マイナンバーカード申請 岡山市。 マイナンバーカード(通知カード)の住所変更/氏名変更する方法

マイナンバーカードを取得しましょう!

マイナンバーカード申請 岡山市

マイナンバーカード(個人番号カード)を取得するには マイナンバーカードの申請方法 平成28年1月から希望者にマイナンバーカードを交付しています。 マイナンバーカードの概要は次のページからご確認ください。 通知カードと一緒に送付された個人番号カード交付申請書に記載されている申請書IDを用いてスマートフォンやパソコンからオンライン申請をすることができます。 詳しくは、通知カードと一緒に送付されたパンフレット(マイナンバー(個人番号)のお知らせ 個人番号カード交付申請のご案内)かからご確認ください。 1 交付申請書を郵送 通知カードと一緒に届いた個人番号カード交付申請書に顔写真(縦4. 5cm、横3. 5cm)を貼り、必要事項を記入のうえ、返信用封筒に入れてポストに投函してください。 また、郵送の過程で個人番号カード交付申請書に貼り付けされた顔写真が剥がれてしまい、マイナンバーカードが作成できない可能性があります。 剥がれてしまっても交付申請書と顔写真が同一人物のものと確認できるように貼り付けする顔写真の裏側に氏名、生年月日を必ず記入してください。 2 本人宛にカード交付通知書を送付 マイナンバーカードの交付準備が整うと、ハガキで個人番号カード交付通知書が送られてきます。 個人番号カード交付通知書と、通知カードを持参し、住所地の区役所までお越しください。 区役所窓口にて本人確認のうえ、ご自身でタッチパネルを操作して暗証番号を設定すると交付されます。 設定する暗証番号は次のとおりです。 暗証番号 用途 署名用電子証明書 英数字を組み合わせ、6文字以上16文字以下。 英字は大文字。 自宅のパソコンからインターネットを通じて税金の申告が行える「e-Tax 国税 」「eLTAX 地方税 」に使用。 利用者証明用電子証明書 数字4桁 ・平成29年1月に開始したコンビニ交付サービスの利用時に使用。 ・平成29年7月に開始したマイナポータルのログインに使用。 住民基本台帳用 数字4桁 住民基本台帳ネットワークで使用(主に、他市で住民票を取得できる「住民票の広域交付」サービスに利用)。 券面事項入力補助用 数字4桁 マイナンバーカードに記録されている氏名、住所等を確認する際に使用。 1 区役所・市民センターで交付申請書を提出 区役所市民総合窓口課、市民センターの窓口に来庁した際に、個人番号カード交付申請書を記入してを貼り付けて提出することができます。 また、そのときに窓口にて運転免許証などで本人確認をし、希望するを事前に申請します。 この際に通知カードを回収します。 なお、提示していただく運転免許証などの身分証明書には、一部認められないものがありますので、詳しくは次のページをご覧いただくか、までお問い合わせください。 2 本人宛にマイナンバーカードを送付 暗証番号の設定が完了したマイナンバーカードが郵送(本人限定受取郵便)により住所宛てに届きます。 注意事項• マイナンバーカードは、通知カードと同時に所有することはできませんので、郵送による申請時は交付の際に、窓口での申請時は申請の際に通知カードを回収いたします。 マイナンバーカードは、住民基本台帳カードと同時に所有することはできませんので、郵送による申請時は交付の際に、窓口での申請時は申請の際に住民基本台帳カードを回収いたします。 個人番号カード交付申請書に貼り付けした顔写真やマイナンバーカードに印刷された顔写真と申請者の方との同一性が確認できない場合は、交付せずにあらためて申請してもらうことがあります。 課名 電話番号 中央区役所市民総合窓口課 043-221-2109 花見川区役所市民総合窓口課 043-275-6236 稲毛区役所市民総合窓口課 043-284-6109 若葉区役所市民総合窓口課 043-233-8126 緑区役所市民総合窓口課 043-292-8109 美浜区役所市民総合窓口課 043-270-3126.

