怖い話 実話。 特選怖い話

怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

怖い話 実話

亡くなった女性はその日、まず浴室で髪を剃り、その時に頭に切り傷がつきました。 部屋に戻り鏡台に正座した女性は、左手に釘、右手に石を手にします。 まずは額の中央に1本の釘を打ち込みました。 続いて左回りに等間隔でどんどん釘を打ち込んでいきます。 6周目に到達し、後頭部に最後の1本を打ち込んだ女性は鏡台にうつぶせになり、石を手紙の上に置きました。 ゾッとするのはここまでではありません。 調書によると、部屋の中に残った釘は落ちていませんでした。 その人はある日の帰宅途中、ヘアサロンに忘れ物をしたことに気がつき、ヘアサロンへと戻りました。 ヘアサロンにはまだ明かりが付いています。 深夜だったので「すいません、忘れ物しちゃって…」といいつつ中に入ったものの返事がありません。 バックルームのドアを開けるとそこには女性の先輩が立っており、ハサミを落としていました。 よく見るとそのハサミはその先輩の同期の女性のものでした!先輩には、「絶対に言わないでよ」と睨まれたそうです。 翌日、ハサミの持ち主の先輩は「ハサミの調子が悪いな?」と言っていたそうです。

次の

《参》女子高生とヤクザ

怖い話 実話

スポンサーリンク 未満警察が怖い怖すぎる!1話の真木よう子の怪演の感想 未満警察の感想に「怖い」「怖すぎる」という声が続出していました。 真木よう子の演技力が光っていましたね。 2002年福岡県で発覚した事件です。 人の弱みにつけこんで監禁をして金を巻き上げ、拷問と虐待によってマインドコントロール下に置き、お互いの不満をぶつけさせることにより相互不信を起こして逆らえなくし、被害者同士で虐待をさせることで相互不信を一層深くさせ、自分の手は汚さずに用済みとなった人間を殺害して死体処理を行わせた(裁判では6人の殺害と1人の傷害致死)。 犯罪史上稀に見る凶悪犯罪とされ[5]、第一審で検察側は「鬼畜の所業」と被告人男女を厳しく非難した。 2011年12月、最高裁判所によって主犯Xの死刑と共犯Yの無期懲役が確定した。 非情な残虐性・悪質性にもかかわらず、事件に報道規制がかけられたとされ、事件の知名度は高くない。 当初は地元の報道機関を中心に報道をしていたが、途中から報道機関が自主規制して報道量が少なくなり、全国の報道機関での集中報道に結びつかなかったといわれている。 報道量が少なくなった理由としては「あまりにも残酷な事件内容のため表現方法が極めて難しいこと」「家族同士が殺しあった事件の性格から被害者遺族がメディアに積極露出をして被害を訴えづらいこと」があるとされている[6]。 引用: ドラマ未満警察とモデル事件の類似点 ドラマ未満警察とモデル事件の類似点をあげてみましょう。

次の

怪談・実話系

怖い話 実話

人気のコンテンツ• 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に うーん より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に 笠島 より• に 匿名 より• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 鴨川燕 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より• に より• メタ情報• ブログランキング.

次の