野菜の育て方。 おいしいイチゴの育て方|プランターで出来る苺の育て方や栽培しやすい品種などの情報

キュウリ(きゅうり)の育て方・栽培方法【春植え】

野菜の育て方

品種 ピーマンの品種は、とてもたくさんあります。 一般的な緑のピーマンには、『みおぎ』『京ゆたか』『京波』『京鈴』『京ひかり』『京みどり』『下総2号』『あきの』『ニューエース』などの品種があります。 カラーピーマンには、『レッドホルン』『イエローホルン』『フルーピーイエロー』『フルーピーレッド』『とんがりパワー』『ワンダーベル』などがあります。 血液をサラサラにして脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があるピラジンや、塩分の排泄を促すカリウムも含まれています。 ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴があります。 ピーマン栽培のポイント ピーマンはベランダでも育てられるので、とても育てやすい野菜ですが、種から苗を育てていくのは温度管理が難しいため、苗から栽培することをおすすめします。 ピーマンの栽培時期 ピーマンの種まきは3月中旬に行い、植え付けは4月下旬が目安となります。 ピーマンは日当たりが良く、水はけが良い場所を好みます。 地温が十分に上がってから植え付けをします。 ピーマンの連作障害 ピーマンは連作を嫌いますので、同じナス科の連作を避けて、3~4年以上の期間をあけるようにします。 コンパニオンプランツ ピーマンのコンパニオンプランツとして、マメ科のラッカセイ、エダマメ、スナップエンドウと一緒に植えるのがオススメです。 好適土壌pH ピーマンの好適土壌pHは、6. 0~6. 5です。 ピーマンの収穫時期 ピーマンは、手入れをしっかりすることで、6月上旬~10月中旬まで収穫することができます。 カラーピーマンを収穫する時は、色が変わり始めてから収穫するのではなく、しっかり熟してから収穫します。 ピーマンの冬越し ピーマンは、最低生存温度の10度以下にならないようにすれば冬越しすることができます。 水と、日光を切らさず与えてあげましょう。 2.ピーマンの栽培基本(畑・プランター) ピーマンは、種まきから育てることもできますが、温度管理がとても重要で、植え付けまで70~80日かかります。 初心者の場合は、良い苗を育てるのは難しいため、ホームセンターなどで市販の苗を購入して栽培することをおすすめします。 ピーマンは1~2株でも十分な収穫量が得られますので、市販の苗を利用するのがお手軽です。 種まき ピーマンは、植え付けまで暖かい環境で育てる必要があるため、ビニールハウスや温室の存在が欠かせません。 ベランダ菜園などでも簡易的な温室を作ることはできますが、揃える道具も多くなります。 ピーマンの種まきは3月中旬から可能ですが、保温管理が必要になります。 ピーマンを種から育てる場合は、育苗箱や育苗ポットに種をまき、発芽したら大きめのポットに移し替えて苗を育てます。 育苗箱では、板などを使って深さ1㎝のまき溝を作り、1㎝程度にすじまきにします。 土を5㎜ほど被せたら水をたっぷりとやり、発芽まで乾燥させないようにします。 約5~7日で発芽しますので、密集している箇所は間引きをします。 本葉2枚になったら4号ポット(12㎝径)に移植し、植え付けできる大きさになるまで育てます。 移植をしないで苗を育てる場合は、4号ポットに野菜用培養土を入れ、指先で3カ所の窪みを作り、1カ所に1粒ずつタネをまきます。 