萩野 公介 世界 水泳。 萩野公介、世界水泳は己との戦いに プロ1年目に直面する苦境

萩野公介選手 | 東洋大学

萩野 公介 世界 水泳

獲得メダル 金 男子400m個人メドレー 銀 2016 リオデジャネイロ 男子200m個人メドレー 銅 男子400m個人メドレー 銅 男子4x200mフリーリレー 銀 男子400m自由形 銀 2013 バルセロナ 男子200m個人メドレー 銀 男子200m個人メドレー 金 男子200m個人メドレー 銀 2014 ドーハ 男子400m個人メドレー 金 男子400m個人メドレー 金 2014 ゴールドコースト 男子200m個人メドレー 銀 2014 ゴールドコースト 男子200m自由形 銀 2014 ゴールドコースト 男子400m自由形 銀 2014 ゴールドコースト 男子4x200mフリーリレー 銀 2018 東京 男子400m個人メドレー 銅 2018 東京 男子200m個人メドレー 金 男子200m自由形 金 男子800mフリーリレー 金 男子800mフリーリレー 金 2014 仁川 男子200m個人メドレー 金 2014 仁川 男子400m個人メドレー 銀 男子200m個人メドレー 銀 男子400m個人メドレー 銀 2014 仁川 男子400m自由形 銅 男子400m自由形 銅 2014 仁川 男子200m背泳ぎ 銅 2014 仁川 男子100m背泳ぎ 金 男子50m背泳ぎ 金 2009 男子400m個人メドレー 金 2009 男子200m個人メドレー 金 2009 男子4x100mメドレーリレー 銀 2009 男子4x100mフリーリレー 銀 2009 男子4x200mフリーリレー 金 男子200m個人メドレー 金 2017 4x200mフリーリレー 銀 2017 男子100m背泳ぎ 銀 2017 男子400m個人メドレー 銅 2017 男子4x100mメドレーリレー 400mの、200mの、4x200mの。 400mの。 経歴 生い立ち、キャリア初期 父は満員が苦手で栃木県小山市に移り住み、母は萩野出産前からスィミングを行っており、赤ん坊の頃から水を一切怖がらなかった理由ではないかと考えている。 萩野は小学校1年の夏から小学校2年の終わりまで父親の仕事の都合でに在住していたことがあり、名古屋市のスイミングスクールに入るが、そのスクールの入校条件が『、、、の四泳法を泳げること』だったため、萩野は必死にバタフライを練習したという。 萩野自身は「名古屋時代がなければ今の自分はいない」と語っている。 名古屋から小山へ戻って御幸ヶ原スイミングスクールに入り、そこから本格的に競泳選手コースへ進んだ。 に進学した、2010年の第86回の男子400m個人メドレーで2位に入り、その年に開催された( ・)日本代表に選出される。 2011年4月、代表選考会を兼ねた国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会 は、直前で体調を崩して出場を断念している。 2012年 ロンドンオリンピック銅メダル 2012年4月2日、第88回日本選手権水泳競技大会初日の男子400m個人メドレーに出場、日本新記録(日本高校新記録)をマークし、この種目での日本代表に決定。 男子競泳における高校生での出場は、萩野自身も尊敬する、の以来となった。 そのでは予選一位の記録をマークし決勝進出、決勝では記録を大幅に更新し日本新記録でに競り勝ち、3位に入り男子個人メドレー種目では日本人選手で初、高校生選手では56年ぶりのメダル となるを獲得した。 200m個人メドレーでは5位入賞を果たした。 2013年 世界水泳 2013年4月、へ進学。 4月11日、で行われた第89回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレー決勝で、日本新記録を出して優勝。 2日後の4月13日には、男子200m個人メドレーでも日本新記録で優勝。 男子200m自由形、男子100m背泳ぎ、男子400m自由形とあわせ、日本選手権水泳競技大会史上初の五冠を達成し、同年7月20日からで開催されるの代表選手に選出された。 その世界選手権では400m自由形及び200m個人メドレーでを獲得した。 他にも200m背泳ぎ5位、400m個人メドレー5位などの結果を残した。 一躍日本競泳のエースに台頭した。 また、同大会で400m個人メドレー日本初のを獲得した少年時代からの萩野のライバルでもあるをはじめ、萩野の世代には実力のある選手が多数犇いている。 この状況を踏まえ、のでは2013年9月時点、で唯一、失格以外での勝ち星を挙げられていないに勝つことを目標にしている、と公言し、当時の取材陣を驚かせた。 2014-2015年 アジア大会4冠・MVP 2014年、で開催されたでは金4個・銀1個・銅2個のメダルを獲得し、日本人では3人目の大会MVPに選ばれた。 金4個は200m個人メドレー・200m自由形・400m個人メドレー・800mフリーリレー、銀1個は400m自由形、銅2個は100m背泳ぎ・200m背泳ぎでそれぞれ獲得した。 