パソコン マイク どこ。 HP ノートブックPC

ヘッドフォン・スピーカーの接続方法 パソコン初心者講座

パソコン マイク どこ

ノートパソコンのマイク 無料通話ソフトの普及に伴い、スマートフォンだけではなく、ノートパソコンでも無料通話をする機会が増えてきました。 その無料通話ソフト、例えばSkypeやDiscordなどのソフトを用いて 通話をする際にはマイクが必要になってきます。 最近ではノートパソコン本体に内蔵されていることもありますが、お使いのノートパソコンはどうでしょうか。 この記事では、内蔵マイクが搭載されているか確認する方法やその設定方法をまとめていきます。 ノートパソコンにマイクが付いているのかの確認方法とは ノートパソコン本体には内蔵マイク搭載の機種と非搭載の機種があります。 まず始めに、ノートパソコン本体に内蔵マイクが搭載されているのか確認していきましょう。 Windows10のパソコンで例を説明します。 左下のスタートボタンをクリックし、表示されるメニューの中から歯車マーク 設定 をクリックします。 Windows設定画面が表示された後、システムをクリックします。 左のメニューバーのサウンドをクリックします。 サウンドには出力・入力と設定が表示されていますが、入力側がマイクの設定となります。 入力デバイスの選択からマイクを設定しますが、ここで内蔵マイクが搭載されている場合は マイクの選択が可能です。 マイクが選択できない場合は、非搭載の機種であることがわかります。 次に実際にマイクが動作するのか確認していきましょう。 また、Windowsの標準機能のボイスレコードを起動して実際に声を録音してみましょう。 Skypeは以下のURLより無料ダウンロードできます。 (会員登録が必要です。 ) ダウンロードした後、インストールし起動します。 クリックすると設定ウィンドウが表示されます。 オーディオ マイクの項目で実際にインジケーターが動くか確認しましょう。 画像ではマイクが音声を拾っている状態です。 (マイクのマークが無い場合もあります。 ) ノートパソコンのマイクの設定方法 ノートパソコンのマイクの設定方法(デバイスの選択方法)を説明します。 まず、サウンドオプションを表示します。 その後、入力デバイスのリストからマイクを選択すれば設定完了です。 デバイスのプロパティを表示すれば、詳細な設定を確認することができます。 音量調整はマイクのプロパティのレベルタブで行います。 マイクとマイクブースト2種類の設定がありますが、 基本的に音量調整はマイクの方で調整しましょう。 - マイク・・・マイクの基本音量を調整する。 0:ミュート~100:最大 ・マイクブースト・・・マイクの音量が小さい場合、音量を増幅させることができます。 ただし、同時にノイズも大きく聞こえることがあります。 ノートパソコンにマイクは外付けできるの? ノートパソコンに内蔵マイクが搭載されていない方、大丈夫です。 マイクの外付けは簡単にできます。 マイクジャックに接続する方法とUSBに接続する方法を説明します。 ノートパソコンでは側面に搭載されていることがほとんどです。 赤色 ピンク色 のジャックがマイク入力ジャックとなります。 マイクの入力端子をこのジャックに接続すれば、すぐに使用可能になります。 USBタイプのマイクであれば、USB接続すれば外付けすることが可能です。 注意点としてマイクの種類によってドライバーのインストールが必要になります。 あらかじめ、USBタイプのマイクは使用しているOSが対応しているか確認した方が良いでしょう。 ノートパソコンにマイクを外付けした場合の設定方法 マイクを外付け接続した後に行う設定は、サウンドオプションから入力デバイスを選択します。 おすすめ!ノートパソコンに外付けできるマイク それでは実際にノートパソコンで使用可能なマイクを紹介しています。 マイク入力ジャックがあればすぐに使うことができます。 5) iBUFFALO マイクロフォン ミニクリップ ブラック BSHSM03BK ノートパソコンのマイクを使用するとノイズが走る!原因や対処法は? マイクを使用しているとノイズが走ることがあります。 ノイズはキーンという音やザーザーといった音がなり、不快な音です。 マイクを使用していると通話先の相手に指摘されることもあるでしょう。 そのノイズの原因や対処法を説明します。 ノートパソコンのマイクを使用するとノイズが走る原因や対処法:内蔵マイク 内蔵マイクでノイズが走る原因は、大きく分けて2つです。 パソコン内部で発生するノイズと外部からのノイズがあります。 ノートパソコンのマイクを使用するとノイズが走る原因や対処法:外付けマイク 外付けマイクでノイズが走る原因は、内蔵マイクと大きく変わりません。 ですが、外付けマイクの場合は端子部分の緩みや汚れなどがノイズの原因となります。 様々なソフトがありますが、メジャーなソフトとしてSkype、Discord、LINEなどがあります。 個人間の通話やグループ単位での通話に対応しており、さらにビデオ通話にも対応しています。 Windows10からはCortana コルタナ 、MacOSではSiri シリ が使えるようになっています。 参考元: 参考元:.

