ブルー エン カウント 新曲。 小ぶりだけど房咲きなアンブリッジローズ(バラ)。

BLUE ENCOUNT バッドパラドックス 歌詞

ブルー エン カウント 新曲

ボディジャムとは ボディジャムは、ニュージーランドの総合運動プログラム「レスミルズ」のレッスンの一つです。 コナミスポーツなどのジムで採用されています。 ヒップホップやハウス、ジャズダンスなどを組み合わせ、やや激しい動きで踊ります。 クラブやライブハウスで踊っているかのような感覚も楽しめます。 2部構成 ボディジャムのレッスンは、原則として前半と後半の2部で構成されています。 「第1ブロック」「第2ブロック」という2つの振り付け(コリオ)があり、 前半で第一ブロックを、後半で第2ブロックをやります。 そのほかに、「ウォームアップ」(準備運動のためのダンス)や「リカバリー」(体力回復のためのダンス)などが短く入ります。 メインディッシュが2個あるという感じです。 この点は、ズンバやリトモス、メガダンスなどのように、振り付けが異なる曲を10曲くらいやるダンスプログラムと大きく異なります。 45分間のクラスが多い 現在、日本のボディジャムでは、45分間のクラスが主流です。 60分間のクラスもありますが、最大手のコナミスポーツでは60分クラスは少なくなっています。 (2018年1月現在) コナミで復活 ボディジャムなどのレスミルズのプログラムは、日本ではコナミスポーツが中心となって採用していました。 しかし、コナミとレスミルズの関係が一時悪化し、2016年9月にボディジャムのレッスンがコナミから全くなくなりました。 その後、レスミルズファンの熱烈な働きかけもあり、2017年10月から一部店舗でボディジャムが復活しました。 動きがハード ボディジャムは、コリオがとても激しいです。 体力的に難しい動きが入ることがあります。 スピードも速く、ハードなダンストレーニングです。 若い人や体力に自信のある人にとっても十分にやりがいがあり、チャレンジングなプログラムだといえます。 繰り返しが多いので、おぼえるのは楽 ただ、同じ動きを何度も繰り返すので、コリオをおぼえるのは、あまり難しくありません。 同じトラックを数回ぐらいやれば、だいたいの振り付けはおぼえられるでしょう。 何しろ、メインとなるコリオは2種類しかないので、それをマスターすれば良いのです。 リトモスのように11曲あって、11種類の複雑なコリオをおぼえるよりは、楽です。 クラブのような雰囲気を味わえる EDMなどダンスミュージックが中心 ボディジャムの音楽は、ダンスミュージックが中心です。 EDMやヒップホップ、テクノなど、踊りやすい曲で構成されています。 曲のアレンジも、クラブっぽいです。 クラブやライブハウスで踊っているときのような気分を味わえます。 ラテン系のダンスレッスンに比べて、とくに若い世代には比較的馴染みやすい雰囲気だといえるでしょう。 クライマックスに向けて盛り上がる ボディジャムは2部構成になっています。 そして、2部の最後に向けてだんだんと盛り上がりるように構成されています。 最後に興奮とアドレナリンがクライマックスに達し、気分が最高潮に達します。 レスミルズ的な雰囲気 ボディジャムには、レスミルズを愛する人たちが大勢参加しています。 レスミルズのプログラムなので、当然といえば当然です。 レスミルズ愛好家のみなさんは、ダンスだけでなく、バーベルエクササイズや格闘技エクササイズなど様々なプログラムをやっている人が多いです。 このため、ボディジャムも、クラスによっては、ハードなトレーニング的な雰囲気になることもあります。 普及はいまいち ボディジャムはコナミで一時廃止となりましたが、すぐに復活しました。 とはいえ、他のメジャーなダンスプログラムに比べると、まだ普及はいまいちです。 実施店舗はあまり多くありません。 コナミ以外 ダンロップスポーツ、ドゥスポーツ、NAスポーツクラブ まず、コナミも全店舗でやっているわけではなく、 一部の店舗だけです。 コナミ以外では、関東では、ダンロップスポーツ(旧キッツ)、ドゥスポーツ、NAスポーツクラブなどで行われています。 大阪では、一部のコナミやNAS、ジョイフィットで採用されています。 ボディパンプやボディアタックのほうがはるかに普及しています。 今後、導入クラブが広がっていくことを期待したいですね。 振付師(コリオグラファー)は、フィリップ・ミルズ ボディジャムの振付師(コリオグラファー)は、ミルズさんです。 ミルズさんとは、レスミルズの主宰者です。 フルネームは、フィリップ・ミルズ。 レスミルズの代表です。 父親は、レスミルズ創業者レスリー・ミルズさんです。 この父ミルズさんはニュージーランド代表のオリンピック陸上選手で、1964年の東京五輪の円盤投げで7位入賞したそうです。 