ヘキサゴン。 簡易式ヘリポート夜間灯火『ヘキサゴン』開発 夜間のヘリ離着陸サポート[Sponsored]

クイズ!ヘキサゴンII

ヘキサゴン

誹謗、中傷の記述のあるコメントを書き込まないでください。 クイズ! ヘキサゴンII QUIZ! 」 エンディング を参照 製作 プロデューサー (演出兼任、フジテレビ) (フジテレビ) 西雅史・大川泰・小沢英治(共にD:COMPLEX) 制作 放送 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 19:00 - 19:57 放送分 57分 回数 246 特記事項: から放送、。 『クイズパレード』はから。 この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 『 クイズ! ヘキサゴンII』(クイズヘキサゴンツー、英称: QUIZ! HEXAGON II)は、からまでで毎週の19:00 - 19:57()に放送されていたの。 通称は『 ヘキサゴンII』。 本番組の前身であり、2005年からまで毎週水曜日19:57 - 20:54(JST)に放送されていた『 クイズ! ヘキサゴン 今夜はクイズパレード!! 』についても本項目で併せて記述。 概要 番組の進行 番組開始前に出演者に対して50問のクイズからなるが行われる。 番組冒頭で予選テストの結果発表が行われ、順位に基づいて3チームが編成。 3チームがさまざまなクイズで争い、全ステージを終えて得点が最も多いチームが優勝となる。 期間によっては最下位を争う制度となり、最下位のチームは後述の「お楽しみゲーム」を受ける。 『クイズ! ヘキサゴン』の移り変わり 前身番組『』のが低迷したため、総合司会の紳助が番組のリニューアル()を要望したことを受け、2005年放送分から「今夜はクイズパレード!! 後に紳助はこのことに触れ「改編時期ではなかったがプロデューサーがすぐ了承してくれた。 まるで役所の「」みたいだった」と語った。 水曜19時台への移行 2005年より『クイズ! ヘキサゴンII』とタイトルが変更され、放送時間も水曜19時台へと1時間繰り上げられた。 正式なタイトルは『クイズ! ヘキサゴンII』だが、番組中でのロゴやタイトルコールは『 ヘキサゴンIIクイズパレード』となっていた。 19:00 - 21:54に、からまでに新春特番として放送してきた『』(は元日・は別番組を放送)がレギュラー番組終了と年末特番に移行された、代替の形で放送した(も同様)。 2009年・にはフジテレビ系列の看板番組『』を本番組をベースに放送した。 時間帯を移して以降、特に放送の3時間スペシャルで22. 2007年からは紳助がとなり出演者同士でユニットを組み歌手デビューさせ、それらがには『』に出場するなどいわゆる「おバカブーム」を作り上げ、番組の全盛期を迎える。 日本PTA全国協議会主催の「子供とメディアに関する意識調査」で、「親が子どもに見せたくない番組」として2008年度が第7位、2009年度は6位となった一方で、「子供に見せたい番組」として2009年度は8位にランクインされた。 「見せたくない番組」と「見せたい番組」両方にランクインすることは極めて稀である。 2010年の放送の最後で放送300回を突破したことが発表され、の放送からBGMやCGが大幅にリニューアルされ、紳助・羞恥心・Pabo・サーターアンターギーのマスコットが入るタイトルロゴやフォント・BGMなどに一部変更された。 2011年放送分で、紳助により同年秋に4枚目のヘキサゴンアルバム(『』)を発売することと、合わせて番組出演者の「総選挙」(同アルバムに投票券を封入)を実施することが発表された。 紳助引退に伴う対応、番組の終了とその後 、紳助が暴力団との交際をしていた影響により芸能界を引退することを発表。 それに伴い紳助が出演した収録済みの回は全てとなり、翌日24日に放送予定だった本番組も緊急差し替えとして『』を放送。 翌週31日は『』の第2弾として放送される予定だったが、本番組のパートを『』の総集編に差し替えて放送された。 その間、各種報道では紳助が総合司会を務める他の番組同様、番組の継続・終了について取り沙汰された。 その後、に放送を再開。 当面は代理総合司会を置くことになり、7日分は藤本とつるのが、翌週放送分では品川と上地が代行した。 しかし、14日の放送前に本番組の終了が決定し 、28日のスペシャルをもって終了することが報道された。 終了の理由としては「視聴率的には代理総合司会でも横ばいだったが、やはり紳助さんのテイストが濃く、紳助さん抜きでは無理」とメディアに報じられた。 これにより紳助が総合司会を務めた番組で終了が確定したのは報道時点で系列『』に続き2番組目となり、最終的に(一部)『』も加わった。 紳助のレギュラー番組のうち、彼の以外で終了となったのは本番組のみである。 9月7日、14日、28日(最終回)の放送において、出演者から紳助の実名は一切出されなかった。 また、最終回においては他の番組では恒例となっている過去の名場面なども紳助が引退した事情から放送出来ず、最後の提供クレジットなどにおいて、紳助が映っていない一部シーンが流れたのみだった。 番組終了後も一時は動向が不透明になっていたコンピレーションアルバム『WE LOVE ヘキサゴン 2011』は予定通り発売され(但し、総選挙の企画は中止)、出演者で行われるライブやサーターアンダギーの活動も予定通り行われた。 水曜19時枠は同年以降、やスポーツ中継(・)で、より新番組『』が開始された。 2011年に放送された『』において一部のヘキサゴンファミリーが出演し、全員で『』を歌唱した。 出演したのは、、、、、の8人。 席順表 番組開始時の席順表 順位は「街角アンケート」による予選ペーパーテストの予想順位を示す。 レギュラー放送時は2009年10月28日より、中央の前2列がゲスト5人(2009年9月16日のルール変更後から出演者枠が拡大する以前の回までは、ゲストは4人)で固定されるようになり、残りの16人が予想順位に従って着席するようになった。 通常放送時(対抗戦ルール放送時) 1 2 3 15位・16位 9位・8位 7位・6位 14位・13位・12位 (ゲスト固定) 5位・4位・3位 11位・10位 (ゲスト固定) 2位・1位 高校生対抗戦ルール放送時 ヘキサゴン1 ヘキサゴン2 高校生 14位・13位 7位・6位 (高校生固定) 12位・11位・10位 5位・4位・3位 9位・8位 2位・1位 18-27人参加のSP放送時は、向かって右側の席に予想順位の上位、中央に中位、左側に下位の解答者が着席する。。 18 - 27人参加時 1 2 3 27位・26位・25位 18位・17位・16位 9位・8位・7位 24位・23位・22位 15位・14位・13位 6位・5位・4位 21位・20位・19位 12位・11位・10位 3位・2位・1位 この番組開始時に出演者が着席している場所は、行列早抜け! リレークイズ、全員で一斉早押し! 