便器 に こびりつく 便 原因。 便が便器につく改善|臭いおならも大量に出る、悪い病気!?

便が便器につく。。ベタベタ便の原因は?

便器 に こびりつく 便 原因

0 血が混じった便が出たら誰しも驚くはずです。 がんかもしれない? 病院に行った方が良い? と不安になるでしょう。 一回だけ血便が出て放置している、という方も多いかもしれません。 消化器系の外来には毎回初診で 「お尻から血が出る」「血便が続く」という症状で患者さんが多く来られます。 一方で、血便はよくある症状であるだけに間違った知識を持っている人は多くいます。 例えば、 ストレスで血便が起こると思っている方がいますが、 ストレスだけが原因で血便は起こりません。 出血の原因となる病気がない限り、いくら精神的ストレスがあっても便に血は混じりません。 例えば、痔が原因だと思い込んで放置していたら、悪性の病気が隠れていた、ということもあります。 しかし、血便が出た時に、痔(痔核)のせいなのか、痔以外が原因なのかを自宅で正確に見分ける便利な方法はありません。 医師が肛門鏡などを使用して診察しない限り、 痔でないという確証は得られません。 インターネット上には、これらを見分ける方法があるかのように記載し、読者をミスリードする記事もあります。 (もちろん明らかに痔から出血していると自分でわかるケースもありますので、その対処法も解説します) 今回この記事を読んでいただき、正しい知識を整理していただきたいと思います。 では、血便がある場合に確認すべきポイントを順に解説していきます。 便はどんな色か? 便の色をまずしっかり観察して、 本当に血便かどうかを確認しましょう。 血便とは、便に 鮮血( 真っ赤な血)が混じることです。 大腸〜肛門のどこからから出血していることを意味します。 一方、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のように、胃や十二指腸から出血している場合は、便が海苔のつくだ煮のように 真っ黒になります。 腸管内の硫化水素による血液の変化が原因です。 この 黒い便を「血便」と呼ぶのは誤りで、です。 血便と下血は、出血している場所が全く違いますし、疑う病気、行う検査も全て違います。 まず落ち着いて、便を観察しましょう。 女性の場合は、血便だと思っていたら前側から(膣から)の出血であったというケースもあります。 どこから出血しているか、慎重に観察してみましょう。 なお、 便の色や 性状だけで、大腸がんかそれ以外かを見分けることはできません。 「がんが原因なら粘液が付着している、赤黒い色だ」というような情報を見かけますが、 誤解を招く不適切な記載です。 大腸がんでも赤いサラサラの血液が付着することは当然あります。 肛門に近い直腸癌であれば、新鮮血がポタポタと落ちることもあります。 便の見た目だけでがんか否かを見分けることは、専門家である私たちでも不可能です。 出血量はどのくらいか? 血便の量が多いと貧血が進み、 輸血が必要になることがあります。 痔が原因の場合でも、毎日のようにじわじわと出血していると、重度の貧血を起こします。 一度に大量の出血があればすぐに症状が出ることもありますが、毎日少しずつ血が減って貧血になると、 自覚症状はほとんど現れません。 重度の貧血があると緊急入院が必要で、その場合は 痔が原因でも緊急手術が必要となります。 1回の量が両手一杯分なのか、便器全体が真っ赤になるくらいなのか、あるいは便の表面にうっすら付着するだけなのか、きっちり見てみましょう。 そしてそれが 何日間続いているのかを思い出しましょう。 いつからどのくらいの頻度で血便があるのかは、血液がどれくらい減っているのかを知る指標になります。 腹痛はあるか? 腹痛がある場合 腹痛があって血便が出ている場合は、 大腸の炎症を考えます。 代表的な病気は、 感染性腸炎です。 食中毒など、細菌(黄色ブドウ球菌、サルモネラ、カンピロバクターなど)やウイルス(ノロウイルスなど)が原因になります。 感染性腸炎の場合は、 下痢や 吐き気、 嘔吐を伴うのが一般的で、 血便より下痢の方が目立ちます。 症状が血便のみ、という場合は、感染性腸炎の可能性は低くなります。 