ふれ な ば おちん ラスト。 漫画ふれなばおちんを読んだ(ネタバレ含む)

ふれなばおちん 1

ふれ な ば おちん ラスト

ふれなばおちんは、の に掲載された、斉藤さんでお馴染みの、小田ゆうあさんの作品で、11巻完結のマンガ )です。 結婚後、髪の毛はボサボサで、全くおしゃれをしない生活していた主人公「夏」は、娘や夫に女ではないと言われてしまいます。 しかし、当の本人は家族が第一で、自分の容姿についてはあまり気にしていません。 そこで旦那は会社の後輩である佐伯に、自分の妻を誘惑させて、女に目覚めさせようとしました。 それがあまりにもうまくいき過ぎ、二人とも次第に本気で恋をしてしまいます。 しかし、佐伯は自分の手で夏の事を幸せにすることが出来ないと悟り、夏の前から去ることにしました・・・ コミックを実際に読んでみたい方はコチラをタップしてください。 f43gljee ふれなばおちんは一般コミックにもなっていますので、もちろん紙の書籍を購入すればスグに読むことはできます。 でも・・コミックって家に置くと結構かさばったり、後で邪魔になったりしませんか? 私は最近は、すっかりコミック関係はやPCで読むようになりました。 どうやって読むかというと・・・ 電子コミックのサイトを使うようにしたのです。 CMで見るめちゃコミック等、今はかなりの数のコミックサイトがあります。 その1 eBookjapan eBookjapanの一番いいところは、PCでもでも両方とも読めるところです。 データなので、PCからコミックを購入して、で読む。 ということなども可能になります。 月額300円(税抜)~で、いろいろなコミックが読めますし、無料配信のコミックも多いです。 すべてがそうだというわけではないですが、DMMよりも最新話の配信速度が早いのも魅力の一つです。 f43gljee.

