痛風 アキレス腱。 痛風が両足に出ることはあるの?

かゆみから始まる痛風の発作とその治療法|痛風の原因から症状まで

痛風 アキレス腱

アキレス腱やアキレス腱周辺が痛くなる病気には、アキレス腱炎と痛風の2つのパターンがあるようです。 この2つ、とても症状が似ているので、自己判断はとても危険です。 きちんと病院に行き、医師の診断を仰ぐことが大前提ではありますが、この2つの病気って、どう違うのでしょう?そして見分け方はあるのでしょうか? <痛風で足が痛くなる原因と症状とは?> 痛風発作の元となる、尿酸結晶は、日常的に負荷が掛かり易いアキレス腱に溜まり易い為、足が痛くなるそうです。 特に痛風の場合は、足の親指の付け根の関節が痛くなり易く、人によっては痛みが出る前に足指の付け根がムズムズしたり、ピリピリするなどの違和感があるようです。 この前兆症状を放置したり、そもそも気づかない場合は、 段々痛みが強くなるのではなく、いきなり激しい痛みが襲うようです。 典型的な足の親指の付け根の痛みは、痛くて靴が履けないどころか、靴下すら履けないくらいの激痛だそうです。 聞いているだけでも痛いですね!!! そしてその痛みは、 最初から最後まで激痛であり、その中でも最初の1日に、痛みのピークが訪れるようです。 この痛みは軽症なら3日、重症なら2週間で消えるそうです。 <アキレス腱炎の痛くなる原因と症状とは?> アキレス腱炎は、スポーツや急な運動、片足に負荷を掛け過ぎた結果として、アキレス腱やその周辺が痛くなるようです。 その為、安静にしていれば自然と痛みは消えていきますが、そのまま放置した場合は徐々に痛みが強くなり、慢性化することもあるようです。 つまり、 痛風の痛みは突然急激に襲い、アキレス腱炎は徐々に痛みが増してくる、という違いがあるようです。 <痛風の、その他の特徴とは?> 上記に記載した、足の親指の付け根から始まる急激かつ強烈な痛みの外に、痛風の特徴とはどんなものがあるのでしょうか? 1.アキレス腱を強く打ったり、捻ったりなどの 原因がなく、激痛が襲う場合は、痛風が考えられます。 2. 夜中に突然アキレス腱周辺や足指が激痛に襲われることがある場合は、痛風が考えられます。 (就寝中は血圧が下がり、血の循環が悪くなることが原因のようです) 3.痛みは 足指の付け根から始まり、アキレス腱の周り、足の甲やくるぶしの関節、ひざの関節、手の関節や手指の関節と、主に関節で痛みが生じます。 この場合も痛風が考えられます。 4.一度に痛むのは1か所だけであり、 複数の箇所が痛むことが少ない場合も、痛風が考えられます。 5.圧倒的に成人男性に多いですが、最近は女性も増加傾向にあるようです。 原因は飲酒・外食・ストレス・女性ホルモンの低下が考えられています。 <まとめ> 痛風もアキレス腱炎も、 早急に治療することが痛みや症状を重症化させない上で、重要なポイントになります。 痛みが引いたからといって、放置することなく、症状が出たり、「おかしいな?」と思ったら、すぐに病院に行き、医師の診断を受け、適切な治療をするように心がけましょう。

次の

アキレス腱の痛み!痛風?