土を1㎝ほど被せて手で軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。 本葉3~6枚頃に間引いて、1ポット1株にします。 土づくり ピーマンを畑に栽培するときは、植え付け2週間前までに苦土石灰1㎡当たり150gを全面にまいてよく耕します。 植え付け1週間前に1㎡当たり堆肥3~4kg、化成肥料150g、溶リン50g程度をまいてよく耕します。 畝は幅60㎝、高さ10~15㎝程度の高畝にします。 植え付け ピーマンの植え付けは、気温が十分に上がり、晩霜の恐れがなくなってから、晴れた日の午前中に行います。 本葉10枚程度で、一番花の開花直前の苗が植え付けに適しています。 株間は、50㎝程度にします。 株間が詰まっていると、日当たりや風通しが悪くなり、病虫害も発生しやすくなります。 植え付け時に、苗をポットから乱雑に引き抜いたり、根鉢を崩したりすると、根を傷めてしっかり育たなくなってしまう恐れがありますので、丁寧にポットから抜き出しましょう。 ピーマンの苗をホームセンターなどで購入する際は、色つやが良く、葉が8~10枚程度の苗を選びます。 早い時期の苗を購入したときは、一番花が咲く直前まで育ててから、植え付けを行います。 植え付けの際は、畝に根鉢より少し大きめの穴を掘り、浅植えにして土を寄せます。 水はたっぷりと与えます。 植え付け後は、苗が風で倒れないように仮支柱を立てて、8の字にゆるくひもをかけて、支柱側で結びます。 プランターでの栽培方法 ピーマンを種まきから始める場合は、育苗ポットを使って種まきをします。 手順は畑栽培と同じですが、温度管理をしっかりと行う必要があります。 プランターサイズは、標準サイズ(60㎝)以上で深型のものを用意します。 ピーマンは、水はけの良い環境を好みますので、鉢底石を入れて水はけを良くします。 土は目いっぱい入れないで、ウォータースペースを2~3㎝とります。 連作障害や病害虫防除のため、新しい土を使用することをおすすめします。 支柱立て ピーマンは、茎が弱くて倒れやすいので、大きく育ってきたら、本支柱を立てます。 支柱の長さは1. 5m程度で、株元から4~5㎝離して垂直に1本立てます。 支柱と茎にひもを8の字に交差させて、結び目を支柱側にして結わえます。 ピーマンの成長に伴って実の重みで枝が折れてしまうことがあるので、側枝にも支柱を用意します。 わき芽の摘み取り わき芽は、茎と葉のつけ根から伸びてくる芽のことを言います。 ピーマンが成長してくると、わき芽がたくさん出てきます。 一番花(1番最初に咲く花)が見え始めたら、一番花の下のわき芽を2本残し、それより下のわき芽はすべて摘み取ります。 摘み取った後からもわき芽が出てきますが、これも摘み取ってしまいます。 わき芽を摘み取ることで、大きい実が収穫できます。 ピーマンのわき芽の摘み取りは、天気の良い日の午前中に行います。 また、古い葉や傷んだ葉は病気の要因にもなるので、同時に取り除きます。 一番果の収穫 ピーマンの一番果は、株の成長を促すために、小さくても早めに収穫します。 一番果を残していると、株に負担がかかってしまうので必ず収穫するようにします。 収穫適期 ピーマンは、開花してから2~3週間後から収穫できます。 実の長さが6~7㎝ほどの大きさになったら収穫します。 実らせたままにすると株が弱ってきますので、早めに収穫しましょう。 