また、大腸の血流障害が炎症の原因になる 虚血性腸炎という病気も、血便を伴います。 腸に向かう血管が細くなることが原因です。 高齢者の方、 高血圧、 糖尿病、 脂質異常症(コレステロールや中性脂肪の値が異常)などで動脈硬化がある方、 透析をしている方などにリスクがあります。 こちらも頻度の高い疾患で、 腹痛と血便が起こります。 そのほか、抗生剤(抗菌薬・抗生物質)などの薬剤が原因となる腸炎も出血の原因となります。 「長い間抗生剤を飲んでいる」「最近新しい薬を始めた」などがないか確認しましょう。 腹痛がある場合は、も確認してみてください。 また、頻度は低いものの、若い方の場合は 炎症性腸疾患( クローン病や 潰瘍性大腸炎)が原因になることもあります。 これは腸の病気というより全身性の病気ですので、発熱や食欲低下、体重減少、倦怠感(体がだるい)なども起こります。 全身的な検査が必要になります。 腹痛がない場合 腹痛はないが血便がある、という場合は、痔のように 肛門からの出血の可能性が最も高くなります。 内痔核は、肛門の内側にできる、イボのように腫れた静脈瘤のことです。 肛門から脱出して目立つ(脱肛)こともありますが、小さい場合は自分でもわかりません。 通常 肛門の痛みはなく、 出血が目立つことが多いでしょう。 一方、 外痔核は肛門の外側にできますが、こちらは 肛門の痛みが目立ちます。 いずれも 「いぼ痔」と呼ばれています。 一方、「裂肛」といって肛門が切れて出血することもあります。 通称 「切れ痔」です。 これらはいずれも、血便の原因になります。 大腸がんの症状についてはこちらにまとめています。 大腸の精密検査をしたことがあるか? 大腸内視鏡検査( 大腸カメラ)を 1年以内に受けたことがあり、そこで 「異常なし」と言われている方の場合は、あわてて精密検査をもう一度受ける必要はありません。 通常、大腸ポリープなどの病変がない方で、がんの特別なリスクもない方は、大腸カメラは 3年に1回で良いとされています(注)。 もちろん、この間に新たにポリープやがんができる可能性はゼロではありませんが、可能性は非常に低いといって良いでしょう。 ただし上述したように、大腸カメラを最近受けたことがあっても、 血便の量が多く、それが持続する場合は必ず受診が必要です。 大腸ポリープについてはこちらでも解説しています。 広告 何科にかかるべきか? 血便があってかかるべき科は、 消化器内科か 消化器外科です。 ただし、原因が痔だと明らかな場合は別です。 痔を以前から診断されていて、手で触れることができる、そこから明らかに出血している、と自分ではっきりわかることもあるでしょう。 その場合は、 「肛門科」を受診してください。 「消化器内科」や「消化器外科」「外科」という標榜だけであれば、 肛門疾患の治療を行っていないことがあります。 一般の方にはあまり知られていませんが、痔核や裂肛、痔ろうなどの肛門疾患はかなり専門的な領域です。 外科手術を盛んに行っている病院でも、肛門手術は行っていない、専門家がいないという病院は多くあります。 もちろんそういう病院を受診されても、肛門科がある病院に紹介してもらえますが、二度手間になるためおすすめはできません。 肛門科と標榜されている、あるいは肛門外来がある病院への受診をおすすめします。 痔についてはこちら! 病院で行う検査 腹痛があって腸炎が原因と思われる場合は、全身を診察したのち、必要であれば 血液検査、 レントゲンなど一般的な検査を行います。 血便のみの症状であればまず 肛門を診察します。 次に、 直腸診(指を挿入)を行い、血液が付着するかどうかを見ます。 直腸癌の一部は肛門から指が届きますので、直腸診である程度診断ができます。 また 肛門鏡を用いてさらに詳しく診察します。 肛門鏡とは細く短い棒のような道具で、肛門に挿入してその場で観察できます。 これらで血便の原因がわからなければ、次に 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行います。 大腸カメラは準備が必要ですので、受診した当日に受けることはできません。 後日予約をとることになります。

