快気祝い 相場。 全快祝いとの違いとは?快気祝い、快気内祝いに込める意味

快気祝いの相場と金額の目安

快気祝い 相場

病気やケガの治療がすみ、退院したときに退院祝いを受け取った場合、お返しをどのようにしたらよいのかわからないことが良くあります。 通常入院していた時にお見舞いに来ていただいた方には「退院しました」という報告と、「お見舞に来てくれてありがとう」というお礼の意味を込めてお返しを贈りますが、退院した際に受けた退院祝いはどのようにお返ししたらよいのでしょう。 ここでは退院祝いに関するお返しやその時期、相場などに関してご紹介したいと思います。 退院祝いと快気祝いの違いは? 退院祝いとは、今まで入院していた方が退院した際に本人の快復をお祝いする「贈り物」のことをいいます。 中には入院中にお見舞いに行くことができなかった場合などにお見舞いに代えて贈ることもあります。 反対に、快気祝いは入院していた本人がお見舞いに来てくれた方にお見舞いへの感謝と退院、快復したことの報告を兼ねて「お礼の品」をお返しするということが一般的になっています。 退院祝いのお返しは必要? 通常、入院していた本人が退院してから10日から1ヶ月以内程を目安に快気祝いや快気内祝いなどをお見舞いに来てくれた方にお礼として贈りますが、 快気祝いを皆さんに送る頃に別の方から退院のお祝いをいただいてしまうことなどが良くあります。 そんな時はお返しは必要なのかどうか迷う方が多いのですが、実際の所、お返しは必要なのでしょうか…。 最近では贈る側も受け取る側も、お返しなどに関してあまり気にする方も少なくなってきていますが、やはりマナーには厳しい方も健在なので、お祝いをしたのにお返しもない、などと言われてしまうと少々がっかりな気分になってしまいますよね。 病み上がりで体調も万全ではないかもしれませんが、このような事をいわれてさらに元気がなくなるよりは、しっかりとお返しをして少しでもすっきりした気持ちになっておくと気分も楽になるでしょう。 退院祝いに対するお返しの時期は? 退院してからちょうど快気祝いとしてお見舞いのお返しを贈ったばかりなのに退院祝いが届いてしまった場合などは、大変かもしれませんが、改めて退院祝いに対するお返しをする必要があります。 お返しをする時期としては退院祝いを受け取ってから1週間前後でお返し出来れば一番ですが、引き続き自宅療養をしたり、通院が必要な場合は無理をせず受け取ってから1ヶ月以内程を目安にお返しをするようにすると良いでしょう。 会社の方へのお礼は職場復帰をする場合、復帰の初めの日までに用意し、復帰同日にお礼の言葉と共に一人一人渡すと良いでしょう。 退院祝いのお返しの「のし紙」や表書きは? 品物にかける「のし紙」の水引は 紅白5本のもので 結び切りのものにしてもらい、表書きは自分の状況が全快して退院後は病院へ通院しなくても良い場合であれば 「快気祝い」とし、退院はしたけれど、引き続き通院や療養が必要な場合には 「快気内祝」、「退院内祝」などとします。 退院祝いお返しの金額の相場は? お返しの品物を贈る場合には、 いただいた品の3分の1から半額程度を目安にお返しの品を贈ることが一般的です。 退院祝いを現金ではなく品物でいただいたときも同様です。 例えば、一人三千円程いただいた場合は千円から千五百円程でお返しと考え、一万円いただいた方へは三千円から五千円程のお返しをすると考えればよいでしょう。 会社の同僚など皆さんで出し合って退院祝いをいただいた場合も同様で、大体一人当たりの金額を考え、その金額の3分の1から半額程度の品をできれば一人一人に渡すようにします。 菓子折りなど皆さんで分けて食べるものを持っていく事も可能ですが、お返しとしての品は一人一人別包装のお菓子やハンカチ、クオカードなどにすることをお勧めします。 親戚や家族の場合は助け合うという考えからお返しは双方でしないという家もありますので、親戚などの場合はどのようにすると良いかを相談すると良いでしょう。

次の

快気祝いの相場はいくら?どんな品物がいい?贈る時期いつまで?

