レビトラ 製造再開。 レビトラ処方

レビトラの販売が再開されるのはいつ?購入できる通販サイト

レビトラ 製造再開

2018年2月頃より、ED治療薬レビトラの製造・供給がストップし、医療現場での在庫切れ、欠品が多発。 本国ドイツにある工場が「改装工事」を行うため、生産が一時中止されたことで巻き起こったこの混乱は、半年以上が経過した今もま収まっておらず、供給は再開されていません。 この事態は一体いつまで続くのか、ED治療ナビが独自に調べた最新事情をご紹介します。 ED治療やレビトラについてのご相談はこちらから 【受付】平日10:00~19:00、土曜9:00~18:00 そもそも「レビトラの供給中止問題」ってなに? レビトラが供給されてないなんて今知ったよ!という方は、以前にこの問題を取り上げた記事がございますので、そちらをご参照ください。 今回ご紹介する主な内容は、 1 レビトラ製造中止の理由 その真相とは? 2 レビトラの製造再開・供給再開はいつ頃か? 3 レビトラを入手するには? 以上の3点を中心にお話ししたいと思います。 レビトラ製造中止の理由、その真相、黒幕はアメリカの「いちゃもん」!? 以前に世界的なレビトラの欠品、在庫切れのことについてお知らせした記事のなかで、原因はドイツ本国にある工場の「改装工事」とご紹介しました。 「改装工事」を行うため、やむなくレビトラの生産ラインを一時的にストップさせた、という格好です。 この「改装工事」については世界中が、なんで今頃??? と首をひねる話でした。 「レビトラには、同じ工場で生産されている別の薬品の成分が混じる可能性があるのではないか?」 この指摘には、薬品の品質管理が万全ではないのではないか、という疑問を生じさせて、製造工程に大幅な見直しや遅延を生じさせる狙いがあったようです。 そして実際のところ、バイエル側の製造現場は、 絶対にあり得ないと即否定できるほど完全ではなかったのかもしれません。 そのため、同様の指摘を受けなくても済む完全な製造工場にするべく、ラインを止めてまで改装工事をしなければならなかったのではないか、というのです。 これが本当であれば、バイエル社にとってはとんでもない横槍ですが、実はアメリカの欧州いじめが原因だという説は、レビトラの欠品騒動が起きた早い段階から既に噂されていました。 陰謀論っぽくも聞こえますが、このところのドイツ経済の好調、とくに対米貿易黒字はアメリカにとって好ましくないハズですし、過去には別の産業界で似たような構図の「欧州いじめ」とも呼べる問題を起こしていることもあるため、信憑性は決して低くありません。 しかも、現在この説明以外に合理的で説得力のある仮説が見つからないため、業界や関係者の間では、確証までは持てないがほぼ間違いないのでは、というのが共通認識になっています。 問題のレビトラ製造工場、実はすでに稼動を開始している!? でも未だにレビトラが供給再開されない理由とは では、「改装工事」を余儀なくされた問題のドイツの工場は、今どうなっているのでしょうか? 製薬業界の関係者に話を聞いたところ、 一説には、工場の改装工事自体はもう終了しており、稼動を再開しているという驚きの情報が得られました。 しかし考えてみれば工事開始から半年はゆうに経過しているワケですから、工事が終了していたとしても不思議ではありません。 情報として信憑性皆無ということでは無さそうです。 ですがそうなると、 工場が稼動しているのに何故レビトラは供給が再開していないのか? という疑問が生じてきます。 これについても、ある憶測がなされていました。 レバークーゼンにある問題の工場というのはレビトラ以外の薬も製造しており、その中には 命に関わるような重要な薬品が含まれているため、まずはそちらの薬を優先的に製造することにしているのではないか、だからレビトラの安定的な供給再開に至っていないのではないか、とのことです。 あくまで関係者証言でしかないので確証もありませんし、憶測や噂の域を出ない話ではありますが、そのような事情があるという認識をもっている人もいるようです。 レビトラの製造・供給再開はいつ頃か? それでも依然としてレビトラが世界的に枯渇しているのは確かなことで、EDで悩む人や今までレビトラを使用してきた人にとっては、「いったいレビトラの供給再開はいつになるのか?」