トランサミン。 トランサミン錠250mgの効果・用法・副作用

【薬剤師が解説】トラネキサム酸の効果・飲み方・副作用【美白効果・トランサミン】

トランサミン

血液を固めないように働くプラスミンの働きをおさえ、出血をおさえる働きを助けます。 血液を固めないように働くプラスミンの働きをおさえることで、 アレルギーや 炎症もおさえる働きがあります。 における口内痛および口内粘膜アフタを治療するお薬です。 出血をおさえる働きを助けるお薬です。 また、や、などを治療するお薬です。 炎症をおさえたり、、などのアレルギー症状をおさえる働きがあります。 手術中・術後の異常出血• 前立腺手術中・術後の異常出血• 咽の咽頭痛• 咽の充血• 咽の 腫脹• 咽の 発赤• の口内痛• の口内粘膜アフタ• 再生不 良性の出血傾向• 紫斑病の出血傾向• の 紅斑• の腫脹• のそう痒• 中毒疹の紅斑• 中毒疹の腫脹• 中毒疹のそう痒• の出血傾向• 及びその類症の紅斑• 及びその類症の腫脹• 及びその類症のそう痒• の咽頭痛• の充血• の腫脹• の発赤• の紅斑• の腫脹• のそう痒• 局所線溶亢進の異常出血• 局所線溶亢進の• 局所線溶亢進の性器出血• 局所線溶亢進の肺出血• 局所線溶亢進の• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 トラネキサム酸として1日250~500mgを1~2回に分けて静脈内又は筋肉内注射する• 術中・術後等には必要に応じ1回500~1000mgを静脈内注射するか、又は500~2500mgを点滴静注する• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• トロンビン投与中• 血栓症• 血栓性静脈炎• 消費性凝固障害• 心筋梗塞• 腎不全• 脳血栓• 圧迫止血の処置を受けている• 術後の臥床状態 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。

次の

トランサミンの副作用|下痢や吐き気、眠気が出ることも?

トランサミン

効能・効果• 手術中・術後の異常出血• 前立腺手術中・術後の異常出血• 咽喉頭炎の咽頭痛• 咽喉頭炎の充血• 咽喉頭炎の腫脹• 咽喉頭炎の発赤• 口内炎の口内痛• 口内炎の口内粘膜アフタ• 再生不良性貧血の出血傾向• 紫斑病の出血傾向• 蕁麻疹の紅斑• 蕁麻疹の腫脹• 蕁麻疹のそう痒• 中毒疹の紅斑• 中毒疹の腫脹• 中毒疹のそう痒• 白血病の出血傾向• 湿疹及びその類症の紅斑• 湿疹及びその類症の腫脹• 湿疹及びその類症のそう痒• 扁桃炎の咽頭痛• 扁桃炎の充血• 扁桃炎の腫脹• 扁桃炎の発赤• 薬疹の紅斑• 薬疹の腫脹• 薬疹のそう痒• 局所線溶亢進の異常出血• 局所線溶亢進の腎出血• 局所線溶亢進の性器出血• 局所線溶亢進の肺出血• 局所線溶亢進の鼻出血• 全身性線溶亢進の出血傾向 副作用 (添付文書全文) 総症例数2,954例中報告された主な副作用は食欲不振0. 1.重大な副作用(頻度不明) 痙攣:人工透析患者において痙攣が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).過敏症:(0. 2).消化器:(0. 3).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) トロンビン投与中の患者。 (慎重投与) 1.血栓のある患者(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)及び血栓症が現れる恐れのある患者[血栓を安定化する恐れがある]。 2.消費性凝固障害のある患者(ヘパリン等と併用する)[血栓を安定化する恐れがある]。 3.術後の臥床状態にある患者及び圧迫止血の処置を受けている患者[静脈血栓を生じやすい状態であり、本剤投与により血栓を安定化する恐れがある(離床、圧迫解除に伴い肺塞栓症を発症した例が報告されている)]。 4.腎不全のある患者[血中濃度が上昇することがある]。 5.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (相互作用) 1.併用禁忌:トロンビン[血栓形成傾向が現れる恐れがある(血栓形成を促進する作用があり、併用により血栓形成傾向が増大する)]。 2.併用注意: 1).ヘモコアグラーゼ[大量併用により血栓形成傾向が現れる恐れがある(ヘモコアグラーゼによって形成されたフィブリン塊は、本剤の抗プラスミン作用によって比較的長く残存し閉塞状態を持続させる恐れがあると考えられている)]。 2).バトロキソビン[血栓・塞栓症を起こす恐れがある(バトロキソビンによって生成するdesAフィブリンポリマーの分解を阻害する)]。 3).凝固因子製剤<トロンビンは併用禁忌>(エプタコグアルファ等)[口腔等・線溶系活性が強い部位では凝固系がより亢進する恐れがある(凝固因子製剤は凝固系を活性化させることにより止血作用を発現し、一方、本剤は線溶系を阻害することにより止血作用を発現する)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) イヌに長期・大量投与したところ網膜変性が現れたとの報告がある。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

トランサミン250mgの4つの効果効能!【この副作用に要注意】

トランサミン

[目次]• トラネキサム酸(トランサミン)とは トラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持ち、もともとは湿疹・じんましんの治療や出血を止める目的などで長く医療の現場で用いられています。 シミ・そばかすなどの治療薬や化粧水として 1979年に肝斑の改善効果が報告されたことで、肝斑の治療としても使用されるようになりました。 現在は、成分含有量に差はありますが、肝斑改善を目的にした薬をはじめ、シミ、そばかす治療のための内服薬、美白効果を謳った化粧水なども登場しています。 トラネキサム酸の美白効果とは 紫外線を浴びると、シミの素であるメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」の周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる情報が伝達されます。 トラネキサム酸は、その情報の中に含まれるシミ発生物質「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぎます。 抗プラスミン作用で肝斑に有効 肝斑が発症する一因として、メラノサイトの活性化が挙げられます。 その原因のひとつであり、肝斑の発症に影響があると考えられるのが、タンパク質分解酵素「プラスミン」です。 トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ち、メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化をブロックし、肝斑の発症を抑えると考えられています。 つまり、シミができる初期の段階からシミが作られるのを防ぐのです。 ただし、肝斑の発症には女性ホルモンが少なからず影響していると考えられていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンの乱れを修正する作用があるわけではありません。 トラネキサム酸の副作用とは シミ、肝斑に有効なトラネキサム酸。 使用してはいけない人、副作用やデメリットはあるのでしょうか。 副作用はないが止血作用に注意 比較的副作用の少ない成分ですが、食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気、発疹などがあります。 その場合はすみやかにドクターに相談しましょう。 妊娠・授乳中の方も同様に、ドクターと薬剤師にその旨を伝えてください。 トラネキサム酸と肝斑の関わりについては、の記事をご覧ください。

次の