2015年7月、自転車事故で右肘を骨折し、( ・)の出場を断念した。 11月のSC招待記録会で復帰。 2016年 リオオリンピック400m個人メドレー金メダル・リレー銅メダル 2016年、男子400m個人メドレーで4分6秒05の日本記録を出し、この種目として日本選手初となるを獲得した。 また、同種目でがを獲得し、競泳でのダブル表彰台は60年ぶりの快挙となった。 また、生まれの日本人として初の獲得となった。 続く男子800mで、、と共に獲得、以来52年振りのメダルとなった。 個人種目最後となった男子200m個人メドレーではマイケル・フェルプスに続く第2位となりリオデジャネイロ大会で自身3個目となる銀メダルを獲得した。 11月、を受章。 9月、昨年骨折した右肘を手術した。 2017-2019年 不調と休養 大学卒業後はプロスイマーに転向し、と所属契約を結ぶ。 またが代表取締役社長を務める株式会社IMPRINT(インプリント、)とマネージメント契約する。 では200m個人メドレーで銀メダルを獲得した。 では、400m個人メドレーで銀メダル、200m個人メドレーで銅メダルを獲得。 同年のでも200m・400m個人メドレーで銀メダルを、400m自由形で銅メダルを獲得した。 しかしタイムは伸び悩み、2019年2月のコナミオープン、400m個人メドレーの予選では自己ベストよりも17秒も遅く、決勝を棄権した。 指導する日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは原因について、「体調かメンタルなのか、総合的なものかもしれないが、本人は分からないと言っている」と話した。 翌月の海外合宿への不参加および4月の日本選手権欠場を発表し、その後病院で診断を受けたが異常は見つからなかった。 8月のFINAスイミングワールドカップで復帰し、200m個人メドレーで3位に入った。 自己記録 すべて長水路のものであるとともにオリンピック種目である。 100m自由形:48秒75(2014年9月5日)• 200m自由形:1分45秒23(2014年9月21日)• 400m自由形:3分43秒90(2014年4月12日) 日本記録• 1500m自由形:15分05秒35(2015年5月22日)• 100m背泳ぎ:52秒78(2014年9月6日)• 200m背泳ぎ:1分54秒23(2014年4月13日)• 100mバタフライ:52秒11(2014年6月22日)• 200mバタフライ:1分56秒57(2014年6月21日)• 200m個人メドレー:1分55秒07(2016年4月9日) 日本記録• 400m個人メドレー:4分06秒05(2016年8月6日) 日本記録 第36回 コナミオープン水泳競技大会 - 2020年2月16日• 中日新聞社. 2016年8月8日. 2016年8月12日閲覧。 により第87回が中止になった為、その代替として開催された競技会• SANSPO. COM 産経デジタル. 2012年4月3日. の2012年4月16日時点におけるアーカイブ。 2012年4月3日閲覧。 ので、が400m自由形と1,500m自由形でを獲得して以来。 2012年7月29日. 2012年7月29日閲覧。 :スポーツナビ(2013年4月11日)• 2013年4月13日. 2013年4月13日閲覧。 産経新聞. 2013年7月24日閲覧。 2013年8月1日. 2013年8月10日閲覧。 FINA 2013. 10閲覧 PDF• 2013年8月1日. 2013年8月10日閲覧。 FINA 2013. 10閲覧 PDF• トビウオジャパン オフィシャルブログ 2013年5月15日付 2013年9月17日閲覧• 2013年9月9日. 2013年9月25日閲覧。 2015年7月3日• nikkansports. com. 2019年8月30日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2016年8月7日. 2016年8月7日閲覧。 サンケイスポーツ. 2016年8月7日. 2016年8月7日閲覧。 毎日新聞社. 2016年8月10日. 2016年8月12日閲覧。 毎日新聞社. 2016年8月12日. 2016年8月12日閲覧。 朝日新聞 2016年11月2日• THE ANSWER. 2019年8月30日閲覧。 nikkansports. com. 2019年7月25日閲覧。 Number Web. 2019年7月25日閲覧。 www. sponichi. 2019年8月30日閲覧。 sportnavi 2013年4月13日. 2013年9月25日閲覧。 nikkansports. com. 2019年8月31日閲覧。 共同通信 2019年9月1日. 共同通信. 2019年9月1日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年1月2日閲覧。