ボディジャム93 レッスンでの使用期間 2020年7月~ テーマ 「MAKE DI SOUND BANG」 「93」の振り付け(コリオ) ボディジャム93(Bodyjam93)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 TV Noise ft Big Freedia) 「マイ・タイプ」 (My Type) サウィーティー (Saweetie) 「オーメン」 (OMEN) ディスクロージャー ft サム・スミス (Disclosure ft Sam Smith) 「ザ・モットー」 (The Motto) ドレイク ft リル・ウェイン (Drake ft Lil Wayne) 「アイ・ウィル・ステイ」 (I Will Stay) フラックス・パビリオン ft ターニン・ブレイクス (Flux Pavilion ft Turin Brakes) 「サンダウン」 (Sundown) シックス60 (SIX60) グルーヴダウン (落ち着きを取り戻す) ボディジャム92 レッスンでの使用期間 2020年4月~ テーマ 「BANGER AFTER BANGER AFTER BANGER」 ~爆音に次ぐ爆音 「92」の振り付け(コリオ) ボディジャム92(Bodyjam92)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 ) サム・スミス (Sam Smith) グルーヴダウン (落ち着きを取り戻す) ボディジャム91 レッスンでの使用期間 2020年1月~ テーマ 「Styles, Sass, Hips, Feels」 ~スタイル、魅力、おしゃれ、感性 「91」の振り付け(コリオ) ボディジャム91(Bodyjam91)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 【全般/ダイジェスト】 予告編 「91」の曲と動画(Track List) 曲名と動画 アーティスト ジャンル (ブロック) 「SOS」 アビーチ ft アーロー・ブラック (Avicii ft Aloe Blacc) ウォームアップ 「チェンジ・ユア・マインド」 (Change Your Mind) ディロン・フランシス ft ラブリーザバンド (Dillon Francis ft Lovelytheband) アイソレイション 「バナネリア(バナナ・ツリー)」 (Bananeira Banana Tree ) セルジオ・メンデス ft ミスター・ベガス (Sergio Mendes ft Mr. コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 【全般/ダイジェスト】 予告編 「90」の曲と動画(Track List) 曲名と動画 アーティスト ジャンル (ブロック) 「モータウン・フィリー」 (Motownphilly) ボーイズ・ツー・メン (Boyz II Men) ウォームアップ 「シッコ・モード(病人状態)」 (Sicko Mode) トラビス・スコット ft ドレイク (Travis Scott ft Drake) アイソレーション(体の一部だけ動かす練習) 「カム・アウト・アンド・プレイ」 (Come Out And Play) オフスプリング (The Offspring) 1990年代のロック(90'S ROCK) 「ゴー・オフ」 (Go Off) M. Big Sean, Stefflon Don) ディスコ 「バービー・ティングズ」 (Barbie Tingz) ニッキー・ミナージュ (Nicki Minaj) 第1ブロック (ヒップホップ) 「リバース」 (Reverse) セージ・ザ・ジェミニ (Sage The Gemini) 「ミ・ヘンテ」 (Mi Gente) J. バルビン、ウィリー・ウィリアム (J Balvin, Willy William) 「プル・アップ」 (Pull Up) マーティン・ジェンセン (Martin Jensen) 「バババ(ベテ・パヤ)」 (BaBaBa Vete Pa'Ya ) ディロン・フランシス ft ヤング・アッシュ (Dillon Francis ft. コリオ動画 60分レッスン全体 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名と動画 アーティスト ジャンル 「アイ・ライク・イット・ラウド」 (I Like It Loud) ティエスト&ジョン・クリスチャン ft マーシャル・マスターズ&ジ・アルティメット・エムシー (Tiesto&John Christian ft Marshall Masters&The Ultimate MC) ウォーミングアップ 「ザ・バズ」 (The Buzz) ハーミチュード ft マタヤ&ヤング・タップズ (Hermitude ft Mataya&Young Tapz) 部分動作(アイソレーション) 「ゲット・ロー」 (Get Low(Merengue Mix)) リル・ジョン ft イン・ヤン・ツインズ&ピットブル (Lil Jon ft Ying Yang Twins&Pitbull) 「レモン」 (Lemon) エヌ・イー・アール・ ディー&リアーナ (N. D&Rihanna) アイ・ライク・イット・ラウド 「マッド・ラヴ」 (Mad Love) ショーン・ポール&デヴィッド・ゲッタ ft ベッキー・G (Sean Paul&David Guetta ft Becky G) 「アップ・イン・ザ・クラブ」 (Up In The Club) イライザ・メイ (Eliza May) 「カフエンガ」 (Cahuenga) Cuzzins 「ゴー・クレイジー」 (Go Crazy) エイプ・ドラムス ft ドギー・F (Ape Drums ft Dougie F) 「ホワッツ・マイ・ネーム」 (What's My Name) リアーナ ft ドレイク (Rihanna ft Drake) 「スター・フライ」 (Stir Fry) ミーゴス (Migos) 回復(リカバリー) 「アスキータ」 (Azukita) スティーヴ・アオキ、ダディー・ヤンキー、プレイ・ン・スキルズ&エルビス・クレスポ (Steve Aoki, Daddy Yankee, Play-N-Skillz&Elvis Crespo) チューズ・ユア・アドベンチャー 「Z3RO(Extended)」 バイジェル (Vigel) 「バイシクル・ライド」 (Bicycle Ride Soca Remix ) ヴァイブス・カーテル&ブンジ・ガーリン (Vybz Kartel&Bunji Garlin) 「フエゴ」 (Fuego) クラ&オリー・ジェームス (Kura&Olly James) 「ゲット・ロー」 (Get Low) ハードウェル&シック・インディビデュアルズ (Hardwell&SICK INDIVIDUALS) 「ザ・フィーバー」 (The Fever(Extended)) ベースジャッカーズ、ブリーズ・キャロライナ、エイペック (Bassjackers, Breathe Carolina, APEK) 「X」 ラピッド (Rapid) グルーヴダウン ボディジャム85 レッスンでの使用期間 2018年7月~ テーマ 「Hyperreal For Real(ハイパーリアル・フォー・リアル)」 ~これが本当の「超現実」 振り付け(コリオ) ボディジャム85(Bodyjam85)の振り付け(コリオ)がわかる動画と、予告編(Sizzler)です。 コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名と動画 アーティスト ジャンル 「ベリー」 (Bury) パーティー・フェイバー&バッド・ロワイヤル ft リッチー・ループ (Party Favor&Bad Royale ft Richie Loop) ウォーミングアップ 「クリーク」 (Clique) カニエ・ウェスト ft ビッグ・ショーン&ジェイ・Z (Kanye West ft Big Sean&Jay-Z) 部分動作(アイソレーション) 「ミス・ユー・マッチ」 (Miss You Much) ジャネット・ジャクソン (Janet Jackson) オールド・スクール 「ダム・ダム・ダム」 (Damn Damn Damn) デニス・フェノメン&ポトライカス (Denis Phenomen&Potrykus) ピープ・ザット・ファイア 「ゴット・ホワット・ユー・ニード」 (Got What You Need) イヴ ft ドラッグ・オン、スウィズ・ビーツ (Eve feat. 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名 アーティスト ジャンル 「セイント・ベース・シティ・ロッカーズ」 (Saint Bass City Rockers) ザ・ブラッディ・ビートルーツ (The Bloody Beetroots) ウォーミングアップ 「アンフォゲッタブル(マライア・キャリー・リミックス)」 (Unforgettable Mariah Carey Remix ) フレンチ・モンタナ ft スワエ・リー、マライア・キャリー (French Montana ft Swae Lee, Mariah Carey) 部分動作(アイソレーション) 「ウィー・ビー・バーニング(レコガナイズ・イット)」 (We Be Burnin' Recognize It ) ショーン・ポール (Sean Paul) ダンスホール 「グルルルル」 (Grrrrrrrr) スニーキー・ジーズィ (Sneaky Geezy) ヒップホップ 「ドント・クイット」 (Don't Quit) DJキャレド&カルビン・ハリス ft トラビス・スコット&ジェレマイ (DJ Khaled&Calvin Harris ft Travis Scott&Jeremih) ヒップホップ 「ナウ・アンド・レイター」 (Now And Later Henry Fong Remix ) セージ・ザ・ジェミニ (Sage The Gemini) ヒップホップ 「バダム」 (Badam) ハードウェル&ヘンリー・フォング ft Mr. ヴェガス (Hardwell&Henry Fong ft Mr.