が最も重要なことなのではないでしょうか。 複数のクリニックや薬品卸の関係者に事情を聞くと、 2018年内のレビトラ供給再開は絶望的なのではないか? と見ている人が多いようです。 実際に、ドイツ本国でも在庫が少ないことを考えると、もし製造を再開したとしても、すぐに日本に入ってくる可能性は低いのかもしれません。 まずは自国内の安定供給、シェア回復に全力を尽くすことでしょう。 その後、欧州内の近隣諸国や利用人口の多い北米南米、その後にアジア、というプライオリティは想像に難くありません。 以上のことを考えると、やはり 2018年中の供給再開は厳しいという判断が必要ではないでしょうか。 2019年の1~3月、もう少し遅れる場合は上半期一杯くらいまでは製造・供給の再開はなさそうと見るのがいいのかもしれません。 もしかすると日本での供給再開は他国より早め!? 「日本はいいマーケット」 ただし、日本のレビトラユーザーに、朗報といってもいい情報も聞こえました。 日本のバイエル薬品関係者の話では、 バイエルのドイツ本社は日本のED治療市場を 「いいマーケット」と認識しているというのです。 つまり「日本はレビトラがよく売れる市場」ということでしょう。 本国本社がそのように認識しているのであれば、 他の国々よりも優先的に物流を回復して、シェア再興を図ろうとする可能性もまんざらではなく、諸外国に先がけて日本でのレビトラ供給が安定する、かもしれません。 これもまた、関係者証言からの憶測にはなってしまいますが、日本のレビトラユーザーからしてみれば、ぜひその可能性に懸けてみたいところですね。 引き続き、どこでレビトラを処方してもらえるのか? 依然として供給が再開されず、レビトラが完全に不足してしまっている状況ですが、現在でも処方してもらえるクリニックを調査してまとめました。 レビトラによるED治療が受けたい方は、クリニック探しの参考にしてみてください。 前回記事でもご紹介していますが、今回は取り扱いのあるレビトラ錠の容量や価格、他にどのようなED治療薬を扱っているかなどについても、確認できる範囲内で記載しましたのでご参考ください。 【ご注意】 2019年3月 調査時点での情報となりますので、在庫切れや取り扱いナシとなっている場合、処方価格や初診料が突然変更されている場合がございます。 ご迷惑をおかけしますが、予めご了承ください。 効果の持続は4~6時間程度で持続力はバイアグラとほとんど変わりはありません。 丸い剤形で黄色味を帯びた茶色をしており、容量は5mg、10mg、20mgがあります。 低容量の5mgは日本国内ではあまり一般的ではなく、10mgか20mgを処方することがほとんどです。 食事の影響を受けにくく、効果発現までの時間が短い点などで使い勝手がよく、服用者が 力強い勃起感を得たと体感することが多いため、人気を博しています。 ただし、服用後の効果には個人差があるため、レビトラを服用すれば必ず同じような効果・実感が得られるということではありませんのでご注意ください。 副作用は、基本的にはバイアグラと同じで ほてりや鼻づまり、頭痛などを感じる場合があります。 服用者したら全員がそのような副作用を感じるというわけではありません。 副作用を感じることなく効果を実感できる人もいます。 心臓に持病がある方でニトロ系 硝酸剤 の治療薬を常用している場合は 併用禁忌となっていますのでご注意ください。 また、重度の肝機能障害、腎臓疾患による透析治療を受けている方、最近のうちに脳卒中や心筋梗塞を発症された方も禁忌となっていますので処方することができません。 レビトラに関する詳しい説明はこちらもご参照ください。 ・ ・ レビトラに国内正規ジェネリックはありません。 個人輸入などは高リスクなので注意! レビトラが枯渇した状態が長く続いて手に入らないため、ジェネリック薬で代用しようと考える人も実際にはいますが、 日本国内で正式に認可されたレビトラのジェネリック薬はありませんのでご注意ください。 薬品には成分特許が設定されており、その期限が切れない限りジェネリック医薬品を製造販売することができません。 