ポケモン剣盾素早さ。 【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】技・持ち物・特性で素早さを上げる方法

ポケモン剣盾素早さ

栄養ドリンク 1個につき努力値を10振れるので、26個使えば一つのステータスの努力値をMAXにできます。 栄養ドリンクは のフレンドリィショップで10000円で購入できますが、大量にお金を必要とするため、トーナメントなどでお金を稼いでおきましょう。 時間効率はあまりよくないですが、 お金もかからず放置しながら稼げるため、急ぎでないポケモンはポケジョブで努力値を振るのがおすすめです。 なお、ポケルスや「 」などのアイテムがあるとより効率が上がるため、あらかじめ準備しておくといいでしょう。 どの努力値が上がるかはポケモンによって決まっているため、 特定の場所で同じポケモンを狩り続けるのがおすすめです。 ポケジョブと同じように、ポケルスやパワー系アイテムを利用することで大幅に時間を短縮できます。 あまり効率的ではないため、栄養ドリンクで努力値を振る際に、 最後の2ポイントを上げる微調整に使うのがおすすめです。 ハネは、 もしくは にある橋で、拾うことができ、日付が変わると再び入手できるようになります。 ポケルスはバトルを行うとまれに感染しますが、確率は非常に低いため、交換などを利用して手に入れるのがおすすめです。 また、感染済みのポケモンを手持ちに入れた状態でバトルをすると、手持ちの上下にいるポケモンにポケルスが伝染することがあります。 完治しても得られる努力値は2倍のままですが、他のポケモンに伝染しなくなるので、伝染させる用のポケモンを必ず一匹はボックスに預けておきましょう。 パワー系アイテムを持たせる 「 」などのパワー系アイテムをポケモンに持たせると、ポケジョブや戦闘での獲得できる努力値がアップします。 パワー系アイテムは、ナックルシティのポケモンセンターで、BPと交換で手に入れることができます。 BPは殿堂入り後に解放されるバトルタワーや、ランクバトルの報酬で入手可能です。 努力値を下げるきのみは、ワイルドエリアにあるきのみの木や、マックスレイドバトルの報酬として入手可能です。 そのため、努力値を下げるにはきのみをつかって少しづつ下げるしか方法がないので、よく考えてから努力値を振りましょう。 努力値とは? 努力値は、種族値や個体値、性格と合わせて、ポケモンのステータスを決定する要素の一つで、公式には「きそポイント」と呼ばれています。 努力値は、1つのステータスにつき最大で252、全ステータス合計で510まで振ることができます。 振った努力値の4分の1がステータスに反映されるため、努力値を振る際は4の倍数分振らないと、ポイントが無駄になってしまいます。 ランクバトルでは重要な要素 ストーリーを進める際には、努力値は意識しなくても問題ありませんが、ランクバトルで勝つためには、きっちりと努力値を調整するのが必須級です。 基本的には、伸ばしたいステータス2個を最大にして、残りをいずれかに振るというのが主流ですが、高いランクで戦うためには、すばやさなどの微調整が必要になってくる場合もあります。 努力値の確認方法 努力値をどれくらい振ったかは、ポケモンのステータス画面で「X」ボタンを押すことで確認可能です。 薄い黄色が現在のステータス、オレンジ色のゲージが現在の努力値の値で、最大まで振るとそのステータスがキラキラ光ります。 なお、努力値を最大の510まで振ると、オレンジ色のゲージが水色になり、これ以上は上がらないという目印になります。

次の

【剣盾対応】ポケモン素早さ努力値調整ツール 『Speed Calc』

ポケモン剣盾素早さ

構築経緯 「ダイジェット」が強力 有利状況から一気に全抜き状態に移行できたり、素早さ関係の逆転により不利状況を覆したりと多岐にわたって活躍しており、 素早さを上げながら攻撃できる「ダイジェット」が 今作の対戦環境において最も強力な動きの1つ であると感じたため「ダイジェット」持ちのダイマックスポケモンを軸にすることにしました。 「ダイジェット」を使用するポケモンにもトゲキッスやギャラドスなど様々な種類が存在しますが、型が豊富で他のどのポケモンよりも行動が読まれにくくかつ撃ち合える範囲も特に広いということを考慮し、 弱点保険ドラパルトをメインのダイマックスポケモンとして採用しました。 残HPを2倍にするという仕様上、ダイマックスをするポケモンは可能な限り高いHPを確保しておきたいです。 これより、サイクル戦を行うことはダイマックスと相性が悪く、 交代せずに殴り合う『対面構築』こそダイマックスポケモンを最大限活かすパーティである と考えました。 ドラパルトに加えて、特性「ばけのかわ」のおかげで 相性を無視して殴り合う性能が高いミミッキュと、技「からをやぶる」により 多くの相手に先制で高い火力を押し付けられるパルシェンの3体を基本選出とすることにしました。 2体目のダイマックスポケモン探し• 前述した通り「ダイジェット」持ちのダイマックスポケモンが強力なので、 ドラパルトが出しにくい相手に対して選出する第2のダイマックスポケモンを探しました。 