快気祝い 相場

快気祝いも全快祝いも、どちらも退院したときにするものということはご存知の方も多いと思います。 しかしこの2つの違いや意味を、はっきりとご存知でしょうか? また快気内祝いとの違いは? 今回はそれらの違いや意味について、ご紹介します。 快気祝いとは 快気祝いとは、入院や自宅療養をしていた人の病気がほぼ完治し、入院中にお見舞いに来てくれた人にお礼と報告を兼ねたお返しをすることを意味しています。 一般的には退院から1週間から10日の間に、入院中お見舞いを頂いた人に退院の報告を添えた挨拶状とお礼返しとして快気祝い品を送ります。 品物の表書きには「快気祝」と書いた熨斗紙をかけて、苗字のみ書くのが一般的です。 快気祝いはお祝いごとなので水引は蝶結びを原則としています。 水引は、「病気やケガを繰り返さないように」と願いを込めて紅白の結び切りを用います。 おもてなし(レストランでの会食や自宅での快気祝いパーティー などを行う際は、おもてなしそのものが快気祝いとなるので、特別にお祝いの品を準備することはしません。 絶対に贈り物をしてはならないというわけではないので、消耗品などをお返しとして贈ってもいいでしょう。 全快祝いとは 全快祝いの意味は、入院していた人や退院後自宅療養していた人の病気やケガが完治した状態で、お見舞いに来てくださった人にお礼と報告を兼ねた贈り物を送ることです。 全快祝いでは、病気やケガ等の入院理由のものが完治したことを、入院中にお見舞いに来てくださった人にお知らせをして、お礼の贈り物をします。 快気祝いと全快祝いの違い では快気祝いと全快祝いは、何が違うのでしょうか? 本来の意味合いとしては、快気祝いは病気等で入院していた人が退院した際にお見舞いを頂いた方に退院の報告とお礼をすることを意味します。 よって全快祝いと違って完治はしておらず、退院後も通院したり自宅療養を行っていたりするケースもあります。 現在は病気の全快を願い、縁起のいい全快祝いと兼ねる場合も多いようです。 快気祝いにはどんなものを贈ればよい? 快気祝いに贈るべきものは、基本的には「消え物」です。 特に、洗剤や石鹸などは喜ばれます。 これは「使い切ってしまえば終わり」ということで個々人の好みに左右されにくい、という理由にもよるのですが、快気祝いとして贈る場合は、「病を(水に)流す」という意味も持ちます。 迷ったらこれを贈るとよいでしょう。 また、果物類も良いとされています。 こちらも「消え物」ですが、「滋養強壮をつけてください」という意味も持ちます。 ただし、糖尿病などの生活習慣病の場合は食事の制限があることもあります。 相手の病気や回復度合いを知った上で判断しましょう。 もはやお祝いやお返しの定番となっている「カタログギフト」は快気祝いにもおすすめです。 好きなものを選んでいただけるので、迷ったらこれにしましょう。 確実に相手に喜んでもらえます。 熨斗は、蓋がしまるものならばケースの上に貼られます。 フルーツのかご盛りなどの場合は、持ち手の部分に張り付けられることが多いと言えます。 快気内祝いとは 一般的に「内祝い」とはお祝いごとのことを言いますが、快気内祝いの場合はその限りではありません。 快気内祝いとは、退院はしたけれど全快ではなく通院や自宅療養を行う場合に用いられます。 よって病気の完治のお知らせを目的とする快気祝いとは違い、快気内祝いとは退院はしているけれど通院や自宅療養が必要なときに使用します。 快気祝いと快気内祝いも区別が難しいのですが、快気祝いは全快祝いの意味も兼ねており、快気内祝いは主に退院したというお知らせと覚えておきましょう。 入院中にお見舞いに来てくださった、もしくはお見舞いを送ってくださった人に対する感謝と自らの回復の報告を相手にする意味を持っているのが快気祝いです。 退院して少し落ち着いたら、早めに快気祝い手配をしましょう。 そして、快気祝いに添える挨拶状も忘れずにお礼に添えて一緒に送ってくださいね。 快気祝いは入院中のお見舞いの感謝の気持ちのです。 支えてくださった方への感謝の気持ちを大切にしてお礼返しをしましょう。 病院へのお礼はすべき? 昔は医師に対する心づけやお礼の品物を贈る、という習慣がありました。 しかしながら現在では、このような習慣はすたれつつあります。 「だれからであっても受け付けない」としている病院が非常に多くなっていますから、基本的にはお礼の品物については考えなくてもよいでしょう。 ただ、人情として「どうしてもお礼をしたい」という人もいるかもしれません。 その場合は、事前に必ず病院に許可をとってください。 病院側で、「引き受ける」と言われた場合は、みんなで分けられるお菓子などを贈ることをおすすめします。

次の

快気祝いの相場はいくら?どんな品物がいい?贈る時期いつまで?

快気祝い 相場

快気祝いの相場は1,500~2,500円! 快気祝いはお見舞いの半分から3分の1程度と言うのはわかりましたが、全体的な相場が気になるものです。 実際、お見舞いとして渡されるのは品物で貰う事が多いのでなかなか判断が難しいところですが、一般的にはお見舞いの金額も3,000~5,000円が相場なので、この金額の半額で考えると 1,500~2,500円が快気祝いの相場となります。 金額よりも気持ちをきちんと伝えることが重要 お見舞いは現金で貰う事はないので、たくさんの人からお見舞いを貰ったとなると、全員分をきっちり半額で返すのはお金の負担も大きくなります。 明らかに安すぎるのは相手に対して失礼になりますが、少しぐらい相場額より低くなっても問題ありません。 元気になった事、お見舞いに来て貰って嬉しかった事をきちんと伝える事が大事なのです。 大人数の場合は個別に快気祝いを渡す必要はない また個人的にではなく会社の部署や課、同期からまとめてお見舞いを貰う事があります。 この場合は必ずしも1人1人に返す必要はありません。 個別にするかまとめて返すかの判断ですが、貰った品を人数分で割った時の金額を参考にします。 割った数字が500円ぐらいになれば、個別で返すと逆に相手側に負担を感じさせる事になるため、まとめて快気祝いを渡した方がスマートです。 一方、1,000円前後の金額になる場合は、個別にお返しする人が多くなります。 状況別!快気祝いの金額相場 同じようにお見舞いを貰った場合も、相手によって返す品は考えた方が良いです。 これまでの繋がり、そしてこれからのお付き合いも考慮し、相手に喜ばれる品を選びたいものです。 親や兄弟への快気祝い 身内から、特に両親からのお見舞いになると、入院費の足しにして欲しいという思いから現金を渡されるかもしれません。 ただ快気祝いをする際はきっちりと半分、または 3分の1程度の額を返さなくても大丈夫です。 親や兄弟は一番近い存在なので、病気や怪我をした時も大変な心配をかける事になります。 そのため全快した時は、 品物よりも元気になった事が何よりの贈り物なのです。 何か返したいという気持ちがあるならば、「美味しい物を食べに行こう」と食事に誘うというお返しでも喜ばれます。 親戚への快気祝い 親戚と言っても年齢にバラつきがあり、お見舞いの品も違ってきますが、 貰った額の半分程度の品を返すのが無難です。 ただ気をつけたいのが年配の親戚へのお返しで、人によって捉え方も異なります。 貰った額の半分以上を返すと、「お金に困っているように思われた」と感じる人がいる一方、半返しが当たり前と思っている人もおり、その場合は3分の1のお返しでは失礼になってしまいます。 親戚は親や兄弟ほどではないですが身近な存在で、この先もずっとお付き合いが続きます。 相手側が不快な気分にならないよう、自分より付き合いの長い両親に相談しながらお返しの品や金額を決めても良いかもしれません。 職場の目上の上司や社長への快気祝い 上司や社長へのお返しもお見舞いの半分程度の額で考えて渡すのが無難です。 お見舞いの額にもよりますが、一般的には5,000円前後の品なら失礼にあたりません。 また上司や社長になると現金でお見舞いを渡す事もありますが、これに対して現金や商品券でお返しをしてはいけません。 お見舞いの額が高額になればなるほどお返しも難しいですが、きっちり半返しにならずとも、少し上等な菓子折りでお返しする方が礼には適っています。 快気祝いを渡す時期はいつがいい? 