次の

ナタリー・インブルーリア(Natalie Imbruglia)の新曲入りベスト、ボートラ付で日本発売決定

ブルー エン カウント 新曲

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

BLUE ENCOUNT FREEDOM 歌詞

ブルー エン カウント 新曲

ボディジャムとは ボディジャムは、ニュージーランドの総合運動プログラム「レスミルズ」のレッスンの一つです。 コナミスポーツなどのジムで採用されています。 ヒップホップやハウス、ジャズダンスなどを組み合わせ、やや激しい動きで踊ります。 クラブやライブハウスで踊っているかのような感覚も楽しめます。 2部構成 ボディジャムのレッスンは、原則として前半と後半の2部で構成されています。 「第1ブロック」「第2ブロック」という2つの振り付け(コリオ)があり、 前半で第一ブロックを、後半で第2ブロックをやります。 そのほかに、「ウォームアップ」(準備運動のためのダンス)や「リカバリー」(体力回復のためのダンス)などが短く入ります。 メインディッシュが2個あるという感じです。 この点は、ズンバやリトモス、メガダンスなどのように、振り付けが異なる曲を10曲くらいやるダンスプログラムと大きく異なります。 45分間のクラスが多い 現在、日本のボディジャムでは、45分間のクラスが主流です。 60分間のクラスもありますが、最大手のコナミスポーツでは60分クラスは少なくなっています。 (2018年1月現在) コナミで復活 ボディジャムなどのレスミルズのプログラムは、日本ではコナミスポーツが中心となって採用していました。 しかし、コナミとレスミルズの関係が一時悪化し、2016年9月にボディジャムのレッスンがコナミから全くなくなりました。 その後、レスミルズファンの熱烈な働きかけもあり、2017年10月から一部店舗でボディジャムが復活しました。 動きがハード ボディジャムは、コリオがとても激しいです。 体力的に難しい動きが入ることがあります。 スピードも速く、ハードなダンストレーニングです。 若い人や体力に自信のある人にとっても十分にやりがいがあり、チャレンジングなプログラムだといえます。 繰り返しが多いので、おぼえるのは楽 ただ、同じ動きを何度も繰り返すので、コリオをおぼえるのは、あまり難しくありません。 同じトラックを数回ぐらいやれば、だいたいの振り付けはおぼえられるでしょう。 何しろ、メインとなるコリオは2種類しかないので、それをマスターすれば良いのです。 リトモスのように11曲あって、11種類の複雑なコリオをおぼえるよりは、楽です。 クラブのような雰囲気を味わえる EDMなどダンスミュージックが中心 ボディジャムの音楽は、ダンスミュージックが中心です。 EDMやヒップホップ、テクノなど、踊りやすい曲で構成されています。 曲のアレンジも、クラブっぽいです。 クラブやライブハウスで踊っているときのような気分を味わえます。 ラテン系のダンスレッスンに比べて、とくに若い世代には比較的馴染みやすい雰囲気だといえるでしょう。 クライマックスに向けて盛り上がる ボディジャムは2部構成になっています。 そして、2部の最後に向けてだんだんと盛り上がりるように構成されています。 最後に興奮とアドレナリンがクライマックスに達し、気分が最高潮に達します。 レスミルズ的な雰囲気 ボディジャムには、レスミルズを愛する人たちが大勢参加しています。 レスミルズのプログラムなので、当然といえば当然です。 レスミルズ愛好家のみなさんは、ダンスだけでなく、バーベルエクササイズや格闘技エクササイズなど様々なプログラムをやっている人が多いです。 このため、ボディジャムも、クラスによっては、ハードなトレーニング的な雰囲気になることもあります。 普及はいまいち ボディジャムはコナミで一時廃止となりましたが、すぐに復活しました。 とはいえ、他のメジャーなダンスプログラムに比べると、まだ普及はいまいちです。 実施店舗はあまり多くありません。 コナミ以外 ダンロップスポーツ、ドゥスポーツ、NAスポーツクラブ まず、コナミも全店舗でやっているわけではなく、 一部の店舗だけです。 コナミ以外では、関東では、ダンロップスポーツ(旧キッツ)、ドゥスポーツ、NAスポーツクラブなどで行われています。 大阪では、一部のコナミやNAS、ジョイフィットで採用されています。 ボディパンプやボディアタックのほうがはるかに普及しています。 今後、導入クラブが広がっていくことを期待したいですね。 振付師(コリオグラファー)は、フィリップ・ミルズ ボディジャムの振付師(コリオグラファー)は、ミルズさんです。 ミルズさんとは、レスミルズの主宰者です。 フルネームは、フィリップ・ミルズ。 レスミルズの代表です。 父親は、レスミルズ創業者レスリー・ミルズさんです。 この父ミルズさんはニュージーランド代表のオリンピック陸上選手で、1964年の東京五輪の円盤投げで7位入賞したそうです。 