一人暮らし 女性 部屋。 女性の一人暮らしは危険?女性の引越しで注意すべき7つのポイント

ミニマリストに聞いた!女性のおしゃれ部屋を大公開&部屋をきれいに保つコツは?

一人暮らし 女性 部屋

この疑問の目次• 女性の一人暮らしは防犯意識が大切。 怖い被害 女性の一人暮らしはなにかと不安がつきものです。 一人暮らしを検討しているお客様の中にも「女性の一人暮らしは、なんだか怖い……」というご意見を多く聞きます。 最近では一人暮らしの女性を狙った性犯罪や強盗などの事件が、ニュースでも大きく取り沙汰される傾向にあります。 ですが、日頃の行動に気を付け、お部屋の防犯性を自身で高めていけば、女性の一人暮らしでも怯えて暮らすことはないですよ。 女性の一人暮らしで気をつけないといけない行動 女性に限らず、一人暮らしでは自分で自分を守らなくてはいけません。 ここでは、気を付けなくてはいけない行動をしっかりと確認していただき、更に防犯意識を高めていくためのヒントをご紹介します。 窓を開けたまま過ごす 春時期や夏場に多いのが、この窓を開けて過ごす行為です。 空気の入れ替えで数十分開ける程度なら、良いのですが、一日中窓を開けたまま過ごすのは高層マンションの上階に住んでいない限り控えましょう。 洋服・下着を外に干す 女性が下着を外に干しておくと、女性が住んでいると知らせる行為になってしまうため危険です。 また、下着だけでなく、洋服を外に干すのもあまりおすすめできません。 干してある衣服がすべて女性ものだと分かれば、この部屋には女性しか居ないんだな…と目をつけられてしまう危険性も出てくるからです。 洋服や下着は、できるだけ室内干しにすることをおすすめします。 ドアののぞき穴を放置する ドアののぞき穴(ドアスコープ)は、扉を開けなくても外が確認出来る便利なものですが、実は外からも中が見えてしまうことがあるって知っていましたか? ハッキリと部屋の中が見えなくても、のぞき穴から部屋の明かりが点いているのを確認されてしまい、留守かどうかが分かってしまうことも。 普段はあまり気にするようなところではない分、しっかりと対策を取っておくのが良いでしょう。 玄関の鍵を閉め忘れる これは一番怖いですね。 女性の一人暮らしでなくとも、気を付けなくてはいけません。 普段は鍵の閉め忘れなんてほとんどないと思いますが、酔って帰って来た時はどうでしょうか。 酔っている時は判断力が鈍っていますので、鍵を閉め忘れて寝てしまう…なんてこともあるかもしれません。 泥酔してしまえば、その確率はグッと上がります。 他にも「ちょっと近くのコンビニまで」と、気を抜いて鍵を閉め忘れることもありますので注意しましょう。 どんなに近くても、鍵は絶対に閉めて外出!が基本です。 女性の一人暮らしであることを悟られる 女性の一人暮らしと悟られる行為は沢山ありますが、その中でも気を付けたいのは習慣になっている行動です。 それは、公共料金などの支払いを特定のコンビニで払うといったようなことも含まれます。 必ず支払わなくてはならない公共料金ですが、これを毎回同じコンビニで支払っていると、知らないうちに相手に住所を知られてしまっている…なんてことが。 女性の一人暮らしであることを悟られないように気を付けましょう。 オートロックやエレベーターの人にも注意する オートロックは防犯面では優秀ですが、それを過信してはいけません。 住人がオートロックを開けてマンション内に入る際、後ろからついて行って一緒に入ってしまうこともできます。 表玄関はオートロックなのに、非常階段は外に付いていて、柵も無く簡単に侵入できてしまう…なんて物件もあります。 この場合は、物件を探す際にしっかりと内見をし、非常階段や外階段の状況も確認しておきましょう。 