早抜けクイズ、嫌でもクイズに答えよう(早押し)ご指名クイズなどで正解した解答者が着席する場所や「アナウンスクイズ」、「底抜けドボンクイズ」、「縄跳びクイズ」、ライブなどをしていない人が待機する場所としても使われている。 この時は自由席で、司会者等も含め無関係に着席している。 解答者の席順表(チーム編成表) 番組のオープニングで、司会の島田が予選ペーパーテストの結果を1位から順に発表し、解答者は番組開始時の席から解答者席に一人ずつ移動する。 予選ペーパーテストの点数が同点の場合は、氏名のでより早い方が高順位の扱いとなる。 名前を呼ばれると、アシスタントから順位と自分の名前が書かれたプレートを貰い、席に設けてあるプレート差しに差す。 初期の頃のプレートは順位だけで名前はなく、2006年2月15日放送分からチームカラーと同じ色のネームプレートが付き、後にチームカラーが縁取りされた白いネームプレートになった。 名前は透明な板に書かれており、順位が決定すると両面テープでネームプレートに貼り付けている。 レギュラー放送は、水色・ピンク・オレンジ・黄色・緑のうち3つを使用。 ヘキサゴンチームは前と同じく成績順に2つの席の中でジグザグに座り、ゲストチームは特定のゲスト5人にヘキサゴンメンバーのうち11位と16位を加えた7人でチームを組み、成績順に座る。 ゲストチームの平均点によっては、上位または下位のヘキサゴンファミリーがゲストチームに入る事もある。 これは解答者数やチーム数が変わった場合も同様である。 18 - 27人参加の放送時 (1) (2) (3) 25位 26位 27位 24位 23位 22位 19位 20位 21位 18位 17位 16位 13位 14位 15位(ゲスト) 12位 11位 10位(ゲスト) 7位 8位 9位(ゲスト) 6位 5位 4位(ゲスト) 1位 2位 3位(ゲスト) 『』(2006年放送)・(2011年放送)の『』チームや『』(2007年放送)チームや『』(2011年放送)チームのように、1チームのメンバーを固定した場合はそのチームは一番右隅に座る。 残りのメンバーの成績順でジグザグに着席する。 なお、着席順は多少異なる場合もある。 この席順は予選ペーパーテストの結果発表時のほか、• 行列早抜け! リレークイズ• 全員で一斉早押し! 早抜けクイズ といったコーナーのスタート時などで使用される。 なお、• 嫌でもクイズに答えよう(早押し)ご指名クイズのスタート時は、チームの代表者を除くメンバーが• 前後を答えよう! 2ショットクイズのスタート時は、アンカー解答者を除くメンバーが この順序で着席しており、「電撃4択クイズ どっちカニ〜!? 」のスタート時は、この基本形とは逆にチーム編成はそのままで成績の低い者が前になるように着席する。 全体の番組の変遷• チームカラーは水色・ピンク・オレンジ・黄色・緑 から適宜使用される。 「クイズパレード」開始 - 2006年5月3日放送分まではチームごとにリーダーが決められ 、チーム名がリーダーの名前で呼ばれていた。 翌週の2006年5月10日より後述の「もちろんクイズ」において代表者が問題毎に入れ替わるようになったことによってチームリーダーの制度を廃止し、チーム名が色の名前で統一された。 2007年5月から賞金をかけて争われるようになった。 番組の進行中に島田個人の判断で、一時ルールが変更されることがある。 2009年9月16日 - 2011年3月9日放送回までは優勝ではなく最下位を決定するルールに変更(優勝チームへの賞金は2009年10月28日の放送回から廃止、サドンデスは2位決定戦に変更)。 最下位になると「歌のコーナー」終了後に「お楽しみゲーム」を受ける。 この変更でゲストチームはクイズ形式に不慣れなせいもありハンデが与えられる事も無いため、最下位になることが多かった• 2010年6月30日 - 12月1日までヘキサゴン2チームと一般公募で選ばれた高校生チームを加えた3チームによる対抗戦。 高校生チームが優勝すればの試合終了後の勝者チームに則ってスタジオで校歌を斉唱し、ヘキサゴンチーム最下位チームがお楽しみゲームを受けなおかつ1人が優勝した高校へ出向き謝罪。 高校生チームが最下位になった場合は持参した看板を没収されスタジオに飾られ 、お楽しみゲームも受けなければならない。 高校生チームが2位だった場合は特に何も無い。 2010年7月21日放送分は『』が目前に迫り「忙しいから手軽に集めた」のと、番組対抗ヘキサゴンのヘキサゴンチームの助っ人探しも兼ねて外国人チーム7人と対戦した。 この中からが、本番の『26時間テレビ』で助っ人として参戦した。 2010年12月8日放送分からは高校生チーム募集の終了及びゲストチーム制度の廃止に従い、以前の形式に戻った(お楽しみゲームルールは継続)。 2011年4月13日放送分からはの影響でお楽しみゲームが廃止され、再び優勝を目指すルールに戻った(賞金・賞品などはなし)。 2011年6月1日放送分からとは再び最下位を決めるルールに戻り、最下位となったチームはメンバーの中で一番足を引っ張った人が「 反省戦士おバカーマン」として恥ずかしいをしながら反省の弁を述べることとなった。 この「おバカーマン」のコスプレは、視聴者からデザインを募集していた。 出演者 総合司会• 2011年8月23日に芸能界引退を表明したため、2011年8月17日放送分が最後の出演となった。 代理総合司会• () 2011年9月7日放送分。 2011年9月7日放送分。 () 2011年9月14日放送分。 2011年9月14日放送分。 進行(アシスタント)• (当時フジテレビ) 得点発表や「行列早抜けリレークイズ」の正解発表が主な役割だが、解答者が怪我・妊娠・持病を抱えているなどの諸事情でコーナーに参加できない場合は代役を務めることがある。 出題者• 過去には、、、、、が牧原の代理で出題を務めたこともあった。 