ボディジャム93 レッスンでの使用期間 2020年7月~ テーマ 「MAKE DI SOUND BANG」 「93」の振り付け(コリオ) ボディジャム93(Bodyjam93)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 TV Noise ft Big Freedia) 「マイ・タイプ」 (My Type) サウィーティー (Saweetie) 「オーメン」 (OMEN) ディスクロージャー ft サム・スミス (Disclosure ft Sam Smith) 「ザ・モットー」 (The Motto) ドレイク ft リル・ウェイン (Drake ft Lil Wayne) 「アイ・ウィル・ステイ」 (I Will Stay) フラックス・パビリオン ft ターニン・ブレイクス (Flux Pavilion ft Turin Brakes) 「サンダウン」 (Sundown) シックス60 (SIX60) グルーヴダウン (落ち着きを取り戻す) ボディジャム92 レッスンでの使用期間 2020年4月~ テーマ 「BANGER AFTER BANGER AFTER BANGER」 ~爆音に次ぐ爆音 「92」の振り付け(コリオ) ボディジャム92(Bodyjam92)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 ) サム・スミス (Sam Smith) グルーヴダウン (落ち着きを取り戻す) ボディジャム91 レッスンでの使用期間 2020年1月~ テーマ 「Styles, Sass, Hips, Feels」 ~スタイル、魅力、おしゃれ、感性 「91」の振り付け(コリオ) ボディジャム91(Bodyjam91)の振り付け(コリオ)がわかる動画です。 コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 【全般/ダイジェスト】 予告編 「91」の曲と動画(Track List) 曲名と動画 アーティスト ジャンル (ブロック) 「SOS」 アビーチ ft アーロー・ブラック (Avicii ft Aloe Blacc) ウォームアップ 「チェンジ・ユア・マインド」 (Change Your Mind) ディロン・フランシス ft ラブリーザバンド (Dillon Francis ft Lovelytheband) アイソレイション 「バナネリア(バナナ・ツリー)」 (Bananeira Banana Tree ) セルジオ・メンデス ft ミスター・ベガス (Sergio Mendes ft Mr. コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 【全般/ダイジェスト】 予告編 「90」の曲と動画(Track List) 曲名と動画 アーティスト ジャンル (ブロック) 「モータウン・フィリー」 (Motownphilly) ボーイズ・ツー・メン (Boyz II Men) ウォームアップ 「シッコ・モード(病人状態)」 (Sicko Mode) トラビス・スコット ft ドレイク (Travis Scott ft Drake) アイソレーション(体の一部だけ動かす練習) 「カム・アウト・アンド・プレイ」 (Come Out And Play) オフスプリング (The Offspring) 1990年代のロック(90'S ROCK) 「ゴー・オフ」 (Go Off) M. Big Sean, Stefflon Don) ディスコ 「バービー・ティングズ」 (Barbie Tingz) ニッキー・ミナージュ (Nicki Minaj) 第1ブロック (ヒップホップ) 「リバース」 (Reverse) セージ・ザ・ジェミニ (Sage The Gemini) 「ミ・ヘンテ」 (Mi Gente) J. バルビン、ウィリー・ウィリアム (J Balvin, Willy William) 「プル・アップ」 (Pull Up) マーティン・ジェンセン (Martin Jensen) 「バババ(ベテ・パヤ)」 (BaBaBa Vete Pa'Ya ) ディロン・フランシス ft ヤング・アッシュ (Dillon Francis ft. コリオ動画 60分レッスン全体 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名と動画 アーティスト ジャンル 「アイ・ライク・イット・ラウド」 (I Like It Loud) ティエスト&ジョン・クリスチャン ft マーシャル・マスターズ&ジ・アルティメット・エムシー (Tiesto&John Christian ft Marshall Masters&The Ultimate MC) ウォーミングアップ 「ザ・バズ」 (The Buzz) ハーミチュード ft マタヤ&ヤング・タップズ (Hermitude ft Mataya&Young Tapz) 部分動作(アイソレーション) 「ゲット・ロー」 (Get Low(Merengue Mix)) リル・ジョン ft イン・ヤン・ツインズ&ピットブル (Lil Jon ft Ying Yang Twins&Pitbull) 