読書感想文 書き方。 読書感想文の書き方!中学生の例や構成・書き出し方は?推薦本やコツも

中学生 読書感想文の書き方例!構成やコツを紹介。高校生でもOK

読書感想文 書き方

中学生、高校生の夏休みの宿題で大変な宿題の1つは「読書感想文」ですよね。 数学や英語のプリント等は答えが決まっているので、どうにかこうにか終わらせる事ができますが、 読書感想文は「本の感想」というオリジナルな文章を考えなければなりません。 苦手な人には「頭をかきむしりたくなるくらい苦痛」な作業です。 何を隠そう私も、中学・高校時代は読書感想文を書くのにとても苦労していた一人です。 が、今は「物書き」みたいな仕事をしているせいか、簡単な読書感想文ならサラサラと書けるようになりました。 「原稿用紙5枚分も文章なんて書けない!」 と思うかもですが、大丈夫!中学生や高校生の読書感想文はコツをつかめば、原稿用紙5~6枚分の感想くらい簡単に書くことができますよ。 というワケで今回は「 中学生・高校生の読書感想文の書き方」を例付きで紹介します。 読書感想文の書き方に悩んでいる中高校生の男子・女子はぜひ参考にしてくださいね。 中学生の読書感想文の書き方 早く終わらせる方法はコレ! それでは早速読書感想文の書き方を紹介していきますね。 が、もし決めていないなら早めに決めてしまいましょう。 読書感想文で読む本の選び方ですが、基本的に中学生の場合 「主人公に共感できる本」を選ぶのがおすすめですよ。 そちらの方が断然、感想文を書きやすいからです。 「共感できる本自体が分からない」という人は、具体的なおすすめ本をそれぞれ「読書感想文を書く時のポイント」付きでまとめていますので良かったら読んでみてくださいね。 それは、本を読む時に「読書感想文に活かせそうな箇所」を見つけたら 付箋を貼っておく事です。 こうしておくと後から「あれ?さっき読んだあの部分、どんな内容だったっけ?」と悩んだ時にサッと見直せるのでかなり時間を短縮する事ができます。 特に「主人公のセリフや言葉であなたが強く心を動かされた1文」は読書感想文の書き出しとしても使えますので、付箋を貼り付けておくように強くおすすめします。 この時点ではただのメモなので、 文章の上手いヘタなんて気にしなくて大丈夫です。 思いついた事をズラーッと書いていってください。 「何を書いていいのかわからない」という人は読んだときに貼り付けていた付箋部分を読み直してみると良いですね。 この印が本文の最後「起承転結」で言うならば、「転の最後」もしくは「結のまとめ部分」に持ってくる場所です。 読書感想文はこの 「1番言いたい事」に向かって他のメモを順番通りに並べていく作業です。 パズル感覚で楽しみながら並べていきましょう。 とは言っても、これだけではピンとこない人も多いと思いますので、以下で更に詳しく説明しますね。 スポンサーリンク 中学生の読書感想文 構成はどうする? 中学生の読書感想文 構成はどうしたらいいの? 中学生の読書感想文を書くとき「構成」をどうするか気になりますよね。 基本的には ・題名 ・起(書き出し) ・承(本文1、中1) ・転(本文2、中2)*なくてもOK ・結(まとめ、終わり、結び) こんな感じの構成でOKです。 1つ1つ具体的に言っていくと以下のようになりますよ。 中学生の読書感想文 題名の書き方例 題名は「読書感想文の顔」とも言える重要な部分です。 にも関わらず、読書感想文を書く人のほとんどが「〇〇を読んで」という味気ないタイトルを付けてしまいます。 これではちょっと寂しすぎます。 どうせなら他人とは違ったインパクトのある題名を付けて、同級生から一歩飛びぬけてやりましょう。 ・「舟を編む」と私 ・「くちびるに歌を」が私に教えてくれた事 ・「下町ロケット」を読んで私は変わった これだけでもぐっと印象が変わりますよね。 が、この題名はほんの一例です。 こちらに更にたくさんの題名アイディアをまとめていますので、題名が決まらないという人は参考にしてくださいね。 