痛風 アキレス腱

みなさんは「痛風」という病気をどのくらいご存知でしょうか?「風が吹くだけでも足が痛む病気」や「貴族やお金持ちがかかるぜいたく病」といった表現はどこかで耳にしたのではないでしょうか? そもそも日本には最近まで痛風という病気の認識がありませんでした。 しかし世界的には歴史が古く、紀元前3500年のパピルスにも記録が残っているほどです。 紀元前300年ごろに活躍したあの有名なアレキサンダー大王もかかっていたといわれています。 ところが1960年代以降、高度経済成長とともに日本人の食生活は野菜や炭水化物中心から高たんぱく、高脂肪、高カロリーへと変化し、それに併せるかのように痛風患者も増加していきました。 今では誰しもがかかる可能性のある身近な病気といえます。 痛風発作の原因は尿酸という物質です。 尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿中にろ過されて排泄されます。 ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、からだの中に蓄積してきます。 溶けなくなった尿酸はナトリウムと合わさり結晶となります。 尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。 痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。 尿酸塩が関節に溜まると痛風発作になりますが、他の臓器にも溜まります。 なかでも腎臓には尿酸が溜まりやすく、痛風発作のある人は腎機能に注意が必要です。 さらに、痛風の患者さんでは心筋梗塞や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高いのです。 痛風発作の激痛は「尿酸が体に溜まっているよ、治療が必要だよ」という神様の警告と考えるべきでしょう。 これが痛風発作です。 この発作は普通1~2週間程度でおさまりますが、おさまった後、尿酸値を適正に下げる治療をしないと必ずまた再発します。 発作の起こりやすい部位は、足の親ゆびの付け根で、左右のどちらか片方に起きます。 これ以外にも肘、膝、手指、アキレス腱などにも生じることがあります。 発作を繰り返す部位では、関節の変形や破壊も起こります。 発作の部位も一ヶ所にとどまらない場合もあり、また、関節や筋肉、皮下などに尿酸結晶の塊 痛風結節 ができることもあります。 こうなるまでには、最初の発作が起こってから十数年かかると言われていますが、若くして発症した人や遺伝的因子の強い人は、尿酸値も高く、進行も早くなります。 さらに、その後も未治療のまま放置した場合、同時に進行している合併症が慢性・悪化し、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで死に至ることもあります。 治療には3つの大きな目的があります。 痛風や高尿酸血症の治療は2003年に日本痛風・核酸代謝学会が作成した「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」に沿って次の3つの目的を持って行われます。 痛風発作の発症を抑えるために、尿酸値をコントロールする• 尿酸結晶の沈着に伴う合併症である腎障害、尿路結石までに進行させないこと• 虚血性心疾患や脳血管障害の発症率を高くする誘因でもある高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病の併発を防ぐ 尿酸値は7. 6~6.

次の

アキレス腱の痛みも痛風が原因?痛風の初期症状と自分で治す方法!

痛風 アキレス腱

確かにアキレス腱が痛くなるとまともに歩けなくなりますから、人体にとっては非常に重要な部位です。 アキレス腱は、「ふくらはぎの筋肉」と「かかとの骨」 を繋げる役割があり、歩くときや走るときにかかとを持ち上げるなど重要な役割を持ちます。 アキレス腱は強靭なのですが、スポーツなどの最中に瞬間的に物凄い力がかかると断裂する場合もあります。 この基準値を超えていると高尿酸血症になって尿酸が結晶化し、関節やその他の溜まりやすい場所に出てきてしまいます。 比較的体温の低い足の関節は、尿酸にとって格好の溜まり場ですが、アキレス腱も尿酸の結晶が溜まりやすい場所のひとつです。 特に足の親指の付け根は痛風を起こす部位としては有名ですが、アキレス腱の部分にも尿酸の結晶による炎症が起こることがあります。 ですので、何もしていないのにアキレス腱に違和感を感じた場合には痛風の可能性も考えなくてはいけません。 そのうち、体にあふれた尿酸は、結晶化がさらにひどくなり、痛風結節という塊を作ります。 痛風結節についてはこのサイトので説明済みです。 痛風結節(つふうけっせつ)とは何でしょうか。 これは、皮下組織などにコブのようなものができる病気です。 もっと詳しく説明すると 尿酸塩結晶が、お互いにくっつきだして、大きくなってしまい、それにより患部が炎症することで発生するコブ(肉芽腫)です。 comより こうなると痛風の慢性期になっているのですが、この痛風結節と呼ばれる塊はアキレス腱にも出てくる可能性があるのです。 痛風結節は尿酸値を下げることで、半年から1年間くらいで少しずつ小さくなっていきます。 万一、痛風結節ができはじめたら、アキレス腱だけでなく、骨や腎臓などの内臓にも影響が出ている可能性がありますので、必ず尿酸値は正常な値に戻してあげましょう。 痛風は痛いだけはなく、尿酸の結晶が腎臓に溜まることで機能が弱くなり、最終的には人工透析になんてことになりかねません。 ですので、痛風になったら薬を飲めばいいやと思うのではなく、生活習慣を改善することが基本です。 このサイトで何回もお伝えしていますが、アルコールの摂りすぎ、食べ過ぎによる肥満、そしてストレスも痛風発作の大きな要因になりますので、「生活を根本的に変える」くらいの意気込みを持ってください。 このサイトでは何人もの人に痛風の体験談を書いていただいていますが、ほぼ100%痛風発作を繰り返しています。 痛風とは一生の付き合いなんて言っている医師がいますが、これは「人は急には変われない」ということを前提にしているからです。 きちんと尿酸をコントロールしていけば痛風発作は防げます。 これは血糖値の管理に似ているかもしれません。 糖尿病になってしまうとなかなか血糖値が下がりにくく、最終的には糖尿病の合併症というルートをたどる人も少なくないですが、「糖質の管理」をきちんとしている人は血糖値が基準値で収まり糖尿病の合併症を防げています。 痛風体質も一朝一夕には変わりませんが、「痛風発作を起こさないように管理すること」は出来ます。 [参考記事].

次の