風邪 早く治す方法。 風邪を早く治すために!医師が教える「よく聞く風邪の治し方」本当のところは…

風邪を早く治すために!医師が教える「よく聞く風邪の治し方」本当のところは…

風邪 早く治す方法

スポンサーリンク 熱を下げる為に冷やしてませんか? 発熱は身体に入った風邪のウイルスと子供の免疫力が、 一生懸命に戦っている証拠です。 体温を高めることでウイルスの動きを弱めて、 免疫力を上げるために身体が発熱しているので、 無理に熱を下げると治るのがおそくなります。 ちなみにおでこを冷えピタや冷やしたタオルなどで、 冷やしても気持ち良いだけで、熱は下がりません。 ただし、 38度以上ある場合は、 水枕で後頭部だけを冷やすのでなくて、 脇の下や股間などを一緒に冷やすと効果的です。 栄養あるものを食べさてませんか? 風邪の時は元気にする為に栄養をあるものを、 無理にでも食べさそうしますが、これは 逆効果です。 食欲が無いのは、 身体が体内の老廃物を燃やして、 胃腸を休ませようとしているからです。 無理に食べると胃腸に負担がかかり、 免疫力が落ちえて治るのが遅くなります。 ただし、 水分はしっかりと飲ましてください。 風邪の時は思っているより汗をかいてるので、 脱水症状にならないように気を付けてください。 子供の風邪を早く治すコツは? 風邪の症状はすべて、 身体が風邪を治そうとしています。 例えば、咳や鼻水は風邪ウイルスを外にだそうとしてますし、 発熱は、ウイルスを弱らせて、免疫力を上げてますし、 食欲がないのは、胃腸を休めて、老廃物を燃やしています。 そう考えると 身体に任せるが一番のコツですね。 あまり余計なことをしないで、 身体が治そうとしいることを手伝って、 子供を看病してあげるのが良いと思います。 ただし、病院でちゃんと診察してもらって、 重大な病気ではないことは確認してくださいね。 人間の身体には年中、いろいろなウイルスが入ってると言われますが、 身体が元気で免疫力が強い時には、風邪をひきません。 風邪をひくのは、 身体が弱っているからです。 普段から好き嫌いをなくして、 野菜もしっかりと食べさせて、 免疫力の強い子供にすると風邪をひきません。 好き嫌いの多い子供には、栄養の補助として、 サプリを飲ますのも効果がありますね。 詳しくはこちらの記事でご紹介してますので、参考にしてください。 普段から元気な身体つくりに気を付けて、 健康な毎日を送れるようにしましょう。

次の

風邪に対する考え方(4)風邪を早く治すには?