というのも、書き始めに読み手が興味を持つような魅力的な文を書ければ、あとの文章が少しぐらいおかしくても 最後まで好印象を持たれることが多いからです。 読書感想文で最も大切なところは「書き出し」と言っても過言ではありません。 ですので、読み手が興味を持つような書き出し方をしてください。 具体的には以下のような事を書くと良いですね。 ・なぜこの本を選んだのか理由を書く ・本を読んだ感想を一言でまとめて書く ・会話から始めてみる(本を読んだ時に主人公のセリフで感動したところに付箋を貼っておけば、それで決まりです) 「これだけじゃよく分からないから、もっと具体的な書き出し例を知りたい!」という人はこちらを参考にどうぞです。 例えば「この本で主人公は~~~して、次に~~~して、私にはそんな事できないのでスゴイと思いました」こんな読書感想文は失敗例です。 ただし、「読書感想文のできはどうでもいい。 評価を気にしない人はそれでも良いでしょう。 が、「できるだけ良い読書感想文を書きたい!」という人なら「あらすじ」や「ただの感想」ではなく、「本を読んで、 自分の過去を振り返りどう思ったか」を書きましょう。 こんな風に書くと難しそうですが、コツを掴めば簡単です。 例えば「部活」がテーマの本であなたが野球部に入っているとしたら、 ・野球の練習がキツクてくじけそうになった時 ・ライバルに負けた時 ・初めてホームランを打った時 ・守備がうまくいった時 ・チームで目標を達成した時 ・部員間でケンカした時、協力した時 こんな時、「過去の自分はどう感じてどう行動したのか」を書きます。 読んだ本の内容を書くのではなく、「あなた自身の生活」について振り替えれば良いだけなので、簡単に書けそうですよね。 中学生の読書感想文 まとめの書き方 本文まで書いてしまえば、後は最後に「まとめ」を書くだけです。 本文と一緒で何も難しい事を書く必要はありません。 ポイントは過去の自分が「 本を読んだことでどのように変わったのか」を書けばOKですよ。 ・以前はできなかった事が、本を読んでできるようになった ・本を読むことでこんな考え方ができるようになった ・本に出会って、こんな目標ができた ・本で学んだ事を活かしてこんな事をしていきたい こんな感じで書けば良いですね。 ね?以外に簡単に書けそうでしょ。 中学生の読書感想文 コツや注意点は? ある程度の構成が決まったら、次は実際に原稿用紙に書いていきましょう。 1発で書ける自信がない人は先にノートに書いてみると良いですね。 書くときは最初に書いていたメモを中心に書きますが、全部メモ通りに書く必要はありません。 長すぎる時はいらない場所を削れば良いし、逆に短いようならエピソードを膨らませる等して文字数をかせぎましょう。 読書感想文を早く終わらせる方法は、「とにかく手を動かしてなんでも良いので書いてみる」事です。 手を動かさないことには読書感想文は終わりません。 心配しなくても、書いているうちに不思議と文章がまとまっていきますよ。 読書感想文を書いてしまったら、最後に何度か読み直し「間違いがないか」「読んでいて矛盾点がないか」等を確認すれば、読書感想文のできあがりですよ。 読書感想文を原稿用紙に書くときの注意点は? ちなみに原稿用紙の書くときはこのようなことに注意してくださいね。 ・題名は3文字下げて書く ・名前は苗字と下の名前の間を1マスあける。 名前の下も1マスあける。 ・文章の始めは1マスあける。 ・会話は「」を使って書く ・句読点(。 、)や小さい文字(ゃ、ゅ、ょ、っ)が1番上のマスになる時は、前の行の最後に文字と一緒に書くか、マスの下に書く。 一緒に読まれている人気記事 『』 『』 中学生・高校生の読書感想文の書き方まとめ いかがだったでしょうか?中学生、高校生の読書感想文で高評価されたいなら、あらすじやただの感想を書くのではなく、本の内容を自分の生活と関連付けて書くのが1番ですよ。