タイプ一致で「ダイジェット」を撃て特性「じしんかじょう」のおかげで全抜き性能が特に高いギャラドス、飛行技が半減なので「ダイジェット」の撃ち合いにおいて強力なスピンロトムなどを試してみたものの、 弱点保険バンギラスの流行により動き辛いと感じたため採用を断念しました。 特性「すなかき」+「ダイロック」により「ダイジェット」と同様の動きが可能なドリュウズは、上の2匹とは違ってバンギラスにも強い点が優秀で長い間使用していましたが、 ドリュウズミラーやアーマーガアに対する明確な回答を容易するのが難しかったためパーティから外れることとなりました。 その後も バンギラスに強く、アーマーガアにも負けない「ダイジェット」使いを探し続けたところ、 「とびはねる」+「かみなりパンチ」持ちのホルードにたどり着きました。 また、このポケモンは特性「ちからもち」のお陰ですでに十分な火力が確保されているため火力増強アイテムを持たせる必要がなく、代わりに 「ラムのみ」を持たせることでここまでの3体で用意されていない状態異常耐性を付与する ことができました。 受け構築とアイアント対策• こちらのダイマックスを上手く耐え抜かれた場合受け構築を崩す手段がなくなり詰められてしまうため、 ダイマックスを使用せずとも受けパーティに対抗できる「わるだくみ」持ちサザンドラを採用しました。 また、終盤に『ヌルアント』と呼ばれる タイプ:ヌル+アイアントを軸にしたパーティが急増し、こちらにも 非ダイマックスで抵抗できるようエースバーンを採用しました。 個別紹介 ドラパルト 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:236 攻撃:196 防御:44 特攻:0 特防:4 素早さ:28 実数値 193-181-101-108-96-166 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ そらをとぶ だいもんじ 調整意図 HB:172 252 ドラパルトの「いのちのたま」持ち「ダイドラグーン(ドラゴンアロー)」耐え HD:152 252 の「いのちのたま」持ち「ダイドラグーン(りゅうせいぐん)」耐え S:最速サザンドラ抜き 解説 最強のタイマン性能 このドラパルトはミミッキュ以外のほぼ全てのポケモンに対して撃ち合いで強く、殴り合う展開になった場合はほぼ確実に相手のポケモンを1体以上倒します。 また、ドラパルトやサザンドラやヒヒダルマ、ギルガルドなどに対しては 対面から「ダイジェット」を打つことで「じゃくてんほけん」でAとCを2段階上昇させながら素早さも上げつつ相手を突破する ことができます。 この動きが決まったドラパルトをミミッキュ以外で止めることは難しく、ミミッキュが繰り出された場合は後述のパルシェンの起点に、そうでなければそのまま試合に勝ってしまうことも少なくありません。 「ダイホロウ」で役割集中 さらに、弱点保険ドラパルトの苦手とする 受けポケモンに対しては「ダイホロウ」で防御を下げながら退場する ことで、後続のミミッキュやパルシェンで倒しに行く、いわゆる『役割集中』を狙うことができます。 アーマーガア対策の「だいもんじ」 ダイマックスを利用する弱点保険型のドラパルトは「ドラゴンアロー」「ゴーストダイブ」+飛行技までは確定で最後の1枠が選択となりますが、今回は上の 「ダイホロウ」の防御ダウンでの役割集中を特性「ミラーアーマー」で阻止してくるアーマーガアに対して刺さる「だいもんじ」 を採用しました。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 131-142-100-x-125-162 技 シャドークロー ドレインパンチ かげうち つるぎのまい 調整意図 A:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:ミミッキュミラーで先制する可能性を高めたいため最速 解説 終盤の掃除役 ドラパルトや後述するホルードにダイマックスを切って場を荒らした後、 相手のポケモンの僅かに残った体力を削りきる『スイーパー』として使用します。 「じゃれつく」よりも「ドレインパンチ」 ま た、アタッカー型ミミッキュによく採用されている「じゃれつく」ですが、このパーティはミミッキュにダイマックスを切らないため「 ダイフェアリー」の追加効果の恩恵を受ける場面がない 上に、 打ちたい相手であるバンギラスやカビゴン、タイプ:ヌルには「ドレインパンチ」の方が有効 であることに気付いたため不採用としました。 ダイマックスポケモンはその仕様により先制技を打つことができない ため、「きあいのたすき」で残りHPが1になったパルシェンを安全に倒し切ることができません。 これを利用して、パルシェンは ダイマックスポケモンの前では安全に「からをやぶる」を選択し反撃に移行する ことができます。 