日本国内でレビトラが正式に認可されたのは2004年であり、期限はまだ切れていません。 世界初のED治療薬となったバイアグラは既に成分特許期限が切れているので、既にいろいろなメーカーからジェネリックバイアグラが発売されていますが、レビトラの場合はまだ先のことになりそうです。 日本以外の国では認可のタイミングが異なったり、医薬品をめぐる法律が異なる場合があるので、現在すでにレビトラのジェネリック薬が発売されている国もあります。 そういった国から個人輸入などを利用することでレビトラのジェネリック薬を入手することも可能ではありますが、 ニセモノが出回っていたり、効果がないばかりか健康被害を蒙るケースも少なくないため、かなりのリスクを伴います。 また、レビトラ自体は日本国内では 医師の診察・処方がなければ服用できない薬となっていますので、法律的な懸念も生じます。 ハイリスクな海外医薬品の個人輸入にはうかつに手を出さないよう、くれぐれもご注意ください。 ・ まとめ 未だに続くレビトラの欠品、在庫切れ。 とにかく1日も早く安定供給が回復してくれることを祈るばかりですが、現実を見る限りはなかなかそうはいかなさそうで、やはり2018年中の製造・供給再開は厳しいのかもしれません。 年内が無理としても再開がいつ頃になりそうなのか、大まかな時期だけでも公式にアナウンスしてもらいたいところですが、そういったオフィシャルな続報も医療機関にはまだ届いていないようです。 【2018年11月22日追記】 バイエル社より、 2018年12月17日 月 よりレビトラ10mg錠が供給再開されるとの連絡がありました。 取り急ぎは10mg錠のみの先行再開となりますが、20mg錠も2019年初め頃を目途に再開の準備がすすめられているそうです。 もうしばらくレビトラ枯渇の混乱状態が続きそうですが、くれぐれも、安全で安心できる薬をきちんと医師に処方してもらうことが大切です。 レビトラ以外の正規ED治療薬を検討してみるというのも1つの方法です。 個人個人の工夫が求めらる状況ではありますが、いずれにせよ、落ち着いた判断と行動を心がけるようにしましょう。

次の

バリフ製造再開は本当?気になるうわさの真偽

レビトラ 製造再開

バリフとは バリフとは レビトラのジェネリック医薬品で、インドのムンバイに籍を置く製薬会社アジャンタファーマ社が開発しました。 元となった先発薬のレビトラと同じ有効成分 『バルデナフィル』が含まれており、服用によって勃起を妨げる酵素『ホスホジエステラーゼ5』の働きが抑えられる事で勃起が促されます。 さらにバルデナフィルの特徴として、他のED治療薬の成分よりも比較的早く体に吸収されやすいという性質があります。 この性質によりレビトラやバリフは効き目が現れる時間が早く、 即効性があるED治療薬として人気があります。 バリフはレビトラと同等の効果が得られ、しかもレビトラよりも安い価格で購入できるので、特に需要が高いED治療薬です。 人気のバリフが製造中止! 即効性があり価格が安いED治療薬として人気が高いバリフですが、実は 数年前にレビトラの製造元である大手製薬会社バイエル社に訴訟を起こされています。 インドの特許制度は独特なもので、特許が失効していない先発薬のジェネリックが何種類も製造・販売されているという現状にあります。 レビトラの特許執行は2024年頃だと言われており、実はバリフはインドの特殊な特許制度の元で製造された特殊なジェネリックなのです。 バイエル社はこの事実を特許違反だとして、アジャンタファーマ社を相手に訴訟を起こします。 裁判の結果はバイエル社が勝訴。 2017年1月にバリフの製造中止が既決される運びとなりました。 現在『バリフ製造再開説』が浮上 製造中止が決定したバリフですが、すでに製造されていた在庫の販売は認められました。 つまり 新しくバリフを製造するのはアウトだが、残りのバリフを販売するのはOKという事です。 現在、在庫として残っているバリフが売り切れたら販売は終了です。 しかし、管理人が得た情報によると「バリフの製造が再開された!」といううわさが流れているようです。 うわさの出所はわかりませんが、バリフのユーザーからしたら放っておけない情報に違いありません。 