次の

小学生の読書感想文がみるみる上手くなる!書き方のコツや課題図書などをレクチャー

読書感想文 書き方

読書感想文(中学生)の書き方・構成は? 中学生の読書感想文の文字数は「青少年読書感想文コンクール」(毎日新聞社・全国学校図書館協議会主催)の規定である2000文字以内が基本となります。 学校からの夏休みの宿題としては枚数で指定されることがほとんどですので、確認してから書いてくださいね。 それでは中学生の読書感想文の書き方と構成について見ていきましょう。 読書感想文の書き方 読書感想文の書き方手順1〜3を解説します。 読書感想文の書き方手順1. 本を読む 読書感想文を書くにはまず本を読まなければなりません。 中学生の読書感想文課題図書はどれも200ページ~300ページ程度のボリュームです。 本が好きな子であれば数日で読み終えることができそうですね。 一方、本が嫌いだったり字を読むことが苦手な子の場合はなかなかページが進まないと思います。 ですから課題図書にこだわらず、自分が興味のある本を選ぶほうがいいです。 好きなものや得意なもの、良く知っているものなどの本を選びましょう。 まったく興味がなくて知らない題材の本を読むには時間がかかりますから、みんな途中で飽きて嫌になってしまうので。 途中までしか読んでいない本の感想を書いても無理があり、書くのが余計に大変になります。 大変ですが、 本は必ず最後まで読みましょう。 読書感想文の書き方手順2. 書く前にメモを取る 本を読んでもすぐに読書感想文を書き始めないようにしましょう。 無地のノートやA4のコピー用紙などに、自分が感じたことをメモしていきます。 この作業をせずに読書感想文を書き始めることは、設計図を作らずに家を建て始めることに似ています。 家を建てるには、まず必要な部屋を書き出して、それを1階と2階の適切な場所に配置しなければなりません。 そして図面を作ってから家を立て始めます。 読書感想文も、まず必要な内容を書き出して、それを前半と中盤・後半に配置していくという方法がオススメです。 読書感想文に必要な内容は以下のとおりです。 まず、 書き出しが必要です。 書き出しについては後ほど解説しますね。 次に自分で質問を用意して、それに自分の言葉で答えます。 質問は次の8つを用意してみましょう。 なぜこの本を選んだのか?• この本を読んでどう感じたか?• 読む前と読んだ後の印象の違いは?• 本の作者が言いたいことは何だと思うか?• 主人公が自分と同じとか似ていると思ったところは?• 本の中で自分が驚いた言葉や行動は?• 登場人物などの尊敬できると思ったところは?• 本を読んで今後に活かせると感じたことは? 質問に答えたら、「なぜ」そう思ったのかを書きます。 例えば、質問4の 「本の作者が言いたいことは何だと思うか?」に対して、 「助け合いの大切さ」だと思ったとします。 「なぜ」そう思ったか? と自分に追加質問します。 その理由は、 「自分が助けてもらうだけでなく、友達を助けることで他のみんなからも信頼されるし、もっと仲良くなれるんだと気づいたから。 」と答えます。 それぞれの質問に対して 「なぜか」を追加することで、内容に厚みが出て 自然と文字数も増えます。 そして全体の構成や文と文のつながりを調整してから、 読書感想文を清書します。 読書感想文の書き方手順3. 読書感想文を清書する 本を読んでメモをして、構成をまとめたらようやく読書感想文を清書します。 (読書感想文の 構成については次の項で解説します) 原稿用紙に 丁寧な字で書きましょう。 原稿用紙の使い方は参考記事がありますのでチェックしてみてください。 それぞれをより簡単な言葉に言い換えてみます。 この本を選んだ理由• この本を読んで感じたこととその理由• この本を読む前の印象とどう変わったか• この本のテーマとその根拠• この本の主人公と自分との共通点• この本の主人公と自分との相違点• この本に共感または尊敬できるところ• この本を読んで実行できること 8つの質問が読書感想文の構成になりました。 