保護 犬 譲渡 会。 【新型コロナ】広がる保護猫・保護犬の「オンライン譲渡会」の可能性

【全国】犬・猫の譲渡会カレンダー

保護 犬 譲渡 会

譲渡会は、保護された犬や猫たちの様子を直接見て里親に迎えるか判断することが出来るの場のことです。 多くの民間団体や行政機関が定期的に開催しており、関東では東京・神奈川・埼玉・千葉など各地で行われています。 是非、譲渡会に参加して大切な家族を迎えてみませんか。 東京の譲渡会 東京都動物愛護相談センター ワンニャンとうきょう 譲渡会のスケジュールは、サイト内の「団体譲渡会のお知らせ」から確認できます。 犬・猫を譲り受ける条件や譲渡までの手続き等は、各ボランティア団体により異なりますが、行政機関の譲渡会では譲渡事前講習会の受講と事前登録が必要となる可能性があります。 NPO法人しっぽのなかま譲渡会 二子玉川いぬねこ里親会 二子玉川にて定期で譲渡会が開催されており、ホームページで里親募集のワンちゃん、ネコちゃんを見ることも可能です。 神奈川県動物愛護センター 神奈川県 動物保護センター 定期で譲渡会が開催されており、譲渡前講習会の受講が必要となります。 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会 特定非営利活動法人として活動されており、主に成犬・猫の譲渡を推進している会です。 ホームページで里親募集のワンちゃんを見ることも可能です。 アニマルプロテクション 定期的に神奈川県各地で譲渡会を開催しています。 ホームページから譲渡会の開催情報や飼い主募集中の写真確認できます。 KDP(ANAGAWA DOG PROTECTION) 特定非営利活動法人として活動されており、湘南で定期的に譲渡会を開催しています。 不定期で県庁でも行っているようです。 ホームページで里親募集のワンちゃんを見ることもでき、facebookで最新の開催情報など確認することもできます。 千葉の譲渡会 千葉県 犬・猫の譲渡会 千葉県動物愛護センター(本所)で毎月1〜2回定期的に譲渡会が開催されております。 NPO法人犬と猫のためのライフボート 柏市のアニマルシェルターにて毎日開催しています。 面会するには、事前にお申し込みフォームの送信が必要となります。 譲渡会に参加する注意点 現在、日本では毎年約20万匹ものペットが殺処分されていると言います。 人間の身勝手な行動がこのような事態を引き起こしており、ペット達に罪はありません。 里親になる際は、かわいいから。 無料だから。 という理由だけで決めるのはなく、今の状況でちゃんと飼育できるかどうか見極めて責任を持って里親になりましょう。 下記に里親になる前にもう一度確認してほしいことを記載しておきます。 注意点まとめ.

次の

里親さんを待っている犬たち【毎日面会可】

保護 犬 譲渡 会

譲渡会への子犬の参加について 近年では施設でも子犬を希望される方が多いことや、譲渡会に参加するのは不妊手術済みの子だけのため、参加する犬たちは比較的月齢の高い子の割合が大きくなっています。 あらかじめご了承いただきますようお願いします。 2020年6月27日現在、子犬15頭、成犬59頭を保護しています。 保護直後で健康管理中の子もいるため、「 面会可能な子=写真掲載中の子のみ」です。 少年犬・成犬にしつけのために名前をつけることがありますが、後から変えることもできますのでご安心ください。 犬種や体格について• ライフボートで保護する犬達のほぼ全てが 雑種のため、大人になると 中型犬(概ね15kg~25kg)サイズになります。 小型犬や純血種の子犬はいません。 原則として室内飼育をお願いしています。 表示されている体高・体長はあくまで目安としてお考えください。 (体高:地面から肩甲骨まで、体長:胸からお尻までです。 ) 現在面会していただける犬の中にはまだ不妊手術を終えていない子もおります。 不妊手術が終わっていない子は即日譲渡できませんのでご了承ください。 数多く犬を見てきて目の肥えたスタッフが全力でイチオシ犬を紹介するコーナーです。 面会可能な子犬たちです。 トライアル飼育中です。 作成:2007年4月1日/更新:2020年6月27日.