次の

萩野公介とmiwaが結婚で子供も!まぶたの謎や不調の原因とは!驚異の7連覇で復活なるか!?

萩野 公介 世界 水泳

あらためてその経緯をたどってみる。 萩野は1月に行なわれた浜名湾選手権で低調なタイムにとどまった。 その変調が明確になったのは、2月のコナミオープンだった。 400m個人メドレーの予選、自己記録から17秒以上遅い4分23秒66に終わり、決勝を棄権したのだ。 練習ではうまくいっても試合では。 「体調面なのか、メンタル面なのか、総合的なものかもしれないですが、本人も分からないと申しています」 指導する平井伯昌氏はこう説明しつつ、「練習ではうまくいってもレースではぜんぜん違う泳ぎをすることがある」とも付け加えた。 その後、病院で検査を受けたが異常はなかったことを合わせて考えても、メンタル面の問題であることは推測できた。 翌月、萩野は、海外合宿への不参加および日本選手権欠場を発表した。 それは世界選手権を断念すること、その世界選手権の結果によって得られる東京五輪代表内定の機会もあきらめることを意味していたから、衝撃は大きかった。 その状況から、しばらくの休養を経ての再始動となった。 再始動に至った理由は「もっと泳ぎたい。 高みを目指したい」という思いが湧いてきたことだったという。