ピーマンの枝は折れやすいので、ハサミを使って収穫します。 生理障害 ピーマンは、比較的丈夫な野菜ですが、低温に弱いため、種から育てる場合は温度管理をしっかりと行います。 乾燥状態が続くとカルシウム不足になり、実が黒ずんでくることがあります。 これは病気ではなく「尻腐れ」という生理障害ですので、株元に水をたっぷりと与えて様子をみます。 「日焼け果」は、整枝するときに刈り込みすぎることが原因です。 実が日に焼けて変色してしまうため、枝葉が混み合ってきた部分だけを整枝します。 病害虫の発生を予防するためには、ナス科の連作を避けて、乾燥や窒素肥料の過多に注意し、日当たりや風通しを良くします。 5.ピーマンに発生しやすい病気 ピーマンに発生しやすい主な病気についてご紹介します。 青枯病(あおがれびょう) 青枯病は、土の中の病原菌によって起こる病気です。 病原菌はピーマンの根から侵入し、茎の導管内で増殖するため、栄養分の上昇が遮断されて株に栄養分が行かなくなってしまいます。 病原菌は高温時に活発になるため日中は葉が萎れてしまい、夜間に気温が低くなると回復します。 これを繰り返すうちにピーマンの株が青いまま枯れてしまいます。 夏の高温期や雨が続く多湿で発病しやすく、連作障害で株が弱っている時も発病しやすくなります。 水はけを良くし、適度な水やりを心掛けます。 発病した場合は、ピーマンの株ごと抜き取って撤去処分します。 萎凋病(いちょうびょう) 萎凋病は、根が病原菌に侵されてピーマンの下の葉から徐々に枯れていき、最終的にピーマンの株全体が萎れて枯れてしまう病気です。 発症した株は撤去処分します。 発病後の治療はできないので、連作を避け、土壌消毒で予防します。 疫病(えきびょう) 疫病の病原菌は、湿度が高いと繁殖します。 病原菌がピーマンの体内に侵入し、地際の部分に黒っぽい病斑が現れます。 病気を放置すると株全体に被害が拡大します。 発病した葉や株は撤去処分します。 泥はねなどによって発生するので敷きワラを施します。 モザイク病 モザイク病は、葉に黄単色の斑紋が現れ、モザイク状に広がっていきます。 ウイルスが原因で、主にアブラムシがウイルスを媒介します。 モザイク病は薬剤による治療ができないので、アブラムシの飛来を予防します。 伝染予防のため、病気にかかったピーマンの葉や株は早めに撤去して、被害を防ぐ必要があります。 6.ピーマンに発生しやすい害虫 ピーマンに発生しやすい主な害虫についてご紹介します。 アブラムシ アブラムシは、ピーマンの葉や茎を吸汁し、モザイク病などのウイルスを媒介する厄介な害虫です。 ピーマンの葉が過密状態になるとアブラムシが発生しやすいので、不要な枝葉を剪定し、風通しを良くして日光が当たるようにします。 また、窒素肥料の過多にも気をつけます。 ピーマンの新葉は窒素分が多いので寄生されやすくなります。 アブラムシは光るものを嫌うので、シルバーマルチを敷くと効果があります。 テントウムシダマシ テントウムシダマシは、成虫も幼虫もナス科の野菜を好んで食害します。 肥料分が多いと株に寄生しやすくなりますので、肥料過多に気をつけます。 寄生されると一気に繁殖してしまうので、幼虫や卵を見つけて捕殺します。 ハダニ ハダニの成虫は体長0. 5㎜ほどで、ピーマンの葉の裏に寄生し、生育を阻害します。 乾燥時に発生しやすいので、マルチシートを外して敷きワラを施すと乾燥を防ぐことができます。 ピーマンの育て方を読んだあなたにおすすめの記事:.