次の

東京の保護犬の施設一覧~里親探しのイベントや譲渡会をチェックしてみよう~

保護 犬 譲渡 会

新型コロナウイルスにより外出自粛ムードが続く中、保護犬や保護猫の譲渡会の中止が相次いでいます。 多くの保護施設では収容数が限界に近づき、経済的な危機に陥っています。 譲渡会を行わずに予約制の個別見学会で対応している団体もありますが、それでも見に来てくれる人は限られるので、里親が見つかりにくいのが現状です。 そんな中、ツイッター・ライブやYouTubeなどを使い、オンラインで譲渡会を始めた団体があります。 オンライン譲渡会は、動物保護団体が新型コロナウイルスの悪影響を受けて出した苦肉の策ですが、新型コロナウイルス収束後も発展の可能性があります。 今回は、実際に行われたオンライン譲渡会の例と、メリット・デメリットや今後の可能性についてお伝えします。 ツイッター・ライブを使った「オンライン譲渡会」 オンライン譲渡会をご覧いただいた皆さまありがとうございました!また、ご参加頂いた配信主の皆さまも大変お疲れさまでした。 里親になることを考えている人は、PET CAMPの譲渡会会場サイトにアクセスし、保護動物の配信一覧から興味のあるものを選んで視聴する仕組みです。 その動物が家の中でのびのびと過ごしている日常の姿をリアルタイムで閲覧することができます。 見逃し配信も PET CAMPは、当日配信を見られなかった人のために、見逃し配信も行なっています。 リアルタイムで質問をしたりすることはできませんが、基本的に当日と同じ動画を視聴することができるので、気になる方はチェックしてみてください。 PET CAMP オンライン譲渡会 見逃し配信 YouTubeを使った「バーチャル譲渡会」 横浜市で犬猫の保護活動をしている個人のボランティアグループ「おーあみ避難所」では、「バーチャル譲渡会」と称し、YouTubeで保護した犬猫の様子を配信しています。 保護犬のバーチャル譲渡会 バーチャル譲渡会に紹介された保護犬・保護猫については、メールで問い合わせをすることができます。 おーあみ避難所バーチャル譲渡会 OMUSUBIでは里親募集中の犬猫一覧をいつでも閲覧可能 おーあみ避難所が里親を募集している保護犬・保護猫は、OMUSUBIというサイトから確認することができます。 サイトには、保護犬・保護猫の写真に加え、性格や持病の有無、ワクチン摂取や避妊手術について詳しく記載されています。 気になった保護犬・保護猫がいたら、おーあみ避難所に連絡してさらに詳しい情報を得られる仕組みです。 新型コロナウイルスによる外出制限が続くオーストラリアでは、自宅待機のお供として保護犬・保護猫の需要が急激に高まっています。 王立動物虐待防止協会(RSPCA)ニューサウスウェールズ州支部のスティーブ・コールマン最高責任者によると、同州における里親募集への問い合わせは、新型コロナウイルス以前と比べて約300%増えているそうです。 譲渡会ができずに困っている団体も多い中、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州では、新型コロナウイルスが保護動物の里親探しにプラスに作用していることがわかります。 ファーストステップとしての一時預かり コールマン氏によると、多くの人が保護犬・保護猫をまずは「一時預かり」で引き受けますが、愛着が湧いてそのまま里子として引き取るケースはとても多いそうです。 動物のストレスなど課題もあるものの、里親を見つけるためのファーストステップとして「一時預かり」制度は重要な役割を果たしているのです。 同様のことはニューヨークでも 動物保護団体のマディー・ポーズ・レスキューとベスト・フレンズ・アニマル・ソサエティーによると、シェルターに保護されていた犬や猫がほとんどいなくなったそうな。 また、別の団体では、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、インターネット上で面談をするなど、引き渡しのプロセスを工夫しているそうです。 新型コロナウイルスによる自宅待機や自粛が長引けば、オンライン譲渡会のような取り組みと相まって、日本でも保護動物の譲渡が加速するかもしれません。 「アフター・コロナ」にも広がる可能性 今回お伝えしたオンライン譲渡会は、新型コロナウイルスで対面の譲渡会ができずに困っている動物の保護団体たちが、苦肉の策として始めたものですが、新型コロナウイルス収束後にもオンライン譲渡会の発展の可能性はあるでしょう。 オンライン譲渡会のメリット オンラインという特性を保護動物の譲渡会に応用することで、次に挙げられるようなメリットがあります。 新型コロナウイルスが終息後も、この特性は飼い主の皆さんに受け入れられるものだと考えています。 気軽に参加が可能 「保護犬・保護猫を飼うことに興味はあるけど、譲渡会に参加するのはちょっと緊張する…」「譲渡会には行ってみたいけど、なかなか時間が合わない…」と思っている人も、オンライン譲渡会なら、インターネット環境さえあれば、好きな時に好きな場所で、気軽に動画を閲覧することができます。 動物の自然な様子がわかる 対面での譲渡会では、知らない人がいることで動物が緊張してしまい、普段の様子が分からないことがあります。 オンライン譲渡会では、動物が慣れた環境で、リラックスして遊んだりごはんを食べたりする様子が分かり、飼ったあとの様子をイメージしやすくなるというメリットがあります。 より多くの人と動物が出会える 対面での譲渡会では、足を運んだところでしか保護動物に出会うことができませんが、オンライン譲渡会ならより多くの動物と出会うことができます。 里親希望者の選択肢が広がるだけでなく、保護動物側もより多くの人に見てもらえることで里親決定の可能性が高くなるかもしれません。 オンライン譲渡会のデメリット 一方で、オンラインであることによるデメリットもあります。 実際に触れ合えない オンライン譲渡会では、実際に保護動物と触れ合うことができません。 動画などで詳しく解説があっても、実際に触れ合ってみないと分からないこともあるでしょう。 里親募集者と希望者が対面で話せない 動物も実際に触れ合ってみないと分からないことがありますが、人間同士も実際に会って話してみないとどんな人か分かりにくい場合があります。 里親を募集する側にとっても、里親を希望する側にとっても、対面での会話ができないのは少し不安かもしれません。 恐らく、この問題が一番大きいところでしょう。 ほとんどの保護団体は善良な活動をしていますが、ごく稀に金銭を目的とする悪徳な団体が紛れている場合があります。 また、里親になる側にも問題がある場合があります。 保護動物の譲渡会、今後の展望は まだまだオンライン譲渡会には改善の余地があるでしょう。 しかし、新型コロナウイルス終息後も、オンラインと対面両方を使った譲渡の形が発展する可能性は十分にあると考えます。 例えば、オンラインで広く里親を募集し、里親希望者は気になったところとまずはメールやビデオ通話などでやり取りをし、最後に対面で実際に動物と触れ合い、里親募集者と面談をして、譲渡を確定する流れなどが考えられます。 オンライン譲渡会の可能性の広がりにより、新型コロナウイルスによる里親探しの危機が、今後の動物保護活動にプラスに転じてくれることを願います。

次の