ナレーション• 主な出演者(ヘキサゴンファミリー) 最終回まで出演したメンバー 男性• :2005年7月、2006年1月、2006年11月 -• :2007年6月 -• ():2005年11月 -• :2007年12月 -• :2007年12月 -• :2007年8月、2008年12月 -• ():2005年6月 -• (品川庄司):2005年6月 -• ():2005年10月 -• ():2005年8月 -• (FUJIWARA):2005年8月 -• :2008年12月 -• ():2009年10月 -• :2009年4月 -• (アンガールズ):2005年10月 -• ():2005年6月 -• (コント赤信号):2005年6月、2006年3月 - 女性• :2006年7月 -• :2007年5月 -• :2007年2月 -• :2007年11月 -• :2008年1月 -• :2005年10月 - 2006年10月、2007年12月、2008年10月 - 過去の出演者 男性• ():2005年8月 - 2006年10月、2007年5月 - 2008年1月• ():2005年7月 - 2008年6月、2010年3月、2011年1月 - 3月• :2010年2月 - 2011年3月、2011年7月• :2005年9月 - 2009年1月、2010年6月• (次長課長):2005年8月 - 2006年10月、2007年5月 - 2008年1月• (フットボールアワー):2005年7月 - 2008年11月、2010年3月、2011年1月 - 3月• :2005年7月 - 2008年8月• :2007年11月 - 2008年3月• ():2006年2月 - 2007年5月• :2008年4月 - 2010年3月• (タカアンドトシ):2006年2月 - 2007年5月• :2006年11月 - 2009年7月• :2005年6月 - 2008年10月、2010年4月• :2005年6月 - 2007年10月、2008年7月• :2005年6月 - 2010年10月• :2005年7月 - 2009年8月• :2005年8月 - 2007年2月、2007年10月• ():2005年8月 - 2008年7月、2009年8月• (ますだおかだ):2005年11月 - 2009年2月• :2005年10月 - 2006年8月、2008年3月 - 2010年4月• :2005年10月 - 2009年3月、2011年7月• :2008年4月 - 2009年5月• ():2006年9月 - 2008年7月、2010年3月• :2005年6月 - 2005年12月• :2010年2月 - 2011年7月 (歌のみや歌謡ショーでの出演も含む) 女性• :2006年6月 - 2007年8月、2008年3月 - 2009年9月• :2006年5月 - 2009年6月• :2005年8月 - 2010年7月• :2009年3月 - 2011年1月• :2008年6月 - 2010年1月• :2005年11月 - 2008年7月、2011年6月• :2009年6月 - 2010年12月• :2005年6月 - 2008年7月、2009年2月 - 2009年3月、2010年1月 - 2010年3月• :2006年5月 - 2007年6月• :2005年6月 - 2008年3月、2010年3月• :2005年9月 - 2007年6月、2008年1月• :2005年10月、2006年12月 - 2009年9月、2010年12月• :2005年10月 - 2006年11月• :2005年11月 - 2009年5月• :2005年6月 - 2008年3月• :2007年1月 - 2008年7月 音楽活動 2007年に番組内でPaboが初めて番組発ユニットとして結成されて以来、数々のが結成された。 また、「 」という総称がついており、2008年にアルバム『』をリリースした。 また、2007年8月1日以降の放送から番組の終わり頃に発表曲を、2008年3月19日以降からはエンディングと題してスタジオライブという形でほぼ毎回、それぞれのユニット・歌手の曲を放送している。 2009年9月16日からのゲストチーム制が開始してからは、お楽しみゲームを実施する前にそれぞれのユニット・歌手の曲を放送するようになった。 稀に、番組冒頭で行われたり、スペシャル放送では番組途中で挿入されるケースもあった。 2010年9月1日放送分は、先述した木下と藤本の緊急結婚報告のためスタジオライブはカットされた。 ただし、スタジオライブに参加するユニットのメンバー全員がその回のクイズに参加するとは限らず、クイズに参加しなかったメンバーが歌のみに参加することも多い。 また、カシアス島田プロデュース以外では、、、がソロ曲を、他番組発では新選組リアンが歌を披露した。 ただし、崎本の『』はの模様を放送。 番組で結成されたユニット 番組で結成されたユニットについては『』を参照。 予選ペーパーテスト 出演する芸能人・有名人が本番前に50問(1問1点、50点満点)の「予選ペーパーテスト」を行う。 先述通り、同点の場合は五十音順に順位が決定する。 問題は小学校・中学校レベルの一般常識問題から、最新の時事問題まで多ジャンル。 このペーパーテストの制限時間は15分(1問当たりに換算すると18秒)で、本番収録が行われるスタジオで実施される。 なお、ペーパーテストは(最近の4回分)・ヘキサゴンドリル(出版物)でも挑戦でき、サイトは会員登録すれば、得点及び出演者との比較も出来た。 なお、のとについては2人1組で参加し、2人の得点の平均点を成績とするという特例があった。 クイズコーナー 「」を参照 スペシャル放送 「タレントで構成される3チームがクイズで対抗する通常の1時間の番組」とは異なる放送が行われることがある。 通常放送より放送時間が長くなり、参加者が増え、ステージ数が多くなる(拡大版)• 「歳末超クイズパレード2時間スペシャル!! 参加者全員が特別なメンバーで占められる(変形版)• 「女だらけの2時間スペシャル!! 」(2005年10月12日)、「芸人vs新旧アイドル対決2時間スペシャル!! 」(2005年11月16日)、「フジテレビアナウンサー大会」(2006年2月8日)、「特別編・頭を強く打っちゃった大会」(2006年9月20日)• 特別なメンバーで占められる1チーム(または2チーム)がいつものメンバーによるチームと対戦する(対抗戦)• 「Wぅ杯 番組交流戦スペシャル」(2006年6月14日)、「」、「」、「」スペシャル(2007年8月29日) 、「スペシャル」、「番組対抗ヘキサゴン」など• 「3チームがクイズで対抗する」という基本的な枠組みが崩れ、事実上別番組(番外編)• 「合宿スペシャル」(2007年9月26日)、「旅行3時間スペシャル」(2008年2月20日、2008年3月5日) 、「合宿スペシャル」(2008年9月17日)、「クイズヘキサゴンIIヒットパレード」(2008年10月22日、2009年11月18日)、「宮古島合宿スペシャル」(2009年3月25日)、「26時間テレビ裏側密着スペシャル」(2009年7月29日、2010年7月28日)、「合宿スペシャル」(2009年9月30日)、大総集編 あなたが選んだもう一度見たいヘキサゴン名珍場面ランキング(2010年2月24日)、秋の3時間スペシャル(2010年10月6日) クイズ合宿 おバカさん達の成績があまりにも酷いということでスタジオを飛び出し、行楽地でのクイズ合宿を行う。 合宿ではクイズやゲームの成績によって食事や宿泊場所が決定するために、成績が悪いと食事抜きや野宿などの厳しい合宿となる。 紳助はヘキサゴンでは常にガチであることを強調しており、「他の番組ではたとえ放送上は食事抜きでも収録後に食べさせてくれることもあるが、この番組はガチで食べさせない。 