バリフのうわさの真偽を考察 本当にバリフは製造再開されたのでしょうか。 バリフ製造再開の真偽について様々な憶測がありますが、管理人の考察からすると残念ですが バリフ製造再開の線は薄いと考えられます。 そう考える理由について下記にまとめたので、うわさの真偽が気になる方は参考にしてください。 バリフ製造再開の確かな発信元がない バリフ製造再開の真偽を確かめるべく、実際にネット検索でバリフ製造再開について調べてみました。 バリフ製造中止について説明した情報は多数見られましたが、バリフが製造再開されたという情報はどこにも見つける事はできませんでした。 バリフはとても人気がある薬です。 もし本当に製造が再開されたのなら、ニュースとして発表されてもおかしくないはずです。 情報の発信元が見つからない事から、バリフ製造再開のうわさは信憑性が低いと考えられます。 バリフを扱っている通販サイトにも『製造再開』の記述はない バリフ製造中止の既決から約2年が経ちましたが、現在もいくつかの通販サイトではバリフの販売が続けられています。 売り切れになっていない事から実はバリフの製造が再開されたのではないかと考える人もいるかもしれません。 しかし、バリフを扱っているサイトの中に『バリフ製造再開』の文字を見る事はありません。 管理人が調べたところ、バリフが売り切れになったサイトとそうでないサイトの両方を見つける事ができたので、単純に通販サイトによってバリフの在庫数に差があるだけなのではないかと思われます。 レビトラ製造再開と混同されている? うわさの真偽の調査中に興味深い情報を見つけました。 バリフ製造中止の既決の後の2018年1月から先発薬のレビトラの製造が止まって欠品状態になったというニュースです。 原因は現地のレビトラを製造する工場の改修工事の遅延のようで、この事によりレビトラの世界的な品薄状態が続きました。 レビトラの製造は同年末あたりから再開され現在では供給が追いついていますが、この レビトラ製造再開のニュースがバリフ製造再開と混同されたのではないかと考えました。 バリフ製造中止からそれほど時間を置かずに起こった出来事です。 うわさの原因の1つになったのではないかと思われます。 バリフの購入 バリフの製造再開の見込みはやはりなさそうです。 今からバリフが欲しい人は在庫が全て売り切れる前に通販サイトで購入するしかありません。 バリフは人気が高いED治療薬なので、現時点で もうすでに在庫切れによりバリフ販売を中止している通販サイトもあります。 バリフを扱うサイトは徐々に少なくなっており、注文が殺到すればすぐに売り切れてしまう可能性があります。 購入するなら今がチャンスのバリフ。 買えなくなってしまう前に、早めにその効果を体感してみてください! バリフ通販の価格比較 管理人が利用した事があるサイトでのバリフ価格を比較しました。 バリフ20mg ED治療薬局 ベストケンコー オオサカ堂 10錠 1,900円 3,680円 取扱なし 30錠 5,130円 5,679円 取扱なし ED治療薬局が最も安い事がわかります。 オオサカ堂では既に在庫切れしたのか取扱無しになっています。 セックスの30分~1時間前に服用する• 1日の最大服用量である20mgを守る(人によっては10mgで充分な場合もある)• なるべく空腹時に服用する• グレープフルーツジュースなどの柑橘系の飲み物と一緒に摂取しない バイアグラはアルコールや食事の影響を受けやすいというデメリットがあり、それがED治療薬の弱点として強くイメージがついてしまった感がありますが、レビトラやバリフはこれらの弱点を補った形で開発されました。 バリフは基本的に食べ過ぎたり飲み過ぎなければ効果に影響はありませんが、 空腹時に服用した方が効果が最大限に発揮されるので、食事をする時間とは間隔を空けて服用する事をおすすめします。 薬がしっかりと吸収されれば、少しの性的な刺激で長時間の勃起が期待できるので、ED改善の大きな効果が見込めます。 20mgを2分の1に分割して飲む人が多いですが、4分の1でも十分な効果を実感できる人もいるようです。 錠剤はピルカッター等で簡単に分割できるので、少量から効果を試してみる事をオススメします。 