ハケン の 品格 プレゼント 応募。 篠原涼子、息子の誕生日祝いに豪華手料理「いつもはこんな風にしてません」

「ハケンの品格」再放送で加藤あいが話題 現在は主婦業に専念?

ハケン の 品格 プレゼント 応募

篠原涼子主演「ハケンの品格」が4月期、13年ぶりに水曜ドラマ枠に帰ってくることが分かった。 2007年に放送された「ハケンの品格」は、篠原さん演じるスーパー派遣社員・大前春子を主人公に描くお仕事ドラマ。 篠原さんのほかにも、春子との掛け合いも話題となった大泉洋、小泉孝太郎、板谷由夏、安田顕ら豪華キャストが出演していた。 新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わり、日本人の仕事に対する考え方は大きな変化を見せている。 今回続編に出演するにあたって、主演の篠原さんは「時代も平成から令和になり、『働き方改革』が謳われる世の中で、スーパーハケンの大前春子がどのように働き、生きて行くのか私自身もいまから演じるのを楽しみにしておりますので、視聴者の皆様にも楽しみにお待ち頂けたらと思います」とコメントを寄せている。 また、今作でも引き続き脚本を担当する中園ミホは「ハケンの品格は、実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です。 13年経った今も彼女たちとの飲み会は続いていますが、ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます」と指摘し、「すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます。 ご期待ください!」と呼びかけている。 「ハケンの品格」は4月、水曜日22時~日本テレビにて放送予定。 《cinemacafe. net》.

次の

ハケンの品格

ハケン の 品格 プレゼント 応募

現れた春子は、残業はしないなどの条件を突き付け、部長の宇野(塚地武雅)らはあぜん。 復帰を聞きつけてやって来た里中の同期で旭川支社長補佐の東海林(大泉洋)は、春子との再会に感激するが無視される。 そんな中、里中らはロシアの会社との重要な商談に臨むことになり、春子も同行。 一方、里中の部下の派遣社員・亜紀(吉谷彩子)はセクハラに悩み…。 スタッフ• 脚本:中園ミホ• 脚本:山口雅俊• 脚本:川邊優子• 演出:佐藤東弥• 演出:丸谷俊平• プロデューサー:西憲彦• プロデューサー:櫨山裕子• プロデューサー:山口雅俊• プロデューサー:秋元孝之• 主題歌:Motivation/鈴木雅之• キャスト• 概要 篠原涼子が最強派遣社員・大前春子を演じて大ヒットとなったお仕事ドラマが13年ぶりに帰ってくる。 働き方改革、副業、アウトソーシング、AI導入など、以前とは働き方も多様化した令和の時代、春子は果たしてどんな働き方をするのか。 日本人の仕事に対する考え方も大きく変わった今、春子の働きぶりを通して、新時代に働く者の品格を問う。 前作に続き、里中賢介役で小泉孝太郎が続投。 脚本は「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)などを手掛ける中園ミホが担当する。 しかし、近年における働き方の複雑化やそれぞれの立場による矛盾や対立が増えたことで、里中は会社の未来に漠然とした不安を抱き、悩む毎日を過ごすようになる。 そんな中、右肩下がりの会社とその社員たちにいい刺激を与えようと一大決心した里中は、春子を会社に呼び戻す。

次の

篠原涼子×大泉洋が織りなす“お節介型ラブコメ” 時代を先取りしていた『ハケンの品格』|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ハケン の 品格 プレゼント 応募

先日、息子の誕生日に振る舞ったという豪華な手料理を動画で報告した。 まず、エプロン姿の篠原が自宅のキッチンで撮影したのは大量のハンバーグ。 「きょうのソースはデミグラスソースでやりたいと思います」と紹介し子どもたちが好きでよく作っているというモッツアレラチーズのフライも準備。 これに加え、ラタトゥイユ、カルパッチョ、生パスタのスパゲッティ、トマトのマリナ、「買ってきた」というタンドリーチキンなどが食卓にズラリと並んだ。 「きょうは息子の誕生日なので豪勢です。 いつもはこんな風にしてません。 本当に質素です。 特別です!」と大切な日だからこそのスペシャルメニューだそう。 「学校もないので家で息子たちが暴れたりしているのでてんやわんやしていますがなんとか毎日楽しく過ごしています」と母としての奮闘ものぞかせた。 時々聞こえてくる子どもたちのにぎやかな声も話題となっている。 なお、きょう午後10時からは『春子の物語ハケンの品格2007特別編 第六夜』を放送する。

次の