またエレベーターに乗る時も注意が必要です。 自分の部屋の階が知られないようにするのも重要ですが、何より狭い空間で襲われることがないよう気を付けましょう。 毎日同じ店・買い物にも気をつける 公共料金の支払いだけでなく、普段の買い物にも気を付けた方が良いでしょう。 毎日同じ店で一人分の買い物をしていると、必然的に一人暮らしであることが推測されてしまいますし、また毎日同じ店に買い物に行っていると「あの女性はいつもここで買い物をしている……」と、不審者の待ち伏せの標的にもなりかねません。 いくつかのお店をローテーションで回るのも良いでしょう。 インターフォンにも不用意に出ない たとえ配達業者の訪問であっても、インターフォンには不用意に出てはいけません。 また同じマンションやアパートの住人に成りすまして「お宅から水漏れしてる」などと言って訪ねてきたり、「引越しのあいさつに来た」などと言って訪ねてきたりすることもありますので、どんな訪問にもまずはドアを開けずに対処しましょう。 出なくてはいけないものには、ドアチェーンを掛けてから扉を開けるようにし、一瞬の隙をついて室内に侵入されないよう気を付けることが大切です。 どうにも不審に感じた場合は、身分証を提示してもらうなどして、しっかりと対処するようにしましょう。 表札や郵便受けで一人暮らしを悟られる 女性の一人暮らしにおいて、表札や郵便受けに名前を表示することは防犯面ではかなりマイナスになります。 特にフルネームで記載するのは止めておきましょう。 表札や郵便受けの名前欄には、いっそ何も記入しないというのが安全です。 音楽を聴いて帰る スマホのながら歩きや、音楽をイヤホンで聞きながら夜道を歩くのは大変危険です。 注意力が散漫になり、背後から人が近付いて来ても気付かないことがあります。 不審者は、そういった注意力の欠けた状態の女性を狙ってくるケースも多いので、注意しましょう。 後ろの気配に気づかないで帰る イヤホンで音楽を聞きながら歩いているのも背後の気配に気づかない要因となりますが、そもそもあまり周りを気にせず歩いている人も多いと思います。 帰宅時間や帰宅ルートがいつも同じならば、その行動には注意しないといけません。 何も感じなくても、こまめに背後を気にしながら歩く習慣を付けておくと良いでしょう。 女性の一人暮らしで怖い被害に遭わないための対策 せっかくの新生活、怖い思いなんて誰もしたくないですよね。 女性の一人暮らしにおける不安要素には、様々な対処をとることで防犯性を向上させることができますので、防犯グッズや生活面での防犯の知恵をしっかりと取り入れていきましょう。 防犯グッズで窓のロックを強化 窓に取り付けられる、窓用の補助錠は比較的安価で販売されています。 ホームセンターやネットでも購入できますが、今では100均でも防犯グッズとして補助錠が売られているとこもありますので、お手軽に窓の防犯機能を向上させることが可能です。 スマートロックで玄関の鍵をオートロックに スマートロックとは、玄関用の補助錠のことです。 設置が簡単なものもあり、賃貸でも取り付けが可能です。 基本的にスマホやパソコンから操作可能で、アプリを利用して解錠、施錠、ロック状況の確認などが出来るため、鍵の閉め忘れなどの心配もいりませんし、便利なうえに防犯面でも優秀です。 また、スマホを必要としない南京錠タイプのものもありますので、用途や鍵の種類によって選ぶと良いでしょう。 スマートロックで玄関の施錠状況をリアルタイムに確認 前述した通り、スマートロックでは解錠・施錠の他に、ロック状況の確認をすることが可能です。 