バリフの副作用 バリフの副作用として下記の症状が報告されています。 安全にバリフを利用するために、しっかりと副作用の確認をしておきましょう。 硝酸剤(血管を広げる薬など)• HIVの治療薬• 抗真菌薬(水虫の薬など)• 不整脈の治療薬• アデムパス(高血圧の薬) バリフの評価と口コミ バリフはバイアグラやレビトラと比較しても販売価格がとても安いため人気の商品となっています。 特に今は製造中止に伴い、在庫分しか購入する事ができないので注目を浴びています。 また バリフはレビトラと変わらないほどの効果が確認されたという報告も多く寄せられているので、ED治療薬として高い品質を持っていると考えられます。 通販サイトなどの口コミを確認しても健康被害の書き込みなどは見られませんでしたが、万が一ひどい症状が出た場合は服用をやめ、速やかに医師の診断を受けてください。 以下にバリフを実際に購入して使用した人の口コミを載せました。 購入を検討している人は参考にしてください。 30代 最近アソコの元気がなくて・・・。 仕事のストレスですかね?少し前まではこんなことなかったんですよ。 ホテルに行っても中折れして情けないことが何回かあってトラウマになっていました。 友人と飲んでると「すごいぞこれ!」ってすすめられたので試しに通販で買って飲んだんですけど・・・ほんとにすごいです。 ギンギンになって一回イってもまた硬くなるなんて感激です。 でもちょっと頭痛がして、セックス後はぐったりでしたね。 自分は4分の1錠で充分かな。 やはり、効果が出るまでの早さや持続力の長さが評価されているようです。 同時に、製造中止を焦る声も出ているので、購入を検討している人は早めに決断した方が良いかもしれません。 バリフの感想 初めてバリフを購入した時の体験と感想です。 1900円というのは他サイトと比較しても最安値だったと思います。 それまで個人的に色々な薬を購入して試してきましたが、1箱に10回分入って約2000円というのはかなりお買い得という印象です。 10錠入りなのでパッケージはそこそこ大きいですが、幅はコンパクトなのでカバンの中に入れておけます。 外出先でも使えて安心です。 前述したように比較的効果が早く現れ始めたので時間が無い時などにも重宝しそうです。 他の薬はセックスするタイミングまでの時間を計算する必要があるけど、 バリフならタイミングをあまり気にする事なくすぐに使えると思います。 ただし、初めてバリフを飲んだ時に軽い頭痛というか首から上のだるさや顔のほてりを感じ、後日 半分に分割して試すと副作用をそれほど感じずに効果が発揮できたので、量は調節する必要があると思います。 バリフ製造再開は嘘の可能性大!.

次の

レビトラの販売が再開されるのはいつ?購入できる通販サイト

レビトラ 製造再開

EDでお悩みの方が多く来院されるユナイテッドクリニックの処方薬の中でも人気のED治療薬レビトラは、ドイツの製薬メーカーであるバイエル社が製造・販売しています。 レビトラの作用時間中のしっかりとしたED改善効果の評価、評判は高いものがあります。 レビトラの主成分はバルデナフィル。 海外では特許事情の違い等によりジェネリック医薬品が販売されている国もありますが、2017年5月現在、国内で認可された正規のジェネリックは存在しません。 そのレビトラの日本での特許は2020年5月に満了を迎えるようで、この特許満了をもって国産正規品ジェネリックが認可され発売される可能性があります。 シアリスのジェネリックも2017~2018年に発売されるのではないかと言われており、もし発売されると安い価格(値段)で国産正規ジェネリックが処方されるようになるため、購入の費用が抑えられ、ED治療がより身近になっていきます。 国内のジェネリック正規品が発売された場合、その処方を最安(最安値)で即日、処方箋不要で院内処方いたします。 院内処方のため薬局に処方箋を持ちこむ手間もなく、男性スタッフのみのためプライバシーが守られています。 またネットの口コミ(感想・体験・体験談や2ch、レビュー等)で人気の海外製で激安・格安のED薬が通販や個人輸入代行で多く販売されています。 