ミシェル オバマ。 ミシェル・オバマ『マイ・ストーリー』

ミシェル・オバマ『マイ・ストーリー』

ミシェル オバマ

世界45言語に翻訳出版され、1000万部を突破した「マイ・ストーリー」は、前アメリカ大統領夫人ミシェル・オバマがその半生を綴(つづ)った自伝だ。 シカゴのサウス・サイド地区に生まれ育った自身のルーツ、バラク・オバマとの出会い、そしてホワイトハウスで過ごした8年間についてが、細部にわたって綴られている。 「大統領と大統領夫人」という特殊な立場ではあったが、その職務を離れれば、オバマ夫妻は2人の子どもを育てる父親と母親でもある。 留守がちな夫を持ち、フルタイムで働きながら家庭と仕事を両立させる苦労は、世界中の多くの女性が抱える悩みと共通するものだ。 ミシェルは本書で、その葛藤と自らの信念について、要所要所で触れている。 バラク・オバマが、子育てとどう向き合ったのか 不妊治療に取り組み、流産という辛い経験を乗り越えながらも、バラクとミシェルは2人の子どもを授かる。 長女マリアと3歳下の次女サーシャだ。 バラクが子どもたちを愛し、献身的に尽くす父親だったのは間違いないが、選挙活動や政治家としての活動には、多くの犠牲が求められる。 家族で一緒に過ごす機会も、時間も、プライバシーも時には犠牲となる。 そんな中でも、大統領の仕事を務めるべき適任者は彼以外にいないと信じていたミシェルは、自分の都合や娘たちの都合を優先させることはできない、と覚悟を決めていたようだ。 当初は、夕食の時間を遅らせたり、帰宅する夫にハグさせるために娘たちを無理やり起こしておくこともあった。 「今帰ってる」「もうすぐ着く」と言いながらなかなか帰ってこない夫にいらだち、ストレスを溜めていくミシェル。 一時は夫婦カウンセリングに通ったほどだったという。 解決策としてミシェルがたどり着いたのは、家庭のルールを決め秩序を守って暮らすことだった。 夕食は六時半で、八時には娘たちは眠りにつく。 例外は認められず、バラクはその時間に間に合う責任がある。 そう決めたことで、ミシェルは夫の仕事の都合に振り回されすぎず、心を乱すことなく過ごすことができるようになった。 《うちは父親の帰りを待ったりしない。 家族と過ごすために努力するのが父親の役割なのだ。 》 とルールを重んじている。 特に夕食のひと時をミシェルは大切にしていたようで、その習慣はバラクが大統領に就任してからも続いた。 夕方きっかり六時半には必ずエレベーターに乗って家族がいる上階に戻り、夕食後はまた執務室に戻って仕事を続ける。 《バラクと私は夕食の間、娘たちの学校の校庭の話や、絶滅危惧種について調べたマリアの研究プロジェクトの話に耳を傾ける。 あたかも、それが世界で一番重要な事柄であるかのように。 なぜなら実際にそうだからだ。 子どもたちの話には、そうするだけの価値がある。 》 一方のバラクも、職務との両立を葛藤しながら家族と向き合い続ける。 《騒がしい政治の渦の中、離ればなれの夜でも決して失われないもの、彼はそれを大切にしていた。 家族を軽く扱うことなど決してなかった。 (中略)まるで毎日、家族と政治のどちらかを選ぶ投票を強いられているかのようだった。 》 象徴的な例として、こんなエピソードが紹介されている。 バラクがイリノイ州の上院議員を務めていた頃の話だ。 大型犯罪法案の条項をめぐる議論が長期化し、臨時議会の日程はクリスマス休暇までずれ込んだ。 やっと議会が終わり、オバマ家は休暇をハワイのオアフ島で過ごしていたのだが、突如議事が再開し、法案可決の投票が行われることになったのだ。 