「レモン」 (Lemon) エヌ・イー・アール・ ディー&リアーナ (N. D&Rihanna) アイ・ライク・イット・ラウド 「マッド・ラヴ」 (Mad Love) ショーン・ポール&デヴィッド・ゲッタ ft ベッキー・G (Sean Paul&David Guetta ft Becky G) 「アップ・イン・ザ・クラブ」 (Up In The Club) イライザ・メイ (Eliza May) 「カフエンガ」 (Cahuenga) Cuzzins 「ゴー・クレイジー」 (Go Crazy) エイプ・ドラムス ft ドギー・F (Ape Drums ft Dougie F) 「ホワッツ・マイ・ネーム」 (What's My Name) リアーナ ft ドレイク (Rihanna ft Drake) 「スター・フライ」 (Stir Fry) ミーゴス (Migos) 回復(リカバリー) 「アスキータ」 (Azukita) スティーヴ・アオキ、ダディー・ヤンキー、プレイ・ン・スキルズ&エルビス・クレスポ (Steve Aoki, Daddy Yankee, Play-N-Skillz&Elvis Crespo) チューズ・ユア・アドベンチャー 「Z3RO(Extended)」 バイジェル (Vigel) 「バイシクル・ライド」 (Bicycle Ride Soca Remix ) ヴァイブス・カーテル&ブンジ・ガーリン (Vybz Kartel&Bunji Garlin) 「フエゴ」 (Fuego) クラ&オリー・ジェームス (Kura&Olly James) 「ゲット・ロー」 (Get Low) ハードウェル&シック・インディビデュアルズ (Hardwell&SICK INDIVIDUALS) 「ザ・フィーバー」 (The Fever(Extended)) ベースジャッカーズ、ブリーズ・キャロライナ、エイペック (Bassjackers, Breathe Carolina, APEK) 「X」 ラピッド (Rapid) グルーヴダウン ボディジャム85 レッスンでの使用期間 2018年7月~ テーマ 「Hyperreal For Real(ハイパーリアル・フォー・リアル)」 ~これが本当の「超現実」 振り付け(コリオ) ボディジャム85(Bodyjam85)の振り付け(コリオ)がわかる動画と、予告編(Sizzler)です。 コリオ動画 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名と動画 アーティスト ジャンル 「ベリー」 (Bury) パーティー・フェイバー&バッド・ロワイヤル ft リッチー・ループ (Party Favor&Bad Royale ft Richie Loop) ウォーミングアップ 「クリーク」 (Clique) カニエ・ウェスト ft ビッグ・ショーン&ジェイ・Z (Kanye West ft Big Sean&Jay-Z) 部分動作(アイソレーション) 「ミス・ユー・マッチ」 (Miss You Much) ジャネット・ジャクソン (Janet Jackson) オールド・スクール 「ダム・ダム・ダム」 (Damn Damn Damn) デニス・フェノメン&ポトライカス (Denis Phenomen&Potrykus) ピープ・ザット・ファイア 「ゴット・ホワット・ユー・ニード」 (Got What You Need) イヴ ft ドラッグ・オン、スウィズ・ビーツ (Eve feat. 【第1ブロック】 【第2ブロック】 予告編 曲 曲名 アーティスト ジャンル 「セイント・ベース・シティ・ロッカーズ」 (Saint Bass City Rockers) ザ・ブラッディ・ビートルーツ (The Bloody Beetroots) ウォーミングアップ 「アンフォゲッタブル(マライア・キャリー・リミックス)」 (Unforgettable Mariah Carey Remix ) フレンチ・モンタナ ft スワエ・リー、マライア・キャリー (French Montana ft Swae Lee, Mariah Carey) 部分動作(アイソレーション) 「ウィー・ビー・バーニング(レコガナイズ・イット)」 (We Be Burnin' Recognize It ) ショーン・ポール (Sean Paul) ダンスホール 「グルルルル」 (Grrrrrrrr) スニーキー・ジーズィ (Sneaky Geezy) ヒップホップ 「ドント・クイット」 (Don't Quit) DJキャレド&カルビン・ハリス ft トラビス・スコット&ジェレマイ (DJ Khaled&Calvin Harris ft Travis Scott&Jeremih) ヒップホップ 「ナウ・アンド・レイター」 (Now And Later Henry Fong Remix ) セージ・ザ・ジェミニ (Sage The Gemini) ヒップホップ 「バダム」 (Badam) ハードウェル&ヘンリー・フォング ft Mr. ヴェガス (Hardwell&Henry Fong ft Mr.

次の