特に、トゲキッスは本来「エアスラッシュ」の怯みによってパルシェンを突破してしまう可能性を持っていますが、ダイマックスしてしまうとその追加効果が消えてしまうので確実に対面から勝つことができるようになります。 誘うミミッキュを起点に全抜き また、ドラパルトの欄で記述した通り、 「じゃくてんほけん」が発動したドラパルトを唯一安全に処理できるのはミミッキュ ですが、その ミ ミッキュを起点に「からをやぶる」で全抜きを狙う ことができるため、ドラパルトと同時に選出した場合はこれが最も太い勝ち筋の1つになります。 ただし、「トリックルーム」持ちのミミッキュにはその展開を阻止されてしまうため注意が必要です。 ホルード 特性 ちからもち 性格 いじっぱり 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:116 攻撃:252 防御:28 特攻:0 特防:4 素早さ:108 実数値 175-118-101-x-98-112 技 じしん とびはねる かみなりパンチ つるぎのまい 調整意図 A:「ダイジェット(とびはねる)」+「ダイサンダー(かみなりパンチ)」で161-115 4-0 ダイマックストゲキッスを68. オーロンゲやカバルドンなどドラパルトが苦手とする 状態異常撒きに対して「つるぎのまい」を積み、全抜きを狙います。 対受け構築 上記の露骨な状態異常技始動の展開構築以外にも、 受けパーティに対して選出することが多いです。 また、その場合はサザンドラと共に選出することがほとんどですが、その時はホルードのダイマックスが切れた後相手のダイマックスポケモンに逆転されないよう ミミッキュやパルシェンなどのストッパーも同時に選出する 必要があります。 サザンドラ 特性 ふゆう 性格 おくびょう 持ち物 たべのこし 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:4 素早さ:252 実数値 167-99-110-177-111-165 技 あくのはどう ラスターカノン わるだくみ みがわり 調整意図 C:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:最速 解説 受け構築対策ポケモン ドヒドイデやヌオーなどの受けポケモンの技に対して「みがわり」を選択し、そこから安全に「わるだくみ」を積んで相手パーティの崩壊を狙います。 サザンドラを倒せるポケモンを誘い出す 受けと攻めを両立しているパーティに対しては このポケモンで攻めポケモンを誘い出し、こちらのタイマン性能の高いポケモンで返り討ちに します。 ニンフィアの選出・交代を読む また、受けに特化した構築はサザンドラ対策としてニンフィアを用意していることが多いですが、それはすなわちこのポケモンがいるだけで ニンフィアの選出や後出しを強要できるということなので、 それを利用した読み行動を通して勝機を見出します。 エースバーン 特性 もうか 性格 ようき 持ち物 たつじんのおび 努力値 HP:60 攻撃:212 防御:4 特攻:0 特防:52 素早さ:180 実数値 163-163-96-x-102-178 技 かえんボール とびひざげり ふいうち ちょうはつ 調整意図 A:「とびひざげり」で167-110 0-0 サザンドラを確定1発 HB:172 252 ドラパルトの「いのちのたま」持ち「ドラゴンアロー」を確定耐え HD:189 252 トゲキッスの「ダイジェット エアスラッシュ 」を確定耐え 177 252 サザンドラの「ダイドラグーン りゅうせいぐん 」 S:最速アイアント抜き 解説 対アイアント 構築経緯にて述べた通り、アイアント入りのパーティや「ダイジェット」で全抜きを狙ってくるアーマーガア入りに対して選出します。 高いタイマン性能 調整意図にある通り、アタッカーとしては高水準の耐久と「ふいうち」を持っているため、タイマンでの殴り合い性能はかなり高いです。 また、技「ちょうはつ」のお陰で 相手の展開を許さず純粋な殴り合いというこちらの土俵に無理やり持ち込むことができます。 選出パターン 相手のパーティをある程度分類し、それぞれに対して 事前に選出とダイマックスするポケモンを決めておく ことで対戦中の慌ただしい思考を排除し、 実際の対戦を机上論でのゲームメイクに極限まで近付け機械的に勝利する ことができます。 対面特化• 相手のパーティに カバルドンなどの状態異常撒きやドヒドイデなどの受けポケモンがいない場合、基本的に対戦は単純な技での殴り合いになります。 その場合、この基本選出は無類の強さを発揮するため、余計なことは考えず ドラパルトにダイマックスを使用し、対面のポケモンに通る技を押し付けます。 vs鋼入り• アイアントやアーマーガアをエースに設定しているパーティに対して選出します。 初手でドラパルトにダイマックスを使用しある程度相手を削った後、エースバーン+ミミッキュorパルシェンで詰めます。 アーマーガアがバンギラスなどと同居していて「ステルスロック」+「ダイジェット」展開を狙ってきそうな場合この選出を、ギャラドスなどと組み合わされており アーマーガア以外がダイマックスしてきそうな場合は上の「ドラパルト+ミミッキュ+パルシェン」の選出を優先します。 