次の

野菜の育て方一覧

野菜の育て方

難易度から選ぶ 最初は簡単な野菜から始めて、様々な種類を育ててみましょう。 ここでは、家庭菜園の中でも簡単な種類を、3段階に難易度をつけて紹介します。 星の数が少ない方がより簡単に栽培できます。 1週間で収穫できる!もやし 《おすすめポイント》• プランターでも栽培でき、初心者の方でもつくりやすい• 光を当てない暗所で栽培するので、年間を通して栽培できる• お世話が簡単なので、家庭菜園ビギナーでも失敗なし!• おすすめ品種:緑豆もやし 一般的に流通しているもやしの9割を占める• 初期費用:100円前後 《時期》• 植え付け:一年中• 収穫:一年中 《栽培のコツ》• ビンでも栽培可能ですが、熱湯消毒を必ず行いましょう。 熱湯を注ぎ10秒ほど経ったらお湯を捨てるだけで準備完了です。 使用するビン自体の消毒はもちろん、毎日もやしをすすぐ際も最初につけたネットを外さず、直接もやしに手が触れないようにして洗いましょう。 もやしを含め、スプラウトは必ずスプラウト専用の無消毒種子を使用しましょう。 一般に売られている野菜栽培用の種子は農薬で種が消毒されていることがあり、これをスプラウト栽培に使用してしまうと非常に危険なレベルの残留農薬が混入してしまう恐れがあります。 スプラウト用のものは必ずタネの袋に「スプラウト用」と明記されていますので事前に確認しておきましょう。 失敗なし!かいわれ大根 《おすすめポイント》• 保温ができる環境であれば1年中栽培できる• 大きく育ち、大量に収穫できる• 栽培開始してから7~10日で食べられるようになる• 種と苗箱があればすぐ始められるので、家庭菜園ビギナーに嬉しい!• 初期費用:100円前後 《時期》• 植え付け:一年中• 収穫:一年中 《栽培のコツ》• 種は大量に蒔くので、多めに入っているものを選びましょう。 カイワレ大根を含め、スプラウトは必ずスプラウト専用の無消毒種子を使用しましょう。 一般に売られている野菜栽培用の種子は農薬で種が消毒されていることがあり、これをスプラウト栽培に使用してしまうと非常に危険なレベルの残留農薬が混入してしまう恐れがあります。 スプラウト用のものは必ずタネの袋に「スプラウト用」と明記されていますので事前に確認しておきましょう。 暑さに比較的強く、土質も選ばないため好きな方法で簡単に栽培できる• 必要な分だけ収穫できる• おすすめ品種:青シソ 生育旺盛で耐暑性に優れる• 初期費用:300円前後 《時期》• 植え付け:4~5月• 収穫:7~10月 《栽培のコツ》• 葉の枚数が10枚を超えたら、下葉から順次収穫できます。 常に葉を6~8枚残して樹勢を維持するのがポイント。 都市部で無農薬プランター栽培する場合、生育初期は防虫ネットを使用すれば、比較的簡単確実に防除できます。 株のサイズが大きく、防虫ネットですっぽり囲い込むことは困難となるため、毎日葉裏をチェックして害虫を見つけ次第、捕殺して防除することになります。 ネギ 《おすすめポイント》• 暑さ、寒さどちらにも強く適応性があるため育てやすい• ネギは成長が速いので春先に苗を植えれば、夏までに3. 4回は収穫できる• ネギの根元を3. 4センチ切ったものを苗としてすぐ使用できるので、家庭菜園ビギナーに嬉しい!• おすすめ品種:葉ネギ 種からでも苗からでも、簡単に育てられる• 初期費用:100円前後 《時期》• 種まき:4~9月• 植え付け:6~11月• 収穫:7~12月 《栽培のコツ》• 畑菜園でもプランターでも栽培できますが、ネギは日当たりのいい場所を好むので、苗を植えるときは日陰にならない場所を選びましょう。 水やりはこまめに行い、プランターの土が乾いてきたら、たっぷりと水をやりましょう。 多めに水やりを行うため、鉢いっぱいまでに土を入れないよう注意しましょう。 挑戦といっても収穫までまだま簡単な部類になりますので、初心者でも楽しみながら栽培することができます。 見た目も可愛いイチゴ 《おすすめポイント》• 1年を通して何度も収穫ができる四季成り型の家庭菜園向き品種も多い• ベランダ等の限られたスペースでも栽培できる• 見た目も可愛いので鑑賞用としても人気• おすすめ品種:セリーヌ 病気に強く、株自体のスタミナもあるので初心者の方でも大きな実を収穫することができ、 甘味と酸味のバランスがいい美味しいイチゴ• 初期費用:1000円前後 《時期》• 植え付け:8~9月• 収穫:4~10月 《栽培のコツ》• イチゴは果実のため施肥は欠かせません。 肥料を十分に与え、やや乾燥気味で育てましょう。 容器は大きい方が土がたっぷり入り、根もしっかりはりますので場所に余裕があれば大きいサイズを選ぶといいでしょう。 食べ応え満天!