それは銃規制を盛り込む法案で、バラクが熱心に支持してきたものだった。 投票ができない、つまり賛成する議員が一人でも減ると、法案通過は危うくなる。 そんな時に、滞在先で1歳のマリアが高熱を出したのだ。 《お互い口には出さなかったが、バラクだけ行くこともできた。 すぐに玄関を出て空港までタクシーで、向かえばスプリングフィールドでの投票に間に合う。 太平洋の真ん中に病気の娘と不安な妻を残し、同僚たちのもとに戻ってもよかったのだ。 それも一つの選択肢だった。 (中略)バラクは行かなかった。 行くわけがなかった。 》 結果、法案は否決され、投票に参加しなかったことでバラクは叩(たた)かれた。 当時彼は連邦下院議員選挙にも出馬するという大きなチャレンジの最中でもあったので、対立候補からここぞとばかりに個人攻撃された。 「仕事にいかない言い訳に子どもを使うとは」などと言われ、メディアからも厳しく批判された。 結果としてその選挙は敗北に終わった。 《優れた決断が彼にこれほどの代償を支払わせる結果になったのだと考えると胸が痛んだ。 》 とミシェルは振り返るが、2人ともこの決断は正しいものだったと信じている。 それまで過ごした時間の中で、共通の価値観をすり合わせてきたからだろう。 《「家族の大切さについて語る政治家はたくさんいます。 あなたの州の上院議員ができるだけその価値観に従って生きようとしている時には、それを理解してもらえればと思います」》 とバラクは週刊誌のコラムで語っている。 大統領就任後、家族はさらに特異な生活に身をおくことになった。 娘たちも同様で、世間の好奇の目が寄せられ、通学時は警護車列や武装したシークレットサービスが付き添う。 安全が守られながらも、娘たちが過度な制約を受けずに過ごせるように、自分らしく生きられるように、2人は心を砕く。 身の回りの世話をするスタッフに任せずに、毎朝自分でベッドメイクをさせたのもその一例だ。 転校初日の朝、バラクが心配そうに娘たちにアドバイスをする場面も微笑(ほほえ)ましい。 《「いつも笑顔で、友達には親切に、そして先生の話をよく聞くこと。 それと、絶対に鼻をほじらないこと!」》 ファーストファミリーになっても「我が家が我が家のまま」であることを大事にしていた2人らしい、ありのままの家族の姿がそこにはある。 最後に、このエピソードも忘れずに紹介しておきたい。 2012年、コネティカット州の小学校で銃の乱射事件が起きた時のこと。 20人の小学1年生と6人の教員が犠牲になった痛ましい事件だ。 血の海となった教室の様子について報告を受けたあと、バラクはミシェルを大統領執務室に呼んだという。 《執務中に彼が私に来てほしいと求めたのは、大統領職にあった8年間でこれが最初にして最後だった。 私とバラクはスケジュールを調整して、2人きりでしばしの間、ほの暗い慰めの時を過ごした。 私たちは普段、仕事は仕事、家庭は家庭と割り切っていた。 けれどニュータウンで起こった悲劇は、私たちの、そして多くの人たちの心の中で、あらゆる窓を粉々に割り、あらゆるフェンスを吹き飛ばした。 私は大統領執務室に入ると、無言のままバラクと抱擁し合った。 言うべき言葉など、ひとつも持たなかった。 》 その日バラクは会見を行い、銃の販売に関して法律を制定しさらなる悲劇を防ぐという決意を、涙を流しながら語った。 大統領として国を思う気持ちと、一人の父親として家族を思う気持ち。 そこには同じ思いが通底している。 バラクが娘たちに注いだ愛情は、同じようにアメリカじゅうの子どもたちにも向けられていたのだ。 (文・高橋有紀) 提供:集英社.