次の

マイナンバー(個人番号)通知カード廃止のお知らせ

マイナンバーカード申請 岡山市

随時、更新されています。 「社会保障・税番号制度」とは 社会保障・税番号制度は、社会保障と税の各制度における効率性、透明性の向上を図り、給付や負担の公平性を確保するとともに、国民の利便性の向上を図ることが可能となる社会的基盤(インフラ)とされています。 番号制度の導入により、より正確な所得把握が可能となり、社会保障・税の給付と負担の公平性が図られ、より公平・公正な社会を実現することが期待されています。 また、社会保障・税にかかる各種行政事務の効率化が図られ、行政に過誤や無駄をなくすことなども期待されております。 個人番号(マイナンバー)の通知 甲府市では平成27年11月、市民一人ひとりに12桁の個人番号が付番され、通知カードによって通知されました。 通知カードを受け取った方は、同封された申請書を郵送すること等により、平成28年1月から写真付きの個人番号カードの交付を受けることができます。 個人番号カードは本人確認のための身分証明書としてご利用いただけます。 (平成28年1月以降、新規の住民基本台帳カードの発行は行いませんが、発行済みの住民基本台帳カードは有効期限まで使用可能です) マイナンバー利用の効果 (1)公平・公正な社会の実現 所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。 (2)行政の効率化 行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合。 転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。 (3)市民の利便性の向上 添付書類の削減など、行政手続きが簡素化され、市民の負担が軽減されます。 行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできます。 個人向けマイナンバー動画 広報用動画「マイナンバー社会保障・税番号制度が始まります」<個人向け編>です。 マイナンバー制度の概要やメリット、安心・安全な仕組みなどを分かりやすくお伝えします。 安心・安全の仕組み マイナンバー制度の安心・安全を確保するため、制度面とシステム面の両方から個人情報保護の措置を講じています。 制度面 法律に定めがある場合を除き、マイナンバーの収集・保管を禁止しています。 なりすまし防止のため、マイナンバーを収集する際には本人確認が義務付けられています。 マイナンバーが適切に管理されているかを、個人情報保護委員会という第三者機関が監視・監督します。 法律に違反した場合の罰則を、従来に比べて強化しています。 システム面 個人情報は従来どおり、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理します。 分散管理することで、芋づる式の情報漏えいを防ぎます。 行政機関間での情報のやりとりは、マイナンバーを直接使いません。 システムにアクセス可能な者を制限・管理し、通信する場合は暗号化します。 平成29年秋頃から、「情報提供等記録開示システム」が稼動予定です。 マイナンバーを含む自分の個人情報をいつ、誰が、なぜ提供したのか、不正・不適切な照会・提供が行われていないかをご自身で確認することが可能になります。 マイナンバー関連リンク 国のコールセンター 国は、一般の方からのお問い合わせに対応するため、マイナンバーのコールセンターを開設しています。 ご不明の点などがございましたらご利用ください。 マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178(無料) 「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。 【対応時間】 平日 午前9時30分~午後10時00分 土日祝 午前9時30分~午後5時30分 (年末年始を除く) 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル マイナンバー制度に関すること:0120-0178-26 「通知カード」「個人番号カード」に関すること:0120-0178-27 (英語以外の言語については、平日午前9時30分~午後8時00分までの対応となります。 個人情報保護委員会 苦情相談窓口(特定個人情報の取扱いに関する苦情相談) 【電話番号】 03-6457-9585 【対応時間】 平日 午前9時30分~午後5時30分 (土日祝日及び年末年始を除く).