」と宣言している。 また、出演者に対するドッキリや、男性陣(特に妻帯者)が意中の女性とデートすることができる企画もある。 終盤ではゴルフ大会や野球大会を行うなど「合宿」と言うより「」といった趣きを見せていた。 通常放送と同様チーム分けも行われることはあるが、多くの回では団体戦の組みわけ程度にとどまっており、最終的な優勝チームは決めないことも多い。 ヘキサゴン紙幣 京都・熱海以外の合宿では自分の現金は使用できず、合宿専用のヘキサゴン紙幣を使用しなければならない。 出発前に行う全員一斉早押しクイズの順位に応じて各自に支給され、主に食事が低ランクになってしまったり、野宿となってしまった時に使用する。 また、毎回出発の際にバスに乗車するが、乗車賃にも高額のヘキサゴンを使用(所持金が少ない人のために冷房なしや自転車での移動、デブ達との相乗りなどのペナルティつき移動も選べる)し、さらに出発料も徴収されてしまう。 ヘキサゴン紙幣は合宿当日に持ってこなければ無効の上、紛失・破損した場合も再発行できない。 しかし、譲渡や他人の代金を肩代わりすることもできるため、デート企画の前に心証を良くするために男性が女性陣の代金を肩代わりすることも多い。 ヘキサゴン紙幣は早押しクイズで手に入れるほか、合宿前に行われる通常回のクイズなどでボーナスとして手に入る他、合宿内で活躍した場合もボーナスとしてもらうことができる。 逆に番組に迷惑をかけたり(遅刻など)不正を行った場合は罰として没収される。 初回の沖縄合宿では合宿終了後に残ったヘキサゴン紙幣1枚につき2万円で換金された。 また、それを見越して南紀白浜ではヘキサゴン紙幣を残した人が多く出たが、レートは1枚200円に減っていた。 なお、ヘキサゴン紙幣の適用範囲は合宿開始から合宿終了(南紀白浜までは終了後のスタジオ収録)まで。 また、宿泊決めクイズ終了後から翌朝の朝食までの間や収録外で楽しむレジャーなどは自分のお金で飲み食いや代金を支払うことが許される。 当初は飲み物や軽食等、ヘキサゴン紙幣が使用できる個所は比較的たくさん設けられていたものの、中期以降は(少なくとも放送上は)最初の交通費及び宿泊場所か食事のグレードアップ以外にヘキサゴン紙幣の使用箇所はなくなった。 人気4番組合体! ヘキサはねるホンマ!? 123 4時間ブチ抜きスペシャル• 『クイズ! ヘキサゴンII』と『』と『』と『』の4番組が、それぞれの番組の枠を超えてコラボレーションした特別番組。 放送は、2011年2月9日(水曜日)19:00 - 22:48• ブロックごとのタイムテーブルは下記通り。 19:00 - 19:58…クイズ! ヘキサゴンII• 20:56 - 21:52…ホンマでっか!? 視聴率は 17. Coca-Cola Happy Music Quiz featuring ヘキサゴン(コカ・コーラ ハッピーミュージッククイズ フューチャレング ヘキサゴン)は2009年4月1日から2009年9月2日まで、番組中で放送された筆頭番組スポンサーのとの企画。 内容はヘキサゴンファミリーから3 - 4名が登場し、コカ・コーラのキャンペーンに関する早押しクイズに挑戦する。 出題はヘキサくん()。 コンサート• ヘキサゴンファミリーライブ お台場冒険王 〜羞恥心とPaboとゆかいな仲間たち〜 会場 - お台場特設ステージ 出演者 - (つるの、上地、野久保)、(里田、、木下)、、、、、、、、、 ゲスト - のイベントの一環で行われた、羞恥心とPaboが出演したヘキサゴン史上初めてのコンサート。 観客は観覧募集(無料)として募集された。 2008年 会場 - 出演者 - を参照。 初の有料コンサート。 ヘキサゴンファミリー・コンサート 会場 - 合衆国HAPPYスタジアム(お台場合衆国内) 出演者 - 、、スザンヌ、アンガールズ、岡田圭右、、、、、、品川庄司、、、波田陽区、FUJIWARA、misono、、、、中村仁美• 2009年 会場 - 国立代々木競技場 第一体育館 出演者 - を参照。 昼の部と夜の部の2回公演。 2009年12月31日-1月1日 ヘキサゴンファミリーカウントダウンライブ 会場 - フジテレビ22階フォーラム 出演者 - つるの剛士、里田まい、スザンヌ、、アンガールズ、岡田圭右、、クリス松村、金剛地武志、崎本大海、、品川庄司、、ダンディ坂野、波田陽区、南明奈、、矢口真里、、、中村仁美、、misono• 2010年 クイズ! ヘキサゴンII放送300回記念 スベラーズ単独ライブ 会場 - Shibuya O-EAST 出演者 - スベラーズ(岡田、小島、波田) ゲスト - つるの剛士、上地雄輔、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜、アンガールズ、神戸蘭子、崎本大海、品川庄司、FUJIWARA、、misono、南明奈、元木大介、森公平、矢口真里、山田親太朗、RYOEI、中村仁美• 2010年 ヘキサゴンファミリーコンサート2010 会場 - イベントホール 出演者 - を参照。 2010年12月25日 クイズ! ヘキサゴンII presentsスーパークリスマスパーティー2010〜決戦! オールスター野球大会〜 会場 - 出演者 - 、、つるの剛士、上地雄輔、里田まい、スザンヌ、木下優樹菜、アンガールズ、岡田圭右、神戸蘭子、クリス松村、小島よしお、崎本大海、品川庄司、新選組リアン、ダンディ坂野、波田陽区、FUJIWARA、松岡卓弥、misono、南明奈、元木大介、矢口真里、山田親太朗、、RYOEI、、中村仁美 SPゲスト - 、、 ヘキサゴンファミリーコンサート2011 会場 - 幕張メッセ 出演者 - を参照。 シークレットゲスト - 主題歌 メインテーマ• エンディングテーマ 曲名 ユニット・歌手名 放送日 2006年8月2日 - 2007年7月11日 2007年7月18日-2008年2月20日 2008年3月5日 - 6月4日 2008年6月11日 - 7月23日 2008年7月30日 - 10月1日 2008年10月8日 - 29日 Pabo 2008年10月22日 2008年10月29日 - 11月26日 羞恥心 2008年12月10日 - 12月17日 里田まい with 合田兄妹 2009年1月2日 - 2月18日 AIR BAND 2009年2月25日 - 3月25日 矢口真里 2009年4月1日 - 4月22日 トモとスザンヌ 2009年4月29日 - 5月27日 2009年6月10日 - 7月8日 2009年7月15日,7月29日 泣いてもいいですか 2009年8月5日 - 8月26日 2009年9月2日 2009年9月9日 - 9月30日、2010年9月15日 フレンズ 2009年10月14日 - 11月4日 里田まい with 合田家族 2009年11月11日 - 