次の

健康な「便」をするために! 腸を若返らせるための3つのポイント

便器 に こびりつく 便 原因

そして、便に脂肪分が増える原因としては、 「食物繊維不足」や「肝臓・胆のうの働きが弱っている」ことなどがあげられます。 食物繊維不足 肉類や脂肪の多い食事ばかりしていたり、野菜をほとんど食べないような食物繊維不足の食生活は、便に含まれる脂肪の量が増えるためねっとりとしたベタついた便になりやすくなります。 ベタベタ便が気になる方は、まずは食生活を見直してみることが大切です。 例えば、野菜をほとんどとらず、肉料理や揚げ物、ナッツ類をたくさん食べる、チョコレートや生クリーム、ホイップクリームたっぷりのスィーツなどの脂肪分が多い食べ物ばかりを好んでついついたくさん食べてしまうといった食生活は、便に含まれる脂肪の量を増やしてしまうことになりベタついた便になる原因となってしまいます。 脂肪分が多い食べ物ばかりを食べているようなら、まずは脂肪分が多い食べ物を食べる量を減らして、その分、食物繊維の多く含まれている野菜やキノコ類、海藻類などを摂るようにしてみてくださいね。 野菜やキノコ類、海藻類には豊富な食物繊維が含まれていますからね。 とくにキノコ類や海藻類には水に溶ける性質のある水溶性食物繊維が多く含まれていて、水溶性食物繊維には腸内で善玉菌のエサになって増やす働きがあったり、便を軟らかくする働きがあります。 しかも、水溶性食物繊維が不足すると、乳酸菌を食べ物やサプリメントで積極的に補給したとしても腸内環境が改善されにくいということが明らかになっています。 便秘気味だったり、乳酸菌を積極的に摂っているのにも関わらずいっこうにお腹の調子が良くならない方は、水溶性食物繊維を積極的に摂ってみるといいかもしれません。 ただ、水溶性食物繊維を摂りすぎると、便が軟らかくなりすぎて軟便や下痢になってしまうこともありますから、まずはいつもよりも少し多めに摂るところから始めてみてください。 そして、少しずつ水溶性食物繊維を摂る量を増やして、自分にとっての最適な量を見つけてみてくださいね。 水溶性食物繊維はキノコ類や海藻類、お米などの穀物に多く含まれていますが、もっと手軽に摂りたいなら青汁を活用してみるのもおすすめです。 というのも、青汁には水に溶ける性質の水溶性食物繊維と水に溶けない性質の不溶性食物繊維の両方が含まれているからです。 食物繊維を手軽に補給できるだけではなく、青汁にはビタミンやミネラルも含まれていますから栄養補給もできて一石二鳥なのです。 青汁を飲んでいない方は試してみてくださいね。 最近では青汁に乳酸菌が入った物もあります。 お腹の調子が気になる方はこういった青汁を選んでみるといいかもしれませんね。 食物繊維の摂取量は1日あたり、18歳以上の男性で19g以上、女性で17g以上とされています。 統計によるとほとんどの方が食物繊維不足の状態であるといわれていますから、野菜や海草類など食物繊維が含まれているものをほとんど食事でとらない方は積極的に食べるようにしてみましょう。 食物繊維を積極的に摂らなければと思うとなかなか大変に感じるかもしてませんが、例えばごはんを雑穀米に変えてみたり、味噌汁の具にワカメやキノコ類を入れてみたりと、いつも食べているものに少し食物繊維が多く摂れるものを加えていくと意外とたくさん食物繊維が摂れます。 