次の

パソコンで音声入力【Windows 10】

パソコン マイク どこ

Windows 10には、もともと音声認識の機能が備わっていて、これからご紹介する簡単な設定をしてあげれば、様々なことを声で操作できるようになります。 WordやPowerPointでの文章入力も、しゃべるだけで入力できてしまいます! マイクは外付けでも内蔵でもOK 音声入力のためには、あなたの声をパソコンで認識できるようにするため、最低限、マイクが必要です。 パソコンにマイクが内蔵されていれば、それでOKですし、内蔵されていなかったり、もっとハッキリ音を拾うようにしたい!というような場合には、外付けのマイクを準備します。 私のパソコンには、マイクは内蔵していなかったので、このマイクを買いました。 でのレビューが高評価だったのが購入の決め手ですが、安いのにしっかり音を拾ってくれます。 外付けのマイクを新たに購入された方は、これからご紹介する操作の前に、取扱説明書などに従って、マイクをパソコンに接続し、お使いのパソコンでマイクが使えるよう設定しておきます。 Windows 音声認識の初期設定 Windows 10の音声認識を、初めて使う際は、初期設定が必要です。 といっても、難しい設定ではありませんし、一回やってしまえば、それ以降は必要ありません。 それでは早速、初期設定をしていきましょう! 画面左下の[ここに入力して検索]のところでクリックすると、その欄に文字カーソルが入るので、 「音声認識」と入力します。 すると、この機能を使いたいのでは?と候補が表示されるので、その中から[Windows 音声認識]をクリックします。 [Windows 音声認識]と、「Windows」という言葉が最初につかない[音声認識]というものの両方が表示されても、選ぶのは[Windows 音声認識]です。 画面にこのようなものが表示されます。 ここで聞かれることに答えていくだけで設定が終わるので、早速操作していきますが、もし、この画面ではなく、 画面のどこかに、このようなツールバーが表示された方は、既にこれからご紹介する初回の設定は終わっていますので、「」の章にお進みください。 それでは設定を開始します! [次へ]をクリックします。 まずはマイクの種類を選びます。 ご自分が持っているマイクの種類を選択します。 私のマイクはヘッドセットマイクでもないし、デスクトップマイクでもないので、どれを選ぶかとても迷いましたが、何となく似ている[ヘッドセットマイク]を選択しました。 もし、内蔵マイクならば、[その他]を選択すれば良いと思います。 [次へ]をクリックします。 画面のメッセージを確認し、[次へ]をクリックします。 画面に表示された文章を、声を出して読み上げます。 読み終わったら、[次へ]をクリック。 画面のメッセージを確認し、[次へ]をクリックします。 文書やメールの内容を調べて、音声認識の精度を上げるようにするかを設定します。 これ以降の設定は完全にお好みです。 私の場合は、この設定は有効にしました。 [次へ]をクリックします。 音声認識をストップしているときに、「音声認識をONにしたいなぁ」と思ったら、手動でONにするのか、音声でONにするのかを選びます。 私は手動にしました。 [次へ]をクリックします。 [リファレンスカードの表示]をクリックすると、が表示されます。 印刷して持っていてもいいですし、いつでも見れるので印刷しなくても構いません。 印刷せずとも、一度目を通しておくと、「へぇ、こんなこともできるんだ〜」となかなか役に立ちます。 [次へ]をクリックします。 パソコンを起動したときに自動的に音声認識もONにするかどうかを設定します。 私の場合はチェックを外して、パソコン起動時にONにならないようにしました。 [次へ]をクリックします。 [チュートリアルの開始]をクリックすると、Windowsの製造元であるマイクロソフト社のWebサイトで、音声認識の使い方の動画を見ることができますが、なぜかWindows 8. 1で、しかも英語の動画だったりします。 私は英語はさっぱりなので、[チュートリアルを実行しない]をクリックしました。 さぁ、これで設定は完了! 画面にこのようなツールバーが表示されます。 ツールバーを別の位置に動かしたい場合には、文字が表示されている黒いパネルの部分など、ボタン 以外のところだったらどこでもいいのでマウスポインタを合わせ、ドラッグすれば移動できます。 スポンサーリンク 音声入力してみよう ツールバーにある丸いボタンが、音声認識のON/OFF、またはON/スリープを切り替えるボタン。 先ほどの初期設定の際、音声認識を手動でONにするのか、音声でONにするのかを選びましたが、手動でONにする方を選んだ場合は、この丸いボタンでON/OFFの切り替えができます。 音声でONにする方を選んだ場合は、この丸いボタンでON/スリープを切り替えることができ、それに加えて、「聞き取りを開始」「聞き取りを停止」としゃべることで、ON/スリープの切り替えができます。 OFFは機能を止めている状態なので、音声では再開できませんが、スリープはいわゆる「待機」の状態なので、音声でも再開できるわけですね。 ツールバーの丸いボタンが青色で、「聞き取ります」と表示されているときは音声認識ができる状態です。 Windows 音声認識は、音声入力だけではなく、操作もできます。 「エクセルを開く」とか「エクセルを起動」と言うと、お使いのパソコンにExcelが入っていれば、Excelを起動できます。 (ただし、Excelでは音声入力はうまくできません。 ) それなのに、「ワードを開く」とか「ワードを起動」と言うと、私の場合は最初だけうまくWordを起動できたのですが、それ以降は「ワードパッド」という、別のソフトが起動しました。 うまくいかなければ、仕方がないので、マウスを使ってWordを起動してみてください。 Wordが起動できたら、入力したい文章をどんどん話していきます。 句読点については「てん」「まる」と言えばいいですし、改行もそのまま「かいぎょう」と言うだけでOK。 今回は下のような文章を入力してみました。 意見募集について 前述のように、当社では積極的に社員の皆さんの意見を募集しています。 人事課前の掲示板に特にお聞きしたい意見を掲示しています。 テーマ以外のご意見も歓迎します。 ご意見は、掲示板の近くに意見箱を設置してありますので、用紙に記入し投函ください。 テーマによっては、人事課でアンケートを作っているものもあります。 その場合は、各課の所属長を通じて全員に配布させていただきますので、回答は同じく人事課前の意見箱に各自で投函をお願いします。 で、実際に音声で入力したデータがこれ。 黄色くマークしたのが、うまく入力できなかった部分です。 完璧な入力とは言えませんが、キーボードでの入力が苦痛になっている方にとっては、なかなか心強い機能だと思います。 もちろんこれは、声や話し方で結果が異なり、この後に私がもう一度同じ文章を音声入力したときにはひどい結果でした。 ただ、これも、「」というものをすることで、かなり認識の具合が良くなります。 そして今回は、音声入力がどんな感じになるのかを見るため、例文を最後までひと通り読みましたが、実際の入力では、うまく認識されていないところや、誤変換されているところを、音声で修正しながら入力していくことができます。 そうすることで、精度を上げていくことができます。 また、Window 10の音声認識機能を使って音声入力できるのは、一部のソフトだけのようです。 Word、PowerPointではデータを音声入力できましたが、Excelでは入力はうまくいきませんでした。 Webページを作るソフト「Dreamweaver」も、音声入力できませんでした。 再度、Window 音声認識を起動したい時には、画面左下の[ここに入力して検索]のところに、 「音声認識」と入力し、表示された候補の中から、[Windows 音声認識]をクリックします。