11月18日 2009年11月25日 2009年12月9日 矢口真里とストローハット 2009年12月16日 - 2010年1月20日 2010年1月27日 - 2月24日 Pabo 2010年3月3日 南明奈のスーパーマイルドセブン 2010年3月10日 - 3月31日 サーターアンダギー 2010年5月26日 - 6月2日、8月25日 - 9月1日 エアヴィジュアルバンド 2010年6月23日 - 6月30日 2010年7月7日 僕らには翼がある〜大空へ〜 ヘキサゴンオールスターズ 2010年7月14日 - 7月28日、9月8日 崎本大海 2010年8月4日 - 8月18日 ツバサ 2010年10月6日 ファミーユ 2010年11月17日 サーターアンダギー 2010年12月1日 - 12月15日 崎本大海 2011年1月12日 - 1月19日 サーターアンダギー 2011年1月19日 - 3月9日 エンディングの歌唱シーンは、地上デジタル放送ではいわゆるスーパーとなっている。 2010年4月(ごろ)からアナログ放送が16:9になったことから、サイドパネル部分を狭くして、額縁放送の部分が大きめになった。 ネット局と放送時間 『クイズ! ヘキサゴンII』放送時間とネット局 放送地域 放送局 系列 放送日時 遅れ (CX) 水 19:00 - 19:57 製作局 (UHB) 同時ネット (MIT) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (FTB) (THK) (KTV) ・ (TSK) (OHK) (TSS) (EBC) (KSS) (TNC) (sts) (KTN) (TKU) (KTS) (OTV) (UMK) フジテレビ系列 (TOS) フジテレビ系列 日本テレビ系列 水 16:53 - 17:53 14日遅れ (RAB) 日本テレビ系列 水 24:59 - 25:56 (YBS) 日 12:00 - 13:00 不明 (TYS) 日 12:54 - 13:54 約5ヶ月遅れ• 2005年から同年までは毎週水曜日19:57 - 20:54だった。 2005年からは現在の放送時間。 (JRT)は2009年4月末 - 2011年3月5日に放送された。 遅れネット局では、テレビ大分を除く全局で紳助引退と同時に放送が打ち切られている。 スタッフ• 構成 - 小笠原英樹• 作家 - 、他• スーパーバイザー -• クイズ問題 - 、• 音楽 - 、山崎耀• CG - 他• Special Thanks -• チーフディレクター - 早川和孝• プロデューサー - 、西雅史、大川泰、川嶋典子• 演出 - 奥村達哉• 演出・チーフプロデューサー -• 協力 - adtv、• 技術協力 - 、、、他• スタイリスト - 遠藤美紀(つるの剛士 妻)• アートプロデューサー - 書籍• 『』(、2007年12月22日)• 『ヘキサゴンドリルII』(扶桑社、2008年4月25日)• 『ヘキサゴンドリルIII』(扶桑社、2008年10月8日)• 『ヘキサゴンドリルIV』(扶桑社、2009年8月20日) 本番組の予選ペーパーテストで使用されている問題をそのまま書籍にしたもの。 Iは2006年3月22日放送分から2006年12月27日放送分までの中から選ばれた12回、IIでは2007年1月10日放送分から2007年6月27日放送分までの中から選ばれた12回、IIIでは2007年7月4日放送分から2007年10月10日放送分までの中から選ばれた12回、IVでは2007年10月31日放送分から2008年6月11日放送分までの中から選ばれた12回の問題と正解、街角予想順位と実際の結果等が収録されている。 『里田まいのおバカ伝説』(、2007年11月7日) 全7章の内、「ヘキサゴン予選ペーパーテスト実例集」としてこの番組の予選ペーパーテストでの珍解答に1章が、「ヘキサゴン伝説」として番組内での珍解答に1章が割かれており、その他の章にもこの番組関係の記述がある。 『ヘキサな絵本 We read ヘキサゴン!! 14日放送分のオープニングで上地と品川が放送が後2回と発言しているため、この収録時点で終了が確定していた。 唯一、最終回終盤におけるつるののスピーチ内で「ここにいらっしゃらない、色々な歴史を作ってくれた方がいる」と、紳助を思わせる発言があった。 2009年3月25日放送分「宮古島合宿3時間SP」と27時間テレビのレディースガチ対決SPのみ紫が使用されている。 リーダーは各チームの話し合いで決められるため、チーム内で成績が最も低い解答者がリーダーになるケースもある。 また、開始当初リーダーはチームカラーと同じ色の羽織を着用していた。 ルール上は後に再挑戦して最下位を逃れれば看板を返却する事になっていたが、実際に2回挑戦した高校は無かった。 初回のみ、2位でもヘキサゴンチームの謝罪が行われた• 同年6月8日放送分は収録時期の関係により「おバカーマン」は無く、優勝を目指す形式になっている。 同年6月15日放送分も収録時期の関係により「おバカーマン」はないが、最下位の人が勝てそうな人を指名しリレークイズを行った(タイマンクイズの派生系)。 紳助の芸能界引退のため、2011年8月17日放送分で一旦廃止したが最終回で復活した。 なお、放送再開後の9月7日放送分は賞金、賞品等は無しで、優勝を決めるのみだったが、14日放送分は品川から金一封がもらえることになった。 2008年10月22日と2009年11月18日放送分のみ作詞・プロデュースを担当する「カシアス島田」に扮して出演。 2007年5月30日放送分のとして系列でゴールデンタイムに放送された・夫妻(当時)の結婚披露宴に出席・出演していたが、本番組放送中の19時台は披露宴会場には居たものの、カメラに映らない処置で重複回避された。 最終回SPでは羞恥心のPV内で出演。 元々は「おバカさん」達を少しながら蔑称の意味も込めて纏めて呼んでいた名残。 RYOEIや別番組発の新選組リアンなども併せて呼ぶ場合もある。 この放送で、崎本がイケメンチームとして出場した。 この時はスペシャルとして3時間を使ってもとても収まりきらなかったとして2008年3月5日の通常放送枠を使用して「冬の京都スペシャル延長戦」が、さらにそれでも放送しきれなかったVTRがあるとして2008年4月1日の深夜に「ヘキサゴンII特別編京都で出会った人に感謝! 全て見せますスペシャル」が放送された。 misonoと上地は紅白に出演していたため夜の部のみ参加。 字幕放送は未実施。 スペシャルは土日に放送するが、未放送の回もあった。 2006年7月16日に放送された『』の午後に行われた本番組のSPは同時ネットされた。 2010年9月までは木16:55 - 17:53だった。 スペシャルは土曜に放送するが、通常版と放送は前後し、未放送の回もあった。 2009年4月29日から定期放送開始。 