風邪 早く治す方法

風邪を早く治すコツ7選 風邪を早く治すために僕がやっている方法(コツ)は全部で7つあります。 1:早めに就寝&8時間以上寝る まずは基本中の基本。 いくら栄養をしっかり摂っても、 寝なければ人間の体は回復しません。 なぜなら、一日のうちで人間の体(と脳)が回復するのは、唯一、寝ている時間だけだからです。 早く風邪を治したければ、まずは 寝ることが大事です。 風邪を引いたら、僕は 最低8時間以上は寝るようにしています。 鼻づまりやのどのイガイガでなかなか寝付けないこともありますが、 横になって目をつぶっているだけでも人間の体は回復します。 そのため、眠れなくともとりあえず横になることをおすすめします。 また、早く就寝することも大事。 遅くとも12時前には布団に入るようにしています。 早く布団に入って8時間以上の睡眠をとりましょう! まとめ• 逆におすすめなのは、 の水です。 僕もこれを使ってます。 結局、浄水器が一番経済的だし、美味しいし安全なのでオススメです。 3:食事は野菜・魚を中心に 次に重要なのは 食事です。 人間の体は食べたもので作られます。 風邪を早く治したいなら、 早く治すための食材を選んで食べることが重要です。 具体的には、 野菜を中心に、肉よりも魚を摂るようにするのがおすすめ。 野菜は風邪で失われがちなビタミンやミネラルを豊富に含みます。 かつ、体の抵抗力を高めてくれる抗酸化物質が満載です。 これらを効率よく摂取するため、 できるだけ皮などを捨てず丸ごと野菜を食べるようにしています。 魚はタンパク質はもちろんのこと、 体の抵抗力を高めてくれる良質な油・ DHAとEPA()を豊富に含みます。 これらの油は血流も良くしてくれるため、 体を温め、栄養を体中に行き渡らせる効果も抜群です。 この2つの食材の栄養を余すことなく効率的に摂るためには、 鍋がおすすめ。 色々な種類の野菜と魚が食べられますし、体を温めてくれます。 なお、ポイントは スープも飲み干すこと。 野菜に含まれるビタミンやファイトケミカルは 水に溶け出す性質のものもありますので、具材そのものよりもスープの方にむしろ栄養があります。 作るのも簡単ですし、たっぷりの野菜と魚で作る鍋は風邪を早く治すのに最適です! まとめ• 天然の風邪薬!『エキナセア』はかなりおすすめ! ちなみに、風邪薬の代わりに飲んでいるのが というハーブのサプリメントです。 エキナセアは、天然の抗生物質とも呼ばれている程の免疫力強化に特化したハーブです。 ひきはじめの風邪なら、こまめに朝・昼・晩と飲めばすぐに治ってしまいます。 これは本当におすすめできます!(粒が大きすぎるのが玉にキズ) 5:湯船にゆったり浸かる 「風邪をひいたら風呂には入るな」とも言われますが、僕は 必ず入っています。 湯船にゆったり浸かることで、 血流が良くなり発汗作用が高まります。 発汗するということは、デトックスされるということです。 汗がウイルスや老廃物を体外に排出してくれるので、体の治癒力がアップします! さらに リラックス効果までありますので、僕個人的には、お風呂に入るのは断然おすすめです。 ちなみに、 お湯の温度は40度以下のぬるめのお湯。 時間は20分くらいです。 高温の湯船は神経を刺激して 興奮作用があるので逆効果ですし、 入りすぎると水圧がかかってかえって体が疲れてしまうのだとか。 塩素を取り除く! 安心で快適な入浴のためには? 快適で安心なお風呂にするためには、 お風呂用の浄水器を導入することをおすすめします。 お風呂用浄水器の一番の目的は塩素を除去すること。 湯冷めの原因になるだけでなく、にもなります。 おすすめは、こちらも飲料水のと同様に です。 シャワーヘッドを交換するものから、 水道に繋げるものまで色々ありますので、予算や希望に合わせて選んでみましょう。 6:オーガニックのサプリとプロテインを倍飲み とこれもおすすめです。 サプリメントは マルチビタミン・ミネラルのもの、プロテインは 植物性のものがおすすめです。 本来は食事から栄養を摂るのが望ましいのですが、 風邪をひくと食欲が落ちてしまいがち。 不足する栄養をきちんと摂るためには、サプリとプロテインに頼るのも大事だと僕は考えています。 僕は普段からこの2つを飲んでいますが、風邪のひきはじめには いつもの2倍の量を飲んでいます。 で、飲む時間帯はズバリ 就寝前。 人間は 寝ている間が最も体が回復しますので、この時間帯がおすすめです。 まとめ• マルチビタミン・ミネラルのサプリと植物性プロテインを飲む!• タイミングは就寝前がベスト!• 他にも、朝にも飲むとよりベター。 おすすめのサプリ&プロテインはこれ! ちなみに、僕が飲んでいるサプリメントと植物性のプロテインは下記のものです。 サプリ:• プロテイン: どちらも というメーカーのもの。 オーガニック栽培の原料しか使わず、ノンGMO、食品添加物もなし、さらにもクリアしている、という商品に対する徹底ぶりが気に入っています。 その分、値段は高いんですが、予防医学の権威で、白鵬や日本プロ野球チームに栄養や断食指導も行う の勧めるメーカーでもあるので、ここのを好んで使っています。 迷ったらとりあえずここのを買うと決めているメーカーがあると心強いですね。 7:気持ちだけは治ったつもり! 最後はこれ! 「病は気から」とはよく言ったもので、心と体は一体です。 ストレスを感じると 活性酸素と呼ばれる有害な物質が体の中に発生します。 この活性酸素がクセモノで、細胞を傷つけ、病気の原因を作り出したり病状を悪化させたりします。 つまり、 風邪をひいたストレスで活性酸素が増えるほど治りづらくなるということ。 風邪をひくと気持ちも暗くなってしまいがちですが、気持ちだけは明るくいましょう。 逆に、風邪が長引くNG習慣&風邪が治らない習慣 …と、ここまで紹介してきた方法を全部やったとしても、逆に 風邪を長引かせてしまうNG習慣をやってしまったら意味がありません。 僕は過去に月1で風邪をひいていた時期がありましたが、その時の食生活は今思い出してもゾットします。 笑 その時の食生活というのが、• コーラ(ジュース類)• コンビニやスーパーのごはん• 激安サプリメント• スナック菓子 この4つです。 ぜひご覧ください! まとめ 以上、7つの方法・コツをご紹介しました。 風邪なんてひいていたら仕事も遊びも楽しめません! もしこの記事を読んでいるあなたが風邪のひき始めなら、今回ご紹介した方法を試してみてください。 きっと早く風邪が治るはずです。

