楽天 クライマックス シリーズ。 【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

クライマックスシリーズのルールの全て!アドバンテージから延長・予告先発まで分かりやすく整理【プロ野球】

楽天 クライマックス シリーズ

2007年よりセ・パ両リーグで導入された、日本シリーズへの出場権をかけて争うトーナメント戦。 レギュラーシーズン最終成績上位3チームが進出する。 略してCS(シーエス)とも呼ばれる。 レギュラーシーズン2位チームと3位チームが、2位チームの本拠地で3試合制で対戦する。 勝利数が多いチームが勝者となり、ファイナルステージへ進出。 3試合を終了し対戦成績が「1勝1敗1分」「0勝0敗3分」と同じ勝敗数となった場合、2位チームが勝者となる。 レギュラーシーズン優勝(1位)チームとファーストステージの勝者が、リーグ優勝チームの本拠地で6試合制で対戦。 アドバンテージを含め、勝利数の多いチームが「クライマックスシリーズ優勝球団」となり、日本シリーズの出場権を得る。 ファーストステージと同様、対戦成績がアドバンテージ含め同じ勝ち数になった場合、レギュラーシーズン優勝チームが勝者となる。 パ・リーグは全試合で指名打者制を採用している。 セ・リーグは指名打者制なしの9人制。 予告先発制度はパ・リーグのみで実施されている。 レギュラーシーズンと同様に、延長12回までの引き分け制が採用されている。 引き分け試合でも再試合は行われない。 最終的に同じ勝敗となった場合、レギュラーシーズン成績上位チームが勝者となる。 ファーストステージは、レギュラーシーズンの2位チームの本拠地で、ファイナルステージは、レギュラーシーズン優勝(1位)チームの本拠地で全試合開催。 2009年、レギュラーシーズン2位となった東北楽天ゴールデンイーグルスは、ファーストステージを日本製紙クリネックススタジアム宮城で開催した。 レギュラーシーズン(年間144試合 交流戦24試合を含む)の勝率1位チームをパ・リーグ年間優勝チームとする。 クライマックスシリーズに進出した、対象の3チームの勝者が日本シリーズ出場となる。

次の

【NPB】クライマックスシリーズ試合結果一覧 ~my favorite giants~

楽天 クライマックス シリーズ

球場は特筆のない場合、ホームチームの本拠地。 2008年セ・リーグ第1ステージの球場は、京セラドーム。 2008年パ・リーグ第2ステージ第1戦の球場は県営大宮。 6回戦制。 全試合、ホームチームは2位球団。 ファイナル(第2)ステージ 「1位-ファースト(第1)ステージ勝者」の 6試合制とし、 1位チームに1勝のアドバンテージが与えられる。 先に 4勝した球団を勝者とする。 全試合、ホームチームは1位球団。 また、レギュラーシーズン上位球団の勝利数が、下位球団の勝利数と同数以上となることが 確定した時点で、上位球団が勝者となり、そのステージは終了する。 なおも同点の場合には、引き分け試合とする。 引き分けの場合、再試合は行わない。 引き分けを除いた勝ち星が同じ場合は、レギュラーシーズン上位チームを勝者とする。 ファイナルステージ 日本シリーズ3日前までに所定試合を消化できない場合 勝ち星の多い球団を勝者とする。 引き分けを除いた勝ち星が同じ場合は、レギュラーシーズン上位チームを勝者とする。 中止試合が複数発生した場合でも、ダブルヘッダーは行わない。 全試合、ホームチームは2位球団。 第2ステージ 「1位-第1ステージ勝者」の5試合制とし、先に3勝した球団を勝者とする。 全試合、ホームチームは1位球団。 また、レギュラーシーズン上位球団の勝利数が、下位球団の勝利数と同数以上となることが 確定した時点で、上位球団が勝者となり、そのステージは終了する。 なおも同点の場合には、引き分け試合とする。 引き分けの場合、再試合は行わない。

次の

イーグルスの2019シーズンが終了・クライマックスシリーズの回顧

楽天 クライマックス シリーズ

試合に勝利しタッチを交わす阪神ナイン=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 第2戦の先発は、セはDeNAが浜口、阪神が青柳、パはソフトバンクがバンデンハーク、楽天が美馬と発表された。 ファイナルステージはセ、パともに9日に始まる。 リーグ優勝の巨人と西武が1勝のアドバンテージを持ち、6試合制で日本シリーズ進出を争う。 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、DeNA7-8阪神、阪神1勝、5日、横浜) CS DeNA-阪神、第1戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 阪神 0 0 0 1 0 0 4 3 0 8 12 0 DeNA 3 0 0 0 4 0 0 0 0 7 14 0 声援に応える阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一) 阪神が終盤に6点差をひっくり返した。 1-7の七回に代打木浪が適時打、北條は3点本塁打で計4得点。 八回は木浪の適時打で1点差に迫り、北條が逆転の2点三塁打を放った。 六回以降は救援陣が無失点。 8番手の藤川が締めた。 DeNAは一回に筒香が西から3ランを放って主導権を握り、五回に4点を加えたが、エスコバー、国吉らが痛打された。 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、ソフトバンク3-5楽天、楽天1勝、5日、ヤフオクD) CS ソフトバンク-楽天、第1戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 楽天 1 0 1 0 1 0 1 0 1 5 8 0 ソフトB 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 6 1.

次の