これらには偽物が非常に多いことが知られ、日本国内でも健康被害の報告がありますので海外製ジェネリック医薬品の個人輸入はおすすめできません。 日本で今後販売される可能性のある日本製ジェネリック正規品や、海外ですでに販売されているバリフ等の海外ジェネリック医薬品の種類はどのようなものなのでしょうか? レビトラとバイアグラの違いを比較します。 世界で一番最初に開発されたED治療薬はバイアグラであり、もっとも知名度が高い薬と言えます。 バイアグラに続いて第2のED薬として登場したのがレビトラです。 レビトラは水に溶けやすい性質を持っており、体内への吸収が早く、そのためバイアグラよりも即効性があります。 レビトラは最も即効性があるアバナフィルに次いで即効性があります。 レビトラはバイアグラと比較し、作用時間が少し長いことがわかっています。 糖尿病の方にはレビトラ20mgが最も効果的であることが分かっていますが、65歳以上の方にはレビトラは適応がありません。 そのため65歳以上でしっかりと効果を期待したい場合にはシアリス20㎎錠や海外ではバイアグラ100㎎錠でのED治療が第一選択となります。 またレビトラはバイアグラ、シアリスと違い、早漏改善効果も知られています。 バイアグラ(シルデナフィル)とダポキセチンは服用するタイミングが同じであるため、レビトラではなくこの2剤の併用が標準的に行われています。 バイアグラとダポキセチンの合剤も数種類発売されているようです。 またレビトラは保険診療でないので薬価はありません。 そのため各医療機関ごとに価格が違います。 11 性状 本品は白色~微黄色の結晶性の粉末である. 本品はエタノール(99. 5)又は水にやや溶けやすい. 医薬品にも特許は存在します。 特許権がある期間、先発メーカーは独占的にその薬剤を製造・販売することができます。 特許権が満了になると後発医薬品メーカーが厚生労働省に日本製ジェネリックの製造販売の申請をし、認可されます。 ジェネリックの認可の基準は世界共通です。 そのため海外のジェネリック医薬品も偽物でなければ先発品と同様の効果を示します。 日本製のジェネリックも海外のジェネリックも効果や副作用は変らないのです。 医薬品の特許の種類としては• 物質特許:化合物そのものの特許。 製造方法が違っても物質が同じであれば特許の権利があり、一般式や化学名で物質が規定される。 製法特許:化合物の製造方法の特許。 物質が同じでも製造方法が異なっていれば、特許の権利は及ばない。 用途特許:物質の新しい用途についての特許。 違った用途に使うとき、その権利は及ばない。 用法・用量特許:投与間隔・投与量等の治療の態様に特徴があるとき特許となり得る。 製剤特許:製剤の処方内容の特許。 添加する物質に特徴があるとき特許となり得る。 遺伝子関連特許:アミノ酸配列やDNA配列も特許となり得る。 その他にも、診断薬の特許、測定法の特許などがある。 と多岐にわたります。 また特許期間も特許庁に特許出願した日から20年間が特許期間となり、さらに医療用医薬品の場合は研究開発に要した期間のうち、治験に要した期間と新薬の承認審査に要した期間が「特許期間の延長」の対象となり、最長で5年間延長されるので、その場合は25年の期間が特許期間として認められます。 つまり、この期間はジェネリック医薬品を国内で作ることは出来ません。 国産(日本製)ジェネリック医薬品はどうなるのか? 国産ジェネリック医薬品を販売するメーカーは? 国産(日本製)ジェネリック医薬品は発売された場合、どういったものになるのでしょうか?バイアグラジェネリックを販売している会社等がジェネリック医薬品を販売すると予想されます。 東和薬品(トーワ)、キッセイ、テバなどでしょう(ただしこれはあくまで当院の予想です)。 東和薬品(トーワ)はバイアグラジェネリックと同様にOD錠のレビトラのジェネリック医薬品にするかもしれませんし、AGA治療薬のプロペシアのジェネリックであるフィナステリドを販売しているファイザー社、沢井製薬(サワイ)、クラシエ等の参入もあるかもしれません。 特にファイザー社はバイアグラを販売している先発医薬品メーカーですが、近年ジェネリック医薬品事業にも力を入れており、海外ではシアリスのジェネリック医薬品「タダリフト」を販売しています。 