2006年頃から2009年4月21日までは、火曜日深夜に10日遅れで放送の『』がFNS系で特番による休止の場合の穴埋めなど、その他として放送していた。 スペシャルは1〜2ヶ月遅れで先行して放送されていたが、レギュラー化後は3〜5ヶ月遅れで逆に遅れが酷くなっている。 それ以降、2010年は火曜深夜の穴埋め枠では『』を放送していた。 火曜深夜の同時刻にで放送の『ペケポン』が休止の時は、『』(制作)が放送されるため、紳助の番組が重なることがあった。 2008年9月より放送開始。 スペシャルを土日の昼間に放映するケースもあった。 元々は不定期放送だった。 2008年4月から定期放送開始。 実はFNS系以外では初の定期放送局であり、山梨放送がネット開始するまでは、唯一の定期放送局であった。 また、2007年4月から2008年3月までは、スペシャルのみを、土曜か日曜の昼間に不定期で放送していた。 2010年10月からは現在の日時。 そのため、12:54 - 13:54の時代を除けば、の特別番組(主にスポーツ中継)が該当時間帯に編成される時は、休止もしくは時間変更の場合がある。 2009年4月末から6月末まで毎週火曜日深夜0:29 - 1:29に、2009年10月から毎週土曜14:00 - 15:00に移動。 さらにそれ以前にも、スペシャルのみを、2ヶ月遅れで、系列の特番が休止の場合のみ穴埋めとして放送されたことがある。 (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の

ヘキサゴンソケットセット(ホルダー付) トネ TONE (前田金属工業) ヘキサゴン 【通販モノタロウ】 HH406〜

ヘキサゴン

ヘリコプターによる航空運送事業を手がけるヒラタ学園(神戸市)と岐阜大学(岐阜市)、学生ベンチャーのヒューロビント(同)、病院・介護施設での食事サービスを提供する日清医療食品(東京都千代田区)は、持ち運び可能な簡易式ヘリポート夜間灯火『HEXAGON(ヘキサゴン)』を開発、今年4月1日から販売を開始する。 全国各地のヘリポートでは夜間照明が整備されておらず、日没後のヘリ運航は難しいとされてきた。 『ヘキサゴン』は一人でも持ち運ぶことができ、約10分で設置可能。 救急車や物資搬送車などに搭載しておくことで、着陸地点に照明を運び込んで、ヘリを誘導できるようになる。 災害や緊急時のヘリ夜間運航をサポートし、防災・救急医療体制強化への効果が期待されている。 左:『ヘキサゴン』の販売開始に先立ち、4社協働プロジェクト記者発表会が行われた。 右:4月1日から全国の自治体、消防、警察、病院などへ販売していく=2月18日、神戸市のヒラタ学園神戸エアセンター 「研究室ではロボット技術と福祉といった組み合わせをはじめ、企業や現場のニーズを聞き取りながら先端技術を活用する社会実装に取り組んでいる。 持ち運び可能な照明開発の依頼を受け、2019年1月にプロジェクトが動き始めた。 以来、軽量化・低消費電力・大量生産の容易さ-の3点をポイントに試作と改良を重ねてきた」 ロボットアーム研究などで知られる岐阜大学工学部機械工学科の松下光次郎准教授は、『ヘキサゴン』の特長をこう説明する。 『ヘキサゴン』の灯火は、航空法で定められた航空黄(オレンジ色)の境界灯8個、航空緑の境界誘導灯8個。 1個の大きさは縦横が各15センチ。 高さは3センチと薄く、重さはわずか1. 2キロと軽量化を実現している。 軽いだけではなく、風圧にも強く、上空や全方向からも明瞭に視認が可能。 高輝度LED集合ランプが採用され、電源は単3アルカリ乾電池3本で、6時間以上の連続点灯ができる。 左:乾電池を入れ、土台プレートに差し込んで使用。 電気系統は2系統に分離し、トラブルで全照明が消えてしまう心配はない。 右:製品名にもなっている六角形(ヘキサゴン)は、視認性を高め、風圧をやわらげる 松下准教授は、「ヘリコプターは着陸時に、ローターブレード(翼)の回転によってダウンウォッシュと呼ばれる下方向への強風を発生させる。 照明が軽いと風で動いてしまうが、六角形という形状や高さの工夫などによって、ボルトなどで固定しなくても吹き飛ばされないようにした」と指摘する。 照明が入ったキャリーケースは、風光灯や予備電池といった備品を含め、総重量は約35キロ。 一人で持ち運びが可能で、10~15分ほどで設置できる。 設置時にはまず、着陸帯の中心となる場所にケースを置く。 ケースには境界灯と境界誘導灯の設置位置が分かるようにマーキングされた巻き尺が入っている。 設置する人はケースを起点にして、巻き尺を持って距離を測りながら灯火を配置していくと、15メートル四方と20メートル四方の着陸帯を作ることができる。 設置の簡便さも追求した。 ケースを起点にして動きながら、巻き尺のマーキングを見ながら着陸帯を作ることができる 灯火はリモコン(無線)で点灯・消灯するため、着陸帯から離れた場所からも操作ができる。 将来的には、ヘリコプターのコックピットからも操作ができるように開発が続けられている。 製品の生産は、岐阜大学の学生らが立ち上げた学生ベンチャーのヒューロビントが手がける。 岩田君彦代表は、「大学の研究成果をしっかりと技術移転していく。 IoT(モノのインターネット)などをうまく活用し、ハードとソフトの両面から、熱意を持って合理的に開発を継続して、利便性を向上させていきたい」と意気込む。 ヘリの運航時間延長へ期待 『ヘキサゴン』を配置した着陸帯に進入するヘリ。 夜間照明の普及によって、ヘリ運航時間を延長することができる ヘリは、操縦士(パイロット)が障害物などを目で確認して、衝突を回避しながら飛ぶ「有視界飛行方式」で運航する。 フライトは天候に左右され、夜間(日没から日の出まで)は、航空法の基準を満たした計器や照明設備がない場合は、離着陸が原則禁止されている。 ヘリコプターは、空港や公共・非公共ヘリポートをはじめ、飛行場外離着陸場として国から許可を得ている場所に着陸できる。 また、市町村などが、災害時の人員や物資搬送を目的に、飛行場外離着陸場の許可基準に合致したグラウンドやゴルフ場、駐車場などをヘリポート適地(臨時ヘリポート)として設定している。 ヒラタ学園の調べによると、全国でヘリが離発着できる場所の90%以上で夜間照明が未整備になっているという。 ヒラタ学園が拠点を置く兵庫県でも、約850カ所のヘリ離着陸場があるが、照明設備があるのは、空港や病院など5カ所だけにとどまっている。 背景には、安全確保や騒音問題など、さまざまな要因があるが、設備投資の難しさも課題の一つ。 常設型の照明は電気工事も必要となり、設置費用は約1000万円前後と高額になる。 可搬式照明もあるが、発電機などの電源やケーブルが必要となる上、重量が大きく設置には多くの人手が必要になるという。 災害時のヘリにより救援活動への期待は大きいが、ヘリの夜間飛行体制は十分に構築されていない。 