プロ 野球 ドラフト 会議 予想。 2020年ドラフトを1人で予想3/3。巨人のテーマは即戦力投手と……。

秋の風物詩「プロ野球ドラフト会議」がいよいよ開催!!

プロ 野球 ドラフト 会議 予想

さあ、どういう展開になりますでしょうか。 〔横浜DeNAベイスターズ 2019年ひとりドラフト指名選手〕 外れ 投手 奥川恭伸(星稜高) 183cm84kg 右右 外れ 投手 宮城大弥(沖縄興南高) 172cm78kg 左左 1位 捕手 海野隆司(東海大) 173cm80kg 右右 2位 投手 及川雅貴(横浜高) 183cm75kg 左左 3位 外野 井上広大(履正社高) 187cm95kg 右右 4位 外野 蝦名達夫(青森大) 184cm87kg 右右 5位 投手 井上広輝(日大三高) 181cm81kg 右右 6位 捕手 柘植世那(ホンダ鈴鹿) 175cm77kg 右右 22歳 7位 外野 金子莉久(白鴎大) 165cm70kg 右左 〔総評〕 勝率はギリギリ5割クリアの「0. 507」でも、全く気の抜けない激戦のセ・リーグを大きな波もなく戦い抜いたのは、すばらしい大健闘だった。 投打のバランスのとれた良いチームだと思う。 リーグ打撃ベスト10に、宮崎敏郎、神里和毅、筒香嘉智、ネフタリ・ソト、ホセ・ロペス、大和…野手6選手がその名を連ねているということは、レギュラーが固定されていたということだ。 エース・今永昇太はリーグNo. 1左腕にのし上がった。 チーム盗塁数が12球団最低の40。 これで走れれば優勝だったのか……とも思ってしまうが、そう単純なものでもないだろう。 今年の狙いは、さらに将来の投手陣を充実したものに……。 奥川とは縁がなかったが、自慢の左腕を磐石なものにと、繰り上げ1位で指名した宮城まで逸してしまった。 とはいえ地元の眠れる逸材・及川がその「重責」を担うことになって、1位ではディフェンス能力No. 1の海野を確保できたのだから、不幸中の幸いといってよい。 6位でも、海野と同期の柘植で「ダブル・マスク」。 ずっと捕手が固定できずにきたからこそ、捕手固定の難しさは知っている。 大学、社会人のディフェンスNo. 1が2人がかりでホームベースを守る。 イースタンで打率2位の関根大気すら一軍に上がれないほど充実している左打者陣に比べ、今もこの先も、右が少々心細い。 井上広大、蝦名の大砲候補を立て続けに獲得。 井上には鉄砲肩、蝦名には快足……雄大な長打力の他にも、ポイントがちゃんと付加されている。 走れれば……という引っかかりもあったので、指名の最後は、日本一速い! と評する人もいる金子で締めくくった。 この韋駄天、決して走るだけじゃない。

次の

2016年ドラフト会議 ドラフト指名選手一覧表

プロ 野球 ドラフト 会議 予想

中学時代には千葉市シニアで全国大会出場を果たし、U15日本代表にも選出されたほどの逸材です。 彼はプロ志望ということもあり、ヤクルト、巨人、阪神など12球団のほとんどが彼を即戦力の投手として興味を持っています。 ドラフト1巡目指名もありそうですね。 残念ながら甲子園出場は果たせませんでしたが、 北北海道ナンバーワン左腕として西武や中日他、5球団ほどが興味を持っています。 高校日本代表にも選出された左腕は地元・阪神が1位指名をするのではないかと予想されています。 キレのあるストレートで空振りを取れる投手でU-18アジア選手権の大学生との壮行試合でも三振を取っていた。 甲子園では連投に継ぐ連投で1試合100球以上と豊富なスタミナも注目を集めたが、投げすぎではとの声も上がった。 12球団のスカウト陣が彼に注目しておりどの球団が指名するのか楽しみな逸材です。 また足も早く走攻守バランスの取れた選手です。 ソフトバンクや千葉ロッテ他5球団ほどが注目している選手です。 高校通算本塁打は63本とプロでも強打者として注目されています。 ドラフト会議では阪神、中日他5球団ほどが手を上げるのではないでしょうか。 2016ドラフト候補に関する記事一覧• ・ まとめ 今年の高校生は逸材が多いそうで今からドラフトが楽しみです。 注目されている選手は比較的投手が多いようですが、細川選手のようなスラッガーにも注目です。 現・ヤンキースの田中選手や阪神の藤浪選手、日本ハムの大谷選手のように甲子園で活躍した選手がプロとしてすぐ活躍する選手も数多くいるので、もしプロとしてプレイするならぜひ活躍して野球界を盛り上げてほしいです。 スポンサーリンク.

