イベント 中止。 市主催のイベント等の方針及び延期・中止となったイベント/健康政策課/岐阜市公式ホームページ

新型コロナウイルス感染症対策によるイベントの中止・延期について

イベント 中止

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、以下のイベントの「中止」・「実施方法の変更」が決定しております。 詳細は、各イベントのホームページをご確認ください。 【縮小開催の検討】(6月16日)• 【代替イベントの検討】(6月16日)• 【中止】(4月24日)• 【中止】(4月10日)• 【中止】(4月3日) に基づき、「イベント等の開催制限」を、6月1日以降段階的に緩和していきます。 札幌市が主催、共催する各イベントの開催状況は、このページに掲載しておりますPDFファイルやエクセルファイルでご確認ください。 こちらに掲載していないイベントにつきましては、個別に主催者へご確認をお願いいたします。 今後のイベント開催見込み(令和2年6月26日 10時時点).

次の

イベント中止のお知らせ例文コロナウイルス感染症予防対策お詫び文例

イベント 中止

山車コンクール 中止(7月15、16日)• 夏季海上花火大会 中止(7月26、31日)• あたみビール祭り 中止(8月1~4日)• 富士まつり2020(7月26日)• 盆行事「木島投げ松明」(8月16日)• 第33回かりがね祭り(10月3日)• 狩野川花火大会(7月18、19日)• タライ乗り競走(7月5日)• 伊東温泉夢花火(7~8月、計10回)• 大型客船「飛鳥2」の伊東花火クルーズ(8月10日、伊東港)• 修善寺駅前まつり(8月2日)• 土肥サマーフェスティバル海上花火大会(8月18~20日)• 第85回源氏あやめ祭り(7月4、5日)• きにゃんね大仁夏祭り(8月1日)• 御殿場わらじ祭り(8月1、2日)• 御殿場夏まつり歩行者天国(8月2日)• 第41回静岡県学生音楽コンクール(6月予選会、8月本選会)• 劇団四季のミュージカル「コーラスライン」(6月26日~7月3日)• 高校応援団フェス(6月27、28日)• 清水七夕まつり(7月2~5日、清水駅前銀座商店街ほか)• 清水巴川灯ろうまつり(7月16日)• おまち盆DANCE(8月8、9日)• 清水みなと祭り(8月28~30日)• 第34回かんばらまつり(8月)• 草薙大龍勢(9月20日)• 第33回かりがね祭り(10月3日)• 静岡市 区民体育大会(10月、葵、駿河、清水の各区)• 第20回踊夏祭(7月19日)• 焼津神社大祭(8月12、13日)• 第40回藤枝花火大会(9月19日)• 朝比奈大龍勢(9月)• 島田髷まつり(9月、島田市内)• 島田夏まつり(8月3、4日、島田市内)• 第12回しまだ大井川マラソン(10月25日)• 劇団四季のミュージカル「コーラスライン」(6月26日~7月3日)• 遠州大念仏の奉納(7月15日)• はままつ少年の船(7月29日~31日)• 半場夏祭り花火大会(7月25日、天竜区佐久間町)• 浦川まつり花火大会(8月1日、天竜区佐久間町)• 中部まつり地割れ花火大会(8月8日、天竜区佐久間町)• 佐久間まつり花火大会(8月22日、天竜区佐久間町)• 鹿島の花火(8月1日)• 三ケ日花火大会(8月10日)• 二俣諏訪神社祭典(神事のみ8月21、22日実施)• みさくぼ祭り(9月19、20日)• ハママツ・ジャズ・ウィーク(10月17日~25日)• いわた夏祭inジュビロード(7月23日)• 第23回ジュビロ磐田メモリアルマラソン(11月15日)• 掛川遠州灘砂の祭典(7月)• ふくろい遠州の花火(7月4日)• 上山梨祇園祭(7月10~12日)• 静岡学生野球 春季リーグ• 全国高校総体(一部競技を除いて8月10~24日)• 静岡県高校総体(全32競技)• 静岡県中学総体(7月12~8月1日)• 全国中学校体育大会(8月17~25日、東海地区)• 競泳と飛び込み/浜名湾中学生、高校生選手権など5月までの計9競技会• 春季高校野球 地区大会/静岡県大会• 2020プロ野球パリーグ公式戦 北海道日本ハムファイターズVS東北楽天ゴールデンイーグルス(6月27、28日、静岡草薙球場)• 全国少年少女草サッカー大会 中止(8月11~15日、静岡市)• Jリーグ J1公式戦• Jリーグ J2公式戦• Jリーグ J3公式戦• 国内女子ゴルフツアー第13戦リゾートトラスト・レディース(5月28~31日、グランディ浜名湖GC)• お出掛け前に参加予定のイベント主催者にご確認ください。 静岡暮らし・話題の記事一覧•

