アルコール ジェル 500ml。 アルコールジェル 500ml SARARITO サラリト RS

手指用アルコール消毒液は何プッシュしたらよい?〜簡単な調べ方〜(産業保健新聞)

アルコール ジェル 500ml

アルコール消毒液の品薄は続いていますが、 最近は、ドラッグストアやネットでちょくちょく見かける機会も増えてきました。 しかし、これまでの大手の商品だけでなく、 これどこが作ってるの? っていうものがけっこう多いですよね。 でもやっぱりアルコール消毒液は欲しい。 そんな時は、 アルコール(エタノール)の濃度を確認することが大切です。 最適な濃度はどれくらいか? 各商品の濃度は? このあたりをまとめてみます。 濃度と殺菌効果 濃度については、諸説ありそうですが、 どこを見ていても、 一つの基準として「 70%」というのがありそうです。 70%あるとウイルス対策として効果が高いということですね。 じゃあ、それより低いと効果が無いのか? という疑問が湧いてきますが、 どうやらそうではないようです。 花王さんのレポートによると、 エタノールの殺菌効果は40%あたりから急激に現れ70%で最大の効果を示します。 出所) とのことなので、 40%以上あれば一定の効果はありそうです。 但し、濃度によって殺菌のメカニズムが異なり、 結果として、ウイルスの死滅時間が変わってくるそうなので、 低めの濃度の消毒液を使う場合は注意が必要です。 それから、あまり売ってはいませんが、 濃度が高ければいいのか? というとそういうわけでもないようです。 例えば90%とかの消毒液があったら、 それは殺菌効果が高いのかと言うと、必ずしもそうではないそうです。 揮発性が高くなるため、 手になじませる前に濃度が下がってしまうことなどが理由のようです。 また、あまりに濃度が高いと手荒れも心配です。 手が荒れてしまうと逆効果になりますので、 肌が弱い方は、保湿剤入りのものを選んだり、 濃度が高すぎないものを選ぶのが良いかと思います。 では、消毒剤別にアルコール濃度をまとめてます。 商品本体に記載があればいいのですが、 無いものもけっこうあるので、 HPやコメント欄などから分かった数値を書きます。 掲載順は、基本的にアルコール濃度の高い順です。 アルコール濃度80%以上 1. プレヴェーユ 薬用ハンドジェル プレヴェーユの薬用ハンドジェルです。 アルコール濃度83vol%と、なかなか見ない高濃度です。 据え置きで使うには、 少し量が少なめかなと感じますが、 高濃度かつ日本製というところに安心感があります。 指定医薬部外品というのも安心ですね。 湿潤剤にアラントインを配合とのことで、 高濃度でありながら、肌にも優しい商品です。 製造販売元は コスモビューティーです。 消毒液のOEM製品を作っている会社ですね。 消毒液のブランドは違っていても、 製造販売元を見ると、コスモビューティーということも多いです。 例えば、薬用ミューズ 消毒ハンドジェルもそうですね。 プレヴェーユの原材料を見てみると、• 成分:100mL中 日局エタノール83mL含有• 添加物:カルボキシビニルポリマー、アラントイン、DL-アラニン、トリエタノールアミン、 精製水、香料 となっていますが、 実は、上記の赤字部分( 精製水、香料)以外は、 薬用ミューズ 消毒ハンドジェルと同じ構成です。 (「ミューズ+(精製水、香料)」というイメージ) しかも、ミューズはベトナム製なのに対して、 こちらは日本製ですので、 ブランド名は違えど、安心して使える商品かと思います。 同じブランドで大容量タイプもあります。 アルコール濃度 79. 7%で、 指定医薬部外品です。 こちらはベトナム製ですが、 さらっとしているのに手も荒れなかったと評判は良さそうです。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. 1%以上)• アルキルアミンオキシド(0. 05%以上)• 塩化ベンザルコニウム(0. 05%以上)• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)が入っていますね。 早く適正価格で手に入るようになって欲しいですが、 会社等で見かけたら、しっかり使っておきましょう。 東亜産業 TOAMIT ハンドジェル 500ml 安心の日本製ハンドジェルで、 アルコール濃度は56~59%です。 最近ではスーパー等でも山積みになっていますね。 手に入れやすく、大容量なのがメリットです。 最近では、北里大学の調査で用いられ、 適切に使うことで 新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果がある という報告がありました。 今後、他の商品でも検証を進めていくそうなので、 結果に期待したいですね。 武内製薬 アルコールハンドジェル 日本製ハンドジェルです。 アルコール濃度50%とあまり高くはありませんが、 オーガニック成分の「チャ葉エキス」も配合されており、 手に優しいというのがいいところだと思います。 また、ベンザルコニウムクロリドも配合されています。 こちらは化粧品用の成分表示名称で、 医薬部外品であれば、塩化ベンザルコニウムです。 医薬部外品のような効果は期待できませんが、 殺菌剤が含まれているという点で安心感があります。 しかし、 SKCARAの方には、 韓国検査機関KOTITIの試験結果による成分表があり、 エタノール70%になっていますが、 PU:RECIPEにはそれが付いていません。 また、 アルコール濃度が60wt%(約67vol%)を超えると、 消防法により「火気厳禁」の表示が必須ですが、 PU:RECIPEにはやはり記載がありません。 SKCARAも「火気厳禁」ではなく 「 火気注意」という文言なのは引っ掛かります。 「火気注意」は アルコール濃度が60wt%未満だけど、 エタノールが含まれるので注意してね という業界ルールだと思うので、 SKCARAも本当に70%?という感じがします。 どちらもドラッグストア等で大量に売られているので、 確かなものと信じたいですが、 パッケージにアルコール度数の記載が無かったり、 「火気厳禁」の記載が無かったり、 ちょっとどうなのかな~という商品だなと思います。 まとめ 様々なアルコール消毒液をご紹介しました。 名前を聞いたことがあるものならいいですが、 よくわからないものに出会ったら、 まずはアルコール濃度を調べてみると良いと思います。 一つの基準としては70%ですが、 40%以上あれば、ある程度の殺菌効果は期待できるようです。 また、ちょっとアルコール濃度が低めだなと思っても、 実は主成分はベンザルコニウム塩化物ということもあります。 このような商品の場合、比較的安価でありながら、 エタノールとの合わせ技で高い殺菌力が期待できるので、 アルコール濃度を見た後に、有効成分を確認することも大切だと思います。 アルコール消毒液の品薄で、 次亜塩素酸水にも注目が集まっています。 こちらもいろいろな商品が乱立していますので、 選び方とおすすめ商品をご紹介しています。 lucky90.