次の

仙台・宮城のロケ地を巡る 映画『ラストレター』編

ふれ な ば おちん ラスト

「ふれなばおちん」とはどのような意味かご存知でしょうか。 なにやら意味ありげな言葉の響きから、不思議な感覚を覚える方もいらっしゃることでしょう。 2016年6月にNHKのBSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」で放送されていたドラマのタイトルも同じく「ふれなばおちん」となっていたことから、「ふれなばおちん」という言葉自体は聞いたことがあるという方もおられますでしょう。 しかし、「ふれなばおちん」の言葉の意味までご存知の方は少ないそうです。 「ふれなばおちん」とはどのような意味があり、どのように使用するのが正しいのでしょう。 「ふれなばおちん」の漢字表記から意味を探る 「ふれなばおちん」とすべてを平仮名で表記すると、言葉が持つイメージが曖昧になります。 そこで、漢字表記ではどのようになるかを確認して、その意味に近づいてみましょう。 「ふれなばおちん」を漢字で表記すると、「触れなば落ちん」となります。 漢字にすると少しイメージが沸いてきたのではないでしょうか。 キーワードは「触」と「落」の2つの漢字です。 「ふれなばおちん」を「触れなば」と「落ちん」別々に考える 「ふれなばおちん」の意味を確認するに当たり、漢字での表記がわかりましたので「触れなば」と「落ちん」の2つに分けて言葉の意味を確認していきましょう。 「ふれなば」の意味 まずは「ふれなばおちん」の前の部分にあたる「ふれなば」の意味についてみてみましょう。 漢字で書くと「触れなば」となります。 これは「触れる」ことなのでしょうか、それとも「触れない」ということなのでしょうか。 意味を調べてみましょう。 「触れなば」は単体で使うことはほぼありません。 本来は「触れる」という単語に属する言葉だからです。 つまり「触れなば」とは「触れる」という意味になります。 「触れなば」は「触れる」の「句」に属しています。 「句」とは文法上の単語の集まりという意味を持っています。 もう少し正確にすると「触れなば落ちん」というひとまとまりで「触れる」の「句」となります。 「おちん」の意味 「ふれなばおちん」の後半部分にあたる「おちん」は、漢字表記すると「落ちん」となりますので意味をイメージしやすくなりました。 ただこちらも「ふれなば」と同じく「落ちん」という言葉の響きからでは「落ちる」のか「落ちない」のか、どちらが正しい意味なのかを推し量るのは難しくなっています。 「落ちん」とは、「落ちる」という意味になります。 方言で使われる「おちん」とは異なる 「おちん」だけで調べると方言として使用されることに気づきますが、「ふれなばおちん」という言葉は方言とは関係ありません。 ちなみに「おちん」は方言では「お駄賃」の意味を持っています。 子どもがお使いや家のお手伝いをしたときにもらえる「お駄賃」を四日市のほうでは「おちん」と呼んでいます。 「ふれなばおちん」とは、さわったらすぐにでも落ちそうな状態 それでは「ふれなばおちん」の意味についてお話ししていきましょう。 「ふれなば」は「触れなば」つまり「触れると」ということです。 そして「おちん」は「落ちん」で「落ちる」といいう意味です。 二つを組み合わせると「触れると落ちる」となります。 これをもう少し美しく整えると、「さわったら落ちてしまいそうな状態」として使用すると良いでしょう。 これでかなり意味がわかりやすくなりました。 