次の

Windows10のマイクの設定方法!アプリの使用を許可/不許可の設定は?

パソコン マイク どこ

Quick Time Playerを立ち上げて、 ファイル>新規ムービー収録 と進めばいいですからね。 Macの内蔵カメラで撮影すると、 音声まで入りますよね? ということは、 MacBookのどこかに内蔵マイクがある ことを意味します。 MacBookの内蔵カメラはディスプレイ上部でわかりやすいですが、 一体マイクはどこにあるのでしょうか? こちらのによると、次のように書いてありました。 15インチモデルのMacBook Proの場合、 無指向性マイクロフォン( 左スピーカーグリルの下に配置) とのこと。 今日はそんな「Appleの公式資料さえ信じない方」のために、 MacBook内蔵マイクの位置を確認する実験をおこなってみました。 「実験」といっても、すこぶる簡易的なものです。 MacBook Proの• 左スピーカー• 右スピーカー• ディスプレイ正面 に顔を近づけて音声を録音します。 そして、どの位置からしゃべった音がクリアに録音できるのか検証してみました。 この結果は、Appleの仕様書が正しいことを裏付けるようでした。 左スピーカーに口を近づけると、外付けマイクで録音したかのようにクリアな声が聞こえてきます。 Macの内蔵カメラでも頑張れば高クオリティの音声を録音できるのかと驚いたぐらいです。 しかし、この高品質に録音するためには、 左スピーカーに口を近づけて撮影する必要があります。 自撮りを撮影した場合、顔の斜め下半分だけ映ってしまいます。 若干、というか、明らかに「怪しい様子」が動画におさめられちゃいます。 したがって、Macの内蔵カメラで撮影するときは 正面を向いて話すのがベスト。 そして、若干、気持ち的に、 左のスピーカーに語りかけるぐらいがいいかもしれません。 とはいえ、 MacBook Proのマイクは無指向性です。 口を近づけて録音しても、録音環境によって雑音混入の恐れがあります。 なぜなら、無指向性のマイクは全方向から音を拾うからですね。 音声もしっかりレコーディングしたいならを使いましょう。

次の