次の

【楽天市場】ワクワクする贈り物:オクル[トップページ]

アルコール ジェル 500ml

レビュー: 21 【特長】ウイルス・菌を24時間防ぐ! 【特許】プラチナシールド技術 除菌・消臭・防カビ対策 プラチナナノ粒子配合で、ウイルス・除菌! ナノプラチナは第三者機関による様々な検査により優れた効果が実証されています。 ナノプラチナでマスクも繰り返し使っても安心! ウイルス・菌の侵入をブロックします。 【用途】マスク 花粉対策 ・衣類・寝具など。 またお部屋の除菌・消臭に。 プラチナの優れた抗菌、抗ウィルス力で家族の安心,安全を守ります。 アルコール、塩素 フリーで肌の弱い方や,赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。 使い捨てのマスクにスプレーしてもご使用いただけます。 【成分】白金・アスコルビン酸・クエン酸・精製水【使用方法】軽く振って、10〜30cm離してご使用ください。 噴霧量は0. 75〜4mLの間で5段階調節ができます。 乾電池とACアダプタの2Way方式を採用。 電池寿命は、アルカリ電池の場合約3ヶ月 1日100回使用。 【付属品】壁取付用部品一式、受皿、受皿キャップ、廃液チューブ、火気厳禁シール【質量 kg 】2. 泡立てが上手にできない小さな子供でも、泡で手全体をきちんと覆うことができ、手をきれいに洗うことができます。 殺菌成分配合の泡がすみずみまで広がり、汚れをきちんと落とす 小さな子供の手でも押しやすい、大きなヘッドのポンプを採用 泡切れがよく「すすぎが早い」ので、洗いあがりがぬるつきません。 ジェルタイプにより手指全体に擦り込みやすく、べたつき感が少ない使用感です。 アルコール濃度は消毒用エタノールと同じで、広い抗菌スペクトルや迅速な殺菌作用を示します。 【効果】殺菌、除菌、消毒【成分】100mL中、日本薬局方エタノール83mL。 添加物としてヒドロキシプロピルセルロース及びアジピン酸ジイソブチルを含む。 手指や皮ふにぬるだけの速乾性アルコールジェルですので、水で洗い流す必要がありません。 指定医薬部外品です。 【用途】手指、皮ふの洗浄・消毒に。