日本ではジェネリック医薬品の名前の付け方に決まりがあり、成分名に「会社名」といった名前になります。 レビトラの成分名はバルデナフィルです。 バイアグラジェネリックでは東和薬品のバイアグラジェネリックだけOD錠(水なしで飲めるタイプ)ですが、レビトラも同様にOD錠が発売となるかもしれません。 勃起のメカニズムは、性的刺激・興奮を受けることでNO 一酸化窒素 が放出されることで、陰茎の細胞内にcGMP サイクリックグアノシンーリン酸 という血管を拡張させる物質が増加することによって引き起こされます。 この放出されたcGMPをPDE-5 ホスホジエステラーゼ5型 という酵素が壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まるのですが、EDの方はcGMPの分泌が少なかったり、またPDE-5が過剰に分泌されていたりするので、勃起できない場合があります。 レビトラは勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE-5を阻害する作用があるため勃起補助の効果があります。 このことからED治療薬をPDE-5阻害剤とも呼びます。 国産正規ジェネリック医薬品が発売された場合、その作用機序は先発品と同じです。 レビトラの国産ジェネリック医薬品の効果はどうなる? レビトラに含まれるバルデナフィルは、バイアグラ(シルデナフィル)と同様に即効性があり、作用時間も少しだけ長くなります。 国産正規ジェネリック医薬品が発売された場合、その効果は先発品と同じでかつ安い。 レビトラは最も即効性があるアバナフィルに次いで即効性があり、バイアグラに比べて即効性があり、服用後15分~30分程で効果を実感できると言われています。 最高血中濃度は服用45分後です。 また効果時間はバイアグラがおよそ5時間に対して、レビトラは6~8時間とわずかに長くなっています。 レビトラの成分であるバルデナフィルはしっかりとしたED改善効果を持ち、糖尿病の方のED治療にはレビトラ20mgが最も効果的であることが臨床試験の結果、判明しています。 ただレビトラは65歳以上の方に適応がなく、65歳以上の方にはシアリス20㎎錠か海外のバイアグラ100㎎錠がしっかりとしたED改善効果が期待できます。 2020年の特許権満了以降、より安い価格(値段)でED治療を行うことができます。 また副次的な効果としてバイアグラ・レビトラ・シアリスの中で唯一早漏改善効果があることも判明しています。 レビトラは、より価格 値段)を抑えてかつ、最もしっかりとしたED改善効果が期待できます。 レビトラは食事の影響をいくらか受ける レビトラが効かない場合は以下の場合が考えられます。 食事やアルコールの影響• ED薬を服用して4回目以内の場合• EDの症状が強い• 心因的な要素 レビトラはバイアグラよりも食事やアルコールの影響を受けませんが、全く影響がないわけではありません。 約700Kcalまでは影響されないとされていますが、食直後の服用や食べ過ぎた場合、本来の効果が期待できない場合があります。 またレビトラに限らずED薬を飲んだ経験が浅い方は慣れるまで効果にムラが出ることが分かっています。 5~6回試してみて効果判定をするようにしましょう。 レビトラ20mg錠はしっかりとしたED改善効果が期待できますが、EDの症状が強い場合に効果が期待できない場合があります。 原疾患の治療により改善してくる場合もあります。 (糖尿病の方の血糖値が安定すると症状が改善したりするします。 )このような場合は医師と相談してください。 またEDは心的要因に左右されやすいものです。 「レビトラは効くのか?」と心配しながら服用するとその不安がレビトラを効かなくさせます。 安心して服用してください。 レビトラの副作用 1 副作用発現状況の概要 国内データ:国内で実施された臨床試験において,本剤5mg,10mg,20mgを投与された総症例913例中257例(28. 15%)に副作用が認められた.主な副作用は,ほてり143例(15. 66%),頭痛51例(5. 59%),鼻閉27例(2. 96%),心悸亢進27例(2. 