次の

甲府市/社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

マイナンバーカード申請 岡山市

未成年後見人というのは、親がいない子供の親代わりになって監護養育や財産管理をする人です。 あや 内閣府は、「子供でもマイナンバーカードの申請はできますか。 」という質問に対し、次のように回答しています。 15歳未満および成年被後見人の方は法定代理人により、申請していただく必要があります。 また特別な理由がある場合は、市区町村長が認める任意代理人により申請が可能です。 引用: 「特別な事情がある場合」というのは、法定代理人が病気や怪我の影響で手続きできない場合などです。 対応は市区町村によって基準や対応が異なるので、事前確認が必要です。 子供のマイナンバー個人番号カードの発行申請 子供のマイナンバー個人番号カード発行申請の方法について解説していきます。 申請者 子供の年齢によって申請者が異なります。 子供の年齢 申請者 15歳以上 子供本人 15歳未満 法定代理人 申請先 子供が住んでいる(住民登録している)市区町村役場です。 申請期間 申請期間は限定されていません。 子供のためにマイナンバーカードを作ろうと思ったときに申請できます。 親がマイナンバーカードを申請するときに、子供のカードも一緒に申請するのが一般的です。 必要書類 市区町村役場でマイナンバーカードの発行申請をするときに、 親だけで行くか、子供と一緒に行くかによって必要書類が異なります。 親だけ 子供と一緒 ・子供の通知カード:マイナンバーが記載された紙製のカード ・個人番号カード交付電子証明書発行通知書兼回答書(はがき) ・子供の住民基本台帳カード:持っている人だけ ・子供の写真:4. 5cm ・親の身分証明書 ・親子関係を証明する書類:戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)か住民票 ・子供の通知カード:マイナンバーが記載された紙製のカード ・個人番号カード交付電子証明書発行通知書兼回答書(はがき) ・子供の住民基本台帳カード:持っている人だけ ・子供の写真:4. 5cm ・親の身分証明書 子供の通知カード 2015年(平成27年)10月以降、市区町村から住民一人ひとりに届けられています。 家族の場合、親子の通知カードがまとめて届いているはずです。 個人番号カード交付電子証明書発行通知書兼回答書(交付通知はがき) 個人番号カード交付電子証明書発行通知書兼回答書は、マイナンバーカードの交付準備ができたことを通知するためのはがきです。 2016年(平成28年)1月以降に届けられたはずです。 【交付通知はがき】• 顔写真ありは1点:運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど• 顔写真なしは2点:健康保険証、年金手帳、社員証など 身分証明書は、「氏名と住所」または「氏名と生年月日」が記載され、市町村長が適当と認めるものである必要があります。 親子関係を証明する書類 親だけが申請窓口へ行く場合、親子関係を証明する資料の提出が必要です。 具体的には、申請日から3ヶ月以内に発行された戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または住民票(世態全員が記載されたもの)を提出します。 マイナンバー個人番号カードの発行申請から受け取りまで 個人番号カードの発行申請をした後の手続きも確認しておきます。 発行申請から受け取りまでにかかる期間 約1ヶ月です。 大人の場合と同じく、申請から受け取りまでには一定の期間がかかります。 受け取りの方法 申請から約1ヶ月経つと、交付準備ができたことを通知する交付通知書(はがき)が届きます。 次の書類を持って申請した窓口へ行きましょう。 交付通知書(はがき)• マイナンバー通知カード• 本人確認書類• 住民基本台帳カード :持っている場合のみ 暗証番号の設定 また、受け取り時には暗証番号(パスワード)を申請する必要があります。 暗証番号 桁数 署名用電子証明書(15歳以上の場合) 英数字6~16桁 利用者証明用電子証明書 数字4桁 住民基本台帳 数字4桁 券面事項入力補助 数字4桁 利用者証明用電子証明書は、コンビニ交付サービスなどを利用するときに必要なパスワードです。 カードの発行申請をするときに「搭載不要」を選択しない限り、子供用の個人番号カードにも利用者証明用電子証明書の機能が搭載されます。 子供が15歳未満なら法定代理人が暗証番号を設定します。 実印と同じ機能を持つ署名用電子証明書については、子供が15歳未満だと発行されません。 子供にマイナンバー個人番号カードは必要か マイナンバーカードの主な機能を確認しておきましょう。 マイナンバーを証明する書類• 本人確認のための身分証明書• 各種行政手続きのオンライン申請• 各種民間オンライン取引• コンビニ交付サービスの利用(住民票などの発行)• 各種ポイントの一本化• マイナポータルの利用 子供には必要なさそうな機能が多いですよね。 でも、「本人確認のための身分証明書」としての機能は、子供が小さい頃から役に立ちます。 例えば、金融機関で子供名義の新規口座を開設するときは、顔写真入りの身分証明書の提出を求められます。 顔写真入りの証明書がないと、健康保険証や住民票など「氏名と生年月日」または「氏名と住所」が記載された証明書を2点提出する必要があります。 子供のマイナンバーカードがあれば、顔写真入りの身分証明書の問題をクリアすることができます。 また、今後はさらに機能が拡張され、諸外国と同じく「マイナンバーカードを常備する」のが当たり前な社会になることが予想されます。 そのため、今のうちにマイナンバーカードを持つ習慣をつけておくことも意味があるでしょう。 子供のマイナンバーカードを発行するデメリット デメリットは、更新に手数料がかかることです。 マイナンバーカードには有効期限があり、定期的に手数料を支払って更新する必要があります。 更新手数料はカード本体が800円、電子証明書が200円ですが、使用頻度が高くないことを考えると高く感じるかもしれません。 また、子供のマイナンバーカードは親が保管するのが一般的ですが、長期間使用せずにしまい込んで場所を忘れるケースもあります。 紛失した場合は再発行が可能ですが、発行手数料がかかります。 デメリットも踏まえて、子供のマイナンバーカードを作るかどうか検討してください。 子供のマイナンバーカード申請は何歳からのまとめ 子供のマイナンバーカードは0歳の赤ちゃんでも申請できます。 カードの機能の大半が子供は使わないものなので、ある程度大きくなってから申請しても問題はありません。 でも、子供の身分証明書代わりになる貴重なカードではあるので、他の書類をそろえるのが手間だと思うなら早めに申請しておきましょう。

次の