どこにいてもアプリから玄関の施錠状況をリアルタイムで確認できますので、鍵の閉め忘れの心配も減りますし、留守の間に誰かが鍵を開けたりしているのも確認できるので、もしもの時にはすぐに対処することができるでしょう。 防犯フィルムで窓を割りにくくする 防犯フィルムはホームセンターやネットで購入できますので、窓に貼っておくと良いでしょう。 貼るだけで窓が割れにくくなるため、不審者が窓を割って侵入するのを防いでくれるうえ、地震などの災害時でも窓が割れてガラスが散乱するのを防いでくれます。 玄関はサポート錠で開けにくくする 玄関の鍵はピッキングなどで開けられないよう、自分で取り付けるこのできるスマートロックなどの補助錠を利用すると安心です。 またスマートロック以外にも補助錠として販売されているものもありますので、鍵の形状と用途に合わせて選びましょう。 男性衣服の洗濯物を干しておく ベランダには女性ものの下着や衣服は干してはいけない……と説明しましたよね。 そこで、女性の一人暮らしをカモフラージュするためにも、男性用の衣服を定期的に干しておくことをおすすめします。 男性用の下着などは100均でも購入できますし、友達や家族から要らなくなった衣服を数枚貰っておくのも良いでしょう。 この部屋には男性が住んでいますよ~と周囲に把握させることで、不審者の目から自分の部屋を遠ざけることができます。 盗聴・盗撮センサーで対策 盗聴や盗撮に対する防犯グッズも、色々と売られています。 これらは盗聴器や盗撮器の近くに寄ると、電波を感知して知らせてくれる機能が備わっています。 引越し業者などに頼むと少し高くついてしまいますが、自分の安全のためを思えば、調査をしておくことをおすすめします。 のぞき穴の覗かれ防止グッズで対策 外からのぞき穴(ドアスコープ)で中を覗かれないよう、のぞき穴を中から塞げる防犯グッズを購入し、対策をしましょう。 100均などでもドアスコープカバーとして売られていますし、ホームセンターやネットでも購入できます。 また、のぞき穴対策は部屋の中からするものなので、購入せずとも自分のアイデアでお手製カバーを作るのも良いですね。 その際は、部屋の中からはドアスコープが覗けるように工夫しましょう。 人通りが多い道を毎日ルートを変えて帰る 毎日同じ時間、同じルートで帰宅をすると、図らずも行動範囲や家の特定をされてしまうこともあります。 人通りの少ない道では、待ち伏せをされて襲われる危険もありますので、できる限り人通りの多い道を選び、毎日少しでもルートを変えて帰宅することをおすすめします。 いくつか帰宅ルートを自分の中で作っておき、ランダムでそのルートを使って帰るのも良いでしょう。 家に出入りするときはただいま等挨拶をする 外出時と帰宅時には、自分は一人じゃないというポーズを取るのも必要です。 部屋に向かって「行って来ます」「ただいま」と声かける行為を習慣化させることで、この人は誰かと住んでいるんだな……と周囲に思わせる作戦です。 馬鹿らしく思うかもしれませんが、意外と近隣住民はこういった行動や言葉を見聞きしています。 外から見える家具やカーテンは地味にする 外から見える家具やカーテンなどは、シンプルなものを選ぶことをおすすめします。 花柄のピンクのカーテンなんて、まさに女性が住んでいると思わせるデザインですよね。 風でカーテンがめくれたら、見えた家具が可愛らしいものだった……というのも、女性が一人で住んでいるのかな?と思わせてしまう要因となります。 女性の一人暮らしを安心に送る部屋のポイント 女性が一人暮らしを安心して送るためには、物件探しの段階でしっかりと条件を付けておかなければいけません。 防犯面をしっかり見据えた条件に合う、または条件に近い物件を選ぶことで、少しでも安心できる生活を送りましょう。 また、「」についてまとめた記事もありますので、あわせてご覧ください。 