vs展開構築• カバルドンやオーロンゲなどの状態異常撒きや「ステルスロック」持ちのバンギラスから展開してくるパーティに対しては初手ホルードから入り、状態異常を「ラムのみ」で掻い潜りながら初手の展開要員を仕事させずに突破します。 バンギラスに対しては「じゃくてんほけん」持ちや「きあいのタスキ」からの「ばかぢから」を警戒して積極的にダイマックスを切っていきます。 vs受け構築1• ホルードの高い火力と広い範囲で受け構築の崩壊を狙います。 また、相手が物理受けを複数体選出してきた時に突破しきれないという事態を防ぐため、 物理受けを起点に崩しを狙えるサザンドラも同時に選出します。 しかし、この2体では相手が「ダイジェット」持ちのポケモンを選出してきた場合総崩れになってしまうので、 ストッパー要員であるミミッキュかパルシェンを相手のパーティに合わせて選出します。 vs受け構築2• 上の「vs受け構築」と基本的には同じですが、相手にニンフィアやマホイップなどの サザンドラ受けがいる場合はストッパーではなくエースバーンを優先します。 サザンドラに後出しされやすいニンフィアに対しエースバーンが後出しできるため、最低限のサイクルを行いこちらの崩しの起点を伺う様子見のターンを得られるようになります。 ただし、サザンドラ受けだけでなく 「ダイジェット」持ちのエースポケモンもいた場合は「vs受け構築1」を選出し積極的に交代読み行動を行って強引に崩していきます。 vs襷ガルド+トリルミミ+ドサイドン• 初手に出されやすい 襷ギルガルドを迅速に処理できるミミッキュを初手に置きます。 相手のドサイドンはこちらのサザンドラまたはホルードのダイマックスを合わせないと突破できないため、ドサイドンが出てくるまでダイマックスを温存して立ち回ります。 パルシェン全抜き狙い• 数は少ないですが、パルシェンで安全に「からをやぶる」を決められてしまえばそれだけで勝ててしまうパーティも存在します。 そういった構築に対しては エースバーンの「ちょうはつ」でサポートしながらパルシェンで展開するといった選出を行います。 終わりに 以上、最終4位のホルード入り対面構築の紹介でした。 ポケモンソルジャーではこれからも好成績を残したパーティの紹介を行っていきます。 公式アカウント で記事の更新を告知していますので、ぜひフォローをお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

【ポケモン剣盾】「巨大フシギバナ」キョダイマックスレイド出現場所

ポケモン剣盾素早さ

種族値とは? 種族値はポケモンの種類ごとに能力値の基準となる、種族値 しゅぞくち という隠し数値が設定されています。 それはHABCDSそれぞれに各ポケモンで設定されています。 例えば現在レートで人気のミミッキュとドラパルトについて例を挙げます。 ミミッキュの種族値 H A B C D S 種族値合計 55 90 80 50 105 96 476 画像はミミッキュのステータス画面です。 なんとなく種族値の傾向がステータスにもあるのが分かりますか?このミミッキュは努力値をこうげきとすばやさに振っているため、種族値の傾向よりもその2つのステータスが高くなっていますが、大体は種族値の数値傾向と同じです。 ドラパルトの種族値 H A B C D S 種族値合計 88 120 75 100 75 142 600 次はドラパルトのステータス画面です。 このドラパルトも努力値をうげきとすばやさに振っているため、その2つが飛び出ていますが、ぼうぎょととくぼうの数値は近かったりと種族値の傾向がステータスにも現れています。 このようにポケモンによって種族値が違います。 例えばミミッキュはDが105あり、とくぼうが高いですが、Hは55しかなく、Cは50しかありません。 一方ドラパルトはSが142もあり、とてもすばやさがあるポケモンです。 また、Aも120と高く、攻撃力があることが分かります。 また、種族値の合計に注目して欲しいのですが、ポケモンごとに種族値の合計値も異なっています。 ミミッキュは476ですが、ドラパルトは600もあります。 じゃあドラパルトの方が強いのか?というと、数値が高い=強いというのが必ずしも成立するわけではありません。 が、数値が高いポケモンは比較的強いのは確かです。 ただ、種族値以外にも特性や覚える技、ポケモンのタイプ相性など様々な要素があるので、種族値が高いだけが活躍できる要素ではないということです。 600族という言葉 600族と呼ばれるポケモンがいます。 種族値の合計が600になっているポケモンの総称で、 600という数値は伝説系を除くと一番高い数値になっています。 スペックが高く、純粋に強いポケモンなので使う人も多いです。 剣盾にはまだ登場できないポケモンもいますが、現在は9体の600族ポケモンが存在しています。 ドラゴンタイプが非常に多いです。 剣盾で使えるのは、「バンギラス」「サザンドラ」「ヌメルゴン」「ジャラランガ」「ドラパルト」となっています。 