また、ドクターヘリについては、乗務要件などさまざまな課題の議論が続けられており、夜間運航は実施されていない。 ヒラタ学園副理事長で航空事業本部の平田光弘・本部長は、「地球温暖化などの影響もあり、災害が多発している。 地震も多い。 熊本地震や西日本豪雨もそうだったが、災害時は陸路が遮断されることが多く、物資運送などには民間ヘリが活躍する。 しかし、現状では運航できるのは日中のみで、夜間は飛べないという社会的課題を抱える。 照明があれば、ヘリの機動力をさらに向上させ、臨機応変な救助活動に貢献できる。 コストを下げ、設置方法を簡単にして…と、長年にわたってヘリ運航に携わってきた企業の問題意識から、災害対策を前提にした理想を追い求めてきた」と開発の道のりを振り返る。 自身もヘリ操縦士として活躍してきた同航空事業本部の飛弾清彦・副本部長は、「暗闇の中を飛ぶということはあらゆる制約が起きてくる。 一番大切なのは明かり。 これからは24時間利用可能なヘリポートを探すのではなく、着陸できる地点へ照明を持っていく。 学校の校庭や河川敷、ゴルフ場、高速道路、民間駐車場などを臨時ヘリポートにして、支援物資搬送などの緊急活動が24時間可能になる」と訴える。 操縦席から見える着陸帯。 緑の境界誘導灯(手前)が主進入となる 近い将来に発生する可能性が高いとされる南海トラフ地震では、東海から九州にかけての沿岸部や山間部で、道路寸断などで5000近い地区が孤立すると推測されている。 そうした地区での傷病者救助や物資搬送手段として、小型ヘリや大型ヘリを組み合わせた対策の需要が高まっている。 4月1日の販売開始に先立って、和歌山県がすでに13セットを購入。 和歌山県内では夜間の離着陸が可能なヘリポートは7カ所だけだったが、広域防災拠点などに『ヘキサゴン』を配置し、夜間対応が可能な場所が20カ所に拡大した。 同県日高町の日高広域消防事務組合の井口崇・消防署長は、「管内では、災害時に道路が寸断されて地区が孤立した経験もあり、その際は日中のヘリ運航や徒歩での物資搬送を行った。 実際には24時間運航というのはハードルが高いかもしれないが、薄暮の時間帯などを含めて、少しでもヘリの運航時間を長くすることができれば、利便性が高くなり、救助活動も大きく変わってくる。 取り扱い方法も簡単で、災害時など人手が足りなくなった際にも、少人数でヘリの受け入れ態勢を整えることができるのでは」と期待を寄せている。 非常時も食事届ける使命実現 夜間照明開発プロジェクトを支援してきた日清医療食品は、全国の医療機関や介護・福祉関連施設などへの食事サービス提供を行っている。 全国に16支店を展開し、受託施設数は5300を超える。 病院、高齢者施設ともにシェア1位を誇るヘルスケアフードのリーディングカンパニーとして知られている。 1日3食を365日、欠かさず届ける-。 企業として掲げる目標を実現していくため、災害対策に積極的に取り組んできた。 非常時にインフラが寸断されても提供できる災害時献立を3日分備蓄、全国18カ所の倉庫に、水やカセットコンロなどの支援物資も保管している。 通信手段を維持するための仕組みづくりや、陸路が遮断された場合に備え、ヒラタ学園など数社と災害時ヘリ運航契約を結んで、ヘリ活用にも注力してきた。 しかし、平成30年7月の西日本豪雨の際、ヘリが抱える課題に直面した。 広島県三原市の施設への物資搬送を試みたが、天候回復などの都合から、ヘリの神戸出発は午後5時過ぎに。 日没が近い時間と重なり、ヘリ運航の安全性や物資搬送の迅速性など、さまざまな観点から夜間照明の必要性を痛感したという。 そのときの課題意識の共有が今回の開発プロジェクトにつながった。 同社取締役の乳井真一・総務本部長は、「災害が起きないことが一番だが、想定を超えた災害がどこで起ころうとも、食事を届けるサービスを継続していく。 そして、地域や社会に貢献できるようにしていきたい」と話す。 『ヘキサゴン』プロジェクトリーダーで、ヒラタ学園航空事業本部の小笠原健太課長は、「夜間のヘリコプター運航という社会的課題を解決するため、さまざまな企業、研究機関がつながり、知見を持ち寄って、『ヘキサゴン』が誕生した。 ヘリコプターの運行会社としても、夜間訓練を重ねて、万全の備えをしていきたい」としている。

次の

ヘキサゴン 10ページ 【通販モノタロウ】ビットソケット:作業工具/電動・空圧工具

ヘキサゴン

ヘリコプターによる航空運送事業を手がけるヒラタ学園(神戸市)と岐阜大学(岐阜市)、学生ベンチャーのヒューロビント(同)、病院・介護施設での食事サービスを提供する日清医療食品(東京都千代田区)は、持ち運び可能な簡易式ヘリポート夜間灯火『HEXAGON(ヘキサゴン)』を開発、今年4月1日から販売を開始する。 全国各地のヘリポートでは夜間照明が整備されておらず、日没後のヘリ運航は難しいとされてきた。 『ヘキサゴン』は一人でも持ち運ぶことができ、約10分で設置可能。 救急車や物資搬送車などに搭載しておくことで、着陸地点に照明を運び込んで、ヘリを誘導できるようになる。 災害や緊急時のヘリ夜間運航をサポートし、防災・救急医療体制強化への効果が期待されている。 左:『ヘキサゴン』の販売開始に先立ち、4社協働プロジェクト記者発表会が行われた。 右:4月1日から全国の自治体、消防、警察、病院などへ販売していく=2月18日、神戸市のヒラタ学園神戸エアセンター 「研究室ではロボット技術と福祉といった組み合わせをはじめ、企業や現場のニーズを聞き取りながら先端技術を活用する社会実装に取り組んでいる。 持ち運び可能な照明開発の依頼を受け、2019年1月にプロジェクトが動き始めた。 以来、軽量化・低消費電力・大量生産の容易さ-の3点をポイントに試作と改良を重ねてきた」 ロボットアーム研究などで知られる岐阜大学工学部機械工学科の松下光次郎准教授は、『ヘキサゴン』の特長をこう説明する。 『ヘキサゴン』の灯火は、航空法で定められた航空黄(オレンジ色)の境界灯8個、航空緑の境界誘導灯8個。 1個の大きさは縦横が各15センチ。 高さは3センチと薄く、重さはわずか1. 2キロと軽量化を実現している。 軽いだけではなく、風圧にも強く、上空や全方向からも明瞭に視認が可能。 高輝度LED集合ランプが採用され、電源は単3アルカリ乾電池3本で、6時間以上の連続点灯ができる。 左:乾電池を入れ、土台プレートに差し込んで使用。 電気系統は2系統に分離し、トラブルで全照明が消えてしまう心配はない。 右:製品名にもなっている六角形(ヘキサゴン)は、視認性を高め、風圧をやわらげる 松下准教授は、「ヘリコプターは着陸時に、ローターブレード(翼)の回転によってダウンウォッシュと呼ばれる下方向への強風を発生させる。 照明が軽いと風で動いてしまうが、六角形という形状や高さの工夫などによって、ボルトなどで固定しなくても吹き飛ばされないようにした」と指摘する。 照明が入ったキャリーケースは、風光灯や予備電池といった備品を含め、総重量は約35キロ。 