次の

ミシェル・オバマ自伝『マイ・ストーリー』から見る大統領夫妻の子育て

ミシェル オバマ

僕には、女装した男性の後ろ姿にしか見えないのですが、いかがでしょうか? この後ろ姿の方は、ミシェル・オバマ婦人(オバマの婦人)だと思われます。 横で一緒に歩いているのは、後ろ姿からバラク・オバマであろう。 ミシェル・オバマ婦人が男性ではないか?という疑惑がネット情報では多くあります。 「まさか?」と半信半疑であったが、ワンピースで歩いているときの股間の状態、ズボン履いてポップ・ダンスを踊っているときの股間の状態、それを見ると男性と思える映像であった。 詳細は下の動画を見てほしい。 また、アメリカを代表するコメディアンであったジョーン・リバーズさんは、ミシェル・オバマは性転換者との発言後、死亡している。 暗殺であろうと思われるが、暗殺するということは性転換が事実であることを証明しているようなものである。 闇の勢力が狙う性の混乱について ミシェル・オバマが本当に男性であったとすると、元アメリカ大統領バラク・オバマはホモであり、妻は性転換した男性という驚愕の話になる。 また、バラク・オバマは闇の勢力側(カバール、ディープステート、イルミナティ)のメンバーであり、悪魔を崇拝している。 悪魔崇拝の乱交儀式では、仮装した姿で参加する決まりがあるようだ。 悪魔崇拝者について調べていると、幼児レイプ、ゲイ、ホモ、レズ、同性愛、など性的に異常をきたしているのが多くいると感じる。 成長途中の未熟な子どもをレイプする(男女問わず)• レズビアン• バイセクシュアル• トランスジェンダー• 性転換• 乱交パーティ 性の感覚がとにかく異常なのだ。 正常な性を拒否しているかのようである。 ヤツらが崇拝している悪魔は、信者に対して性的に狂うことを求めているのではないのだろうか?そう思えてならない。 TVメディアで起用される性異常の出演者たち TVメディアは、世界中どこでもディープステートの支配下にあります。 支配下のTVメディアでは、ホモやゲイがよく出演していることにお気づきでしょうか? これは「性を混乱させる」が狙いである可能性があります。 「そういう人もいるのだなぁ」くらいの感覚で受け入れてしまうのは危険かもしれません。 悪魔勢力は男女の性を破壊するために、異常な性関係をTVメディアを通して一般に認めさせようとしているのであろう。 性は生命の根幹であり、人間としての基本的な構成なのです。 性は創造主が設計した宇宙の法則の一つなのです。 悪魔崇拝の悪魔とは、創造主に反逆した大天使であり、堕天使なのです。 もともとは大天使なので、地球人類よりもはるかに知能が高く、存在次元も高いはずです。 我々はその堕天使の邪計に陥らぬよう注意すべきでしょう。 「性の混乱」も堕天使の邪計の一つであり、TV番組に出演している、男のような女や、女のような男、そのような影響に感化されぬよう、大人は子供が見る番組内容に気を配るべきだと感じます。 悪魔崇拝者のバラク・オバマは性的に異常であり、妻は男性の可能性があるという話でした。 【補足】 性同一性障害など、生まれつき先天的な障害をかかえている方もおられますが、「性の混乱」と同一にしているわけではありませんので、そこはご了承ください。 ミシェル・オバマ男性疑惑を説明した動画 バラク・オバマに関する偽証・捏造について補足 バリー・ソエトロから名前を変えている バラク・オバマは、名前が変わっているそうだ。 前の名前は「 バリー・ソエトロ」。 それを確認できる証明書画像があったので貼っときますね。 「 BARRY・SOETORO」という名前であったようです。 出生地を隠している バラク・オバマは ケニア出身である。 ケニア出身であることを公言した人物は暗殺されている模様。 ということは、アメリカ大統領になる資格がそもそもなかったのではないか?という疑問。 バラク・オバマとは、嘘と捏造と変態の集大成か? どのような力が働いて、名前も出身国も偽造した人物をアメリカ大統領にしたのであろうか?この謎を追っていくとこの世の巨悪が見えてきそうである。 オバマの偽証、嘘、暗殺、ゲイなど、調べてみたら出るわ出るわ、オバマゲートで大炎上してますね。