触ったら落ちてしまいそうな果実に対し、「ふれなばおちんから気を付けて」といえば具体的に意味がイメージしやすくなります。 しかし「ふれなばおちん」という言葉は、実際にはこのような使い方はしません。 どちらかというと、恋愛面での危うい関係性や状態を表現する「風情」として使用されるのがほとんどです。 「ふれなばおちん」の本当の意味 「ふれなばおちん」という言葉は、ゆらゆらと揺れる安定しない女性の心を表現しており、触れさえしなければ道を踏み外すことはない、しかし触れてしまえばあっという間に落ちていくというのが正しい使い方であり、意味となります。 NHKドラマの「ふれなばおちん」に込められた意味 NHKBSプレミアで放送されていた「ふれなばおちん」は同名漫画の実写化です。 原作者は「小田ゆうあ」さんで彼女の作品は過去にも実写化されたことがあります。 過去に実写化されたのは観月ありさ主演の「斉藤さん」です。 かなり人気ドラマとなりましたので名前ぐらいは聞いたことがある方も多いはずです。 しかし「ふれなばおちん」は「斉藤さん」をご存知の方にはかなりイメージが異なります。 「ふれなばおちん」のテーマは「主婦の純愛」です。 豪快な女性が悪を成敗する痛快ドラマであった「斉藤さん」とはかなり印象が異なるのがお分かり頂けることでしょう。 「ふれなおちん」のあらすじ 主人公の主婦「上条夏」は子供二人と、夫の4人暮らし。 家事は完ぺき、料理に関しては超一級レベルと太鼓判を押せる腕前ですが、家族のことばかりにかまけ自分の身なりには疎く、家の中でも外でもいつもすっぴん、髪はぼさぼさ、服は常にゆるくて楽なもの、そのようなオンナの部分が見当たらない女性です。 家族にももう少し身だしなみをと言われててもわれ関せずでいたはずなのに、同じ社宅に住む「小牧 莉絵」が家族を置いてパート先の年下である若い店長と駆け落ちをしたと聞き衝撃を受けます。 そんなころ、偶然隣の部屋に越してきた劇団員をやっているという若い男が現れます。 夏の夫は冗談めかして「うちの妻を誘惑してくれないか」ともちかけます。 その男性は「佐伯 龍」といい、実は夏の夫が社宅に住むように斡旋していました。 偶然を装われて出会ってしまった2人。 しかし二人は最初からうまくいくわけではありません。 どんな女性でも簡単に落としてきた龍にたいし、夏は全く関心をみせませんでした。 そんな夏を本気で誘惑し始める龍。 そうこうしているうちに二人はどんどん本気の恋へと堕ちていきます。 「ふれなばおちん」のドラマの結末からみるメッセージ 夫のことが好きだと言い切る主人公の夏。 もちろん息子のことも娘のことも愛しているからこそ、この恋は秘密の恋だと、内緒だといいます。 母でも妻でも女性には変わりません。 それを思い出させようとするドラマのつくりには、視聴者の女性陣の心を鷲掴みにしました。 ラストは原作でもドラマでも夏と龍は思いを断ち切って別々の世界へ足を踏み出します。 しかし距離ができることでさらに思いは加速してしまうのですが、夏は事故でこの世を去ることとなり、夏と龍の恋は幕を下ろします。 若い時とは異なる大人の恋愛。 若い時には簡単で簡潔だった恋愛も、齢を重ねれば重ねるほど難しくなるということを思い知らされる内容です。 そこにこの「ふれなばおちん」のメッセージが隠されています。 年齢を重ねることは、大切なものや手放せないものが増えていくばかり。 その中で心を揺さぶる突然の恋に堕ちてしまったらどうなるか。 主人公の夏に自分を重ねながら、忘れられない最後の恋を体験できるのがこのドラマの醍醐味です。 「ふれなばおちん」忘れかけた感情が揺さぶられる言葉.