次の

子供の風邪を早く治す方法!回復を早める食べ物とおすすめレシピ!

風邪 早く治す方法

この記事の目次• 風邪薬の種類 医療用と同じ量の「 濃い葛根湯」と 75%、50%の濃度の 「 薄い葛根湯」とが発売されています。 見分け方を説明ます。 「風邪の発熱」は戦っている証拠 体内に入ってきたウイルスや細菌と身体が戦うために発熱をしています。 実はウイルスや細菌は熱に弱いので発熱をしているので、風邪薬や解熱剤で 熱を下げると風邪の治りが遅くなります。 体力があるときは、1日しっかり 発熱をしてウイルスや細菌をやっつけて 次の日から元気に仕事に向かいましょう! 休みの日に調子が悪い時は、風邪薬を飲まずに今回紹介する 3つの裏技 「3つの裏技」を実践しています。 この方法を実践している薬剤師は多いと思います。 よくテレビCMで見ていました 「効いたよね 早めの パブ〇ン」は… 早く治すなら、初期ならあまり熱を下げない方が良いと感じます。 風邪の初期で寒気はするが、汗は出ていない時が「葛根湯」の出番です! 葛根湯は汗を出して風邪を治すタイプの漢方薬です。 一時的に体温が上がることがありますが、汗をかいた後、汗を拭いて寝ると 翌日には風邪が治っています。 葛湯はもともと風邪の時に飲むと良いと言われているものです。 daiichisankyo-hc. 5gを含有します。 成分 分量 日局カッコン 2. 68g 日局タイソウ 2. 01g 日局マオウ 2. 01g 日局カンゾウ 1. 34g 日局ケイヒ 1. 34g 日局シャクヤク 1. 34g 日局ショウキョウ 1. 「風門」の場所 背中の両方の肩甲骨の内側にあります。 下を向いたときに首の後ろに突き出る骨があります。 一番出っ張った骨から3番目の骨から指2本分左右に外側 ちょうど 写真の 赤丸〇のところが風門です。 風門にカイロを貼る。 3-2風邪対策のツボ「風池:フウチ」 3-2風邪対策のツボ「風池:フウチ」 風邪の邪気がたまる場所が「風池」です。 ここにはカイロを貼ることで邪気を逃がす効果があります。 風池の場所 首筋の少し外側、うなじのくぼみにあります。 写真の 赤丸〇 のところが風池です。 風池にカイロを貼る。 3-3風邪による肩こりのツボ「天柱:テンチュウ」 3-3風邪による肩こりのツボ「天柱:テンチュウ」 血流が良くなり肩こりが改善します。 また、全身に栄養が回るので風邪対策にも良いです。 写真の 赤丸〇のところが天柱です。 天柱にカイロを貼る。 ビタミンCは 免疫細胞を活性化させて、白血球がウイルス、細菌をやっつけるのを助けます。 だから、風邪の時にはビタミンCが必要です。 発熱時に水溶性ビタミンのビタミンCは失われやすい性質があります。 ビタミンCは炎症を鎮める効果があるのと カテキンには抗ウイルス作用があるので緑茶は一石二鳥です。

次の