クロスナイン 野手 適性。 最強の選手のパワナンバー公開

最強の選手のパワナンバー公開

クロスナイン 野手 適性

スポンサーリンク 強化鳴響高校の立ち回りのポイント まず強化鳴響高校の立ち回りについて個人的に気をつけるべきと思ったポイントは、• 序盤は評価上げを優先• 金特が被らないようにイベキャラから楽譜を貰う• ハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるよう意識 辺りですかね 1つ目と2つ目については強化ルートと言うより鳴響高校のシステムそのものについての話になりますが、やはり鳴響高校で経験点を出す場合はレベルの高い楽譜を演奏する必要があり、そのためには序盤からイベキャラとスペシャルタッグを組んで楽譜を回収していきたいところです また、イベキャラの楽譜で手に入る金特は通常ルートでは3人目と6人目から貰える楽譜からとなっていましたが、強化ルートでは5人目も対象となったので、金特被りにはより一層の注意が必要となります そして強化ルートでは譜面を埋めた時に経験点が貰えるハーモニーボーナスも調整されています• 1度の練習で譜面を全て埋める• 選手でない彼女と練習して埋める• スペシャルタッグで埋める• デッキの平均レベルが高い これらを満たすことで貰える経験点がさらにアップするので、音符を集める時に意識しておきましょう 効果については下の画像を見てもらうと分かる通り、同じタッグによるハーモニーボーナスでも彼女入りとそうでない場合で効果が異なり、補正は重複するので、いかに多くの条件を満たしてボーナスを受けるかが重要ですね 投手と野手のどちらの育成に適性がある? さて、続いては強化鳴響高校が投手と野手どちらの育成に適性があるかという話になりますが、個人的には投手育成の方が向いていると考えています その理由としてまず挙げられるのは、前述したハーモニーボーナスが関係しているということです ハーモニーボーナスの恩恵が強くなる要因の1つにスペシャルタッグで譜面を埋めるというものもありますが、そうなると守備とメンタル練習への練習参加率が低くなる投手の方がタッグを発生させやすいので有利だと考えられます また、投手はアヘ球速、アヘ変といった形で得意練習を重ねたデッキも組みやすいので、複数タッグを狙いつつ同時に1回の練習だけで譜面を埋める、タッグにより譜面を埋めるといった立ち回りも行いやすいです そして投手育成の方が適性があるもう一つの理由としては、取得できるシナリオ金特が挙げられます まず野手の金特を確認すると、• アイコンタクト• つるべ打ち• ヒートアップ• 魔術師• 恐怖の満塁男• 大番狂わせ となっています 大番狂わせのみエピローグで取得可能で、それ以外は楽譜の演奏で取得できるので5つの中から最大で3つとなり、合計で4つ取得できます 野手育成に関しては現環境下の 北斗高校と比較しても金特の数が1つ少ないですし、虹特パーツになる金特も1つもありません 一方で投手育成に関しては、• ディレイドアーム• ド根性• ミスターゼロ• 形成逆転• 原点投球• 意気揚々 となっていて、意気揚々がエピローグ、それ以外は楽譜で最大3つ取得できます こちらも虹特パーツはありませんが、現環境下のクロスナインと比較すると金特の数は同じとなっています クロスナインで真鉄腕を狙わない場合と金特を比較すると、ディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば金特査定は上回ります クロスナインでは開眼を抜きにすれば真鉄腕を狙わないデッキもよく使用されているので、デッキの組み方次第では強化鳴響の方が金特査定が高くなります デッキの組み方は? デッキを組んでいく上でポイントとなるのは、• 得意練習を固める• 役割を分散させる• 楽譜で貰える金特を極力被らせない• 鳴響高校のシナリオキャラを入れる 等が挙げられると思います 先述したように、いかにハーモニーボーナスを利用する際にタッグを踏めるか、一発で譜面を揃えられるかが重要になってきます 複数タッグを組んだ際に一発で譜面を埋めるには得意練習を重ねったデッキもそうですが、役割も分散させて多くの種類の音符を回収できるようにしておきたいところです また、楽譜で貰える金特が極力被らないようなイベキャラの選定も行う必要があります 理想を言えばディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば一番良いのですが、タッグを組む順番もサクセス毎に異なってくると思うので金特被りのリスクは回避したいですね そしてエピローグの意気揚々はシナリオキャラを入れていないと取得できないので、投手育成なら奏か伊能のどちらか1人は入れておきましょう スポンサーリンク 終わりに 強化鳴響高校はいかにハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるかが鍵になってきそうです 一発で譜面を埋める、タッグで譜面を埋めることを考えると、タッグの発生率と複数タッグを想定したデッキの組みやすさから投手育成がプレイしやすいでしょう 金特を考えても虹特2つを狙える北斗に明確に劣る野手よりも、真鉄腕を抜きにすれば高い査定値のものを4つ取得できて合計でクロスナインを上回る投手が強そうです 具体的にどのデッキが強いかはまだ模索しなければいけないところですが、ある程度得意練習を固めたデッキが強そうなのでアヘ球速やアヘ変等色々と試していけたらと思います 以上、強化鳴響高校についての考察でした 今回はこれで失礼します.