次の

萩野公介選手 | 東洋大学

萩野 公介 世界 水泳

萩野公介ってどんな人? プロフィール 生年月日 1994年8月15日 出身地 栃木県小山市 身長 177cm 体重 71kg 学歴 東洋大学文学部卒 所属 ブリヂストン 略歴 1995年 生後6ヵ月で水泳を始める 2003年 御幸ヶ原スイミングスクールで指導を受ける 2010年 パンパシフィック水泳選手権の日本代表に選ばれる 2012年 400m個人メドレーで日本新記録(高校日本新記録)をマーク 2012年 ロンドンオリンピックで銅メダル獲得 2013年 男子400m個人メドレー、男子200m個人メドレーで日本記録をマーク 2014年 アジア大会で大会MVPに輝く 2016年 リオ五輪で男子400m個人メドレー金メダル獲得 2017年 大学卒業後ブリヂストンと所属契約を結ぶ 日本記録 400m自由形 3分43秒90(2014年4月12日) 200m個人メドレー 1分55秒07(2016年4月9日) 400m個人メドレー 4分06秒05(2016年8月6日) 萩野公介の年収はどれくらい? 萩野公介選手は、2017年の春に東洋大学文学部を卒業して、ブリジストンと所属契約を結びました。 契約内容は2017年4月1日から2022年3月末までの5年で、報酬は出来高を含めて 総額5億円と言う事です。 なので、単純計算で少なくとも2022年までは 年収1億円と言う事になります。 それ以外にも、もしスポンサーなどが付けばそのスポンサー料も加算されるので、今後はもっと増えるかも知れません。 また、海外には水泳の賞金レースの 「ワールドカップ」などがあります。 ワールドカップは例えばモータースポーツのF1などと同じように、世界各地を転戦してその総合ポイントで年間チャンピオンを決めます。 その総合チャンピオンになると 約1000万円、2位で 約500万円、3位で 約300万円 が貰えると言われています。 また、各レースで優勝しても 約15万円ほどの賞金が出て、さらにボーナスなどもあるようです。 恐らく、萩野公介選手もプロとなった以上こう言った賞金レースにも積極的に参加すると思われるので、これに勝ちまくればさらに年収は増えるのは間違いないでしょう。 ちなみに、2015年に瀬戸大也選手はこのワールドカップで 約900万円獲得したそうですので、萩野公介選手の実力なら余裕で1000万円は超えるのではないでしょうか。 ただ、スポーツ選手は体調やケガなどもある為、事故や病気に罹って活動できなくなる可能性もあるので、もしそんな事になればレースでの賞金は当然無くなります。 しかし、現在はブリジストンと契約しているので、萩野公介選手の年収は、2022年までは最低 1億円はあると思われます。 萩野公介の両親や兄弟は? 萩野公介選手の父親は、萩野洋一さんで2019年で58歳になられる方です。 仕事は耐震設計を得意とする 一級建築士で、現在はNTTファシリティーズに所属していると言う事です。 また、東北大学工学部在籍時から、地震と建築に関する論文を多数発表しているインテリな方でもあります。 萩野公介選手も物事の真理について色々思考するタイプのようで、それは完全に父親似だと語っています。 そして、母親は 萩野貴子さんと言い、2019年で55歳になられる方です。 母親の萩野貴子さんは、専業主婦で普段は絵本の読み聞かせなどをするボランティア活動を積極的にされているそうです。 ただ、萩野公介選手が小さい頃は水泳以外にも、ピアノ、英会話、茶道など様々な習い事をさせていました。 しかし、後に水泳一本に絞るようになり、本格的に習い始めた 「御幸ヶ原スイミングスクール」までは車で片道1時間ほどかかった為、学校が終わってスイミングスクールまでの毎日の送り迎えを母親がやっていました。 しかも、それを約10年間も続けたのですから、今の萩野公介選手があるのはサポートしてくれた父親や母親のお陰なのは言うまでもありません。 そして、萩野公介選手には兄弟はいません。 萩野公介選手は母親が30歳目前に「子供を作るなら今しか無い」と考えてできた子供で、 「家事と子育てを手抜きなしでやろうと思えば1人が限界だった」と後に語っています。 確かにある意味一人っ子だったからこそ、毎日2時間以上かかる送り迎えなども可能だった訳で、これがもう一人いたら恐らく無理だったと思います。 そう思うと、萩野公介選手は一人っ子だったからこそ、ここまでの選手になれたと言えるのではないでしょうか。 萩野公介と妻 miwaとの馴れ初めは? 萩野公介選手は、2019年9月に突然歌手のmiwaさんとの結婚を発表して周囲を驚かせました。 また、miwaさんは 「妊娠している」事も公表されているので、 「子供が出来た事が分かった為に急遽結婚を発表した」と言うのが実情でしょう。 そんな萩野公介選手とmiwaさんの馴れ初めは、2016年10月にNHKの番組で共演した事がキッカケで連絡先を交換し、その後交際に発展したそうです。 ちなみに萩野公介選手は当時、自身のインスタグラムでその時の事をツーショット画像と共にアップしています。 — 2016年10月月10日午後5時41分PDT そして、萩野公介選手は 「緊張し過ぎて何もしゃべれなかった・・・」と書いてるので、恐らく4歳年上のmiwaさんの方から「連絡先を交換しましょう」とアプローチしたのかも知れませんね。 