600族一覧と種族値 ポケモン HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ カイリュー 91 134 95 100 100 80 バンギラス 100 134 110 95 100 61 ボーマンダ 95 135 80 110 80 100 メタグロス 80 135 130 95 90 70 ガブリアス 108 130 95 80 85 102 サザンドラ 92 105 90 125 90 98 ヌメルゴン 90 100 70 110 150 80 ジャラランガ 75 110 125 100 105 85 ドラパルト 88 120 75 100 75 142 種族値を覚えて、ポケモンバトルを有利に進めましょう。 素早さの種族値一覧 種族値 ポケモン 最速 準速 最ス 準ス 無振 160 テッカニン 233 212 349 318 180 145 アギルダー 216 197 324 295 165 142 ドラパルト 213 194 319 291 162 136 カマスジョー 206 188 309 282 156 135 ガラルヒヒダルマ(ダルマモード) 205 187 307 280 155 130 サンダース 200 182 300 273 150 130 コオリッポ(ナイスフェイス) 200 182 300 273 150 125 マニューラ 194 177 291 265 145 124 アブリボン 193 176 289 264 144 123 オンバーン 192 175 288 262 143 121 パルスワン 190 173 285 259 141 120 ダグトリオ 189 172 283 258 140 120 インテレオン 189 172 283 258 140 119 エースバーン 188 171 282 256 139 118 ルチャブル 187 170 280 255 138 117 エンニュート 185 169 277 253 137 116 エルフーン 184 168 276 252 136 115 ペルシアン 183 167 274 250 135 115 チラチーノ 183 167 274 250 135 114 ココロモリ 182 166 273 249 134 110 ゲンガー 178 162 267 243 130 110 ライチュウ 178 162 267 243 130 110 ユキメノコ 178 162 267 243 130 110 エーフィ 178 162 267 243 130 109 エレザード 177 161 265 241 129 109 アイアント 177 161 265 241 129 108 デンチュラ 176 160 264 240 128 106 レパルダス 173 158 259 237 126 105 ガラルギャロップ 172 157 258 235 125 105 ライボルト 172 157 258 235 125 104 ニャオニクス 171 156 256 234 124 100 キュウコン 167 152 250 228 120 100 リザードン 167 152 250 228 120 100 フライゴン 167 152 250 228 120 100 ガラルマッスグマ 167 152 250 228 120 98 サザンドラ 165 150 247 225 118 98 バスラオ 165 150 247 225 118 97 オノノクス 163 149 244 223 117 97 シンボラー 163 149 244 223 117 97 モルペコ(まんぷくもよう) 163 149 244 223 117 96 ミミッキュ 162 148 243 222 116 96 トゲデマル 162 148 243 222 116 95 ウインディ 161 147 241 220 115 95 ガラルヒヒダルマ 161 147 241 220 115 95 リーフィア 161 147 241 220 115 95 イエッサン(オスのすがた) 161 147 241 220 115 95 ドラピオン 161 147 241 220 115 95 タチフサグマ 161 147 241 220 115 95 シルヴァディ 161 147 241 220 115 95 ネイティオ 161 147 241 220 115 93 ケンホロウ 159 145 238 217 113 91 ロトム 157 143 235 214 111 90 ギギギアル 156 142 234 213 110 90 ルカリオ 156 142 234 213 110 90 ロズレイド 156 142 234 213 110 90 フォクスライ 156 142 234 213 110 90 イオルブ 156 142 234 213 110 88 ドリュウズ 154 140 231 210 108 88 バイウールー 154 140 231 210 108 87 サワムラー 