肝臓や胆のうの働きが弱っている 肝臓や胆のうの働きが弱っていても便に含まれる脂肪の量が多くなるためベタついて便になりやすくなります。 どうして肝臓や胆のうの働きが弱るとベタついた便になりやすいのかというと、肝臓では古いコレステロールや赤血球から脂肪の分解や腸での吸収に欠かせない胆汁を作り出す働きがあり、胆のうには肝臓で作られた胆汁を溜め、食後に十二指腸へと送り出す働きがあります。 そのため、肝臓や胆のうの働きが弱ると脂肪の分解や腸での吸収が十分にできずに脂肪分の多いベタついた便になりやすくなってしまうのです。 肝臓や胆のうが正常に働けるようにするには、「暴飲暴食や過度な飲酒、喫煙、添加物の多い食べ物など体に負担をかけるような食生活をやめ」、さらに、「ストレスや睡眠不足など体に負担がかかるようなことを避けていくこと」が大切になります。 暴飲暴食や過度な飲酒、喫煙、添加物の多い食べ物を摂ることは、大量に入ってきた食べ物を消化したり、体にとって有害な物質を解毒して無害化するために体内酵素が大量に使われてしまうことになります。 そして、体内酵素は肝臓で食事から摂った栄養をエネルギーに変える際にも必要になり、ベタベタ便の原因となる脂肪を分解して腸で吸収する際にも必要になりますから、体内酵素が不足気味になると便がベタベタ便になりやすくなってしまうのです。 さらに、体内酵素には肝臓や胆のうに限らずあらゆる臓器が正常に働くためには欠かせないものになりますから、体内酵素が不足することで肝臓や胆のうの働きが悪くなるといったことにもなります。 体内酵素が不足すると、肝臓や胆のうの自体の働きが悪くなりますし、さらに、肝臓や胆のうで脂肪を分解する際に必要な体内酵素という材料が不足で十分に分解できないといった事態になってしまうというわけなのです。 もし、あなたが「疲れやすい」とか「朝しんどくて起きられない」といった不調が気になるようなら、体内酵素が不足気味になっている可能性があります。 というのも体内酵素は暴飲暴食や過度な飲酒、喫煙、添加物の多い食べ物を摂ることだけではなく、ストレスなどによっても減っていきます。 もし、これらに心当たりがあり、さらに、「疲れやすい」とか「朝がつらい」といったことが気になるようなら体内酵素を増やせる対策も取り入れたほうがいいかもしれません。 体内酵素を増やすには、酵素が含まれている生の野菜や果物を積極的に摂ったり、納豆やキムチ、ヨーグルトといった発酵食品を摂るように心がけてみてください。 こういった酵素を含む食品を摂ることで間接的に体内酵素を増やすことができます。 また、疲れやすいとか朝がつらいといった症状が気になっていて、なるべく早く元気になりたいなら、酵素ドリンクを利用してみるのも手です。 というのも、酵素ドリンクには豊富なビタミンやミネラル、酵素が含まれていて、さらに、こららの成分が発酵することで体内に摂り込まれやすい形になっているため体への吸収が良く、効率よく体を癒せるからです。 暴飲暴食、過度な飲酒、喫煙、添加物の多い食べ物を摂るといったことを控えることにあわせて、酵素ドリンクを活用してみてくださいね。 