ジャガイモ 《おすすめポイント》• 栽培期間が約3ヵ月ほどで比較的短い• 種イモの15倍もの量が収穫できる• 良い種イモを選べば、初心者でも失敗なしで栽培できる• おすすめ品種:とうや 生育の早い早生種です。 イモの肥大が早く、丸くて大粒の多収品種で、休眠期間は中程度• 初期費用:400円~450円 《時期》• 植え付け:2~3月・8~9月• 収穫:6~7月・11~12月 《栽培のコツ》• 食用として売られているじゃがいもは、ウィルスに感染している可能性が高いので、必ず検査に合格した専用の種いもを購入しましょう。 植え付ける1か月前に種イモを日光に当てて、丈夫な黒紫色の若芽を伸ばしてあげましょう。 発芽促進、黒あざ病菌の予防になります。 イモが肥大してきたら、大きいものは早いうちに探り掘りして収穫を始めると残ったイモの生育が早くなります。 生でもおいしい!ニンジン 《おすすめポイント》• 栽培期間が約3ヵ月ほどで比較的短い• 涼しい気候を好み、根の部分は耐寒性があるので冬の寒さには比較的強い• プランター菜園向きの品種も豊富に揃っている• 栽培期間は長いが、害虫に強いため育てやすい• おすすめ品種:ピッコロ ミニニンジンなので狭いプランターでも良く育ち、極早生種で生育期間が90日と短い• 初期費用:500円~1000円 《時期》• 植え付け:3~5月・7~9月• 収穫:5~7月・10~12月 《栽培のコツ》• 土表面が乾いたら、プランターの排水口から水が勢いよく流れ出るまでたっぷりと与えます。 乾燥させすぎても、過湿すぎても根の質が落ちるので、適湿を心がけます(表土が乾いてからたっぷり与える)• 直根系野菜全般にいえますが、移植は根を痛め、変形根の原因となるため、必ず播種はプランターへの『直播き』とし、ポットからの移植などはしないようにします。 キッチン菜園 外で作業をしたくない方、そんなに量はいらない方におすすめです!お料理の薬味や彩りなどでちょこっとだけ欲しいことありませんか?わざわざスーパーで買うと多すぎて結局捨てるはめに…なんてことになったらもったいないですよね。 キッチン菜園なら、すぐ近くに置いておくことができるのでとっても便利!中には、水だけで育てられる種類もあるので紹介します。 もやし• かいわれ大根 プランター菜園 都会に住む方にとって、最も手軽な家庭菜園の方法、それがプランター菜園です!ベランダのちょっとしたスペースで栽培できるのでマンションに住んでる方、お手入れが面倒な方におすすめです。 トマト• キュウリ• イチゴ 【ランキング発表】初心者に人気の野菜・果実ベスト3 「家庭菜園ってどんな野菜が作れるの?」「経験者がおすすめしている栽培しやすいものが知りたい!」など、これから家庭菜園を始める方必見です。 プランターでも栽培でき、初心者の方でもつくりやすい• 大きく育ち、大量に収穫できる• 夏の暑さに強く、晩秋まで収穫を楽しむことができる• おすすめ品種:千両2号 長期間たくさん収穫でき、実は黒紫色でツヤがあり、やわらかくておいしい• 初期費用:400円~450円 《時期》• 植え付け:4~6月• 収穫:6~10月 《栽培のコツ》• 高温を好む野菜なので、苗の定植は早植えしないでゴールデンウィークを過ぎた十分に温かくなるころまで待ちましょう。 水、肥料が大好きな野菜です。 水は土の表面が乾いたら、肥料は1週間に1回程あげましょう。 第2位 夏の定番!キュウリ 《おすすめポイント》• 温度と日当たりさえ気をつければ、ベランダでも育てやすい• 芽が出てから収穫までおよそ60日という短期間で栽培できる手軽さ• 様々な料理に使え、1度に収穫できる量も多い• おすすめ品種:ミニキュウリ 病気に強く、たくさん収穫できる• 初期費用:400円~450円 《時期》• 植え付け:4~7月• 収穫:6~9月 《栽培のコツ》• キュウリの葉や茎は非常にもろく折れやすいので、支柱立てや誘引を行うときは折れないように注意して行いましょう。 キュウリは花が咲いてから7日程度で収穫ができるので、収穫時期を逃さないように気をつけてください。 第1位 甘くて美味しいトマト 《おすすめポイント》• プランターでも簡単に栽培でき、初心者の方でもつくりやすい• ビタミンC、カロテン、リコピン等、とても栄養価が高い• 様々な料理に使え、1度に収穫できる量も多い• おすすめ品種:桃太郎 害虫に強く、甘い実ができる• 初期費用:400円~450円 《時期》• 植え付け:4~6月• 収穫:5~8月 《栽培のコツ》• 太陽の光が大好きな野菜ですので、日当たりの良い場所にプランターなどを用意して栽培しましょう。 浅めに植えて、株のまわりに土を寄せると、排水が良くなります。 プランターのサイズに合わせて、収穫する枝の段数を決めて摘心(余分な枝を摘み取る)をします。 赤く実ってきたら食べ時です。 トマトは朝の涼しいうちに収穫するのが一番おいしいですよ!.