152 139 228 208 107 86 カットロトム 151 138 226 207 106 86 スピンロトム 151 138 226 207 106 86 フロストロトム 151 138 226 207 106 86 ウォッシュロトム 151 138 226 207 106 86 ヒートロトム 151 138 226 207 106 85 ダゲキ 150 137 225 205 105 85 ジュラルドン 150 137 225 205 105 85 ドクロッグ 150 137 225 205 105 85 イエッサン(メスのすがた) 150 137 225 205 105 85 チェリム(ポジ) 150 137 225 205 105 85 ウッウ 150 137 225 205 105 85 ゴリランダー 150 137 225 205 105 85 ジャラランガ 150 137 225 205 105 85 ハリーセン 150 137 225 205 105 84 パンプジン 149 136 223 204 104 84 スカタンク 149 136 223 204 104 81 ギャラドス 146 133 219 199 101 81 ミロカロス 146 133 219 199 101 80 ヌメルゴン 145 132 217 198 100 80 バルジーナ 145 132 217 198 100 80 ウォーグル 145 132 217 198 100 80 シャンデラ 145 132 217 198 100 80 エルレイド 145 132 217 198 100 80 マンムー 145 132 217 198 100 80 トゲキッス 145 132 217 198 100 80 フワライド 145 132 217 198 100 80 オニゴーリ 145 132 217 198 100 80 サーナイト 145 132 217 198 100 80 ダーテング 145 132 217 198 100 80 ナゲツケサル 145 132 217 198 100 79 バイバニラ 144 131 216 196 99 78 ホルード 143 130 214 195 98 76 エビワラー 140 128 210 192 96 75 キングラー 139 127 208 190 95 75 ダストダス 139 127 208 190 95 75 ウオノラゴン 139 127 208 190 95 75 パッチラゴン 139 127 208 190 95 75 タイレーツ 139 127 208 190 95 75 ストリンダー(ハイなすがた) 139 127 208 190 95 75 ネンドール 139 127 208 190 95 75 デリバード 139 127 208 190 95 74 ガマゲロゲ 138 126 207 189 94 74 カジリガメ 138 126 207 189 94 73 カラマネロ 137 125 205 187 93 72 ペロリーム 136 124 204 186 92 72 アマージョ 136 124 204 186 92 71 サダイジャ 135 123 202 184 91 70 ヨルノズク 134 122 201 183 90 70 パルシェン 134 122 201 183 90 70 バタフリー 134 122 201 183 90 70 キリキザン 134 122 201 183 90 70 イシヘンジン 134 122 201 183 90 70 バリコオル 134 122 201 183 90 70 ポットデス 134 122 201 183 90 70 アップリュー 134 122 201 183 90 70 ソルロック 134 122 201 183 90 70 ルナトーン 134 122 201 183 90 70 ルンパッパ 134 122 201 183 90 70 カポエラー 134 122 201 183 90 70 マンタイン 134 122 201 183 90 68 アズマオウ 132 120 198 180 88 68 ガメノデス 132 120 198 180 88 67 ランターン 130 119 195 178 87 67 アーマーガア 130 119 195 178 87 65 ブースター 128 117 192 175 85 65 シャワーズ 128 117 192 175 85 65 クイタラン 128 117 192 175 85 65 ゴチルゼル 128 117 192 175 85 65 グレイシア 128 117 192 175 85 65 モスノウ 128 117 192 175 85 65 ネギガナイト 128 117 192 175 85 65 マルヤクデ 128 117 192 175 85 65 ペリッパー 128 117 192 175 85 65 サルノリ 128 117 192 175 85 65 ブラッキー 128 117 192 175 85 64 