また、萩野公介選手も以前からmiwaさんの事を知っていてファンだった事から、緊張して思うようにしゃべれなかったのではないでしょうか。 こうして、萩野公介選手とmiwaさんは出会い交際に発展して、約2年半の交際後にめでたくゴールインとなりました。 ただ、萩野公介選手は2017年以降は 「世界水泳」などでメダルは獲得するものの、タイムは伸び悩んで、2016年に出した記録は一切超えていません。 さらに、2019年に入ってからは絶不調で、2月に出場した 「コナミオープン」では400m個人メドレーで自己ベストよりも 17秒も遅いタイムで予選落ちしています。 この原因をコーチは以下のように話しています。 「体調かメンタルなのか、総合的なものかもしれないが、本人は分からないと言っている」 ひょっとすると、この時期に交際中のmiwaさんと何かあったのかも知れませんが、萩野公介選手は4月の 「日本選手権」を欠場するなど 「無期限休養」を発表していました。 そして、8月に 「FINAスイミングワールドカップ」で復帰し、200m個人メドレーで3位に入るものの、9月に妊娠してでの結婚発表とあって一部の人からは批判の声も上がっているようです。 つまり、 「休養している最中に子作りをしていた」と言う事が引っ掛かっているようですが、交際しているのであれば自然な事のようにも思えます。 ただ、これで復帰戦で優勝するなど結果を出してれば何も言われなかったかも知れませんが、 「それほどの結果を出して無い」為、どうしても印象は悪く見えるかも知れませんね。 しかし、子供が出来て大好きなmiwaさんとも結婚する事になった為、これからは妻子の為に全力で水泳に取り組めるのではないでしょうか。 今後、本気を出した萩野公介選手がどう変わって行くのか非常に楽しみです! 萩野公介の凄すぎる経歴!やはり小さい時からすごかった! 萩野公介選手は、母親が出産前からマタニティスイミングで水と接していた事もあり、すでに生まれる前から「プール」とは縁がありました。 そして、出産後もプールに通って2歳の頃にはスイスイと泳いでいたと母親は後に語っています。 また、両親共に競泳とは関係のない方なので、萩野公介選手が水泳を始めたのは完全に最初のマタニティスイミングがキッカケなのだと思います。 そして、その後も泳ぎが好きなのは変わらず、幼稚園の頃には 「選手育成コース」に進んで水泳を習い続けました。 また、父親の仕事の都合で小学校1年生から2年生の終わりまで名古屋市に住んでいた事があり、そこでさらにレベルの高いスイミングスクールに通います。 そこで指導したコーチは、萩野公介選手を以下のように語っています。 「スクールに入ってきた当初から泳ぎは完成されていたので、変にいじらないようにした」 その言葉通り、萩野公介選手は小学校に上がると次々と 学童新記録などを作って行きました。 そんな萩野公介選手が本格的に競泳を始めたのは、地元の小山市戻ってから通った 「御幸ヶ原スイミングスクール」に入ってからでした。 そこで指導していたコーチも次のように語っています。 「背泳ぎで肩が水の上に出て泳いでいる小学生なんて後にも先にも公介以外、見たことがない」 このように、小学生の段階ですでにあらゆる泳ぎが完成されていた事を物語っています。 そして、そんな萩野公介選手は高校生になると、3年生の時に日本選手権の男子400m個人メドレーにて、 日本新記録(高校日本新記録)をマークしています! やはり、幼いころからこれだけの能力がある人は、高校生になる頃には日本記録出す程の選手になるものですね・・・。 さらに、それだけに留まらずその後もロンドン五輪に出場して銅メダルを獲得し、男子個人メドレー種目では日本人初、高校生選手では 56年ぶりの快挙となりました! その後もさらに才能は伸びて行き、現在までに 400m自由形、200m個人メドレー、400m個人メドレーと言う、競泳の主な種目で 日本記録を保持しています。 ちなみに、200m自由形も1分45秒23で日本記録を保持していましたが、2019年7月に 松元克央(まつもと かつひろ)選手が 1分45秒22で記録を塗り替えました。 そして、萩野公介選手のすごいキャリアの中で最も輝かしいのが、リオ五輪での400m個人メドレーで 4分6秒05の日本記録で獲得した金メダルです! この時はライバルと言われる瀬戸大也選手も銅メダルを獲得したので、競泳でのダブル表彰台は 60年ぶりの快挙となり話題となりました。 そして、その後は2017年に大学を卒業して 「プロ選手」へと転向し、現在はブリジストンと所属契約を結んでいます。 今後は世界水泳や東京オリンピックでの金メダルを目標に、さらに進化した萩野公介選手が見られるのではないでしょうか! こちらの関連記事もどうぞ! 終わりに 北島康介選手が出てきた時もすごいインパクトでしたが、萩野公介選手や瀬戸大也選手もその時以上のインパクトがある選手です。 同世代でこれだけ実力が均衡した選手がいるのも、お互い意識するでしょうし励みにもなると思うので、今後も切磋琢磨することで記録もどんどん伸びるのでは無いでしょうか。 年齢的にもこれから体のピークに向かうと思うので、ひょっとすると世界新も狙えるようになるかも知れません。 今後も萩野公介選手に注目です!.

次の