次の

Ag+ ハンドジェル DX 大容量 500ml / アルコール 手洗い ハンド ジェル 衛生 除菌 清潔 ウイルス ウィルス 菌 風邪 対策 予防 安心 速乾 植物エキス 銀イオン :4580667070425:住マイル

アルコール ジェル 500ml

TOAMITのハンドジェルって成分は何が入ってるの? ラベルにいろいろ表示されてるけど除菌とか消毒とかって一切書いてない! アルコール濃度も表示されてないけど大丈夫なの? 最近ではTOMITのハンドジェルはいろんなところで見かけるようになりましたね。 販売され始めた当初は、売り切れが発生するほどの人気商品でしたが、近ごろではそうでもなさそうです。 他のハンドジェルがたくさん販売され出したのも原因ですが、消費者の目が肥えてきたという点もありますね。 TOAMITハンドジェルのラベルの表示をしっかり見てみると、アルコールという言葉はありますが、濃度は書いてありませんし、よく見るような除菌や消毒といった文言が一切ありません。 そこで今回はTOAMITハンドジェルに表示された全成分を消費者目線で詳しく調べてみたいと思います。 TOAMITハンドジェルの成分を詳しく解説 まずは一番大事な成分が重要と捉える人が多いですよね? TOAMITのハンドジェルの成分には何が配合されているんでしょうか。 ラベルの裏側に表示されてる成分表を調べた限りでは以下のようです。 成分 エタノール 水 グリセリン カルボマー TEA メチルパラベン フェノキシエタノール EDTA-2Na• エタノール・・・主成分で、濃度により殺菌効果に影響がある• 水・・・希釈用でしょう• グリセリン・・・保湿剤の役割と思われる• カルボマー・・・粘度調整用で化粧品に使われる• TEA・・・ph調整剤として使われる• メチルパラベン・・・防腐剤• フェノキシエタノール・・・防腐剤・殺菌剤• EDTA-2Na・・・調整剤 アルコール洗浄と謳っているので エタノールが主成分で、単純にこの 濃度が除菌・殺菌効果に影響してくるんだと思います。 では成分を詳しく調べてみたいと思います。 水は問題ないですね。 精製水と書かれてる方が気分的に安心できますが・・・。 グリセリンも薬局で販売されている液体なので問題なさそうです。 カルボマーはジェルの形状を維持するために配合されるようで、化粧品全般でよく使用されるみたいです。 TEAは別名トリエタノールアミンです。 これも化粧品全般でよく使用される物質で、ph調整剤として配合されてるようですね。 phを調整すると言われてもイマイチよく分からない人もいると思います。 酸性やアルカリ性は聞いたことありますよね? TEAを配合する事で酸性かアルカリ性になったハンドジェルをお肌に優しいph値に調整するという事だと思います。 調べたところ、これが配合されることで皮膚炎になる事もあるそうなので少しばかり注意が必要です。 メチルパラベンは防腐剤ですね。 これはあまりいい印象ではないですが、化粧品やシャンプーなんかにも良く配合されてます。 ハンドジェルが腐るという表現が適切かは分かりませんが、フェタキシエタノールとセットで使用期限を長く維持するために配合されるケースが多いと思います。 パラベン類の中では安全性は高い方ですが、皮膚刺激がないわけではないようです。 フェタキシエタノールはエタノールという名前は付きますが、アルコールのエタノールとは違います。 先ほどのメチルパラベンとセットで配合され、抗菌剤なので菌の増殖を防ぐ防腐剤の役割で、皮膚刺激性はほとんどないそうです。 最後にEDTA-2Naですが、目薬にも酸化防止として使われる物質で、人体への影響はほぼないと言われています。 