また、ストレスや睡眠不足も内臓全体の働きを悪くしてしまいます。 ストレスが多い方やいつも睡眠不足で疲れ気味の方は自分なりのストレス解消法や体を休める方法を見つけてみましょう。 ストレス解消が見つからない場合には、とりあえずウォーキングやストレッチなどの軽い運動をしてみるのがおすすめです。 ヨガやピラティスに興味がある方は教室で体験レッスンを受けてみるのもおすすめです。 体を動かすと不思議と気分が晴れてストレス解消に役立ちますし、適度に疲れると夜もぐっすりと熟睡しやすくなります。 最近では手ごろな価格で体験レッスンが受けられるヨガやピラティスの教室もありますから、気になる方は参加してみるといいかもしれませんね。 ベタベタ便の臭いも気になる。。 そんなときは ベタベタ便だけではなく、「そのニオイも強烈・・」という場合には、 腸内環境が悪化していることが考えられます。 油っこい食事や肉が多い食事は腸内で悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させる原因ともなります。 便が臭かったり、おならニオイが臭かったりするのは、すべて腸内で悪玉菌が発生させている腐敗ガスのせいです。 腸内環境が良く、悪玉菌が少ない状態なら、便やおならのニオイはあまり気にならないニオイになります。 腸内環境を整えていくには、食物繊維を積極的に摂るとともに、乳酸菌やビフィズス菌も積極的摂るように心がけていくことが大切になります。 そして、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、なるべく多くの「数」、そしてなるべく多くの「菌種」を摂ることが改善の近道になります。 ヨーグルトだけというよりも、ヨーグルトもキムチ、ぬか漬け、みそ汁、チーズといった具合に1日になるべく多くの種類の善玉菌が含まれている食べ物を摂るようにしてみてくださいね。 そんなにいろいろと食べられないという場合には、乳酸菌サプリメントを活用してみるのもおすすめです。 乳酸菌サプリメントには多くの菌種と菌数が含まれているものが多いですから、手軽にお腹の調子を整えられる程度の善玉菌を補給できるメリットがあります。 乳酸菌サプリメントを購入するならドラッグストアで購入するよりも通販で購入する方が種類も多く、手ごろな価格で購入できたりとオトクなこともありますから、通販での購入も検討してみるといいかもしれません。 通販で購入できるおすすめの乳酸菌サプリメントをご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 こちらも参考にしてみてくださいね。 便器に便がつく状態をなるべく早く改善したいなら、トイレをする前にこのひと手間を加えれば随分と回避できます。 何をすればいいのかというと、「トイレをする前にトイレットペーパーを便が落下する辺りにあらかじめひいておきます。 」 ちょっとしたひと手間ですが、トイレットペーパーが汚れを防いでくれるため便がつくリスクが軽減します。 試してみてくださいね。 腸内環境の改善におすすめのアイテム 腸内環境の改善におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。