2階以上のお部屋に住む 一般的に空き巣や下着泥棒などの被害は、一階のお部屋が多い傾向にあります。 今では二階以上のお部屋でも安心はできませんが、それでも一階よりは二階以上のお部屋の方が防犯性は上がります。 また非常階段の真横の部屋や角部屋などは被害に合う確率が高くなるため、注意が必要です。 内見時にしっかりと部屋と階段の位置関係などを確認しておきましょう。 オートロックの物件に住む オートロックの物件でも油断は禁物ですが、選べるのならばオートロックの物件の方が防犯面でもおすすめです。 家賃は少し高くなってしまうかもしれませんが、簡単には敷地内へ侵入できませんので安心でしょう。 オートロックの物件を選ぶ際は、外階段や非常階段の位置を内見時にしっかりと確認し、居住者以外が簡単に入り込める場所がないか見ておくのが重要です。 ツーロックの物件に住む オートロックは予算的にちょっと無理…という人には、ツーロックの物件をおすすめします。 玄関の鍵はワンドア・ワンロックではなく、ワンドア・ツーロックにしておけば、それだけでも防犯性能が高くなりますので、物件探しの際にこういった条件を入れておくと良いでしょう。 ロックがふたつあるだけで、ピッキング対策にもなりますので、ぜひ検討してみてください。 防犯カメラ付きの物件に住む 最近ではアパートやマンションでも防犯カメラが設置されている物件もあります。 不審者はカメラが設置されているだけで犯行を躊躇する傾向にありますので、こういった物件を探してみるのも良いでしょう。 管理人付きの物件に住む 管理人が常駐している場合、管理人が居住者の顔を覚えており、見覚えのない人間が敷地内に入ってきた場合、注意や警告をしてくれるため大きな事件に繋がりにくいというメリットがあります。 また外出時や帰宅時に声を掛けてくれたりもしますので、人の目があり、しっかり見守られているという環境はかなり安心できるでしょう。 モニターフォン付きの物件に住む モニター付きのインターフォンが設置されている物件であれば、迷惑なセールスや不審者の訪問に対してドアを開けることなく部屋の中から対応できるため、防犯面から見てもとても安全です。 こちらも、女性の一人暮らしの条件として入れておくことをおすすめします。 保育園やファミリーが多い地域に住む 保育園や学校が多く、ファミリー層が多い地域は、子供を見守るための人の目があり、また子供が多いことで夕方や夜間の見回りを地域で行っていたりと、防犯意識が高いことが特徴です。 物件を探す際に、こういった地域(エリア)を希望するのもおすすめです。 「」について特化した記事もありますので、あわせてご覧ください。 女性の一人暮らしも、防犯に気をつけてのびのび暮らそう 怖い思いをするために一人暮らしをするわけじゃない!女性の一人暮らしには気を付けなくてはいけないことがたくさんありますが、それらはどれも適切に対処することで防犯性を高め、女性でも安心して一人暮らしが送れるようになります。 防犯意識が高くなると、色々な条件を物件選びに追加したくなると思います。 条件が多くなればなるほど、一人で物件を探すのは困難になっていきますので、「こんな条件の物件なんてあるのかな?」と一人で悩まず、そんな時はプロに任せてしまいましょう! エイブルAGENTではお客様の条件を加味し、豊富な物件数から、ひとり一人に合った最適な物件のご提案をすることができます。 またご来店が難しい場合でも、エイブルAGENTの無料登録をしていただくことで、お客様とLINEを通して疑問や質問の返答や物件のご提案までをさせていただきます。 物件探しの際はぜひ、お気軽にエイブルAGENTにお問合せください。 お客様の暮らしをサポートいたします。