この構成にそって書いていくことで読書感想文がこれまでになく簡単に書けるはずです。 書き出し(次の項で解説します。 濃紺の背景に映える月の描写が優しく、同時に切ない印象を私に与えました。 この本を読む前の印象とどう変わったか 冒頭で触れたとおりこの本の第一印象は装丁の美しさから、自然の中で生きる人々の壮大な物語だという印象でした。 ところが読んでみてその印象はまったく変わりました。 舞台は確かに大自然の中にある集落ですが、自然との触れ合いは描写されず主に人間模様が切なく展開していきます。 大都会で繰り広げられる際どい駆け引きを濃密度で見ているような、当初の印象とはかけ離れたものになりました。 この本のテーマとその根拠 この本のテーマは一言で言えば「助け合いの大切さ」です。 この本の主人公と自分との相違点 一方で私は改めて自分は自己中心的で少しマイナス思考な性格だと思いました。 この本に共感または尊敬できるところ 私はこの本を一通り読んでみて、舞台である自然を意識させない手法がとても気に入りました。 さり気ない優しさで誰にでも接して当初誤解していた人たちの心も掴んでいくところがクールで都会的な感じがします。 少し憧れてしまいました。 この本を読んで実行できること 私はこの本を読んでこれまでの自分の行動や友達に発した言葉をかえりみてみました。 ささいな事に腹を立てたり、嫌な言葉を言ってしまったりしていたなあと思い少し恥ずかしい気持ちになりました。 派手に思いやりをアピールしていくのではなく、大らかな心でどっしりと構えながら積極的に皆の役に立つことをしていきたいと思います。 それはゴミ拾いや当番の人のちょっとしたサポートなど小さなことから出来ることです。 そういうことに気づけたことがこの本を読んだ収穫だと思っています。 これだけあっさり書いても1200文字程度になります。 「書き出し」とあらすじを少し追加すれば2000文字近くいきそうですね。 読書感想文(中学生)の推薦本 読書感想文には毎年課題図書が発表されます。 2018年度の課題図書は以下のとおりです。 読書感想文の推薦本その1. 『一〇五度』 主人公の中3生・真(しん)が東京の中高一貫の私立高校に編入して梨々(りり)と出会い、椅子のデザインコンペに出場する過程を描いた作品です。 自分には何が向いているのかを探す心の動きに同世代の読者は引き込まれます。 自分に置き換えた感想文を書きやすい一冊では。 読書感想文の推薦本その2. 『太陽と月の大地』 16世紀のスペインを舞台とした信仰や習慣の違いによる争いを題材とした作品です。 実話を元にしたもので、登場人物の名前が多くまた人数も多いため、落ち着いて読みたいところですね。 時間がない場合には避けても良いかも? 気合い入れて今年は読書感想文やるぞ、という場合に向いてます。 読書感想文の推薦本その3. 『千年の田んぼ』 山口県の離島「見島」を舞台としたノンフィクション作品です。 秘境にある田んぼが1000年前の聖徳太子の時代にできたものであるということを推理しながら突き止めた興味深い内容となってます。 地理・歴史との関連も多く、学習と結びつけた展開で感想文を書くなど評価を上げられる要素満載ですね。 読書感想文(中学生)のコツ 中学生の読書感想文のコツは 本をしっかり最後まで読むことと 、8つの質問を意識してメモをとることに尽きます。 提出期限日ギリギリに始めてしまい時間がない中でも焦らずメモから始めるということが大切ですよ。 関連記事のIDを正しく入力してください 以上、今回は中学生の読書感想文の書き方についてという内容でお送り致しました。 この記事をしっかり読んで実践すれば必ず読書感想文が書けますから、安心して本を読んでくださいね。 小学生編もありますので良かったらチェックしてみてください。