次の

2019年ドラフト日本ハムファイターズの1位指名や結果は?プロ野球ドラフト会議!

プロ 野球 ドラフト 会議 予想

概要 [ ] 1巡目指名のみ入札抽選を行い、重複の場合は抽選を繰り返し、12球団の選択が確定するまで入札を行う。 2巡目以降はウェーバー方式で指名を行う。 今回のウェーバー優先指名権は2017年ので56勝51敗1分けと勝ち越したが獲得している。 3巡目は指名順が逆になり、その後は交互に折り返して指名する。 1巡目の指名でが単独指名した()を除き、11球団が重複・競合したのは、現行制度になった以降最多となった。 新人選手選択会議で82名、育成選手選択会議で32名の合計114名が指名され交渉権が確定した。 NPBドラフト史上初めて、育成選手選択会議を含めた全ての指名選手が生まれとなった。 指名された114名は全員指名球団に入団した。 太字は交渉権確定。 重複した場合は左の球団から順に抽選。 2巡目以上の指名はシーズン成績に基づき、巡目の矢印の向きにウェーバー制により指名。 球団別選択選手一覧 [ ] 球団名はウェーバー順。 入団で 太字は、後に支配下登録された選手。 千葉ロッテマリーンズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 内野手 入団 2位 内野手 入団 3位 投手 入団 4位 外野手 入団 5位 投手 入団 6位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 外野手 入団 2位 投手 入団 東京ヤクルトスワローズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 捕手 入団 2位 投手 入団 3位 投手 入団 4位 外野手 入団 5位 投手 入団 6位 内野手 入団 7位 捕手 入団 8位 投手 入団 北海道日本ハムファイターズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 内野手 入団 2位 投手 入団 3位 投手 入団 4位 内野手 入団 5位 投手 入団 6位 投手 入団 7位 投手 入団 中日ドラゴンズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 3位 内野手 入団 4位 投手 入団 5位 外野手 入団 6位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 オリックス・バファローズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 3位 内野手 入団 4位 投手 入団 5位 捕手 入団 6位 外野手 入団 7位 内野手 入団 8位 内野手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 捕手 入団 2位 投手 入団 3位 内野手 入団 4位 捕手 入団 読売ジャイアンツ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 捕手 入団 3位 捕手 入団 4位 内野手 入団 5位 内野手 入団 6位 内野手 入団 7位 外野手 入団 8位 内野手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 内野手 入団 2位 投手 入団 3位 外野手 入団 4位 投手 入団 5位 捕手 入団 6位 捕手 入団 7位 投手 入団 8位 外野手 入団 東北楽天ゴールデンイーグルス [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 外野手 入団 3位 内野手 入団 4位 投手 入団 5位 外野手 入団 6位 内野手 入団 7位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 内野手 入団 3位 外野手 入団 横浜DeNAベイスターズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 外野手 入団 3位 投手 入団 4位 投手 入団 5位 投手 入団 6位 投手 入団 7位 内野手 入団 8位 内野手 入団 9位 捕手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 埼玉西武ライオンズ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 外野手 入団 3位 投手 入団 4位 投手 入団 5位 投手 入団 6位 内野手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 外野手 入団 2位 捕手 入団 阪神タイガース [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 3位 内野手 入団 4位 外野手 入団 5位 投手 入団 6位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 福岡ソフトバンクホークス [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 3位 外野手 入団 4位 投手 入団 5位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 内野手 入団 3位 内野手 入団 4位 投手 入団 5位 外野手 入団 6位 投手 入団 広島東洋カープ [ ] 新人選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 捕手 入団 2位 投手 入団 3位 投手 入団 4位 外野手 入団 5位 投手 入団 6位 投手 入団 育成選手選択会議 順位 選手名 守備 所属 結果 1位 投手 入団 2位 投手 入団 3位 投手 入団 中継 [ ] テレビ [ ] 地上波 [ ]• 系列『プロ野球ドラフト会議2017』16:50 - 17:50 TBSドラフト会議メインパーソナリティ: 実況: 解説:、 インタビュアー: 会見場リポーター:、()、()、 CS [ ]• 16:30 - 最終指名終了 実況:() 解説:、 リポート: ラジオ [ ]• との2局ネット(に内包) 実況: 解説:菊池高弘(野球ライター) 会見場リポーター: ニッポン放送本社スタジオ担当: インターネット配信 [ ]• TBSテレビ特設サイト・Baseball Gate 16:50 - 育成最終指名終了 実況: 脚注 [ ] [].

次の