒー、お茶、チョコレートドリンクです。 新しいチョコレートの味わいや楽しみ方だけなく、コーヒーやお茶など良質な嗜好品の素材が与えてくれる豊かな味わいと彩り ある空間や時間を届けていきます。 原産地まで直接行って良い素材 を厳選し、丁寧に焙煎するというスペシャルティの世界観をもった クラフトマンシップ溢れるブランドをセレクトし、コラボレーショ ンする事で、一緒にクラフトの世界を広げていきたいと思っています。 また、ガトーショコラの High Cacao と Fresh のそれぞれに合うコーヒーとお茶のペアリングメニューもあります スペシャルティコーヒー 良質な豆から丁寧に素材の良さを引き出すロースターさんから仕入れた豆を使用します。 常時 2-3 ロースターの幅広い味わいの豆を取扱い、旬やシーズンによって変更していく予定です。 オープン時は 2 種類のお茶があるようです。

次の

“火入れ・発酵・うま味”がチョコレートを新しくする。Minimal のガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原

ミニマル 代々木 上原

ビーントゥバーブランド「 Minimal -Bean to Bar Chocolate- 」は、2019年6月22日 土 、代々木上原に新業態となるガトーショコラ専門店「 ザ ベイキング Minimal The Baking 代々木上原」をオープンする。 カカオ豆の香りをダイレクトに楽しむ板チョコレートの販売を中心に行ってきたこれまでとは異なり、チョコレート菓子をメインとしたラインナップを揃える。 また、しっとりもちもちとした食感は、じっくりと焼き上げる拘りがゆえに生まれたものだ。 5cm 3,250円+税 また、板チョコレートにはない味わいは、酵母発酵がもととなっている。 カカオ豆は、元来、農園で発酵を行う発酵食品。 ミニマルの「ガトーショコラ」では、酵母を入れて焼くことで、 さらに発酵させ、豊かな香りを引き出している。 この二次発酵とも言える新しい製法により、うま味がひきたち、板チョコレートにはない満足感とコクを生み出すことができている。 5cm 3,250円+税 「ガトーショコラ」には、うま味の強い「ハイカカオ High Cacao 」とカカオの果実感が感じられる「フレッシュ Fresh 」の2種を用意した。 「ハイカカオ」は、王道の濃厚な味わい深さが魅力なので、コーヒーやラテ、バニラアイスなどとの相性が抜群。 一方「フレッシュ」は、レーズンのような香りが特徴のカカオ豆を使用しており、渋みやスパイス感のある飲み物と相性が良いので、紅茶やミルクティー、ポートワインなどと楽しみたい。 カフェメニューも充実 店内では、「ガトーショコラ」のほかにも、チョコレートクリームが主役の「チョコレートウィッチ」、そしてスペシャル素材からバリスタが提供するカフェメニューを展開する。 カフェメニューには、カカオとも相性のいいハンドドリップコーヒーのほか、カフェラテ、カフェモカ、紅ほうじ茶 by GEN GEN AN、レモングラスほうじ茶 by GEN GEN AN、チョコレートドリンクなどを揃えている。

次の