次の

仙台・宮城のロケ地を巡る 映画『ラストレター』編

ふれ な ば おちん ラスト

ざっくりとしたあらすじ 主人公の夏は夫、娘、息子を持ち昼間はパートとして働く主婦です。 毎日の家事、育児に奔走し髪はボサボサ、ファッションも部屋着のような格好に家族から不評を受けていました。 そんな妻を見かねてか冗談半分で、夫は会社の部下で女性にも人気の高い佐伯に「うちの妻を誘惑してくれよ」と依頼します。 女性の扱いに長けた佐伯も面白そうだと応じますが、夏に真剣になってしまい・・・そして、夏も異性として佐伯を意識するようになります。 佐伯のために変わっていく夏 夏は佐伯のために自分磨きに励み、ダイエットや美容に手を出していきます。 誰が見ても綺麗になっていく夏ですが、薄々夫の義行が怪しみ始めます。 自分が言い出したくせに・・・ ある日、久しぶりに義行と外食に出かけた夏。 しかし、このレストランで佐伯とバッタリ遭遇してしまいます。 それもそのはずで、このお店は義行が佐伯から聞いたお店でした。 夏の最近の変化から夏ー佐伯の関係を怪しんでいた義行は2人を観察し、さらに疑いを強めます。 しかし、ここは佐伯側がうまくごまかし佐伯がグループで来ていた女性を「この人が彼女だ」と紹介し、義行の疑いから逃れます。 しかし、これが後で2人の仲を近づかせる展開に・・・ 佐伯と夏がキスをしてしまう 今までお互いに好きだと認識し合っていても、一線を越えることはなかった2人。 しかし、先日レストランで遭遇し佐伯に彼女がいることを聞かされた夏はひどく落ち込みます。 夏はこれが佐伯が義行の疑いを晴らすためについた嘘とは気づいてなかったわけですね。 自宅で泣いてしまっては家族にバレてしまうと考えた夏は、コンビニで泣こうと決め外出をします。 しかし、偶然ばったり佐伯と遭遇し泣いているところを佐伯に見られてしまいます。 自分の嘘で夏を泣かせてしまったと気づいた佐伯は夏を自宅に連れ込みます。 夏と佐伯は同じマンションの住民 夏「みっともなく嫉妬して泣くまでに止められなかった、止められない」 改めて自分は佐伯のことが好きだと白状する夏。 そして、夏の気持ちを聞いた佐伯も喜び2人はキスをします。 お互いに手紙を書いて気持ちを確認し合う2人。 そして、家族に隠れて佐伯と会うように時間を作ります。 この時に佐伯が用意したのは映画館のレイトショー。 夫が出張で留守の時を狙って束の間の逢瀬を楽しみます。 しかし、この映画館デートが後々大変なことに・・・ 上司からのタレコミ 実はこの映画館デートを偶然目撃した人物が。 夏がパートで働くスーパーのマネージャーです。 このマネージャーは夏のことを嫌っており、さっそく職場で夏が若い男を作って遊んでいるという噂が流れます。 ここでは友人の小牧さんのナイスアシストでことなきを得ますが、依然マネージャーからの陰湿ないじめは続きます。 佐伯はそのいじめの現場を目撃しますが、関係のない自分が出て行ってはせっかくごまかせた若い男との不倫説が再燃し、出ていけず。 様子を見ていると夏の夫の義行が現れ毅然とした態度で、夏を守ります。 義行はマネージャーの夏への言動を動画に収め、パワハラで訴えると脅します。 これには面食らったマネージャーもそれ以降は強く出ることができませんでした。 そして、その場面を遠くから見ていた佐伯は自分では夏を守れないことを悟ります。 佐伯の沖縄行きが決定する こうしたこともあってか、佐伯は自分の身の振り方を考えるようになります。 ちょうど新しい劇団を沖縄で立ち上げる話しもあり、佐伯は沖縄に行くことになります。 最後に自分の正直な気持ちを夏に伝える佐伯。 佐伯『好きだ。 君が大好きだ』 『オレは君を幸せにはできないけど、でも君はオレを幸せにする。 すごいね、ありがとう』 うーん、切ない・・・ 佐伯は現在の関係を清算し、夏と離れることを決意します。 佐伯「忘れるよ、頑張って」 その後、佐伯は会社を辞め沖縄に渡ります。 夏は佐伯を失った悲しみにくれながら、毎日を過ごす日々が続きます。 沖縄で再会することになる2人 別れることを決心したそれぞれですが、信田という人が2人の再会のキッカケ作りをします。 夏の携帯には「会いたい」というメールが届き、夏はそのまま佐伯に会いに沖縄行きの飛行機に乗り込みます。 夏「人を好きになれたこと この気持ちは否定しないと決めたんだから こんなに会いたいんだもの 会う 会っても私は大丈夫ー」 佐伯と久しぶりに会っても大丈夫、もう私は大丈夫だからと沖縄まで行きますが、一度燃え上がった恋はなかなか収まらないんですね。 佐伯は夏のためにホテルを用意しており、落ち合った2人は今までの隙間を埋めるように強く抱き合います。 しかし、身体の関係を結ぶか否かは夏が拒否。 しっかり線引きをしました。 ホテルに義行が乗り込んでくる 夏が持参した弁当を一緒に食べて束の間の2人の時間を過ごす2人。 しかし、このホテルに乗り込んでくる人物がいます。 そうです、 夫の義行です。 実は夏が自宅のパソコンで検索していたホテル情報がそのまま残っており、義行はそのまま夏を追いかけて来ていたわけですね。 どんな気持ちで東京ー沖縄間の飛行機の時間を過ごしたのか・・・ 咄嗟に夏をクローゼットに隠し、義行に事情を説明する佐伯。 この時、佐伯は義行に弁当だけ置いて帰ったと説明します。 こんな説明じゃ納得できないですよね。 当然、義行は激怒。 感情のままに佐伯を殴りつけます。 この後は夏と佐伯の関係を知っていて応援してくれる若林夫婦がなんとかその場を収めます。 義行が帰った後にクローゼットから出てくる夏。 佐伯の顔は義行に殴られひどく腫れています。 佐伯『帰れ。 早く帰れ。 帰ってそこで、なっちゃんも一世一代の嘘をつけ』 今度こそ本当に夏と佐伯の関係が終わった瞬間です。 帰宅した夏は何事もなかったのように振る舞います。 長いようで短かった夏の不倫劇が終わりを迎えた瞬間でした。 しかし、この一連の事件が落ち着いた後に佐伯は交通事故で亡くなってしまいます・・・ まとめ いかがでしたでしょうか?今回、不倫を描いた漫画「ふれなばおちん」のネタバレを紹介しました。 最後は佐伯が死亡してしまうという驚きの展開でしたが、最終的には夏は不倫より家族を選んだということでしょうか。 全部で11巻に渡り掲載された不倫劇。 なんだか最近、不倫ネタが多いような気もしますが展開がさすがといったところで一度読み始めると続きが気になります。 まだ読んだことがない人はおすすめの漫画なので、ぜひ読んでみてください。

次の