次の

中学生の読書感想文の宿題!書き方は始めが肝心?書き出しのコツとは?

読書感想文 書き方

教育現場では定番「山田式読書感想文」の書き方とは 小学校の教師たちのなかでもよく知られているのが、山田式といわれる読書感想文の書き方。 新潟市立東曽野木小学校で勤務されていた山田加代子さんによる指導方法です。 山田さんには、全国読書感想文コンク-ルで、多くの小学生に総理大臣賞や文部大臣賞などを受賞させたという実績があります。 山田式の読書感想文の書き方は、自分の体験や考えも感想文に書くため、あらすじばかり、という感想文にはなりません。 では、早速どのようにすすめていくか紹介していきましょう。 まずは、原稿用紙には、次の順番で書いていくようにします。 この書き方は、小学生向けの学校指定図書で書く場合を含め、あらゆる本に対応できます。 自由に本を選べるのであれば、子どもが感動するような場面あるいは似たような体験をした本を選べば、より感想文が書きやすくなりますよ。 山田式の書き方で順番通り進めると読書感想文はどうなる? では、具体的に書き方を紹介していきましょう。 今回は、小学生が分かりやすいように、国語の教科書教材で定番の「もちもちの木」を例にします。 最初に本を読んで分かったこと、気づいたこと、思ったことを書かせる。 <例>はじめは、おくびょうだった豆太がじさまが病気だと思って、医者様をよびにいけるようになった豆太はすごいです。 <例>小学一年生の時、ぼくはおばけがこわくて一人では自分の部屋に入れませんでした。 そのわけは、小さいときに家族がいる大きな部屋、リビングでこわいビデオを見たからです。 そのあとこわくて一人では、自分の部屋に行けなくなりました。 <例>自分の部屋におばけが出て来くるように、思えたからです。 ぼくは豆太とくらべて思ったことがあります。 豆太はさいしょはモチモチの木がこわかったけど、医者様をよびにいける勇気のある子になりました。 ぼくも自分の部屋に入るとき、おじいちゃんは病気にはなっていないけど豆太にまけないようにしようと思いました。 そうしたら、一人で自分の部屋に入れるようになりました。 そこがにているなと思いました。 本を読んで得たことや今後、自分がどうしていきたいか、決意などを書かせる。 <例>これからは、広いリビングで怖いビデオをみたあとでも、一人で自分部屋に入るようにします。 ぼくは勇気のある子になりたいからです。 がんばります。 これで、読書感想文のできあがりです。 いかがでしょうか。 わりと簡単だったのではないでしょうか。 これで、本のあらすじばかりだけを書いた感想文ではなくなります。 様々な体験をすることで読書感想文が書きやすくなる しかし、山田式読書感想文の書き方でも、自分の体験を書かせることが難しいという声があります。 物語内の出来事と自分が経験した同じようなことを見つけるのに苦労する子がいるのです。 今まで自分がどのような体験をしてきたのか、似ている体験はどんなことだったのかが思い出せなかったり分からなかったりするからでしょう。 その結果、子どもは戸惑ってしまうのではないでしょうか。 この戸惑いを解消するためには、 普段から子どもに多くの体験をさせておきましょう。 体験したことが多ければ多いほど、読んだ本の中に書かれていることと同じようなこと、似ていることが探しやすくなるからです。 今年、夏休みの課題が話題となっている高校があります。 栃木県立宇都宮高校の物理の課題で「あなたの人生を謳歌しなさい」(提出は不要。 良い成果があれば担任等に報告してもよい)という内容です。 夏休みを、本当にやりたいことにチャレンジするよい機会ととらえ、有意義に過ごすことを願うというねらいがあるようです。 様々な体験をしなさいということでもあるのでしょう。 「なぜだろう?」「どうしてだろう?」と思ったこと、そこから考えたことが自分の感想や意見となり、作文にも書くことができるからです。 私は、この原稿を教育ライターとして書いています。 普段から疑問を持ち、人の意見に賛成したり反対したりしながら自分の考えを持つようにしています。 逆に言うと、考えないと文章を書けないのです。 山田式で読書感想文を書くときにも自分の考え、意見、感想を書きます。 普段から疑問を持つ習慣がついていれば自分の感想、考えや意見もわりとすぐに浮かんでくるのではないでしょうか。 「どうして」「なぜだろう」と考える前には、 あらゆるものをよく見ておくことも大切です。 たとえば、信号機。 自動車用の信号の赤は右端か左端どちらにあるのか。 歩行者用の信号機の赤、青はどちらが上でどちらが下なのか。 それはどうしてなのか。 外国でも同じなのかなどと考えることができます。 考える前に信号機をよく見ていなければ、このような疑問は出てこないでしょう。 このように普段から細かいところまでよく見ることができる 観察力と「どうして」「なぜ」と考える力をつけておくことが読書感想文を書く上でも大切になってくるのです。 また「観察力」と「なぜ」「どうして」と考えることは読書感想文を書くときだけでなく、普段の作文やスピーチなどにも生かしていけることでもあるのです。 ぜひ、子どもには多くの体験をさせ、普段から物事をよく見てよく考えるということを子どもに伝えておきましょう。 関連記事• 美術館の作品は大人が見るものだと思っている人も多いかもしれませんが、子どもが見れば豊かな感受性を育てることにつなげられます。 今回は、子どもが入っていきやすい美術との関わり方についてお話します。 小学校に通う子供が持って帰ってくる通知票。 「よい」「普通」「もう少し」という項目になっているのではないでしょうか。 現在は、他の子と比べません。 保護者の中には「5・4・3・2・1」といったように、他の子と比較された評価を経験した方もいるのでは? 今回は昔と今とで異なる学校の通知票、どうして他の子とは比べない評価になったのかと評価の仕方の裏側をお伝えします!• 編集長の本棚、第4回は『教育問題はなぜまちがって語られるのか? ~「わかったつもり」からの脱却~』を紹介します。 人が誰かに物事を伝えるとき、少なからず主観が混じってしまうことがあります。 これはメディアに関しても同じで、TVや新聞、ネットの情報は必ずしも公平性のある事実のみが伝えられているわけではありません。 あなたも気づかないうちに間違った情報に振り回されているかも?.

次の