ドコモ 5g エリア拡大。 【ドコモでレビュー】5Gがついに開始!通信速度の実測値や各キャリアのプラン・エリアまとめ。

5Gのエリアはいつまで狭い?新型コロナによる「2つの延期」で拡大計画に遅れも

ドコモ 5g エリア拡大

NTTドコモは2020年3月25日に5Gの商用サービスを開始するが、当初は特定スポットに限定してエリアを展開する。 2020年3月末時点では全国150箇所で利用でき、5G基地局は約500局が対応する。 では、開始当初はどこで利用できるのか。 ドコモは5G通信を利用できる施設やスポットのリストをで公開している。 なお、ここで公開されている施設はドコモが許諾を得たところなので、5G対応の全施設が掲載されているわけではない。 スタジアムやオリンピック施設では、札幌ドーム、茨城カシマスタジアム、オリンピックアクアティクスセンター、東京スタジアム、ナゴヤドーム、豊田スタジアム、鈴鹿サーキット、京セラドーム、マツダZOOMZOOMスタジアム、福岡PayPayドームなどの一部エリアで利用できる。 関連記事• NTTドコモの「5G」が3月25日にスタート。 料金プランは現行プランをベースとした専用プランとなっており、「5Gギガホ」ではキャンペーンで当面「国内容量無制限」とする。 5G通信サービスの開始に合わせて、NTTドコモが新端末を発表した。 5G通信に対応するスマートフォンやルーターに加えて、LTE(4G)に対応するスマートフォンやタブレットも投入する。 【更新】• NTTドコモが9月20日に「5Gプレサービス」を開始する。 商用サービスと同じネットワーク環境でサービスを提供するのが特徴。 同社は9月18日に発表会を開催し、吉澤和弘社長が、あらためて5Gに対する取り組みの意気込みを語った。 ソフトバンクが、3月27日に5Gの商用サービスを開始する。 ただし当初はエリアが限られることから、月額1000円(税別)の5G基本料は取らない。 5G対応エリアはソフトバンクのWebサイトで確認できる。 総務省が「5G」用の電波(周波数帯)を各キャリアに割り当てた。 これから、各キャリアはどのようにエリアやサービスを展開していくのだろうか。 総務省の資料などを参考に考察してみよう。 関連リンク•

次の

ドコモの5Gはどこで使える? 対応“スポット”を公開

ドコモ 5g エリア拡大

こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 性格は明るいと言われますが実は根暗です。 他人に極度に気を使いながら生きてきました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいもの、などです。 僕はこれまでいろんな仕事をしてきました。 ・びっくりドンキー 3年 ・不動産 3年 ・SAMSUNG 携帯電話のGalaxy 1年 ・docomo 携帯、光回線 2年 ・家電量販店 2年 てな感じです。 この経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 例えば ・携帯の選び方、機能について ・インターネットの選び方、料金の比較 ・家電の選び方、メーカーの違い などなどです。 また、僕なりの考えも伝えて行けたらと考えております。 ・最近やっているニュースについて ・バラエティーの感想 ・映画の感想 ・面白い漫画ランキング などです。 こんな感じで皆さんの為になるものやそうでなはない普通の趣味の話まで幅広く書かせてもらおうと思ってますので是非ゆっくり見ていってもらえればと思います。 よろしくお願いします。 リンク.

次の

KDDIとソフトバンクが合弁会社を設立!5Gエリアの拡大は今後どうなる?