次の

【パワプロ】逆境転生クロスナイン高校おすすめイベキャラ(野手)

クロスナイン 野手 適性

スポンサーリンク 強化鳴響高校の立ち回りのポイント まず強化鳴響高校の立ち回りについて個人的に気をつけるべきと思ったポイントは、• 序盤は評価上げを優先• 金特が被らないようにイベキャラから楽譜を貰う• ハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるよう意識 辺りですかね 1つ目と2つ目については強化ルートと言うより鳴響高校のシステムそのものについての話になりますが、やはり鳴響高校で経験点を出す場合はレベルの高い楽譜を演奏する必要があり、そのためには序盤からイベキャラとスペシャルタッグを組んで楽譜を回収していきたいところです また、イベキャラの楽譜で手に入る金特は通常ルートでは3人目と6人目から貰える楽譜からとなっていましたが、強化ルートでは5人目も対象となったので、金特被りにはより一層の注意が必要となります そして強化ルートでは譜面を埋めた時に経験点が貰えるハーモニーボーナスも調整されています• 1度の練習で譜面を全て埋める• 選手でない彼女と練習して埋める• スペシャルタッグで埋める• デッキの平均レベルが高い これらを満たすことで貰える経験点がさらにアップするので、音符を集める時に意識しておきましょう 効果については下の画像を見てもらうと分かる通り、同じタッグによるハーモニーボーナスでも彼女入りとそうでない場合で効果が異なり、補正は重複するので、いかに多くの条件を満たしてボーナスを受けるかが重要ですね 投手と野手のどちらの育成に適性がある? さて、続いては強化鳴響高校が投手と野手どちらの育成に適性があるかという話になりますが、個人的には投手育成の方が向いていると考えています その理由としてまず挙げられるのは、前述したハーモニーボーナスが関係しているということです ハーモニーボーナスの恩恵が強くなる要因の1つにスペシャルタッグで譜面を埋めるというものもありますが、そうなると守備とメンタル練習への練習参加率が低くなる投手の方がタッグを発生させやすいので有利だと考えられます また、投手はアヘ球速、アヘ変といった形で得意練習を重ねたデッキも組みやすいので、複数タッグを狙いつつ同時に1回の練習だけで譜面を埋める、タッグにより譜面を埋めるといった立ち回りも行いやすいです そして投手育成の方が適性があるもう一つの理由としては、取得できるシナリオ金特が挙げられます まず野手の金特を確認すると、• アイコンタクト• つるべ打ち• ヒートアップ• 魔術師• 恐怖の満塁男• 大番狂わせ となっています 大番狂わせのみエピローグで取得可能で、それ以外は楽譜の演奏で取得できるので5つの中から最大で3つとなり、合計で4つ取得できます 野手育成に関しては現環境下の 北斗高校と比較しても金特の数が1つ少ないですし、虹特パーツになる金特も1つもありません 一方で投手育成に関しては、• ディレイドアーム• ド根性• ミスターゼロ• 形成逆転• 原点投球• 意気揚々 となっていて、意気揚々がエピローグ、それ以外は楽譜で最大3つ取得できます こちらも虹特パーツはありませんが、現環境下のクロスナインと比較すると金特の数は同じとなっています クロスナインで真鉄腕を狙わない場合と金特を比較すると、ディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば金特査定は上回ります クロスナインでは開眼を抜きにすれば真鉄腕を狙わないデッキもよく使用されているので、デッキの組み方次第では強化鳴響の方が金特査定が高くなります デッキの組み方は? デッキを組んでいく上でポイントとなるのは、• 得意練習を固める• 役割を分散させる• 楽譜で貰える金特を極力被らせない• 鳴響高校のシナリオキャラを入れる 等が挙げられると思います 先述したように、いかにハーモニーボーナスを利用する際にタッグを踏めるか、一発で譜面を揃えられるかが重要になってきます 複数タッグを組んだ際に一発で譜面を埋めるには得意練習を重ねったデッキもそうですが、役割も分散させて多くの種類の音符を回収できるようにしておきたいところです また、楽譜で貰える金特が極力被らないようなイベキャラの選定も行う必要があります 理想を言えばディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば一番良いのですが、タッグを組む順番もサクセス毎に異なってくると思うので金特被りのリスクは回避したいですね そしてエピローグの意気揚々はシナリオキャラを入れていないと取得できないので、投手育成なら奏か伊能のどちらか1人は入れておきましょう スポンサーリンク 終わりに 強化鳴響高校はいかにハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるかが鍵になってきそうです 一発で譜面を埋める、タッグで譜面を埋めることを考えると、タッグの発生率と複数タッグを想定したデッキの組みやすさから投手育成がプレイしやすいでしょう 金特を考えても虹特2つを狙える北斗に明確に劣る野手よりも、真鉄腕を抜きにすれば高い査定値のものを4つ取得できて合計でクロスナインを上回る投手が強そうです 具体的にどのデッキが強いかはまだ模索しなければいけないところですが、ある程度得意練習を固めたデッキが強そうなのでアヘ球速やアヘ変等色々と試していけたらと思います 以上、強化鳴響高校についての考察でした 今回はこれで失礼します.