次の

野菜の種まき時期/野菜の育て方・栽培方法

野菜の育て方

家庭菜園で葉菜類(葉野菜)を育てましょう! 家庭菜園向けの様々な葉菜類(葉野菜)の育て方と栽培のコツを画像つきでレクチャーします。 葉野菜はプランターでも上手に育ちます。 葉野菜を育てるときのコツを、種(苗)の選び方、土づくり、植え付け方、追肥のタイミング、間引き方、収穫時期まで分かりやすく説明してあります。 初心者の方は簡単で育てやすい葉野菜を選んでチャレンジしてみましょう。 育てたい野菜の画像をクリックするとより詳しい育て方が載っている各詳細ページに移動することが出来ます。 5か月 種まき:春と秋 収穫まで:約2か月 脇芽が鈴なりに結球するキャベツ。 栽培期間は眺めですが難易度は普通です。 肥料切れに注意すれば収穫までは管理は容易です。 種まきから収穫までが約2か月と短いため難易度は低め。 外葉をかき取って収穫すれば長期間の収穫が楽しめるプランター向きの野菜。 5か月 植え付け:夏から秋 収穫まで:約3か月 肉厚の葉の表面にプチプチとした食感の粒があって薄い塩味がする変わった野菜。 プランター菜園向きの健康野菜です。 ラッキョウのように鱗茎を食べる葉野菜です。 種球を植えるだけで手間がかからない難易度の低いプランター向きの菜園野菜です。 5か月 種まき:春と夏 収穫まで:約4か月 害虫がつきにくい秋まきがおすすめ。 品種は育てやすい晩生種(秋どり・冬どり)を選びましょう。 栽培期間が長く難易度は高め。 春まき・夏まき・秋まきの年に3回の植え付けが出来ます。 手間がかかり難易度は高めですが結球したあとは収穫まで簡単にたどり着けます。 5か月 種まき:春から秋 収穫まで:約1か月 水だけでも育つと言われるほど育てやすい難易度の低い野菜です。 種からでも簡単に育てられるの初心者向きの菜園野菜です。 真夏を除いて年中栽培が出来る暑さと寒さに強い野菜。 栽培期間が短く短期間で収穫できるので他の野菜の間作にも便利です。 炒め物やサラダに。 害虫被害に遭いやすいので難易度は普通です。 加織が良く歯ごたえがよい西洋野菜です。 気温や湿度の影響を受けやすいため難易度は高め。 幼苗をしっかり育てるのが成功のコツです。 害虫の被害に遭いやすいのですが難易度は普通です。 初心者は秋まきが簡単でおすすめ。 葉がまくタイプの冷涼な気候を好むレタス歯切れの良さと甘みが強いのが特徴です。 細かな管理が必要で肥料不足だと結球が小さくなります。 5か月 種まき:夏 収穫まで:約3か月 葉から軸までが緑のものをチンゲンサイ、軸が白いものをパクチョイと言います。 土壌を選ばないため栽培難易度は低め。 冷涼な気候を好むため種まきと植え付けの時期を守ることが収穫までたどり着くコツです。 難易度は高めですがプランターでも育てらます。 5か月 種まき:春から秋 収穫まで:約1. 5か月 葉ネギの春の種蒔きは4月以降。 料理の薬味に使える葉ネギはベランダ菜園であると便利です。 暑さ寒さに強く年間を通して収穫ができます。 サラダ・炒めもの・和えものなどホウレンソウと同じように使える便利な野菜です。 5か月 種まき:春と夏 収穫まで約2か月 栽培は簡単なので難易度は低め。 春まきはトウ立ちすることが多く害虫の被害にも遭いやすいので、初心者は秋まきがおすすめです。 日本原産の葉野菜。 反日蔭でも育ち栽培の手間もあまりかからないプランター向けの菜園野菜です。 新葉を摘み取れば長期間収穫ができます。

次の