次の

【イタすぎるセレブ達】ミシェル・オバマ前大統領夫人、流産の過去や夫婦間の問題を初めて明かす トランプ大統領への怒りも

ミシェル オバマ

INTRODUCTION 聡明で、強く、ファッションセンスもある。 そんな新しいファーストレディ像を彼女に抱いていた人が、本書を読んだら驚くだろう。 そこには、家庭と仕事のバランスに悩み、忙しい夫にふりまわされ、 わが子を案じる一人の女性がいます。 けれども、努力と意思だけではどうにもならない人生の壁にぶつかりながらも 「自分は何者か、自分には何ができるのか」 を問いつづけ、行動したミシェルの姿は、 多くの日本人女性にも重なるところがあるはずです。 この物語は、 幼少期からバラク・オバマとの出会いまでが描かれる第1部(BECOMING ME 結婚から出馬するまでが描かれる第2部 BECOMING US ファーストレディとなり、新しい世界に踏み出していく第3部 BECOMING MORE から成ります。 ぜひお楽しみください。 推薦コメント• 生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。 読了して一言。 「最高!!」 -篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書、ときどき洋書」連載中)• 聡明な少女が高い教育と素晴らしいキャリアを手に入れた。 そしてバラク・オバマとの出会い、結婚、そして子育てとの両立からファーストレディへ。 新しい「アメリカン・ドリーム」のヒロインの率直で魅力的な奮闘記です。 -坂東眞理子さん(昭和女子大学 理事長・総長)• 現実を生き抜き、理想を捨てずにいること。 努力を惜しまず、感謝を忘れないこと。 ミシェルの率直な言葉が胸を打つ。 世界中の「私には無理」と思っている女性たちを励ます、強く温かなストーリー。 -小島慶子さん(エッセイスト、タレント)• 「 みんな生身の人間であること、自分だって生身の人間であること、 それを用いてどうしたら個人が世界を変えることができるかを考えさせられました。 」 -山本和奈さん(Voice Up Japan , Educate for 代表)• 実はほとんど権限がないファーストレディ。 それでも多数のプロジェクトで圧倒的な成果。 変化の激しい時代の中で多くの人を巻き込む、本当のリーダーになりたい人が読むべき本。 -曽山哲人さん(株式会社サイバーエージェント取締役)• 売れ行き1000万部という出版史に残る快挙の理由は何なのか。 ミシェルの決してタフなだけでない素顔が共感を呼んでいるのではないだろうか。 -(2019年5月25日)文=石井節子さん(フォーブス ジャパン編集部 エディター) ミシェル・オバマの自伝『マイ・ストーリー』の発売を記念し、発売日の夜にイベントを開催いたします。 本の中にちりばめられたミシェルさんのパワーフレーズをもとに、トークセッションが繰り広げられるスペシャルナイト。 トークセッション終了後は懇親会を開催し、参加者と登壇者が自由にお話しできる時間を設けます。 定員に達し次第、受付を終了とさせていただきます。 仏語翻訳家。 早稲田大学政治経済学部政治学科卒。 長年、実務翻訳を手がけ、 2000年に『罠』 万来舎 で書籍翻訳家としてデビュー。 訳書に『ぬりつぶされた真実』 幻冬舎 、『中国の血』 文藝春秋 、 『星々の蝶』 NHK出版 、『タラ・ダンカン』シリーズ メディアファクトリー など50点以上。 2003年に多言語書籍翻訳会社リベルを設立。 長尾莉紗さん 英語翻訳家。 早稲田大学政治経済学部経済学科卒。 バラク・オバマは 初日から遅刻した。 二人の出会いはシカゴの法律事務所。 バラクは初顔合わせに遅刻した。 ランチでタバコに火をつけたバラクに幻滅するが、二人はやがて 離れがたい関係となる。 大丈夫、とバラクは言った。 君ならできるよ。 一緒に乗り越えよう、と。 転職を決めたミシェルだが、不安は大きかった。 30を前に転職して、子供を持つことはできるだろうか…。 そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは、婚約者のバラク・オバマだった。 その後もずっと、彼はミシェルを支え、励まし続ける。 つまり、どうにかして慣れるのだ。 一生その関係を続けるなら、結局他に選択肢はない。 新年早々、バラクは遅れに遅れた著書のために単身バリ島に こもることを決めてくる。 そんなバラクにミシェルは 「私は型破りな考え方の人と結婚したのだ」と自分に言い聞かせる。 母のような人にもなりたかったが、まったく違う人にもなりたかった。 家族を支えた母のように家庭を築きたい。 一方で、挑戦的で自立したキャリアを持つ女性になりたいと願うミシェルは、 「すべてを手に入れることはできるのだろうか?」と自問自答する。

次の