次の

実況パワフルプロ野球2016

クロスナイン 野手 適性

スポンサーリンク 強化鳴響高校の立ち回りのポイント まず強化鳴響高校の立ち回りについて個人的に気をつけるべきと思ったポイントは、• 序盤は評価上げを優先• 金特が被らないようにイベキャラから楽譜を貰う• ハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるよう意識 辺りですかね 1つ目と2つ目については強化ルートと言うより鳴響高校のシステムそのものについての話になりますが、やはり鳴響高校で経験点を出す場合はレベルの高い楽譜を演奏する必要があり、そのためには序盤からイベキャラとスペシャルタッグを組んで楽譜を回収していきたいところです また、イベキャラの楽譜で手に入る金特は通常ルートでは3人目と6人目から貰える楽譜からとなっていましたが、強化ルートでは5人目も対象となったので、金特被りにはより一層の注意が必要となります そして強化ルートでは譜面を埋めた時に経験点が貰えるハーモニーボーナスも調整されています• 1度の練習で譜面を全て埋める• 選手でない彼女と練習して埋める• スペシャルタッグで埋める• デッキの平均レベルが高い これらを満たすことで貰える経験点がさらにアップするので、音符を集める時に意識しておきましょう 効果については下の画像を見てもらうと分かる通り、同じタッグによるハーモニーボーナスでも彼女入りとそうでない場合で効果が異なり、補正は重複するので、いかに多くの条件を満たしてボーナスを受けるかが重要ですね 投手と野手のどちらの育成に適性がある? さて、続いては強化鳴響高校が投手と野手どちらの育成に適性があるかという話になりますが、個人的には投手育成の方が向いていると考えています その理由としてまず挙げられるのは、前述したハーモニーボーナスが関係しているということです ハーモニーボーナスの恩恵が強くなる要因の1つにスペシャルタッグで譜面を埋めるというものもありますが、そうなると守備とメンタル練習への練習参加率が低くなる投手の方がタッグを発生させやすいので有利だと考えられます また、投手はアヘ球速、アヘ変といった形で得意練習を重ねたデッキも組みやすいので、複数タッグを狙いつつ同時に1回の練習だけで譜面を埋める、タッグにより譜面を埋めるといった立ち回りも行いやすいです そして投手育成の方が適性があるもう一つの理由としては、取得できるシナリオ金特が挙げられます まず野手の金特を確認すると、• アイコンタクト• つるべ打ち• ヒートアップ• 魔術師• 恐怖の満塁男• 大番狂わせ となっています 