次の

市主催のイベント等の方針及び延期・中止となったイベント/健康政策課/岐阜市公式ホームページ

イベント 中止

イメージ プロ野球は先日やっとシーズンがスタートしたが、今年は多くのイベント・行事が新型コロナウイルスの感染拡大防止で中止になるなど、社会全体が大きな影響を受けている。 スカパー!は、15~69歳の男女1,000人を対象に、「コロナ禍におけるエンターテインメントへの意識」と題した調査を実施した。 最初に、「コロナ禍で中止・延期になり残念だったイベント」について聞くと、2位の「東京2020オリンピック・パラリンピック」(29. 9%)を抑えて1位になったのは「夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)」(32. 9%)だった。 夏の甲子園そのものは毎年開催されているが、今年の高校3年生にとっては最後の甲子園だった。 高校3年生を中心とした各チームの熱戦を、今年も見たいと思っていたファンは多いだろう。 3位は「音楽イベントの中止・延期(ライブ、野外フェスなど)」(28. 0%)、4位は「プロスポーツ試合の開催中止・延期(プロ野球、Jリーグなど)」(25. 0%)となった。 「1人でテレビを見る時間」は、緊急事態宣言が出される前は平均135分(2時間15分)だったが、宣言後は平均173分(2時間53分)と増加。 「家族とテレビを見る時間」も宣言前の平均98分(1時間38分)から平均130分(2時間10分)と32分長くなっている。 「SNS」や「YouTube」の利用時間も宣言前と比べるとそれぞれ平均で20~30分増加しているが、顕著なのは10代の利用時間。 宣言前と比べてSNS利用時間は平均53分、YouTube利用時間は平均59分長くなっている。 学校にいて授業中であればスマホは使えないが、家にいる時間が長くなった分だけ、SNSをはじめとするスマホ利用時間が伸びたのだろう。 宣言以降「視聴時間が増えたテレビ番組」の1位は「ニュース・報道番組」(39. 2%)。 全国の感染者数など、最新の情報をテレビでチェックしていた人が多かったと予想される。 2位は「国内ドラマ(連続ドラマ)」(30. 2%)。 3位は「情報番組・ワイドショー」(25. 0%)だった。 「コロナ関連のニュース」を的確に伝えてくれたと思うキャスター1位は「藤井貴彦」。 2位には「羽鳥慎一」がランクインし、3位は「宮根誠司」となった。 専門家で1位に選ばれたのは白鴎大学教授の「岡田晴恵」氏。 2位は昭和大学客員教授の「二木芳人」氏で、3位は新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長の「尾身茂」氏だった。 外出自粛中、多くの過去ドラマが再放送されたが、その中で一番人気があったのは「逃げるは恥だが役に立つ」(16. 僅差の2位は「JIN-仁-」(16. をプロデュース」と「ごくせん」(いずれも13. 「緊急事態宣言下のストレスを癒やしてくれた芸能人」という設問には、1位「嵐」、2位「佐藤健」と「星野源」、4位「新垣結衣」と「明石家さんま」が選ばれた。 各地で大打撃を受けている観光関連産業。 その復興事業として、日本国内での旅行需要喚起を目的とした政府の「Go To Travelキャンペーン」が計画されている。 このキャンペーンで行ってみたいところを聞いたところ、栄えある1位に輝いたのは「東京ディズニーリゾート」。 夢の国はコロナ禍でも多くの人に夢を与えているようだ。 2位は「箱根」で、3位も温泉の街「草津」となった。 東京アラートも解除されたが、早く安心して旅行ができる状況になることを願う。

次の