キレート作用があるようで、化粧品成分の酸化を抑制するらしいです。 ハンドジェルとしての効果が落ちないようにするという意味で調整剤という位置づけでしょうか。 アルコール濃度は? では、TOAMITのアルコールハンドジェルのアルコール濃度はどれくらいかという事ですが、 公式の広告では確認できませんでした。 そこで、 口コミや他のサイトで拝見したところ、 大体56%~59%程度のアルコール濃度のようです。 因みに『クレベ&アンド ウイルス・菌除去スプレー』のエタノールの濃度は58%なのでTOAMITのハンドジェルに近いですね。 ベンザルコニウム塩化物との併用で消毒効果を高めるという事であれば別ですが、TOAMITハンドジェルはエタノール単体で効果を出そうとしているようなので、客離れし始めるのは時間の問題でしょう。 アコール洗浄タイプとは? 除菌や消毒ではなく『アルコール洗浄タイプ』と書いてあります。 アルコール洗浄とは何でしょうか? これも調べてみました。 消毒用エタノールなど、殺菌・消毒作用のあるアルコールで物を洗うこと。 または、アルコールで洗うことによって殺菌・消毒を行うこと。 出典: これを見ると 除菌や消毒という事と同等と考えてもよさそうですね。 ただ、 除菌や消毒の効果はアルコール濃度が影響してきそうです。 しかし、最近の情報ではアルコールが低濃度だからといって効果がないとは限らないようです。 実際にフマキラーの台所用のキッチンエタノールはアルコール濃度が低い、またはノンアルコールにも関わらず、ウイルスを99. 9%不活化したそうです。 話を元に戻しましょう。 その部分には、 『清涼剤・溶剤として』 という文言があります。 清涼剤とは、気分をさわやかにさせる事柄とあります。 溶剤は、何かを溶かすときに用いられる液体とあります。 解釈としては、 アルコールのスッキリ感を味わいながら手に付いた汚れを溶かしましょう! で、いいでしょうかね? 除菌や消毒と謳えない中での遠回しな宣伝文句です。 では、なぜ除菌・消毒という言葉を使用しないのでしょうか? なぜ除菌・消毒のような表示がないの? TOAMITのハンドジェルには 除菌や消毒というような表示がありません。 対して、手ピカジェルには除菌や消毒、効くという事まで謳っています。 これは 医薬部外品と化粧品の違いです。 細かいことは割愛しますが、薬機法で医薬部外品は効能を謳っていいことになっているので、そういった登録をされている商品にはラベルに除菌や消毒という言葉が書いてあります。 しかし、化粧品として登録されている除菌ジェルや消毒液は、その言葉を表示してはいけないので、洗浄や清潔といった言葉を使います。 ただ、同じアルコールタイプの除菌ジェルなのに 医薬部外品と化粧品で分かれているのは何ででしょうね。 会社の信用度の問題なのか、または登録するときのコストの問題かは よく分かりません。 このハンドジェルを製造・販売する株式会社コスモビューティは化粧品はもちろん、医薬部外品もOEM・ODMとして扱っている規模のとても大きな日本の会社です。 創業も1949年と非常に歴史があり、研究所も東京と埼玉と大阪に、工場も埼玉、大阪、ベトナム、中国にあります。 このプレヴェーユ薬用ハンドジェルは原産国がベトナムになっていますが、自社工場で製造していると思われますし、使用している日局エタノールも日本の基準に準拠した信頼あるエタノールなので安心して購入できると思います。 しかも、現在大変人気のため購入するのが困難なミューズのハンドジェルと成分表を見る限り同じなんですね。 そこを考えるとプレヴェーユ薬用ハンドジェルは検討する価値ありだと思います。 気になる方は、 があるのでご覧ください。

次の