快気祝いを渡す時期ですが、 退院してから1週間~10日前後が目安となっています。 退院してすぐでは慌てすぎのような印象があり、逆に2~3週間過ぎた頃ではゆっくりし過ぎです。 ただ人によっては退院後の状況も異なります。 完治して退院後はすぐに復職できる人もいれば、まだ自宅で療養しつつ通院治療が必要な人もいます。 今後も治療が続く人は快気祝いを渡すタイミングも難しいですが、取り敢えず中締めとして経過報告はしておきたいものです。 例え完治していない場合でも、退院から1ヶ月以内にはお返しを渡すようにしなければいけません。 快気祝いのマナーや注意点 快気祝いを渡す際は、様々なマナーや気をつけるべき注意点があります。 快気祝い「のし」の種類と書き方 快気祝いは病気や怪我が治ったお祝いですが、二度と起こらない方がいいものです。 そこで使用する「のし」は、 紅白の結び切り水引がついたのし紙を選ぶようにします。 これは病気や怪我が繰り返し起こらないよう、一度結んだらほどけないという意味を持っています。 また表書きをする際は、のし上に 快気祝や快気内祝いと記すのが一般的です。 そして水引の下には本人の苗字を入れますが、表書きは毛筆や筆ペンなどの濃い墨の色で書いておく事が大切です。 贈り物と一緒にお礼状も添えておく 快気祝いを直接会って手渡しする際は、「お見舞いありがとうございました」など感謝の言葉も一緒に伝えられます。 ただ直接会うのが難しい人の場合は、お返しの品とともに、お礼状も添えて送るようにします。 正式なお礼状は縦書きかつ封書で送るのが一般的なマナーとなっており、特に目上の人にはきちんとした形で送りたいものです。 退院した事の報告、お見舞いに対するお礼、仕事などで迷惑をかけた謝罪、今後の展望などについて書いておくと、相手にもわかりやすく気持ちが伝えられます。 快気祝いにギフトを渡す時のマナーや注意点 使って無くなる消耗品がベスト 快気祝いは病気や怪我が無くなった事をお祝いするものなので、使えば消えて無くなるものなら何でも大丈夫です。 チョコレートや焼き菓子、砂糖、石鹸などはまさに「消えて無くなる」ものなので、快気祝いギフトのランキングでも上位を占めます。 洗剤や入浴剤、花束などがおすすめ 「病を洗い流す」という意味合いでは洗剤や入浴剤、健康の意味を兼ねて自然派食品も人気があるギフトです。 そして花束はお見舞いの時に持って来られるイメージですが、快気祝いとして渡す事も出来ます。 明るい色合いの切花にメッセージカードを添えて渡すと、相手側にも十分元気になった事を伝えられます。 商品券など、お金がはっきりわかるものは避ける 逆に快気祝いに控えたいのが、イオンなどの商品券やギフトカードなどの金券類です。 高額なお見舞いを貰った時や先方の好みに合わないと不安に感じた時は、商品券は非常に便利なのですが、金額がハッキリとわかってしまう事から目上の人に贈るのは失礼になってしまいます。 プリザーブドフラワーやパジャマはNG! 後に残るものはNGなので、花束は良いですが、鉢植えやプリザーブドフラワーは避けるようにします。 病気が残る事を連想させるシーツやパジャマなども快気祝いには適していません。 まとめ:喜ばれる快気祝いの渡し方を心がけよう 喜ばれる快気祝いを渡したいですが、一番大事なのは、心配してくれた方に元気な姿を見せる事です。 もちろん貰った物のお返しをするのは最低限のマナーですが、必死に探して疲れてしまっては元も子も無いのです。 快気祝いは消えて無くなるものが良いと覚えておけば、後はそれほど頭を悩ます必要もありません。 退院後の無理は禁物で、大切なのは感謝の気持ちなのです。

次の