ドコモ 5g エリア拡大

Contents• 5Gエリアは3キャリアとも狭い 5Gのエリア展開は、国内携帯三大キャリアのうち、どのキャリアが広くてどのキャリアが狭いといった差は特になく、どのキャリアも同じようにスポット的な展開となっています。 一部実験等ですでに基地局を構築していた地域については展開が広がっている場所もありますが、その他の地域に関してはほとんど地図上に点で表示されるほどの狭さです。 例えばドコモの場合ですと5Gが利用できるエリアはドコモショップや大型スポーツ施設などに限られています。 年3月末から日本でも念願の5Gのサービスが開始されました。 そして春からはドコモ、ソフトバンク、KDDIの携帯大手3キャリアからそれぞれ5G対応のスマホも発売されたわけですが、5Gスマホを購入したところで、5Gを利用できるエリアが狭いと、5Gスマホへの盛り上がりはイマイチ欠けているといったところです。 5Gのプレサービスや5Gを利用した様々な実験なども、各キャリアごとに開催してきたわけですが、どうして5Gのエリア展開はこんなにもローペースなのでしょう。 本記事では5Gのエリア拡大に苦戦している理由や、今後のエリア展開について言及してまいります。 5Gエリアは3キャリアとも狭い 5Gのエリア展開は、国内携帯三大キャリアのうち、どのキャリアが広くてどのキャリアが狭いといった差は特になく、どのキャリアも同じようにスポット的な展開となっています。 一部実験等ですでに基地局を構築していた地域については展開が広がっている場所もありますが、その他の地域に関してはほとんど地図上に点で表示されるほどの狭さです。 例えばドコモの場合ですと5Gが利用できるエリアはドコモショップや大型スポーツ施設などに限られています。 他ソフトバンクやKDDIについても一部地域となっており、ドコモ同様に広範囲でのエリア展開はありません。 また、こうした状況は開始から数カ月間のみというわけでもなく、少なくとも1年以上は5Gエリアが狭い時期が続くと予想されています。 尤も、こうしたエリア展開状況であるのは日本に限ったことではなく、日本より早い時期から5Gサービスを開始していた世界各国でさえも同様の状況であるということです。 5Gエリアの拡大に苦戦している理由 では、どうして5Gのエリア展開のスピードはこんなにも遅く、各キャリア苦戦しているのでしょうか。 ここからは5Gエリア拡大に苦戦している理由について解説していきます。 高い周波数と衛生通信の干渉 1つは、単に基地局を設置して電波を射出してしまうと電波干渉によって衛生通信が利用できなくなる可能性があるということです。 これは、5G向けの電波が周波数が高く、障害物に弱いという性質を持つためであり、電波干渉を引き起こさないように衛星通信の地上局の利用者と調整をして基地局を構築していかなければならないという問題があるからであるといいます。 多くの基地局の設置が必要であるため また、先ほども申し上げたように、5G向けの高い周波数の電波は障害物に弱い為もともと広範囲のエリアカバーには向きません。 現在各社に割り当てられている3. 7GHz帯や4. 5GHz帯、28GHz帯で広範囲をカバーするには多数の基地局を設置する必要とします。 当然、多くの基地局を設置するには多大なる時間も要することになりますので、エリアの展開が遅くなっていると説明できるでしょう。 新型コロナによる影響 更に、外的要因としては新型コロナウイルスの感染拡大により業務が一部停止してしまったなど、計画通りにエリア展開が進んでいないことも予想されます。 事実、ドコモの吉澤社長は今月28日に行われたオンライン説明会において、建設工程や物品納入での遅延がエリア展開に影響していることを明らかにし、2021年6月に目標としている1万局の達成は難しくなる可能性を示しています。 5Gエリア展開におけるコロナウイルスの影響については下記の記事でも詳しく解説しておりますのでご覧ください。 今後の5Gエリア展開について では、肝心の今後のエリア展開についてですが、一つ5Gのエリア展開の難しさを取り除く方法として、4Gのインフラを活用したダイナミックスペクトラムシェアリングがあげられます。 ダイナミックスペクトラムシェアリングとは、DSSと呼ばれ、4Gと5Gで周波数帯を共有し、4G端末と5G端末に対して動的に割り当てるという技術です。 これによって既存の4Gインフラを活用し、5Gユーザーのニーズにも対応できることになり、結果的に5Gサービスのカバー率を高められるという効果があるとされています。 この技術の容認については、現在モバイルキャリアにて総務省に申請中であり、この案が通れば当初より早めに5Gサービスのエリアが拡大する可能性もあるといえるでしょう。 ただし、DSSで4Gインフラを活用する場合、4Gの周波数帯域しか使えないことに変わりはなく、5Gサービスとは呼べてもユーザーエクスペリエンスには制限がつくようです。 ただ、4月1日付けで地方への5Gエリア早期拡大に向けてソフトバンクとKDDIが合弁会社を立ち上げ、尽力しています。 総務省の許可や、同合弁会社の動向によっては早期の5Gエリア展開も期待できるのではないでしょうか。

次の