次の

トイレの床と便器の隙間にたまる汚れの原因と掃除方法を解説

便器 に こびりつく 便 原因

大便を便器に飛び散らす夫。 耐えられない。 私の実家には老人含め男4人いましたが、こんなにトイレを汚す人は初めてです。 結婚して5年経ちますが、夫のトイレの使い方が汚すぎて、本当にそ れが原因で愛せなくなり、夫自体が汚物のように感じ、潔癖症も悪化しました。 ウンコのついたティッシュが床に落ちていたり 拭くときは立ってしなさいと教えられたそうです 、便器の中に放射状に飛び散った便は当たり前。 時には もう30回はあります 、便座にまでベットリとついていることも。 万年下痢気味で、悪臭も凄くて消臭スプレーを使っても30分は次入れません。 家にいる日は1日に多いときに大便を5回も。 いい加減な夫は拭くことも適当な用で、すべてのパンツに筋ウンコついてます。 洗っても取れません。 ひどいのはその上から履いているステテコにまで黄色いのがシミになってます。 体おかしいんじゃないかと検査をすすめても行きませんし、なにより汚れてたことを言ったら、謝るどころか逆ギれなのが許せなくて。 本人の明らかな注意不足なのに、わざとやった訳じゃないだろ!気付きようがない!と。 一度、私の実家でトイレを借りた際にも汚していたようで後から言われました。 その時は小便でしたが、立ってするタイプの男子用で、外していたようで床が水溜まりになってたようです。 まだ30代なのに、、 毎回ウンコつけてるくせに生活全般、偉そうにする夫。 情けなくて。 皆さんの旦那さんこんなに汚しますか? 今度引っ越したら、何がなんでもトイレが2つ欲しいです。 補足姑は大の掃除嫌い、片付けられない人でトイレもコバエわいてたの見たことあります。 汚くても平気で育つともう直らない気もします。 夫は私が潔癖で異常、自分は正常だと思い込んでます。 なんで結婚したんだ、とかは言わないで下さい泣 ここまで酷いとは想定外でした。 家族人数7人。 私以外全員男所帯です。 義父が片付けられない&トイレ汚れてても気にならない人です。 ちなみに本人的には「掃除している。 トイレも綺麗にしている」らしいですが。 まず、トイレにウォシュレットは付いています? ご主人には大便をしたらからずウォシュレットでお尻洗ってもらえませんかね? あと・・・おそらくアルコールや油もの好んで飲食されます? まず、便器に飛び散る・・・ゆるいということですね。 それに伴い腸でガスも発生し排便のさいガスとともにゆるい軟便が排泄されるので飛び散る。 または軟便(下痢)なのに排泄の際いきむので飛び散るのでしょう。 簡単な方法:家族全員に試してもらいましょう。 ただし・・・水道代上がりますけど。 方法:排泄しながら、大の水を流す。 つまり水を流しながら排泄する。 こうすると便器に付着する前に流れていきます。 しかし一度水を流せば次水が溜まるまで時間を要するので連続で流せません。 なので水が溜まったらまたすぐ水を流す!! つぎに食生活の見直しですね。 ひょっとして油っこし食生活(肉や脂ののった魚も)を良く食べませんか? そしてアルコール飲みませんか? 油っこいものが好きだと便もゆるくなり油っこく便器に付着しやすくなります。 これは年を取ればとるほど顕著です。 薬局で漢方薬の「胆汁エキス製剤」を購入して数か月試すのもいいでしょう。 あとはご主人病気の可能性もあります。 受診をお早めに!! 「常に下痢状態で便器にこびりつき拡散される便」ということで 胃・大腸などに原因があるかもしれませんね。 「腸閉塞」「大腸がん」「胃がん」「胃瘻」などが考えられます。 消化器内科など早めの受診をお勧めします。 ご主人には「他人の下の世話。 誰が好き好んで話していると思ってるの!!!」とどすを聞かせて言いましょう。 体調管理も妻の仕事。 なので病院へ強引にいざないましょう お年寄りでなくても女子大生でもいましたよ。 ある居酒屋のトイレへ行った時、前に入った女子大生の汚物が和式便器の後ろにべたっとくっつけていました。 掃除は?といったら汚いからいやだといいます。 そのままでは私もいやだけど漏れそうだったので、できるだけ前にしゃがんで用を足して出てきました。 そうしたら次に入ったのは、その女子大生の友達のようで、ウンコがついてる~というんです。 私はそれはこの娘のだからというと、その娘は、うん私のと認めましたので、友達はどうしよう~といっていましたが、私には関係ないのでさっさと出てきました。 すると少したつとその女子大生と男子学生らしい人物がやってきて、あんなところによくできるな、と言ってきたんですね。 うん、私もそう思うよ、汚いだろ、そうだね汚いね、きちんと片付けようよ、それは私がしなきゃいけないの?、当たり前だろ?、なぜ?、自分でだしたんだから自分で片付けろよ!っていうんですね。 だからその女子大生に聞きました。 あれは私がしたんだっけ?、女子大生は答えました、ううん、そうよねあなたがしたのよね、うん、と答えたのを聞いて男子学生は呆気にとられたようにその子を見ていました。 だって汚いから片付けたくないんだもん、やってくださいよ、お姉さん。 というので、さてどうしましょうか、さっき「自分でだしたんだから自分で片付けろよ!」と言ってたと思うんだけど、というと、男子学生は怒って、なんでこんな事のために呼んだんだよ!と女子大生に怒鳴り去って行きました。 こんな娘もいます。 新入生のサークルのコンパといっていたので18歳ぐらいですかね末恐ろしいです。

次の