一人で持ち運びが可能で、10~15分ほどで設置できる。 設置時にはまず、着陸帯の中心となる場所にケースを置く。 ケースには境界灯と境界誘導灯の設置位置が分かるようにマーキングされた巻き尺が入っている。 設置する人はケースを起点にして、巻き尺を持って距離を測りながら灯火を配置していくと、15メートル四方と20メートル四方の着陸帯を作ることができる。 設置の簡便さも追求した。 ケースを起点にして動きながら、巻き尺のマーキングを見ながら着陸帯を作ることができる 灯火はリモコン(無線)で点灯・消灯するため、着陸帯から離れた場所からも操作ができる。 将来的には、ヘリコプターのコックピットからも操作ができるように開発が続けられている。 製品の生産は、岐阜大学の学生らが立ち上げた学生ベンチャーのヒューロビントが手がける。 岩田君彦代表は、「大学の研究成果をしっかりと技術移転していく。 IoT(モノのインターネット)などをうまく活用し、ハードとソフトの両面から、熱意を持って合理的に開発を継続して、利便性を向上させていきたい」と意気込む。 ヘリの運航時間延長へ期待 『ヘキサゴン』を配置した着陸帯に進入するヘリ。 夜間照明の普及によって、ヘリ運航時間を延長することができる ヘリは、操縦士(パイロット)が障害物などを目で確認して、衝突を回避しながら飛ぶ「有視界飛行方式」で運航する。 フライトは天候に左右され、夜間(日没から日の出まで)は、航空法の基準を満たした計器や照明設備がない場合は、離着陸が原則禁止されている。 ヘリコプターは、空港や公共・非公共ヘリポートをはじめ、飛行場外離着陸場として国から許可を得ている場所に着陸できる。 また、市町村などが、災害時の人員や物資搬送を目的に、飛行場外離着陸場の許可基準に合致したグラウンドやゴルフ場、駐車場などをヘリポート適地(臨時ヘリポート)として設定している。 ヒラタ学園の調べによると、全国でヘリが離発着できる場所の90%以上で夜間照明が未整備になっているという。 ヒラタ学園が拠点を置く兵庫県でも、約850カ所のヘリ離着陸場があるが、照明設備があるのは、空港や病院など5カ所だけにとどまっている。 背景には、安全確保や騒音問題など、さまざまな要因があるが、設備投資の難しさも課題の一つ。 常設型の照明は電気工事も必要となり、設置費用は約1000万円前後と高額になる。 可搬式照明もあるが、発電機などの電源やケーブルが必要となる上、重量が大きく設置には多くの人手が必要になるという。 災害時のヘリにより救援活動への期待は大きいが、ヘリの夜間飛行体制は十分に構築されていない。 また、ドクターヘリについては、乗務要件などさまざまな課題の議論が続けられており、夜間運航は実施されていない。 ヒラタ学園副理事長で航空事業本部の平田光弘・本部長は、「地球温暖化などの影響もあり、災害が多発している。 地震も多い。 熊本地震や西日本豪雨もそうだったが、災害時は陸路が遮断されることが多く、物資運送などには民間ヘリが活躍する。 しかし、現状では運航できるのは日中のみで、夜間は飛べないという社会的課題を抱える。 照明があれば、ヘリの機動力をさらに向上させ、臨機応変な救助活動に貢献できる。 コストを下げ、設置方法を簡単にして…と、長年にわたってヘリ運航に携わってきた企業の問題意識から、災害対策を前提にした理想を追い求めてきた」と開発の道のりを振り返る。 自身もヘリ操縦士として活躍してきた同航空事業本部の飛弾清彦・副本部長は、「暗闇の中を飛ぶということはあらゆる制約が起きてくる。 一番大切なのは明かり。 これからは24時間利用可能なヘリポートを探すのではなく、着陸できる地点へ照明を持っていく。 学校の校庭や河川敷、ゴルフ場、高速道路、民間駐車場などを臨時ヘリポートにして、支援物資搬送などの緊急活動が24時間可能になる」と訴える。 操縦席から見える着陸帯。 緑の境界誘導灯(手前)が主進入となる 近い将来に発生する可能性が高いとされる南海トラフ地震では、東海から九州にかけての沿岸部や山間部で、道路寸断などで5000近い地区が孤立すると推測されている。 そうした地区での傷病者救助や物資搬送手段として、小型ヘリや大型ヘリを組み合わせた対策の需要が高まっている。 4月1日の販売開始に先立って、和歌山県がすでに13セットを購入。 和歌山県内では夜間の離着陸が可能なヘリポートは7カ所だけだったが、広域防災拠点などに『ヘキサゴン』を配置し、夜間対応が可能な場所が20カ所に拡大した。 同県日高町の日高広域消防事務組合の井口崇・消防署長は、「管内では、災害時に道路が寸断されて地区が孤立した経験もあり、その際は日中のヘリ運航や徒歩での物資搬送を行った。 実際には24時間運航というのはハードルが高いかもしれないが、薄暮の時間帯などを含めて、少しでもヘリの運航時間を長くすることができれば、利便性が高くなり、救助活動も大きく変わってくる。 取り扱い方法も簡単で、災害時など人手が足りなくなった際にも、少人数でヘリの受け入れ態勢を整えることができるのでは」と期待を寄せている。 非常時も食事届ける使命実現 夜間照明開発プロジェクトを支援してきた日清医療食品は、全国の医療機関や介護・福祉関連施設などへの食事サービス提供を行っている。 全国に16支店を展開し、受託施設数は5300を超える。 病院、高齢者施設ともにシェア1位を誇るヘルスケアフードのリーディングカンパニーとして知られている。 1日3食を365日、欠かさず届ける-。 企業として掲げる目標を実現していくため、災害対策に積極的に取り組んできた。 非常時にインフラが寸断されても提供できる災害時献立を3日分備蓄、全国18カ所の倉庫に、水やカセットコンロなどの支援物資も保管している。 通信手段を維持するための仕組みづくりや、陸路が遮断された場合に備え、ヒラタ学園など数社と災害時ヘリ運航契約を結んで、ヘリ活用にも注力してきた。 しかし、平成30年7月の西日本豪雨の際、ヘリが抱える課題に直面した。 広島県三原市の施設への物資搬送を試みたが、天候回復などの都合から、ヘリの神戸出発は午後5時過ぎに。 日没が近い時間と重なり、ヘリ運航の安全性や物資搬送の迅速性など、さまざまな観点から夜間照明の必要性を痛感したという。 そのときの課題意識の共有が今回の開発プロジェクトにつながった。 同社取締役の乳井真一・総務本部長は、「災害が起きないことが一番だが、想定を超えた災害がどこで起ころうとも、食事を届けるサービスを継続していく。 そして、地域や社会に貢献できるようにしていきたい」と話す。 『ヘキサゴン』プロジェクトリーダーで、ヒラタ学園航空事業本部の小笠原健太課長は、「夜間のヘリコプター運航という社会的課題を解決するため、さまざまな企業、研究機関がつながり、知見を持ち寄って、『ヘキサゴン』が誕生した。 ヘリコプターの運行会社としても、夜間訓練を重ねて、万全の備えをしていきたい」としている。

次の