96%)等であった.(承認時) 外国データ:外国で実施された臨床試験において,本剤5mg,10mg,20mgを投与された総症例7,080例中2,206例(31. 16%)に副作用が認められた.主な副作用は,頭痛871例(12. 30%),ほてり749例(10. 58%),鼻閉313例(4. 42%),消化不良230例(3. 25%)及びめまい125例(1. 77%)等であった.(承認時) 使用成績調査において,3,118例中78例(2. 5%)に副作用が認められた.主な副作用は,ほてり39件(1. 25%),頭痛14件(0. 45%),動悸(心悸亢進)12件(0. 38%),鼻閉9件(0. 29%)等であった.(再審査終了時) このことからも副作用は少なく、安全・安全性が高いと言えるでしょう。 また、主な副作用である顔のほてりですが、これは薬が効いてきた証拠であり、過度に心配する必要はありません。 その他の副作用に関しても、レビトラの効果時間が切れると自然と消えていきます。 どうしても気になる場合は医師に相談しましょう。 またレビトラも狭心症の硝酸薬や抗不整脈薬のアミオダロン等は併用禁忌薬です。 医師にご相談のうえ治療方針を決めることをおすすめいたします。 レビトラはED薬の中では最も飲み合わせや持病で服用できない方が多いED薬です。 海外製ジェネリック医薬品の偽物に注意・通販や個人輸入はおすすめしません。 2016年7月現在、日本国内では海外製ジェネリック医薬品の購入は一般では流通していないため、ネット通販や個人輸入代行で購入するしかありません。 また多くの通販サイトでは海外製ジェネリック医薬品の体験・体験談・感想がレビューや2ch等に書かれていて格安・激安で輸入、購入することができます。 しかし通販や個人輸入で流通している薬の約6割は偽物であるとされています。 偽物は非常に精巧にできており、レビトラのジェネリック100mgや女性用レビトラのジェネリックなど明らかに偽物とわかるもの以外は専門の医師でさえも判断が難しい状況です。 こういったネット通販や個人輸入代行を通して薬を購入することは健康被害のリスクがあり、お金を振り込んだのに薬が送られてこないだけならまだ金銭がなくなるだけで済みますが、送られてきた薬が全く別の成分である可能性や、体に害のあるものが混入している場合もあるため少しでも変に感じた場合は服用しないようにしましょう。 そのため医薬品の通販はあまりおすすめできません。 実際に海外の偽物ED薬を服用して死亡した事例は日本でも報告されています。 日本製の国産ジェネリック正規品が販売された場合、ユナイテッドクリニックでも最安(最安値)で処方を行いたいと思います。 東京・埼玉・神奈川にクリニックがあるユナイテッドクリニックですが大阪、名古屋、神戸、福岡など多くの地域からご来院頂いています。 即日、処方箋不要で院内処方いたします。 そのため薬局に処方箋を持ちこむ手間や男性スタッフのみのためプライバシーが守られていますのでご安心ください。 海外ジェネリック医薬品の種類・一覧 レビトラに限らず様々なジェネリック医薬品が様々な理由で世界中で販売されています。 バイアグラジェネリックの場合は以前からマイラン社がフランスなどでバイアグラジェネリックを販売していましたが、これは後発医薬品事業で先発医薬品メーカーのファイザー社とマイラン社が提携していたためでした。 この2社はAGA治療薬プロペシアジェネリックの『フィナステリド「ファイザー」』を共同で日本で販売しています。 またレビトラのメーカーであるバイエル社がスタキシンというレビトラのOD錠をアメリカで販売しています。 またインドなどの一部の国では特許権の違いにより、製造・販売が可能になっています。 シアリスのジェネリックも同様です。 海外製ジェネリック医薬品として人気が高く名前が知られているのはバリフ VALIF でしょう。 バリフにはゼリー(ジェリー)タイプもあります。 その他フィリトラ FILITRA 、サビトラ SAVITRA などが有名です。 よくサイトで一覧にされていたり、ランキングされていますが、海外製ジェネリック医薬品の種類の主なものを紹介いたします。 バリフ.

次の