次の

初めての一人暮らし|部屋探し前に知っておくべきポイントや注意点も紹介!

一人暮らし 女性 部屋

女性の一人暮らしの部屋の選び方は? 一人暮らしのための部屋を探す場合、ひとそれぞれ、 絶対譲れない条件と、 妥協できる条件が違います。 私も、独身時代に一人暮らしをしていました。 その時の経験も交えながら、住みやすい部屋の条件を紹介したいと思います。 自分自身が重視したい部分などと比較しながら読んでみてくださいね。 部屋の構造 ・お風呂とトイレは別が良い ユニットバスだと、湯舟の外で体が洗えないので、シャワー中心になりがちです。 ・部屋は2階以上が良い 1階は防犯面が心配です。 部屋の前の環境によっては、1階は日当たりが悪い場合があります。 ・フローリングが良い 衛生面や掃除のしやすさではフローリングがおすすめです。 ・エアコン付き 地域によっては、夏場にエアコンがないと辛いかもしれません。 ・押入れやクローゼットなどの収納がいくつかあると良い 収納があれば、余分な家具を用意したりする必要もなく、部屋を広く使うことができます。 ・部屋の構造はしっかりしている方が良い(木造か鉄筋かなど) 壁や床や天井が薄いと、声や足音や物音が響きやすく、近隣との騒音問題になりかねません。 ・部屋の窓は南向きか、せめて東向きが良い 東向きは、朝日が当たりますが、正午頃から日が当たらなくなります。 北向きは、1日中日が当たらず寒いです。 西向きは、昼は日が当たりませんが夕方の西日が当たります。 特に夏場の西日は熱く、部屋の温度が上昇します。 洗濯物を外に干すつもりなら、南向きか東向きがおすすめです。 ・水道の水圧が低くないか 階層が高い部屋は水圧が低くてシャワーの水の出が悪い場合があります。 特に築年数が長い、古い建物は水圧が低い場合が多いので、きちんと確認しましょう。 ・地震などの災害に耐えられる建物かどうか 災害時に逃げにくい高層階の部屋の場合は、非常用ルートが確保されているかどうかを確認した方が良いです。 ・インターネット環境が整っているかどうか 人によっては重要なポイントになります。 ・コンセントの位置や数 古い物件だと、極端に少ない場合があります。 部屋周辺の環境 ・駅から徒歩10分以内 近いに越したことはありませんが、その分家賃は高めになってきます。 ・近くにコンビニやスーパーがあると良い 一人暮らしで、自炊ができない時は、近所にあるとなにかと便利です。 ・大きい道路に面していない、一歩入った道にある部屋が良い 車の行き来の音がうるさくて、窓を開けるとテレビの音が聞こえないほどです。 ・近隣住民の雰囲気 トラブルになりそうな人が住んでいないかなどチェックできれば良いですね。 コンビニなどの24時間営業のお店などがある場合は、夜の雰囲気なども確認した方が安心です。 ・近隣の雰囲気 どんな建物が建っているか、夜間は明るいのか暗いのか 若者のたまり場がないかどうか ・共用部分はきちんと整頓されているか 管理会社の質がわかります。 スポンサードリンク 一人暮らしの家賃の目安は? 一般的に、家賃の目安は、 手取りの収入の額の3分の1以下が望ましいと言われています。 もし手取り18万円ならば、管理費込みで6万円以内の部屋を借りることになりますね。 この場合、残りの 12万円で、電気や水道などの光熱費、食費、携帯電話等の通信費、洋服代やレジャー費を賄わなければなりません。 一般的に言われる「手取りの3分の1」という話は、手取り収入が少ない人には当てはまらない場合があります。 「家賃以外の生活費はいくらかかるのか」ということを予め把握しておくと良いですね。 手取り収入 - 生活費 = 家賃 という計算をして、その範囲内の部屋を探すようにしましょう。 女性の一人暮らしの防犯対策 女性が一人暮らしをする場合は、特に居住環境の治安や防犯面を重視した部屋選びが大切です。 まず第一条件として、 1階の部屋は避けましょう。 たとえば少し暑い夜でも窓を開けては寝られません。 空き巣被害が最も多いのは1階です。 空き巣や侵入などの犯罪は、窓へのアクセスが容易かどうかです。 窓はガラスさえ破れば、簡単に侵入できてしまいます。 1階であれば尚更ですね。 かと言って、2階や高層階なら安全かというと、そうとは言い切れません。 1階よりは可能性が低いというだけです。 例えば、「窓はシャッター付きなので閉めれば安全」、「オートロックだから安心」と思いがちです。 でもシャッターは、破ろうと思えば簡単に破ることができます。 オートロックであっても、敷地内に入ることは可能です。 オートロックに安心して、夜間に無施錠の玄関や窓から侵入されるケースがあります。 重要なことは、 防犯意識と対策です。