マホイップ 127 116 190 174 84 61 バンギラス 124 113 186 169 81 60 ラプラス 123 112 184 168 80 60 ガラルマタドガス 123 112 184 168 80 60 ニンフィア 123 112 184 168 80 60 ギルガルド 123 112 184 168 80 60 ピクシー 123 112 184 168 80 60 ブルンゲル 123 112 184 168 80 60 マラカッチ 123 112 184 168 80 60 ユキノオー 123 112 184 168 80 60 オーロンゲ 123 112 184 168 80 60 ナマズン 123 112 184 168 80 60 ホエルオー 123 112 184 168 80 60 ワタシラガ 123 112 184 168 80 60 ヤレユータン 123 112 184 168 80 60 キテルグマ 123 112 184 168 80 58 ゴロンダ 121 110 181 165 78 58 ズルズキン 121 110 181 165 78 56 オーロット 118 108 177 162 76 55 カイリキー 117 107 175 160 75 55 ゴルーグ 117 107 175 160 75 55 ウオチルドン 117 107 175 160 75 55 パッチルドン 117 107 175 160 75 55 シザリガー 117 107 175 160 75 50 ラフレシア 112 102 168 153 70 50 ツンベアー 112 102 168 153 70 50 コオリッポ(アイスフェイス) 112 102 168 153 70 50 ニャイキング 112 102 168 153 70 50 クチート 112 102 168 153 70 50 ヤミラミ 112 102 168 153 70 50 キレイハナ 112 102 168 153 70 48 メタモン 110 100 165 150 68 47 カバルドン 108 99 162 148 67 45 イワパレス 106 97 159 145 65 45 ナゲキ 106 97 159 145 65 45 ローブシン 106 97 159 145 65 45 ヨノワール 106 97 159 145 65 45 オクタン 106 97 159 145 65 43 クワガノン 104 95 156 142 63 42 オトスパス 103 94 154 141 62 42 オニシズクモ 103 94 154 141 62 40 ヨワシ 101 92 151 138 60 40 オーベム 101 92 151 138 60 40 ドサイドン 101 92 151 138 60 40 ビークイン 101 92 151 138 60 40 ヌケニン 101 92 151 138 60 40 グソクムシャ 101 92 151 138 60 39 トリトドン 100 91 150 136 59 36 ジジーロン 96 88 144 132 56 36 バクガメス 96 88 144 132 56 35 バンバドロ 95 87 142 130 55 35 ドヒドイデ 95 87 142 130 55 35 ヌオー 95 87 142 130 55 33 ドータクン 93 85 139 127 53 33 ソーナンス 93 85 139 127 53 32 ガラルマッギョ 92 84 138 126 52 30 カビゴン 90 82 135 123 50 30 ランクルス 90 82 135 123 50 30 デスカーン 90 82 135 123 50 30 ダイオウドウ 90 82 135 123 50 30 デスバーン 90 82 135 123 50 30 サニゴーン 90 82 135 123 50 30 タルップル 90 82 135 123 50 30 セキタンザン 90 82 135 123 50 30 ガラルサニーゴ 90 82 135 123 50 30 ハガネール 90 82 135 123 50 30 ウソッキー 90 82 135 123 50 30 マシェード 90 82 135 123 50 29 フレフワン 89 81 133 121 49 29 ムシャーナ 89 81 133 121 49 29 ブリムオン 89 81 133 121 49 28 クレベース 88 80 132 120 48 25 ギガイアス 84 77 126 115 45 25 サマヨール 84 77 126 115 45 20 ナットレイ 79 72 118 108 40 20 シュバルゴ 79 72 118 108 40 20 コータス 79 72 118 108 40 20 ヨクバリス 79 72 118 108 40 15 バチンウニ 73 67 109 100 35 5 ナマコブシ 62 57 93 85 25 5 ツボツボ 62 57 93 85 25.

次の