大番狂わせのみエピローグで取得可能で、それ以外は楽譜の演奏で取得できるので5つの中から最大で3つとなり、合計で4つ取得できます 野手育成に関しては現環境下の 北斗高校と比較しても金特の数が1つ少ないですし、虹特パーツになる金特も1つもありません 一方で投手育成に関しては、• ディレイドアーム• ド根性• ミスターゼロ• 形成逆転• 原点投球• 意気揚々 となっていて、意気揚々がエピローグ、それ以外は楽譜で最大3つ取得できます こちらも虹特パーツはありませんが、現環境下のクロスナインと比較すると金特の数は同じとなっています クロスナインで真鉄腕を狙わない場合と金特を比較すると、ディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば金特査定は上回ります クロスナインでは開眼を抜きにすれば真鉄腕を狙わないデッキもよく使用されているので、デッキの組み方次第では強化鳴響の方が金特査定が高くなります デッキの組み方は? デッキを組んでいく上でポイントとなるのは、• 得意練習を固める• 役割を分散させる• 楽譜で貰える金特を極力被らせない• 鳴響高校のシナリオキャラを入れる 等が挙げられると思います 先述したように、いかにハーモニーボーナスを利用する際にタッグを踏めるか、一発で譜面を揃えられるかが重要になってきます 複数タッグを組んだ際に一発で譜面を埋めるには得意練習を重ねったデッキもそうですが、役割も分散させて多くの種類の音符を回収できるようにしておきたいところです また、楽譜で貰える金特が極力被らないようなイベキャラの選定も行う必要があります 理想を言えばディレイドアーム、ミスターゼロ、形勢逆転、意気揚々の4つを取得できれば一番良いのですが、タッグを組む順番もサクセス毎に異なってくると思うので金特被りのリスクは回避したいですね そしてエピローグの意気揚々はシナリオキャラを入れていないと取得できないので、投手育成なら奏か伊能のどちらか1人は入れておきましょう スポンサーリンク 終わりに 強化鳴響高校はいかにハーモニーボーナスの恩恵を強く受けられるかが鍵になってきそうです 一発で譜面を埋める、タッグで譜面を埋めることを考えると、タッグの発生率と複数タッグを想定したデッキの組みやすさから投手育成がプレイしやすいでしょう 金特を考えても虹特2つを狙える北斗に明確に劣る野手よりも、真鉄腕を抜きにすれば高い査定値のものを4つ取得できて合計でクロスナインを上回る投手が強そうです 具体的にどのデッキが強いかはまだ模索しなければいけないところですが、ある程度得意練習を固めたデッキが強そうなのでアヘ球速やアヘ変等色々と試していけたらと思います 以上、強化鳴響高校についての考察でした 今回はこれで失礼します.

次の