次の

女性の一人暮らし部屋の選び方は?家賃の目安と防犯対策

一人暮らし 女性 部屋

男性は、一人暮らし女性の部屋を訪れたとき、どんなところを見ているのでしょうか? 恋人に好かれるための部屋作りのヒントを探ります 一人暮らしの醍醐味のひとつは、 恋人を部屋に呼びやすいこと。 誰かの視線を気にする必要もなく、二人きりで過ごす時間を多く持つことは、気持ちを深めるのに必要なことですよね。 でも、いざ恋人を招くとなると、気になるのは相手の視線。 「どんなところを見られているの?」「この部屋は気に入ってもらえるかな?」など心配にもなってしまうのでは。 そこで、今回は恋人を招くための部屋作りのヒントとして、 男性から見た一人暮らし女性の部屋についてアンケートで調査してみました。 20~30代の男性35名に、女性の部屋を訪れたときの印象や嬉しかったことなど、気になる質問をぶつけてみましたよ。 Question1 一人暮らしの女性の部屋、第一印象は? 一人暮らしの女性の部屋。 たとえ恋愛関係にある相手でなくても、男性はある種の期待感を抱いているようです。 部屋作り次第で恋が始まる可能性も? 今回の記事では、 特に恋人ということに限定せず、女性の部屋に訪れたときの最初の印象をお伺いしています。 相手が恋人であるときと、ただの友人のときでは、女性の心構えも違うかもしれませんが、どんな相手でも男性を部屋に通すなら、ある程度は整頓しておきたいものですよね。 ちなみに、この質問で多かった回答は、順に「 自分の部屋よりこぎれい (ささ・32歳・一人暮らし経験14年・未婚)」「 いい匂いがする (かずおみ・30歳・一人暮らし経験7年・未婚)」「 思ったより何もない部屋 (テキーラ・31歳・一人暮らし経験11年・既婚)」という結果でした。 匂いというのは、女性ならではかもしれませんね。 ちなみに、「意外と汚かった (ばっじお・27歳・一人暮らし経験6年・未婚)」という回答も少なからず……。 たとえ恋人や意中の人でなくても、男性に汚いと思われるような部屋だったら、その日はご遠慮いただいた方がいいような……。 では、その他の回答もいくつかご紹介します。 そのせいか、その人のことを急に「女性」として意識してしまった。 その後、一人暮らしの女性の部屋に入る瞬間は、常にドキドキする(Adeam・一人暮らし経験1年・既婚) Question2 女性らしさを感じたのはどんなところ? キッチン周りなど、水周りがきちんと片付けられていると、女性ならではの清潔感を感じるようです。 男性にもよりますが、綺麗に飾り付けてもインテリアにまったく関心がない人も 男性からはどのような部分が 女性らしく感じられるのかも気になるポイント。 ただ、実際にアンケートの回答を見てみると、女性が考えているほど男性は細かいところを見ていないようです。 多かった回答は、Q1と同じく「 こぎれい (seij・37歳・一人暮らし経験17年・未婚)」。 ほぼ同様の回答が全体の半数を占めていました。 ということは、ある程度きちんと片付けているだけでも好印象を抱いてもらえるということでしょうか。 その他の回答をご紹介します。 ぬいぐるみが枕元にいた(ちらし・31歳・一人暮らし経験9年・未婚) Question2 気になったこと、嫌に思ったことはどんなところ? うっかり忘れてしまいがちな洗濯物。 これが意外と見られています。 特に下着類はきちんと目に入らない場所にしまっておきたいですね 前の質問に対して、次は NGだったところについて伺いましたが、男性陣は意外とうるさいのかと思いきや、「 特になし (よっしゃー・23歳・一人暮らし経験なし・未婚)」という回答が圧倒的に多く寄せられました。 部屋に招いた相手が一人暮らしをしているかどうかにもよるかもしれませんが、自分の部屋だって完璧ではないので、ある程度の汚れや散らかりは目をつぶることができますよね。 ただし、ここで油断してはいけません。 見ている人は見ています。 特に気にするのは「 トイレや風呂の汚さ (N・30歳・一人暮らし経験4年)」といった水周り。 汚れやすい場所ですが、面倒がらずに掃除をしておかないと、「ゲッ!」などと思われているのかもしれませんよ。 では、その他の気になる回答をご紹介します。 私からすると、「それくらい多めに見てくれよー」という意見も(笑)。 お客様用の器で手早く用意できれば、かなりポイントが高いようです 今回の質問の回答では、 男性を部屋に招いたとき、どんなことをしたら喜ばれるかを知るヒントになるのではないでしょうか。 なお、最も多かった回答は、やっぱり「 手料理はありがたかった (LARK・33歳・一人暮らし経験2年・未婚)」。 好きな人を招待するときには、料理下手な人でも頑張って一品くらい準備しておくとポイントが高くなりそう。 ちなみに、続いて多かったは「 部屋に招いてくれたこと自体が嬉しい (テキーラ・31歳・一人暮らし経験11年・既婚)」という謙虚な回答でした。 では、その他の回答もご紹介します。 料理はもちろん嬉しい。 特に、シンプルな料理がうれしい(肉じゃが、オムライス等)。 最低ですね(ぎんしゃり・28歳・一人暮らし経験10年・未婚) 今回のアンケート結果を読みながら、思わず自分の部屋や行動を見回してしまった女性のみなさんもいらっしゃるかもしれませんね。 個人的な感想としては、男性って見ているようで、意外に見ていないかも!? もっと細かく、いろいろと見ているのかと思いましたが、全体的に女性に優しい回答だった気がします。 この続編記事として「」として、 「彼女の部屋でこんなもの見てしまいました!」「彼女のこんな部屋に住んでいたら嬉しい」といった、さらに気になる質問の回答をご紹介しています。 ぜひあわせてご覧ください。 【関連サイト】 一人暮らしの気になる恋愛をアンケートの回答でご紹介します。 「恋愛に有利か?」「部屋でデートする?」などリアルな恋愛事情をお届けしています。

次の